注目のバイト先

ニトリ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.20

接客や家具が好きな方にオススメです。 どんな部屋にコーディネートするのか考えたり... <続きを読む>

スシロー | 経験者のおすすめ度

★★★★★

集計中

私はキッチンの握り寿司部門で働いていました。主に朝番だったので、出勤したら最低... <続きを読む>

ゲオ(GEO) | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.35

お客さんからDVDやCDの場所を聞かれることが多々あるので、パソコンを使って調べた... <続きを読む>

くら寿司

くら寿司 | 経験者のおすすめ度

3.00

24件のクチコミ

くら寿司のアルバイト・バイト・パート経験者による、リアルなクチコミ・評価を集めました。求人に応募する前に、仕事内容や職場の雰囲気、面接、髪色や服装についての評判をチェックしてみましょう。

 

カテゴリ別に
クチコミをみる(全24件)

 

 

仕事内容

目次に戻る
  • まず事務所に行って着替えます。その後厨房に大声であいさつしをして、フロアに行ってスタートします。シフト表を見れば、フロアで接客なのか、レジに入らないといけないのかがわかります。レジはほかの接客業務が慣れるまで入ることはないので大丈夫です。
    フロアに出たらお客様が多い日はリーダーの方の指示で案内係になることもあります。それ以外の人はお客様のご要望に応えたり、おあいそでお皿の数などをチェックします。テーブルを片付けることもします。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • 朝8時半には出社してホールの掃除をしていました。そうでもして早くから作業に取りかからないと終わりません。テーブルセッティングが終われば事務所の掃除、手洗い場の掃除、ダスターの洗濯キッチンに入ればネタ補充や漬けの用意など、その日担当する場所の用意が待っています。
    資材などの補充も何度も往復せず一回でできるだけ持って来ないといけないので、何が足りないのかしっかり頭に入れて動かないと大変です。冷蔵庫のどこに何があるのかしっかり覚えないといけません。
    (さちままさん/40代/女性)
  • 朝に出勤したら、まず外の掃除を行っていました。外の掃除をそれぞれの役割を担当していました。掃除をした後は開店準備を手伝います。みんなでミーティングを行い、手洗いや衛生の徹底管理をしていました。そのあとはそれぞれの場所に入り仕事に入ります。どこかの人が忙しかったりしたら他の人が少し手伝うこともありました。仕事終わる前に店長さんから話がありました。その日一日のことをスタッフで話し合いました。仕事終わりには日誌をみる習慣もありました。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

職場の雰囲気

目次に戻る
  • 平日の日中は主婦の方が、平日の夜と土日は大学生と高校生が多く働いていました。男女年齢問わず働けるかと思います。送別会や忘年会も開かれるので打ち解けやすいと思います。ただそういう飲み会が開かれるのはお店の閉店後、片付けを済ませてからなので、かなり遅い時間になります。次の日学校があったりしますし、高校生だった私は、門限もしっかりありましたので、一度も参加することはできませんでした。フリーターの方も多く働いていました。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • 朝だけだったので主婦の人が多く、ほとんど女性でした。なので子供の急病等には凄く柔軟に対応してもらえたと思います。年配の方も働いています。重い物を持ったりするのが大変な時などはお互いに声を掛けて助け合ってやっていました。
    仕事中はほとんど話している暇はないので、仕事が終わった後に事務所で着替えながら和気藹々と雑談をしたり、帰りにランチに行ったりと仲良くなれば楽しいことばかりでした。仕事のつらさも分かってくれているので、「どうすれば良かったなのか」などアドバイスもくれました。
    (さちままさん/40代/女性)
  • 若い人が多いのですが、長年働いているパートさんも多かったです。ずっとその職場で働いている方も多かったので新しい人が入ると丁寧に教えてくれます。厳しく言われることがほとんどでしたが、信頼してくれると一緒に話をしてくれるので盛り上がって楽しいと思います。
    スタッフ同士の集まりはあったのですが、強制的に参加しないといけないわけじゃないので楽でした。一回働くとずっと続く方が多い印象です。パートさんの知り合いとかが働くパターンも多かったです。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

面接

目次に戻る
  • まず、私はもともとお寿司が大好きで、「お寿司屋さんで働いたらお寿司を安く食べることができる」と思い応募しました。しかし、くら寿司は実際は社員割引などありませんし、お寿司を買って休憩中などに事務室で食べることも許されていませんでした。またこのほかの理由として、高校生にしてはかなり時給がいい事、土日祝日は時給がアップするので「稼げそうでいいな」と思ったからです。 ホームページを見て応募し、面接して即採用となりました。
    電話で応募して、数日後に面接、その場でそのまま採用されました。
    面接の場所は店舗の裏側にある事務所で行われました。自分だけではなく、他の方もその場採用なのか、たまたま人が足りなくてすぐに決まったのかはわかりません。
    採用が決まれば「指定の銀行口座を作るように」と指示され、数日後から勤務が始まりました。面接の内容は履歴書をみて、「なぜ応募したのか」や、自分の性格について聞かれる程度で特別なことは何もないので、心配はいりません。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • ネットでパート募集を見つけました。履歴書もいらないし、「普段着のままで面接ができる」と書いてあったし、通勤時間もそんなにかからないので応募しました。するとすぐにセンターの方からメールがあり、面接日時の希望する日付と時間帯の所にチェックをして返信しました。その後センターの方から電話があり、面接日の決定をさせて頂きました。「子供の都合に合わせて働ける」というのが一番の魅力でした。面接の時もその事を伝えると快く承諾して頂きました。
    面接時は専用の履歴書に住所、氏名、働ける曜日や時間、「夏休みやお盆に出社できるのかどうか」など細かく書きました。あとはそれを見ながら気になる点や希望などをこまめに伝えて詰めていくといった感じでした。ハウスルールなどの説明もそのときにあり守られるかどうかの確認もありました。
    面接して店長から一週間以内に採用の電話がきて、最初のオリエンテーションでこれる日を決めました。ただ店長が居る日じゃないと駄目なので、なかなか予定が合わず大変でした。
    (さちままさん/40代/女性)
  • もともと寿司が大好物でした。当時は携帯を持ったばかりで携帯代を払うお金がなく困っていました。携帯代を払おうと思ったらバイトするしかなかったのです。ただ、自分は接客ができるという訳でもないし、どちらかというと苦手の部類に入るので、接客がメインのコンビニバイトは無理だと思っていました。接客じゃなくて作るほうなら私にもできるかなと思い応募しました。また、家からも近く通いやすいところも良かったので、ここのバイトに決めました。まかないを少し期待したのもあります。
    バイト情報誌から応募しました。面接は夕方に職場で行われました。簡単な質問と時給の説明と仕事内容のことを説明されます。あとは店長と他愛もない話をした記憶があります。学校のことや部活動の話をした思い出があります。
    面接結果は電話でかかってきてました。面接の2日後には連絡があったような気がします。採用を伝えられたのも電話です。電話で銀行口座指定の説明をされて仕事のことについての説明が再度ありました。何日から働けるかも聞かれた記憶があります。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

教育・研修

目次に戻る
  • 今まで一度もアルバイトをしたことがなかったので、初日はとにかくドキドキしました。最初は店内を一通り案内していただき、またマニュアルのDVDのようなものも見ます。店内で始業開始時の大声であいさつをする練習もします。そのあとはいきなり「フロアに行ってね」と言われて、教えていただく方のもとにあいさつに行きます。簡単な説明を受けた後、接客を実施します。慣れれば大丈夫です。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • 初めはマニュアルを読んで、身だしなみの事や手洗いなどの詳しいことを教えて頂きました。働いている方も爽やかに挨拶して下さるので「すごくいい雰囲気だな」と感じました。そのあと制服のサイズ合わせや靴の支給、実際に中に入ってからの手洗いや連絡事項のやり取りなど一緒についてもらいやりました。
    その研修が終われば初めはホールの掃除、セッティングをしました。飲食店なので掃除はすごく時間を取って重点的に教わって、やる事も多かったですが、丁寧に1人ついてもらい教えて貰いました。分からなければメモも取れるので安心だと思います。
    (さちままさん/40代/女性)
  • 最初の日は掃除するにもパートの人がついてくれました。初めてでわからないことだらけだったので怖かったのも事実です。掃除が終わったあとは、店内の仕事も一緒についた先輩の人が1から指導してくれました。
    「独り立ちするまで常にだれかと一緒に行動する」といった感じです。接客をすることはなかったので、寿司を作る仕事だけ教わりました。接客をしたい人は交互に教わる感じでした。メモは「自分で書いて覚える」という形だったので、覚えてなくて忘れてることもありました。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

時給・福利厚生

目次に戻る
  • 私は面接の当初は週に3回、一日4,5時間の契約でスタートしました。しかし気が付いたら平日3日間と土日は必ず入っていました。
    時給は平日は850円、土日祝日は900円でした。また、年末年始は5日間以上入ると特別手当ももらえたと思います。学生の方なら、お盆、ゴールデンウィーク、年末年始、土日祝日が入れるほうが入りやすいと思います。月収は高校生の時で、5万円から8万円ほどでした。でも同級生の中には10万円の子もいました。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • シフトは2週間ごとに出ます。半年に1度自分が働くことの出来る曜日と時間を提出します。それを参考に店長がシフトを組みます。学校行事などで早く帰りたい日や休みたい日の申請は2週間前に専用の紙に書くと大丈夫なので絶対に書いた通り働かないといけないと言う事ではないです。
    急な休みでも専用の緊急電話があるので早めに電話すればヘルプを呼んだりするので気兼ねしなくても大丈夫どと思います。たまに人数が多かったり働く時間の兼ね合いで削られたりします。
    (さちままさん/40代/女性)
  •  シフトは2週間に一回紙に書くシステムでした。店長や副店長がいるので休みの日は相談することができます。
    月収は平日の夜に入ったりもしたら10万程は稼げると思います。土日も運動会とかが近くにあるとできるだけ混むので入ってほしいと言われることがありました。急な腹痛でも飲食店なので休まないといけないこともありました。休む時は代わりの人に入ってもらわないとならず、気持ち的に「迷惑だろうな」と感じるときもあります。でもお互い様です。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

シフト

クチコミはまだありません。

目次に戻る

 

よかったこと

目次に戻る
  • とにかくほかのお店に比べて時給が良い事です。だからめちゃくちゃ入らなくてもそこそこ稼ぐことができます。社割などはなく、制服も可愛くはありません。 ただ忙しい時はとても忙しく、手早い仕事やお客様のご要望に対する対応力が求められ、自然に身についていきます。なのでくら寿司でアルバイトをしたあと、世間で「厳しい」とよく言われるアルバイトに転職しましたが、特につらさを感じることもなく、すぐに仕事を覚えることができました。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • まかないなどは一切ありませんし、残った物を食べる事なんて絶対にありえません。でも「旅行に行ったのでお土産どうぞ」とか「もらったけど食べられないのでみんなで分けてください」とか御菓子には困りません。
    シフトもほぼ希望通りにしてもらえるので良かったと思います。急な休みで人数が足りなければ事前に何時まで延長が出来るかなど聞いてくれるのでその点ではいいと思います。時給も1分単位でついていたのですこし残業しても損はなかったです。
    (さちままさん/40代/女性)
  • まかないはなかったのですが、スタッフの休みを割と対応してくれます。絶対予定が立てにくいこともなかったですし、一つの場所に決まっていたら同じ場所で仕事をすることが多かったので覚えやすい点があります。
    一回作業すると話をしている時間もないので一日があっという間に終わります。大型の休みの時はパートさんも入っていないので仕事がしやすいという一面もありました。「まかないがあったらいいのになぁ」と思ったときはあったのですが仕方ないとも思いました。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

大変なこと

目次に戻る
  • フロアで働いていても厨房にいても監視カメラで監視されていて、何もしていない時間があると注意されます。全くお客様がいなくてやることがなかったとしても、何か仕事を見つけて、常に手を動かし続けなければいけません。当然の事かとは思いますが、常に行動を監視されていると思うと、プレッシャーもありやりづらかったです。
    また、お酒も提供しているので酔っ払った人が絡んできたり、クレームをつけてくることもあったのが大変でした。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • スピードと正確さが必要なので頭で考えながら行動してたら遅いと怒られます。あとは覚える事が多いです。いちいちメモを取っている時間もないので本当にしっかり頭に入れないといけないので大変です。
    凄く細かいことが多いので神経を使わないといけないし、綺麗に仕上げないといけないということもあるのでかなり集中しないと出来ないと思います。すこしの汚れでも怒られるので常に綺麗にしておかないといけないし、どんどん作っていかないといけないので最初の頃は凄く疲れました。
    (さちままさん/40代/女性)
  • 実家から通っていたのですが、帰ってくると酢飯の匂いが髪の毛にもしみついて毎回お風呂に入っていました。あとはバックヤードは食べ残しとかが多いので寿司を食べる気持ちにはならなかったです。
    匂いが他の服と混ざっているので親は洗濯を別でしてました。洗っても匂いが取れないとかだったのですごく困った思い出があります。靴を職場で借りるのですが、だれが使ったかわからない靴を履かないといけないので少し嫌だった思い出があります。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

 

身だしなみ・制服

クチコミはまだありません。

目次に戻る

 

向き・不向き

目次に戻る
  • フロア(接客)に応募されるなら明るく聞かれたことに対して素直に答えたら、必ず合格すると思います。ですがアルバイトの中でも厳しい職場なので覚悟が必要です。中には理不尽なクレーマーの方もたくさんいらっしゃいます。そういう方が来ても接客業ですので、対抗することなく、しっかりとお詫びをできないと難しいと思います。それと週3回の勤務でと希望しても平気で週5回などのシフトになるので勉強との両立が難しいと思われる方はやめたほうがいいと思います。
    (グミチョコさん/20代/女性)
  • 他のバイトと違い食品を取り扱うお店なので装飾品をつけたままやマツエク、頭髪の色など割と厳しいと思います。後は他のバイトと同じく規律正しくハキハキと元気であれば大丈夫だと思います。
    シフトも家庭の都合に合わせやすいので子育て中の主婦や学生さんでも働きやすいと思います。同じ様な年代の人達が集まっているので色々な子育ての相談などしたりする事もできます。学生さんもいるので土日も割と簡単に休める事ができます。
    (さちままさん/40代/女性)
  • どこの職場でもあると思うのですが、パートさんや長い方が多いのでそこの方たちと話をできたほうが良いかなとは思います。その方たちに嫌われたらやっていくのもしんどいと思います。
    あとは匂いがどうしてもつくのでそこに敏感な人は働くのがむずかしいと思います。接客だとあまり気にしなくても良いですが、安く提供するのでお客様は早さを求めるので少しでも遅かったらクレームということもあります。すぐにあきらめない人のほうが楽しいと思います。
    (ゆうえんちさん/20代/女性)

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の職場環境とは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。
また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。