はま寿司でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

はま寿司のアルバイト・パート経験者4名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. まかない(社員割引)でお寿司を安く食べられる♪
  2. 高校生歓迎・フリーター・主婦・シニア、全員大歓迎!
  3. 来店客の多い人気店なのでテキパキ行動するのが好きな人向き

はま寿司のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

f:id:to_B:20180613152720j:plain

応募のきっかけ

▶ オープニングスタッフ

私がはま寿司に応募したきっかけは、通っていた高校から店舗が近かったということとオープニングスタッフだったということです。

オープニングスタッフならみんな最初からなので差がなく、平等でいいかなあと思い応募しました。

当時アルバイトを探していた理由は、高校生だったので働けるようになり自分でお金を稼いでみたいのと、友達と遠くへ遊びに行ったり、自分の趣味にお金を使ってみたいと思ったからです。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ オープニングスタッフ2

近くにお寿司やさんができる事は知っていました。 当時つとめていた会社をやめてしまい、次の仕事を探していました。

フリーペーパーを眺めていたら、私たちの住んでいる地域ではかなり高い時給でそのお店が載ってました。

私はそれまで事務員しかやったことがなかったし、人間関係に少し自信がなかったのですが、時給が高いし、オープニングメンバーなら、人間関係もそんなに大変ではないだろうと思い、面接をしてみることにしました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 土日いずれか出勤できればOK

以前勤めていたパートを辞め、単発のアルバイトをしながら新たなパートを探していたところ、新聞折り込みの求人広告で見つけました。

飲食店経験は全くなかったのですが、新規オープンでの募集だったこと、土日どちらかの出勤でOKだったこと、あとちらしに載っていたクルーの集合写真のなかに40代以上の方が多くいたことで、応募することにしました。

当時、子どもがスポーツ少年団に入っており、そちらの送迎などもあったので、土日どちらかで良いというのはかなりの魅力でした。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ ダブルワークOK

はま寿司に応募したきっかけは、ネットで検索して時給がそれほど悪くなくて、時間帯が自分で決められるところだったので応募しました。

そのときはダブルワークがしたくて、空いてる時間をはま寿司で使いたかったので、午前中から遅くても14時までと自分でシフトの希望を出してバイトできるのがよかったです。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

面接

▶ 面接は店長と1対1

面接の会場は店舗でした。

応募してから1週間程度で面接でした。 面接では、店長と1対1で話をしました。内容は当時高校生だったので高校の話や世間話などもしました。アルバイトの話では週にどれくらい働けるかや、何曜日が出れるかなど出勤の事が多かったです。

オープニングスタッフだったため店長が前にどの店舗でどういう事をやっていたかなども話してくれました。

面接合格の場合は電話が来ると言っており、3日後位に合格の電話がきました。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 面接はあまり難しくなかった

私はオープニングメンバーでしたので、お店とは別の市の施設で一斉に面接がありました。

面接では、一週間のうちどのくらい仕事ができるか、夜はできるかなど、シフトに関することを重点的に聞かれました。

特別難しいことを聞かれることもなく、きちんと受け答えすれば十分だと思います。一週間ほどだったかと思いますが、採用通知と検便の容器、初日に準備するものなどが書かれたものや、こちらの情報を書く書類一式が送られできました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 面接は5分で終了

応募したときに面接場所と時間を言われました。 場所は勤務する新しい店舗でした。 行ってみると、一人面接している最中で、指定された席で渡された書類に記入して待っていました。

書類は簡単な履歴書のような内容でした。 面接では、なぜはま寿司に応募したのかと出勤可能な時間や曜日を聞かれたくらいで、5分くらいだったかと思います。

面接したのは店長にあたるひとでした。 2日後位に本部の人事課から採用との連絡がありました。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ 希望のポジションが出せる

応募して、はま寿司の採用センターから電話がきました。そのあと日にちや時間を電話の方と決めて、その日になったら店舗に行きました。面接場所は希望した店舗でした。面接は店長が不在の日だったのでその日に出勤していた社員の方がしてくれました。

キッチン、切りつけ、フロアのどの仕事をしたいのか希望を聞かれて、そのあとは自分の出勤できる日や希望の給額等聞かれました。

次の日に店長から電話が来て採用となり、初日の出勤日を決めます。初日は1時間ほどの店長とのオリエンテーションでした。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

教育・研修

▶ 研修は開店前の店舗で

オープニングスタッフだったため、初日は面接の合格者の顔合わせ、業務内容の説明、あいさつや朝礼のしかたを開店前のお店でやりました。

研修は呼ばれた席への対応のしかた、声出し、バッシングのしかた、味噌汁や麺類の作りかた、飲み物の出しかたなどを1、2週間開店前の店舗でやりました。

開店後は研修時にいなかったお客様がいるのでその差でもえ大変でした。 研修ではなかった色んなことを聞かれ、慣れるまでに1ヵ月程度かかりました。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ オープニングスタッフのため全員が初心者

オープニングメンバーで全員が初めてなので、気持ちは楽でした。オープンまで二週間というなかで、全員がゼロからのスタート。

初日はいらっしゃいませなどのあいさつの練習からでした。

その後はそれぞれのポジションに分かれて、メモをとりながら仕事を覚えていきます。 私はお寿司を作る仕事でしたが、初めはネタと名前が一致せずに戸惑いました。

オープンの日は、お客様の注文を間違えずに出せるかとても緊張して足が震えていました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ スクワット体操からスタート

新規オープンの店だったので、オープン前に昼と夜の2回どちらか参加で、約1週間の研修がありました。

研修は本部の偉い方、他店からの社員、トレーナーが来ていました。 まず、毎日スクワットなどの体操から始まり、全員で大きな声を出す練習をして、基本用語を複唱しました。まるで軍隊のようだったと後で話になったのを覚えています。

キッチンとフロアに分かれて、5人ほどのグループに分かれてトレーナー一人付き、実際の動きや作業手順などを指導されました。

最初は時間までに仕事を終わらせのが大変でした。完全に慣れるまでには1年ほどかかったと思います。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ 研修期間の時給はマイナス50円

30時間は研修としてマイナス50円からスタートしたかと思います。

初日は店長とのオリエンテーションで、はま寿司の信念みたいなことや、これはやってはいけませんみたいなことを習ったかと思います。

朝のオープンの準備は、基本的にフロアは2人で行いますが、3日間は3人で行いそのあとからは2人でやっていくようになりました。ある程度は教えてくれるので2人になっても大丈夫でした。

あとは最初のうちはお客様が来た時の席へのご案内と、テーブルの片付け、お会計等を習っていきます。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

仕事内容

▶ 会計時の呼び出しやお皿数えなど

まず事務所で着替えを済ませ、手洗いうがい、朝礼を済ませてからの仕事でした。

ホール担当だったのでお客様の会計時の呼び出し、お皿数え、味噌汁や麺類などを作って運ぶ作業、お帰りになったお客様の席の片付け、ソフトドリンクの提供をしていました。

その他にはレジの会計やお持ち帰りの注文を受けたり、混んでいる時はお客様の席案内をしたりしました。

混んでいる日は特にお味噌汁や麺類の注文が多く、1人じゃとても手が回らなかったです。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 日によってポジションが異なる

私は調理場で働いていました。日によって担当するポジションが代わりますが、お寿司をつくる。揚げ物をする。

デザートやサラダなどのサイドメニューを作るなどの調理や洗いものもやります。

ピーク時を過ぎると、次の日の準備や下ごしらえもやります。マニュアルがしっかりしているし、わからないことは教えてもらえるので、安心です。 お客様が多いと忙しくて大変ですが、コミュニケーションをとりながら楽しく働いています。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 食材のカウントから発注業務もあり

納品された食材を定位置に整理する。 キッチン(レーン、野菜、ホット)での立ち上げ作業。

店がオープンすると、注文された寿司を作ったり、回転レーンに流す寿司を製造する。 フロアでバッシング(デーブルの片づけ)をする。 売り上げに応じた食材の解凍や仕込みをする。

食材の発注をするためのカウント(在庫数を数える)をし、PCで発注作業をする。 夜帯のための食材(デザート、野菜、巻物)を仕込む。 以上の仕事をしながら、リーダーとして店の営業とクルーの管理をする。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ ペッパー君が案内業務担当

朝は出勤したら、駐車場、フロアやパントリーと呼ばれるフロアでお料理を作るところの点検をします。

テーブルの足りないもの、お醤油や一味、柚子胡椒、お箸やスプーン、フォーク等も補充します。

朝礼を行い、オープン後はお客様の対応がほとんどです。ドリンクや汁物の注文が入れば作って提供し、会計やレジ、食べ終わったテーブルをすぐ片付けるなどです。

ペッパーくんが導入され、ほとんどご案内はペッパーくんがしてくれますが、あまりにも混み合って来たときは、人がやる場合もあります。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

給料・シフト

▶ シフトは2週間ごと

シフトは2週間に1回毎の自己申告制でした。なのでテスト期間や自分の用事がある時に前もって休みを入れていました。

なので、月収は5、6万円くらいだったです。 高校生だったので週4日から週5日、学校が終わった18時頃から22時前の約4時間というシフトが多かったです。

忙しい日(金曜日の夜や土曜日、日曜日)はシフトを入れていなくても出勤してほしいと言われる時が何度かありました。 休む際は代理を探さなければいけなかったので大変でした。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 土日祝は休日手当あり

だいたい曜日でシフトは決まっていました。 学生さんはテストのある週は休みをとったり、都合に合わせてシフトを作ってくれます。私は週に5日間、5時間というのが基本です。

それでだいたい月給8万円ほどです。 忙しい時は時間がのびたり、日にちを増やしたりで10万円以上の時もあります。

週末は平日より時給が高いので、なるべくでるようにしていました。 急なシフトの変更は無理なので、健康管理に気をつけていました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 基本は固定シフト

店長が2週間先のシフトを作成し掲示します。 休みの希望があるときには、掲示される前に店長に申告し、間に合わなければ自分で交代などの交渉を他のクルーにしないといけません。

申告のない時は、ほぼ契約シフト通りとなります。 平均して1日5時間、週4日勤務で、月平均9万円の収入です。 リーダー給として時給は50円アップ、5000円の手当がつきます。

できれば、扶養の130万円ぎりぎりまで稼ぎたいところですが、そこまでははま寿司の契約に反してしまうそうです。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ たまに週末休みも可能

1週間ごとにシフトが出ます。私の場合はフロアリーダーの方に希望を提出してその方が組んでくれていました。

私のシフトは9時から14時の間の3〜5時間でほとんど組んでもらっていました。1週間に4回出勤してだいたい毎月5万円前後でした。

募集のときには、週3〜、土日どちらか勤務可能で募集されていたかと思いますが、出られない日は土日どちらもお休みにしていただいたりもできました。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

職場の雰囲気

▶ 皆が初心者で気軽に話ができる関係

私がはま寿司でアルバイトを始めた時は新店舗で、オープニングスタッフを募集していました。

高校が近いということもあり高校生が多かったです。主婦の方も何人かいたのですが、当時高校生で放課後のアルバイトだったのでオープニングスタッフ研修以外であまり一緒にアルバイトをする機会はありませんでした。

オープニングスタッフだったのでみんな初めてのはま寿司でのアルバイトでわからないところや不安な所を気軽に話し合えてよかったです。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 忙しい時間帯は殺伐

平日のお昼は、ほとんどが主婦の方です。学生さんは平日の夕方や土日にがんばっています。

学生さんから年配の方まで、年齢層は幅広いですが、仲良くやっています。 忙しい時は殺伐とした雰囲気になることもありますが、それはお客様を少しでも待たせないようにするため。

休憩中などは一緒にお寿司を食べたり、ラインで連絡取り合って急に仕事に行けないときに、代わりを頼んだりと仲良くやっています。 主婦の方は終わったあとランチをしてから帰る方も多くいました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 仕事終わりにお茶をして帰ることも

昼間は主婦がほとんどで、フリーターが1人いるかどうかです。

小さいお子さんがいる人から、成人したお子さんのいる方まで年齢層は幅広いです。

夕方になると高校生が増えます。店舗周辺に高校が複数あるので、高校生のアルバイトが多いです。 中には主婦もいます。

夜になると、大学生や専門学校生、ダブルワークの人が入ってきます。また子どもの小さい主婦のひともいます。

雰囲気は良い方だと思います。 仕事終わりにお茶をしながらおしゃべりして帰ることもあります。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ 午前中は主婦が多め

私はほとんど午前中のお仕事だったので、主婦の方が多かったです。

土日や祝日は高校生や大学生など若い方も多くて、いつもよりもバイトの方も増えるので、仲良くなれば賑やかで楽しいです。フロアでのお仕事よりもキッチンでのお仕事の方が比較的コミュニケーションを取っている感じがあり、仲良くしている方が多かったです。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

よかったこと

▶ 同世代の友達ができた

アルバイトをして良かったと思う点は、私と同じ高校生が多かったので学校以外でも同じ年代の子とはなしをする機会が増えた事です。アルバイトで不安な事も相談しあえたし、気軽にはなしができて良かったです。急な休みの際も変わってもらえることがあったので同じ年代の子に頼んでました。

毎月の給料明細に割引がついていたのでよくはま寿司で食事をしていました。

制服も私の好きな色で結構気に入ってました。 ズボンも履きやすく良かったです。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 従業員割引あり

従業員割引制度というのがあって、お店の商品をどれでも安く食べられます。 主婦の方が多く、子供のことや新しいお店のことなど、いろいろな情報交換ができた事は本当に役にたちました。 時には今日の夕飯なんにする?など聞いて夕飯を決めていたものです。

しかし、一番よかったことはやはり収入です。 毎月給料があるというのがうれしいですね。

忙しい時には少なく、お金が必要な時はがっつり、など働きかたもわりと自由なのもよかったです。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 新商品をいち早く試すことができる

3時間以上働けば、事務所でのみですが、55パーセント引きで食事ができます。 寿司4皿食べても200円でお釣りがくるので、とてもよい制度だと思います。

毎月、10パーセントオフのチケットが4枚もらえます。期限付きですが誰が使ってもよいので、友人に分けてあげると喜ばれます。

毎月フェアメニューがあるので、新しい商品をいち早く試すことができます。

良かったこととは少し違うかもしれませんが、同じ飲食店勤務の友人との会話で、回転すしの話はおもしろいのでかなり盛り上がります。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ 社割は55%オフ

5時間(だったかな?)以上働く日は、社割で55パーセントオフで食べることができます。また、毎月の給与明細に10パーセントオフのクーポンがついてきます。ですが、お店で配っている1皿無料や茶碗蒸し無料クーポンの方がお得なこともあります。テイクアウトにも10パーセントオフがつかえるのでそれはお得だと思いますね。

ビールやハイボール、ソフトドリンクはコップをセットしてスイッチを押したらほとんど機械が自動的にやってくれるので、そこは誰がやっても同じものがつくれて楽でした。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

大変なこと

▶ クレーム対応が大変

オープニングスタッフだったため開店前の研修はありましたが、研修時にお客様がいないためお客様から何を聞かれるか、どんなお客様がいるかが想像できませんでした。 実際開店後のお客様からのクレーム対応や商品が遅い、違う商品が来たなどの対応がしきれずすごく大変でした。

お客様のお皿を数える時は数え間違えがないかどうか緊張しました。サイドメニューのお皿の色やお味噌汁や麺類の茶碗の色など、覚えることが沢山あり大変でした。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ お米を運んだり重労働

寿司屋なので、米をたくさんたきます。 洗米や炊飯の仕事の時は一日中米袋を持ち上げたり、炊いた米をばんじゅうに入れて運んだりとても重労働です。

腰をひねる動作も多く、一度ぎっくり腰になりました。 本当に痛くてつらい思い出です。 油や食材など重いものが多い職場です。

一日中立ち仕事なので、足が疲れます。 お寿司を作った日は、家族からよく生臭いと言われましたし、揚げ物を揚げた日は、油臭いと言われました。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ 本部からの管理やプレッシャーが大変

会社で決められた一時間ごとの衛生手洗いを、ある時どのクルーも実施していなかった。

夜店長から事実確認の電話があり、本部でもビデオチェックされており、リーダーとしての責任と管理を厳しく言い渡されたこと。 急な欠員があっても、補充できる人員がおらず混雑時にとても大変だったこと。

メールでの報告業務が多く、時間を摂られてしまうこと。

きれいな商品を提供するのはもちろんのこと、提供時間も計測され店舗間でランキングされている状況。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ オープニング前の準備は大変

私は朝のオープンの準備のお仕事をほぼ毎回担当していたのですが、時間内に終わらないイメージです。 慣れて来たら少しずつ雑になってきて間に合った感じもします。

フロアでも汁物やドリンクの注文が入った場合には作ることもあるのですが、注文が入ってお客様に持って行くまでの時間が決まっていたりするので、それが混んでいて時間が過ぎてしまったりすると、上の人に気まずいということはありました。

人がある程度揃っている店舗なら楽しいと思いますが、少ないと飲食系は辛いですね。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

これから応募する人へ

▶ 人と接するのが好きな人には向いている

面接は意外ときっちりというよりかは笑顔で世間話もしてくれるので、あまり緊張せず話せました。私は面接時の服装が制服だったのですが、シンプルな服装で来ている人もいてあまり気を付けるようなことはないと思いました。

髪型は飲食店なので、長い人はしばったりしたほうがいいと思います。

人と接することが好きな人、お客様と話をするのが得意な人、大きな声が出せる人が向いていると思います。回転寿司なので、生臭さなど気になる人は向いていないと思います。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ 仕事はすぐに覚えられるので安心

まず、しっかりとあいさつができることが大切だと思います。あいさつができないと仕事を教えてもらう時や手伝ってもらう時などに相手とうまくコミュニケーションがとれないからです。 そして飲食店なので、爪を伸ばしていたり、不潔な方には向いていません。

仕事はすぐに覚えられるものばかりですが、お客様が多い時間帯はすばやい行動が求められますので、のんびり仕事をしたい方には進められません。高校生から定年退職した方まで幅広い年齢の方が男女問わず働いています。 やる気のある方なら誰でもできる仕事です。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ のんびり屋さんには不向き

どの店舗も常に人手不足の状態です。

面接の時に、髪の毛の色の制限と、アクセサリーは一切NGとの説明があります。 店舗によっては3時間くらいの短い勤務や、平日だけ、土日だけの勤務でも採用になる場合があります。

その中でも時間にある程度融通のきく人は忙しい時に残業を頼めるので良いと思います。 慣れることが一番ですが、のんびり屋さんには厳しいかと思います。

いつも決まった時間できっちり働きたい人にも向いていません。忙しさによっては延長が続いたり、逆に早上がりが続く時もあるからです。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ 人手が足りていない店舗は大変?

髪の毛は7トーン(だったかな)以上はダメという規定がありました。また食品を扱うので爪は短く切ること、髪の毛は束ねること等の規定もあります。濃い化粧、カラコン、男性はヒゲを伸ばすのもダメみたいです。

そんなに大変なことは、人が足りていたらないかなーと思います。注文が殺到したときや、会計等の呼び出しが重なってしまったクレームが出ることもありますが、個人的になにか辛いということはあまりないです。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

はま寿司とは

▶ 全国的に展開している回転寿司チェーン店

はま寿司は、全国的に展開している回転寿司チェーン店です。 店内でお寿司が食べられることはもちろん、お持ち帰りもできます。

サイドメニューは茶碗蒸しやポテト、唐揚げなどの揚げ物や、味噌汁、うどん、ラーメンなどの麺類があり種類が豊富です。

飲み物もソフトドリンクやお酒、コーヒーなどがありどの年代でも楽しめると思います。 スイーツはケーキやプリン、季節によってくだものや季節によるケーキなどがありとても楽しめます。

(sbskさん/埼玉県/女性/10代)


▶ お客さんの幅はお子様からお年寄りまで幅広い

はま寿司はお寿司やさんなので、おいしいお寿司を提供しています。レーンを流れてくるお寿司をみながら、気にいったメニューがなければ注文する事もできます。 またカレーやデザートなどサイドメニューも豊富でとても人気があります。

一皿100円と値段も安く、小さな子供からお年寄りまで、家族みんなが、楽しめるお店だと思います。 また、活気があって元気なお店作りをしています。 お寿司を持ちかえって家で食べることもできます。

(編み物好きさん/新潟県/女性/40代)


▶ ドライブスルーのある店舗も

東京に本社がある、全国展開している回転すしチェーン店です。

47都道府県すべてに出店しており、現在売上業界ナンバー3だそうです。 店舗は従来の回転レーンのある店と、注文品だけを受ける店の2種類あります。 どちらの店も注文するときは座席についているタッチパネルを操作して行います。

回転レーンに流れている寿司やデザートなどを自分で取ることもできます。 持ち帰りの場合は、セットメニューの中から選ぶか、お好みで詰めることもできます。

客席でパックに自分で詰めて持ち帰ることもできます。 また、ドライブスルーのある店舗では、セット商品のみ受け付け、お渡しが可能です。

(りんごのほっぺさん/栃木県/女性/50代)


▶ デザートも美味しい

はま寿司は平日1皿90円、休日や祝日は100円でお寿司の提供を行う回転寿司です。フェアなどで150円のお寿司もあります。味噌汁の他にもうどんやラーメン、おそば等も提供しています。

持ち帰りのメニューは、セットや自分で選んで持ち帰ることのできるメニューもあります。 ケーキやおもち、プリン等のデザートもけっこう美味しくておススメです。

(こうちゃんさん/福岡県/女性/20代)

はま寿司のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

今回ははま寿司アルバイト経験者のsbsk(10代女性)、編み物好き(40代女性)、りんごのほっぺ(50代女性)、こうちゃん(20代女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス