なか卯でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

3人のなか卯経験者にお集まり頂き、アルバイトの体験談を伺います。みなさん、どんなアルバイト経験をされているのでしょうか、気になりますね。今回は、hennさん、さぬきうどんさん、ドナルドちゃんさんにお話を伺いました!

★注目ポイント

  1.  はじめてのアルバイトでも安心
  2.  覚えることはそこまでない
  3. 終電が終わるまで、来客が多い 

なか卯のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

f:id:to_B:20180529182548j:plain


応募のきっかけ

▶ 深夜時給がよかった

大学生の時、店舗が大学から近く、また深夜時給がよかったので応募しました。 やりたいことがあり、就職せずに夢を追いたかったので卒業後もできるバイトを探しました。

昼はやりたいことの勉強に費やしたかったので、深夜が都合がよかったんです。 あと深夜なら暇かなというのが一番の理由でした。

また、その店舗はよく利用していて、味も美味しいし、そんなに広くもなかったので、自分でもなんとかなるかな、と。(hennさん/30代/男性)


▶ 時間の融通が効かなくても働けた

高校生の頃、学費とお小遣い捻出のためにバイトをすることにしました。 新聞折り込みチラシのバイト募集を確認して、最初はコンビニのバイトを探して面接も受けに行きましたが、高校生で時間の融通がきかないためことごとくNGでした。

エリアを広げ、飲食業にも広げて初めて受けたのがなか卯で、多分人手不足だったのか即採用されました。

なか卯を全く知らず、お食事処という文字だけ見て応募しましたが、チェーン店だったことにびっくりしました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ 「知り合いがいるなら心強い」と思い

大学の頃に入ってたサークルの先輩から誘われて応募しました。

当時は遊ぶお金が欲しくて軽い気持ちでバイトを探していました。自分は人と接することが好きなので接客業をメインとして仕事を探していました。そこに、仲のいい先輩から誘われたので「知り合いがいるなら心強い」と思いました。

条件下とかは私の希望を聞いてもらえました。働く人数が多かったのと、先輩の知り合いだということで優遇されたのではないかと思います!(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

面接

▶ 面接は店長と

電話で応募して、二日後に面接になりました。

面接では店長と話しをしました。また、シフトのことの相談もしてその場で即採用が決まり、口頭で三日後から入ることになりました。

面接では、趣味を聞かれたり、クリスマスが近かったのでクリスマスや年末年始の予定をきかれたりしました。クリスマスや年末年始は入れなくなる人が増える時期らしく。

また、卒業が近かったので卒業後の予定も聞かれまして、「就職せずに長くやりたい」という話もしたので、それが即決の理由になった気もします。(hennさん/30代/男性)


▶ 最後にその場で「採用」

新聞折り込みのチラシでバイト募集を見つけ電話しました。履歴書を持って指定された日時に来るように言われ、直接店舗に行きました。

面接では「なぜなか卯でバイトしたいのか?」「希望勤務時間は?」「交通手段は?」を聞かれました。

高校生だったので夜8時までを希望し、場所も遠いので電車代をいただきたかったのですが、夕方シフトが10時までと交通費負担はない旨を伝えられました。

その部分は私が折れ了承したことを伝えると、面接の最後に採用をいただきました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ シフトの質問がメイン

応募してからすぐに連絡がありました。面接は、店舗でありました。

そのときは大学生でしたので、面接では「どのくらいの頻度で入れるか」「時間帯はいつが希望か」など詳しい話をされました。あと、「土日はお客さんが多いのではいれるのか」どうかも聞かれました。筆記とかはなかったです。

シフトに関する質問が多く、特に「なんでここを選んだか」とは聞かれませんでした。

家からはどうやってアルバイト先にくるのかも聞かれました。 採用はその面接の日に連絡がきたと思います。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

教育・研修

▶ 最初は昼ピークに

夜勤希望だったのですが、最初は店長と一緒に昼ピークに入り、トレーニングを受けました。 ホールと呼ばれる接客中心のセクションからスタートです。

まずはメニューを覚え、オーダーを厨房に通すオーダー用語を教えられました。

店長を仮のお客様として、シミュレーションをして、店長が合格をくれたら実際のカウンターに入りました。 最初は、めちゃくちゃ緊張しましたね。

上手にできず、たくさん怒られました。ただ、怒られたことで覚えたことも多かったです。(hennさん/30代/男性)


▶ 店長やスタッフが気にかけてくれた

面接の最後で採用をいただいたので、次来るまでに商品とその値段を見ておくように言われました。

初日は店長が1時間程度付きっきりで注文と会計のやり方を教えてくれ、そのあと3時間は自分で接客し、わからないことは都度聞くようにしていました。

終わった後も店長や一緒になったスタッフが気にかけてくれたので、次回の仕事も安心してできたと思います。 注文の札の使い方が独特だったので、少し覚えるのに苦労しましたが、2〜3日で慣れました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ 初日はドキドキしっぱなし

初日はドキドキしっぱなしでした。研修というのはなかったのですが、教えてもらうのも接客なのでぶっつけ本番でした。 なかなか声を大きくだすことができなかったので、「いらっしゃいませ」「ありがとうごさいます」など、まずはそこから始めた覚えがあります。 慣れたのは3ヶ月ぐらいたってからだったと思います。

一通り仕事もできるようになり、自分にもできるという余裕もでてきたので。 ホールができるようになればキッチンでのやり方も教えてもらえます。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

仕事内容

▶ 終電が終わるまでは来客が多い

夜勤だったのですが、終電が終わるまでは来客が多いので、接客・料理・提供がメイン。終電後に食材の配送があり、それから調理器具のメンテナンス・料理の仕込みを行います。 朝は安価な朝定食があるため、そちらの準備も行います。

そして、朝定食のピークをまわして終わりです。 店舗によりますが、仕込み量が多く、飲み帰りの方の深夜来客もあるため、かなり時間に追われる感じです。

また、一人回しいわゆるワンオペ時代があったので、結構大変でした。(hennさん/30代/男性)


▶ 商品の値段を覚えてスピートアップ

仕事内容は厨房と接客に分かれていました。 最初は接客からとなり、仕事を覚え出して厨房も希望すると半年ごろから教えてくれました。 接客は注文と会計が主で、時間が空いた時に掃除や箸の補充などをしていました。

最初の頃はレジでのお会計の業務にわりと時間がかかっていましたが、商品単体の値段とよく注文されるセットの値段を覚えておくと、早く回すことができました。

厨房は牛丼、親子丼、うどんのポジションに分かれており、忙しい時は一人一役でしたが、夕方や夜は全てをすることもあり、覚えることは多かったです。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ お客様の来た順を間違わないようにお茶をだし

仕事内容は、ホールでしたので、お客様が来たらお茶を用意してお茶をだし、注文を受けます。

受けたら、キッチンの人に注文を通します。出来上がり次第持っていきます。

忙しい昼時、夕方時は次々にお客様が来るので来た順を間違わないようにお茶をだします。また、注文もつゆだくなどお客様の好みもあるので、それも間違わないようにしないといけないので、とりあえず記憶力が試される感じでした。

それから食べ終わるとお会計をします。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

給料・シフト

▶ 深夜時給の時間を把握しておかないと「ちょっと損した気持ち」

シフトは2週間毎に提出のため、スケジュールはたてやすかったです。

長く休むときは提出前に、口頭でも伝えておくと、よりスムーズでした。

夜勤の人と直接話ながらシフトを出すことで、削られたり多く入ることもほとんどなかったです。 月収は3~17万と幅がありました。

ヘルプなどもあるので、17万くらいで安定させることも可能です。 時給は、深夜1200円でしたが、朝5時からは1000円になるため把握しておかないとちょっと損した気持ちになります。(hennさん/30代/男性)


▶ シフトは二週間ごとの自己申告制

シフトは二週間ごとの自己申告制でしたが、夕方はだいたい皆の曜日、時間が決まっていました。

なので自分が入っている曜日に予定がある時はあらかじめ店長に伝え、代わりの人も軽く探しておく作業をしていたと思います。

一日4〜5時間を週3回程度で3〜5万円でした。 長く働いている人は週1回の方もいましたが、だいたいが週2回、3時間を最低ラインとして働いているようでした。 高校生の時給は720円で、途中で全員750円に上がりました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ 急用ができると代理を自分で探す

シフトは一月ごと決めてました。自分がダメな日を申請してそれ以外は店長が振り分けるという形をとってました。

急にダメになったらその都度代わる相手を自分で探し、代わったら申請する感じです。 時給は810円ぐらいだったと思います。 時間帯によって時給も変わります。夜22時以降だともう少し高くなりますが、20才未満は夜22時までしか働くことはできませんでした。 なので月収は4万円から5万円あたりだったと思います。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

職場の雰囲気

▶ 夜勤は基本二人。話が合わないとちょっと

夜勤は外国の方やご年配の方が多かったです。

8割は男性でした。 朝、昼のピーク帯は学生、主婦など若い方が多かったです。 女性も半分をしめていました。 外国の方は少ない印象です。

レジ精算などがあるため、社員も朝・昼に勤務することが多いです。

夕方は、色々な年代の方がいました。 昼・夕の方々は仲がいい印象でしたが、夜勤はあまり顔を合わせる機会がないので、仕事以外の話はほとんどしませんでした。 夜勤のパートナーとは割と仲良くなりました。 基本二人なので、話が合わない方だとちょっときつかったです。(hennさん/30代/男性)


▶ 年齢層はさまざまな

お昼は主婦、大学生、夕方は学生(高校生、専門学校生、大学生)、夜はおじさん、おばさんから学生とさまざまな年齢層が働いていました。

夕方は年齢が近いのもあり、割と仲良くしてもらいました 休みの日にご飯に行ったりなどもしていました。

音楽の専門学校が近くにあり、そこで学んでいる方が多かったので、ライブやカラオケのお誘いが頻繁にありました。

昼にも少し入ったことがありますが、主婦の方も気さくに話しかけてくださり、働きやすい雰囲気でした。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ 大学付近は大学生が多い

学生で、働いていたところが色々な大学が集まってる近くだったので、大学生が多かったです。 なので、バイト時間帯が同じだった子たちと遊びに行ったりしょっちゅうしていました。

時間帯的に大学が昼間授業なので、夕方から夜にかけてだったので、カラオケ行ったりしてました。 また、バイトがない日でも連絡を取り合って遊びに行くほど仲良くなったと思います。 遊びに行くほど仲良くならなかった人とたまに入ってもよく喋っていました。それぐらい雰囲気は良かったです。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

よかったとこ

▶ 賄いが半額で食べられる

夢を追いながらのバイトでしたので、シフトが2週間制だったのはありがたかったですね。

また賄いが半額で食べられるので、食費も押さえられるのも大きかったです。

深夜勤務の方も、他にやりたいことがある方が多かったので、夢の話ができたり、優しく教えてもらえたりして嬉しかったです。

また、有休も取れるので、かなり有効活用させてもらいました。 残業も15分毎につけてもらえたので、その辺りもよかったと思います。(hennさん/30代/男性)


▶ 厨房を覚えると家でも牛丼が作れる

シフトが入っている日にまかない割引があり、商品が半額で食べられたので、休憩中や勤務前後でよく食べていました。また、厨房での作業を覚えると家でも牛丼や親子丼が作れるようになりました。

高校生の頃は家で料理はしていなかったので貴重な経験になりました。 シフトの融通は割とききやすかったですが、バイトメンバーが高校生にかたまっていると、テスト日程が重なることもしばしばありました。 急病で行けなくなっても店長が調整してくれていたので助かりました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ テスト中はシフトに入らなくても大丈夫だった

シフトが入ってる時だけですが、当時はすべてタダで食べてました。

牛丼も肉をのせ放題で、自分の好きなようにカスタマイズできました。

また、学生でしたので、テスト期間中はシフトに入らなくても大丈夫でした。 また急な休みも働いてる人数が多いのですぐ替わりをみつけることができます。

年齢が近い人が多かったのでバイトのあと遊びに行ったり、悩みとかも相談できました。学校でできる友達とまた違うので楽しかった記憶があります。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

大変なこと

▶ 深夜帯は酔ったお客様も多かった

引き継ぎ時に来客が多いと、色々と足りない状態から仕事開始なことも多く、そちらを復旧させてから通常業務になるのはきつかったです。

あと、ヘルプとして他の店舗に行くことも多かったのですが、来客ペースがわからないままだし、トレーニング不足の方がパートナーだったりすることもあり、時間が足りなくなることもありました。

また深夜帯は酔ったお客様も多く、からまれたり暴力一歩手前のことをされたりして、接客面のストレスもありました。(hennさん/30代/男性)


▶ 飲食店独特のにおいがついてしまう

飲食店独特のにおいが身体についてしまうのが嫌でした。 制服も自宅洗いでしたが、持って帰るのが嫌でした。

また、急な欠員が出た時に店長が人を増やさずそのまま仕事をすることがありました(3人→2人)。 普段であればなんとかできる程度なのですが、その日は近くでイベントがあり、お客さんが一斉に増え、手が回らないこともありました。 イベント日程はあらかじめわかるものなので、それもふまえてシフトを組んでほしいと思ったことはあります。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ ついつい、注文の順番がわからなくなったりした

 困ったことは、夜入ることが多かったのでお酒を飲んだあとに来店されるお客様がいたりして、からまれたりしました。あとは、クレームをいわれたりということがありました。 その都度、男性のスタッフにはいってもらい助けてもらえましたが。

きつかったのはやはり、昼時、夕時でお客様が多くなったときです。 ついつい、注文の順番がわからなくなったりするので大変でした。あと、ホールをほぼ一人でまわすのできつかったです。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 

これから応募する人へ

▶ 長期で就労を考えている方向き

メニューの把握、接客用語・マニュアルなどの基本を覚えることが第一です。 仕事の流れは、同じなので、基本を知り、実践で応用していく感じですね。

また、特に夜勤はトラブルが多いので、会社のトラブルマニュアルも覚えておくと、自分で判断すべきことと、会社の判断を仰ぐべき事案かの区別がつきやすいかと。

メニューが多いので、別々の注文があった場合の効率のよいオペレーション能力も必要です。 なので、長期を考えている方向きのアルバイトだと思います。(hennさん/30代/男性)


▶ 覚えることはそこまでない

接客が好きであれば、覚えることはそこまでないのでやりやすい仕事だと思います。 制服貸与もありますし、自分の予定ありきで働ける職場です。またわからないことは聞きやすく、皆が仲の良い感じでした。

厨房では普段料理をしない人でも作れるようにマニュアル化されていますし、作り方を覚えれば家でもできるようになると思います。

男の人のカラーリングは明るすぎる色だと注意されていましたが、それ以外は特に何も気にせずで大丈夫でした。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ はじめてのアルバイトでも安心

食品、お金を扱ってるので、それなりの責任と清潔さ、人と関わることが好きな人、また記憶力が長けてる人であれば楽しくできると思います‼

最初はホールを任されると思うので、覚える仕事内容はほとんどないと思います‼ はじめてのアルバイトでも安心です。

また接客業なので、働いている人たちもコミュニケーションが好きな人たちが多く、気さくに話している印象でした。もし店舗の雰囲気などが心配であれば、まず働きたい店舗に足を運んでみて「実際どうなのか」見てみたらいいと思います。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

 
なか卯について

▶ 和のファーストフード

なか卯は、和のファーストフードとして、牛丼・親子丼・カツ丼といった定番の丼ものをレギュラーに、季節の丼も提供するお店です。

また、他の牛丼チェーンにないうどん・そばも充実しています。 うどん そばも季節毎に、すだちおろし・鶏塩・鴨など魅力的な商品があります。 関西が発祥のため、京風のだしをベースにしており、丼と一緒に食べるとより引き立つような味付けになっています。 他にも朝定食・夜定食も充実しており、毎日通っても楽しめます。(hennさん/30代/男性)


▶ なか卯の一番人気は親子丼

なか卯はどんぶり、うどんのファストフード店です。

牛丼推しの店舗が多い中、なか卯での一番人気は親子丼です。

鶏を煮詰めて卵でとじてという作業を注文が入ってからやっているので非常に美味しいと思います。 また、麺類では季節限定のメニューがあり、夏ならざるうどん、ざるそば、冬ならあんかけうどんなどがあります。 個人的にはざるうどんが好きですが、すだちおろしうどんもスッキリした味わいがあり好んで食べていました。(さぬきうどんさん/30代 /女性)


▶ 持ち帰りもできる

なか卯では、牛丼はもちろん、親子丼、うどんなど豊富にメニューを取り揃えており、店舗でだけではなく、お持ち帰りもできます。

個人的におすすめなのが、親子丼です! 普通の卵よりも黄色い卵なので出来上がったときにふわっとろっで甘い親子丼になります! うどんも、すだちうどんがおすすめです!すだちのさっぱりさがうどんととても相性がいいです。よく、この親子丼とうどんのセットを食べてました。 牛丼よりも待つ時間は長いですが。(ドナルドちゃんさん/30代/女性)

なか卯のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

今回は
なか卯アルバイト経験者のhennさん(30代 男性)、さぬきうどんさん(0代 女性)、ドナルドちゃんさん(30代 女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス