注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

いなげやでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

5人のいなげや経験者にお集まりいただき、アルバイト・パートの体験談を伺います。みなさん、どんなアルバイト経験をされているのでしょうか、気になりますね。今回は、モイスチャーさん、MIMAKIさん、弐区値井夢さん、keiaiさん、ヤマシンジュさんにお話を伺いました!

★注目ポイント

  1. 接客の基礎から学べて社会人としての基礎はOK
  2. 主婦や学生が多く、長期で働きやすい
  3. 閉店作業は力作業で大変

バイト探しは、バイトルで!

 

f:id:to_B:20180912152359j:plain

応募のきっかけ

▶ 大学のあと数時間だけ

いなげやのようなスーパーは、同じ小売業でもコンビニやドラッグストアよりアルバイトがやる作業が少なそうだと思ったので応募してみました。

応募方法はインターネットから応募したと思います。

大学が終わったあと、夕方~夜の時間帯に少しだけ働きたかったので遅くても18時から開始のシフトで募集があるところを探していたのですが、他に受けたバイト先よりシフトの融通が利く環境だったのは本当に良かったと思います。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

▶ 魚をさばいてみたくて

上の子が中学へ上がったので、何かを始めたいと思い、自分には何か得意なものはないかと考えるうちに料理に行きつきました。

私の母親が魚を捌いたり刺身にしたりが上手な人で幼いころから母のように魚を捌いて料理をしたいと思っていました。そこで、どうせ働くなら魚の調理が学べるところで働きたいと思いスーパーで働こうと思いました。

そのことをママ友たちに話したら、その中の1人が「いなげやの鮮魚でパートを募集してるよ」と教えてくれて、応募しました。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ ギター代を貯金するため

いなげやに応募したきっかけは、楽器を買うためのお金が欲しかったからです。当時バンド活動をしていて、ギター代を稼ぐためにバイトを探していました。

フリーペーパーでいなげやの求人情報を見つけ、直接店舗に電話して応募しました。

条件は時給がそこそこで、職場が家の近くにあって通勤が負担にならないところ。それから力仕事や重労働がなくて、比較的体に負担にならない楽そうなところを選びました。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

面接

▶ 聞かれるのは希望シフトやバイト歴など

電話で応募して年齢や面接日などを聞かれて後日、自宅から自転車で10分から15分ぐらいの場所にある店舗まで行きました。そして、店の事務所で店長と面接しました。

まず面接で聞かれたことは、週に何日出勤できるかや休みの希望日。今までどんな仕事を経験したことがあるか、希望する業務の内容。趣味などを聞かれました。 面接の結果は1週間以内に連絡する、連絡がなければ不採用とのことでした。後日、期間内に電話がかかってきて無事に採用されました。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ 応募から採用まで早かった

応募はいなげやのホームページからメールで送ったのですが、2-3日後にいなげやの人事部からお電話で面接の日時についてご連絡頂いたと思います。

採用の面接はいなげやの店舗内(店長室)で行われました。

面接で行われた内容は持参した履歴書に記載されている事項の確認といつ出れるかの出勤日と勤務時間の確認、自宅から勤務地までの通勤時間もしくは交通費はいくらになるのかと聞かれただけだったと思います。当時は人手が足りてない店舗だったのですぐに面接後にすぐ採用になりました。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

▶ 志望理由は話せるようにしておこう

履歴書を持って面接に行き住所、氏名、年齢など簡単な本人確認から始まりました。応募の動機(志望理由)を聞かれたので魚が好きなことやうまく魚を扱えるようになりたいことなどを伝えました。鯖程度の大きさの魚なら自分で捌いて調理できることもアピールしました。

週何日入れるか、1日何時間働いてほしいなどの要望を出されそれを了承して面接は終わりました。3日ほど後に採用の電話がかかってきました。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

教育・研修

▶ レジ操作の練習

初日はDVDを見て、会社や店舗内でのルールについて学びました。

DVDを見終わった後は従業員用出入口について学びました。レジ研修についてはレジのチーフの方が使用していないレジで研修モードにし、商品の打ち方や金額の数え方、クレジットカードや電子マネーの決済方法、金券類の場合の支払い方法、お釣りの渡し方など様々なことを教えてくださりました。

初日の研修はそれらの操作を繰り返し行い、1-2時間程度で終了だったと思います。(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

▶ 1ヵ月程度でペースがつかめる

特に研修などはなく、諸先輩方に仕事をしていく中で教わる方式でした。

結婚を機に会社を辞めて以来初めてのお勤めなので緊張しましたが、そんな緊張も吹っ飛ぶくらい忙しく、初日を味わうどころではありませんでした。

魚の種類や桐三家丸かなどによってパックの作り方が違うので、それを覚えるのが大変でした。生もの以外の商品の賞味期限が商品の種類によって細かく分かれているので、それを覚えるのも大変でした。

でも、ひと月かからない位で慣れたと思います。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ リーダーから接客の基礎を学ぶ

初日は緊張と不安があってお店に入りました。内容は面接のときに聞いていましたが、研修では、まずは制服の着方であったり、挨拶の仕方だったり、売り場に出たときのお客さんの対応であったり、一通りの流れをリーダーの人に教わりながら仕事をしました。

その中で、1番気を付けなければいけなかったのは、やはりお客さんに対する態度や挨拶です。それでも難しいことは特になかったので、流れを覚えて作業も慣れてきたら数日ぐらいで出来るようになった気がします。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ じっくり丁寧に教えてもらえた

店長さんと面接した時に言われた「無断欠勤をしたら、次の日は来なくていいから」の言葉が、とても心に残っています。

商品をたなに陳列・整理するとき、1度私に好きにやらせてから、あとで納得できる説明、穏やかな口調で問題点を指摘していただいたことは、以降の社会人生活も役に立ちました。

(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

▶ わからないことはそのつど相談

初日はまず挨拶から。声をはっきり発声することを教わりました。制服の着方からボタンの掛け方、帽子のかぶり方まで細かな指示がありました。

次にタイムカードの打ち場所、機器の使い方から遅刻時の打刻の仕方、残業時の打刻の仕方など詳細な指示を受けました。仕事を始めたら作業について分からないこと、困った事は随時、上司・先輩に相談すること、自分勝手な判断は厳禁だという指示を受けました。

仕事は自分で良く考えて、工夫を行い自己努力を惜しまない事を指導されました。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

仕事内容

▶ 鮮魚コーナー

少ない人数で仕事をするので、持ち場が決まっており仕事を覚えるのは難しくはなかったです。

仕事場に入って先ずは切り身などのパックを大きなトレーに並べて値付け台に持って行くなど、商品づくりと売り場の展開図に基づいた商品の陳列を開店までに行わなければなりません。この時間が大変あわただしく忙しく開店をしたらほっとしました。

開店後は商品の補充やパック詰め以外の商品の値付けなどをしました。売れる並べ方、見せ方などを学びました。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ レジや閉店作業

主な仕事内容はレジ係(チェッカー)なのでレジ打ち(フルタイプのレジ)とサッカー台やレジ周りのゴミ捨てやチラシやポスターなどを掲示板にセットすることやカゴを片付けること、サッカー台に置いてある布巾の補充が主な作業ですが、閉店後には人手が足りていない、他の部署へのヘルプの作業(閉店作業)に行く事があります。

それらの作業を行い、だいたい4時間から4時間半弱の勤務になります。 まれにサービスカウンターの業務を行うことがあります。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

▶ 精肉売り場担当

仕事内容は主に精肉コーナーでした。

その中で担当した仕事は、1日に提供する商品を出した後の肉を切った機械の掃除、床の掃除、それから肉を入れるパックなどの補充などです。

時間は夕方ぐらいから店舗が終わるまでの数時間。バイトに入る時間には、店に出す商品の提供は終わっているので、後は片付けと掃除だけです。

機械の掃除から始まり、床の掃除、そして必要な分の補充をします。これでだいだい数時間には終わるので、店舗が終わった後に帰宅します。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ 品出し・商品の陳列

基本的に夕方18時頃に出社して、陳列棚の商品の補充、特売品の陳列、閉店後の清掃、バックヤードの整理、が主な仕事でした。

大学生だったので、夏休みなどには、開店前のに出しなども、要請されれば行いました。今はどこも自動化が進んでいると思いますが、当時はインターネットもなく、自分自身で考えて、どうやったらきれいに見せられるか、効率よく仕事が出来るか、絶えず考えていました。準社員待遇で、ボーナスもあったので、やりがいはありました。(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

▶ 在庫管理・発注

朝出勤するとまず、挨拶と各自報告など朝礼から始まります。

次に場内の掃除が始まりその後、在庫確認を行い商品の陳列作業と点検作業が始まります。不足品の補充と商品の追加発注に関しては所定の手順に従って作業を行い見落としを防ぐ為、バイト・社員による重複確認が原則です。

日中、お客と接する機会は殆どなく(担当が違うため)黒子的な作業に徹します。在庫の管理と補充・納品が主な作業となりました。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

給料・シフト

▶ 5時間×週5日 → 月収8万

一日4時間で週5日働いていました。土曜日曜は時給がアップするシステムで平日930円、土曜日曜1000円の時給で働いていました。

月収は8万円前後でした。いつもギリギリの人数だったので、(急に休むと代理は立てずに一人減った状態で勤務する)風邪などの病気で急に休むことがないように気を付けていました。法事などでまとめて休みを取るときは、連続4日以上は休みをとれない決まりなので、実家が遠い私には辛かったです。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ 1日3h~OK

シフトは固定シフトで出れる曜日を先に決めておきます。何か予定がある時は早めに代わりの人を見つけておき、その都合が悪い日と交代して頂いています。 一応、出勤日は4時間の勤務となっていますが、どうしても出勤を多く入れたいけれど、午後もしくは午前のみ都合が合わない場合は3時間程度からの勤務も可能です。 時給はパートや大学生アルバイトの方の場合は980円程度からスタートし、半年に一回10円程度上がります。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

職場の雰囲気

▶ 社員も優しい人が多かった

職場の雰囲気はとてもいい環境だったと思います。主に学生や主婦、フリーターの方が中心でした。女性や主婦の方はレジを担当することが多く、男性は商品の補充や切り分けなど裏方に回ることが多かったです。年代も近い人がいたので話しやすかったと思います。 また社員の方も優しい人ばかりで、さすが接客業だけあってコミュニケーションの能力が高い人が多かったです。そういった環境が、アルバイトをする人も気持ちよく仕事が出来る要因なんだと思われます。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ 陳列は自分で考えながら

基本的に夕方18時頃に出社して、陳列棚の商品の補充、特売品の陳列、閉店後の清掃、バックヤードの整理、が主な仕事でした。

大学生だったので、夏休みなどには、開店前のに出しなども、要請されれば行いました。

今はどこも自動化が進んでいると思いますが、当時はインターネットもなく、自分自身で考えて、どうやったらきれいに見せられるか、効率よく仕事が出来るか、絶えず考えていました。

準社員待遇で、ボーナスもあったので、やりがいはありました。

(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

▶学生も長期で働く人が多い

食品類を扱うのが主目的の店舗ですので地味で誠実に働く方達のお店です。

20代から40代くらいまでの年齢層の従業員で構成され、むろん茶髪など絶対いません。真面目な方が多く働いており不良少年など絶対寄りつきません。

学生のアルバイトは多いです。レジ打ちは殆どが主婦です。どの店もそうですが最近の食品スーパーでレジに主婦がいない店など皆無でしょう。 学生アルバイトでも通年で勤めるなど長期で働く方が多いです。

仕事も買い物も安心して出来る店と言っていいと思います。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

▶ほぼ主婦で仲が良かった

圧倒的に主婦が多いのですが、レジは夕方から学生も多く働いていました。

私は鮮魚部だったので、チーフと副チーフ(チーフと副チーフは社員で男性でした)以外はすべて主婦でした。

年齢層は30代から50代と幅広かったのですが、優しい人が多かったので皆仲が良くて人間関係的には働きやすい職場でした。誰かが辞める時には必ず送別会を開いていたほどです。

パートは60歳が定年ですが、65歳まで残れる制度があり、人間関係を乱すなどよほどの理由がない限り延長できるシステムでした。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶夕方からは学生も多い

朝方から夕方まではパートの主婦の方が圧倒的に多かったと思います。

社員の方は朝方から夜の閉店時間までいらっしゃる事が多いと思います。

夕方から閉店時間までは大学生や高校生が増えますが、主婦の方もいらっしゃる事ので、働いている人の層はいなげや以外のスーパーマーケットとあまり変わらない雰囲気だと思います。

フリーターの方はいらっしゃいますが、他の業界と比較するとそこまで多くはないと思います。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

よかったこと

▶ 仕事終わりに買い物ができる

仕事終わりに買い物が出来ることです。お弁当などはもうほとんど残っていませんが、残っているものはだいたい割引されているので嬉しかったです。

それからサービス業とはということで、商品の売り方、並べ方や見せ方など勉強になったこともありました。その日によって特売品が変わったり、季節によって目玉商品を取り扱ったり、様々な工夫があってお客様を呼ぶ努力をしています。そういった企業努力で経営が成り立っている点も今となって学べたと思います。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ しっかり稼げたこと

やっぱりお金を稼げたことです。

高校生の時に、10日ほどアルバイトをした経験はありましたが、大学生時代の4年間やっていたので、結構な所得になりました。自分のお小遣いだけでなく、定期券のお金、教科書代少しですが学費の助けもでき、更に社会時になる時の独立費用もすべて賄えました。

自分が節約主義で、いわゆる無駄遣いをしない人間だったのも大きい要因だったと思います。自分で働いた稼いだお金は大事に使う癖がつきました。

(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

▶ 社割があり、バイトでも利用OK

社員割引制度がありバイトでも利用出来ます。また食事補助や不適格品の無料配布などもあります。

皆勤賞制度もあるので休みを殆ど取らずに働く方もいらっしゃいます。忙しいと言っても急用や自己都合による突然の休みなどにも対応してくれます。

就業時間・勤務時間についても融通が効き各部署で適切に対応してくれます。

食品スーパーなので客層も良くお客さんもおとなしい方が多くて助かります。シフト変更も3日前までなら対応可能で助かりました。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

▶ 魚のおろし方などが学べた

社割があります。あまりはっきりとは覚えていないのですが、買い物をした金額に比例して、月に最高で6000円位の値引きがありました。

急な病気で休むのはほかの人に迷惑がかかるので気が重いのですが、休む旨の電話をしてイヤな対応をされたことは一度もありませんでした。そこは気が楽だったです。

魚のおろし方、まぐろの冊の解凍のやり方、いかやあじ、いわしなどの刺身の作り方、イクラのほぐし方など魚の調理の方法を学べたことは大きな収穫でした。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ 休みは取りやすい

 長期で休んでる方も復帰している事が多いので休みに関してはなにかと融通が効くと思います。

また、シフトに関しても絶対に何日以上出ないといけないなどと決まっている訳ではないので、シフトの時間や日程に関しても融通が利く方だと思います。また、アルバイトやパートの方でも有給を取っている人は多いと思います。

たまに亀屋万年堂や新宿中村屋の方などから試食品を頂けたりします。また、流通業や小売業などの業界に興味がある人には良いと思います。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

大変なこと

▶ 希望の配属になれなかった

困ったことは面接したとき、当初は商品の品出しを希望していたはずだったが、精肉担当になってしまったこと。人手が足りなかったということで配属になったが、仕方なく数カ月は続けていたと思います。

きつかったことは、肉を切った後の機械の掃除。肉の油でぬめりがなかなか落ちないし、生肉を扱うということで匂いも結構きつかったと思います。

始めたころは、やることも結構あって時間内に作業を終わらせないとならないし、大変だった記憶があります。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ 主婦が多いので・・

自分やお金のためにやっていたので、辞めようと思ったことはありませんでした。

またアルバイトだったこともあり、飲み会には誘われなかったので、お酒が大嫌いな私にはよかったです。社員の人は20歳代のひともいたので、気は合いましたが、中には、いわゆる馬が合わないひともいました。しかし、転勤が結構あったようなので、少しの我慢ですみました。

スーパーだったので、主婦の方もいました。この方たちとの会話は少し苦労しました。(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

 

▶ 匂いがつくので帰ってすぐ入浴

私は鮮魚部だったので、魚などの生ごみのにおいには閉口しました。体に匂いが付くので、家に帰ったらすぐに入浴をしていました。

生ものを扱っているため、室温が低のには困りました。夏はまだ良いのですが冬は本当に寒くて自然と鼻水が出るほどでした。20畳くらいの冷蔵庫と冷凍庫があるのですが、特に冷凍庫がマイナス20度あって3分中にいるのが限界でした。

危ないので冷凍庫に入るときには他の人に「今から冷凍庫に入る」旨を伝えてから入るように言われていました。少し怖かったです。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ 閉店作業は力作業

入社した当初はこのようなことは無かったのですが、競合するスーパーマーケットが近隣に2-3店舗出店し、売り上げが落ちたため人員を節約されました。人が足りないので、ほぼ毎回の閉店後に別部署の閉店作業を手伝わないといけません。

残業代はもちろん出ますが、最後に一番の力作業をしなければならなくなったことは大変でした。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

これから応募する人へ

▶ 明るく挨拶ができる人が向いている

いなげやだけでなくスーパーなら仕事内容的に難しいことはないと思います。面接の心構えは、やる気を見せることだけで十分だと思います。

服装は制服を着るので問題ないですが、面接時はそれなりの格好で行くのが望ましいです。髪型はお客様を相手にするので極端に派手じゃなければ問題はないと思います。

この仕事が向いている人はお客様に明るく挨拶ができる人。逆に向いていない人はお客様に対して不愛想になってしまう人だと思います。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

▶ 社会人としての礼儀が身についた

面接のときに言われた、「無断欠勤したら翌日来なくていいから」の言葉は、社会人になってからも大切にしました。

今はメールという便利なものがあるので、休みの連絡もそれですましがちのですが、自信に都合が悪いことほど、自分の声で伝えるのが本当だと信じています。それを守ってきたからこそ、アルバイトでも、準社員待遇にしてくれ、ボーナスを支給され、有給休暇ももらえたのだと思います。

後、手を抜かないことです。手を抜くと、いつか必ず倍返しが待っていますね。(MIMAKIさん/神奈川県/50代/男性)

 

▶ 安定して収入を得たい方におすすめ

短期間に簡単にたくさん稼ごうという目的な方は応募されない事をお勧めします。まず意図通りの展開には絶対なりません。

もともと、高価な時給ではなく業務のモットーが薄利多売ですのでバイト風情がお金をたくさん稼げる訳などないです。

ただ、残業が沢山ある仕事ではないので定時間で確実にしっかり収入を得たい方にはおすすめ出来ます。また、危険な作業も重労働も無いので安全に確実な仕事を希望される人には向いています。皆勤賞制度もあるので真面目にやっていれば良いこと沢山あります。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

▶ 真面目に取り組む人は向いてる

スーパーはどこも人手不足だと思うので、余程のことがない限り面接で落ちることはないのではないかと思います。

服装は制服があるので子にしなくても良いのですが、お肉とか鮮魚など寒いところで働く人は下着やパンストなどを工夫したほうが良いと思います。

爪を短く切る、髪を不衛生にしない事は基本です。いなげやに限ったことではありませんが、やはり、忍耐強い人、仕事に真面目に取り組む人が向いています。さらに、目端が利くともっと良いと思います。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ 面接は清潔感を心がけて

面接に関してはそこまで過度な緊張はいらないと思います。

服装や髪型はドラッグストアのように特に厳しい規定はありませんが、接客業や食品を扱う仕事(調理や品出し)なので奇抜な服装や髪型、不潔に見える格好は控えた方が良いと思います。

また、スーパーマーケットの店舗なのでよくスーパーマーケットを利用する方や裏側に興味がある方にはオススメだと思います。また仕事帰りに営業時間であれば、すぐに購入できるのは利点だと思います。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

いなげやについて

▶お弁当やパンなども提供

いなげやは、主に食品関係から日用品を提供している総合スーパーです。

毎日の家庭の食卓を豊かにする、いなげやだけで献立が揃えることが出来ます。また日用品や消耗品なども提供しているので、他の店舗に行く手間も省けます。入口から出口まで1周するまでに、必要商品を揃えられるような構造になっています。

また、お弁当やパンなどを店舗で提供しているので、幅広いお客さんに対応できます。朝食から昼食、晩御飯までメニューが豊富にあることもいなげやの強みです。

(モイスチャーさん/埼玉県/30代/男性)

 

 

▶ 焼き芋を店内で扱ったりも

どのような商品と言われても、一般的な食品スーパーなので取り扱う商品の主力商品は勿論、食品です。 肉、鮮魚、果物、野菜、お菓子、清涼飲料水、お酒、乳製品、缶詰、冷凍食品・・・などの食品類と一般的な生活用品の一部、薬品類やサプリメント材、健康食品、洗面用品、洗濯洗剤や台所用品と台所洗剤、殺虫剤、一部電化製品と乾電池・充電池なども取り扱っています。

食品類で珍しいのが季節がやってくると焼き芋の販売を店内で扱ったりします。他にも随時、店頭で出店をを出店しています。

(弐区値井夢さん/東京都/50代/男性)

 

▶ 衣料品も取り扱っている

食品を主に扱っているスーパーマーケットですが、日用品や靴下などの衣料品も少し取り扱っています。お惣菜、魚、肉、加工品、お酒など取り扱っている食品の種類も豊富なので、いなげや一か所で必要なものがそろえられて便利です。通路が広いのでカートが押しやすく買い回りがしやすいようになっています。曜日ごとの特売も多いので上手に使うと家計に優しいスーパーマーケットです。魚も頼めばすぐに切り身や刺身にしてくれるので便利です。

(keiaiさん/東京都/50代/女性)

 

▶ イオンのトップバリュも

いなげやは東京都立川市に本社があるスーパーマーケットを経営している会社です。店内の一部の商品はイオンのトップバリュの商品も置かれています。

店内でのベーカリーやお惣菜も取り扱っており、ロコモコ弁当などの弁当も販売しています。週末には九州フェアや中国四国フェアをたまに行うこともあります。 店舗によっては衣服を販売している店舗もあります。いなげや独自のポイントカードやクレジットカードも発行しています。

(ヤマシンジュさん/神奈川県/20代/男性)

 

 

バイト探しは、バイトルで!

モイスチャーさん(埼玉県 30代 男性)、MIMAKIさん(神奈川県 50代 男性)、弐区値井夢さん(東京都 50代 男性)、keiaiさん(東京都 50代 女性)、ヤマシンジュさん(神奈川県 20代 男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス