ほっともっとでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

ほっともっとのアルバイト・パート経験者4名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. 調理のテクニックは実生活でも役立つ◎
  2. 家事や育児と両立しやすい職場環境
  3. 200円で食べられるまかないつき

f:id:to_B:20180704220936p:plain

応募のきっかけ

▶ オープニングスタッフ

私が応募したきっかけは、自宅から近かったことと、オープニングスタッフの募集だったことです。 自分のお金で欲しいものを買いたいということと、社会経験を積みたいという気持ちでアルバイトを探していたところ、折り込みの求人チラシかフリーペーパーで見つけたかと思います。

当時は学生で車の免許を持っていなかったこと、そして初めてアルバイトを探していたので新規スタッフなら気後れせずスタート出来るのではないかということ、有名な会社であるという点で、「これしかない!」という感じで即応募しました。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 家事と両立できる仕事

フリーペーパーを見て応募しました。 車はなかったので自転車で通える勤務先を探しておりました。

ほっともっとは自宅から自転車で10分程の距離にあり通勤が楽で助かりました。 また、シフトも家事と両立ができるように短時間で大丈夫な仕事を探しておりました。 ほっともっとは17時から21時までという短時間のシフトでよかった為、応募しました。

でも、実際に働いてみると4時間の勤務でも、忙しい時間帯という事もあり、体力的には結構大変でした。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ 好きなお店で働きたい

当時、結婚をして引っ越してきたばかりで、あまり土地勘がない中で、平日昼間に働ける職場を探していました。

家から自転車で5分ほどの場所に、ほっともっとの店舗があるのは知っていたので、フリーペーパーで募集を見つけて、すぐ応募することを決めました。独身時代に何度も、自分用の昼食や夕食に買ったことがあって、好きなお店だし、どうやって作っているのかと興味もあったので、募集を見つけてすぐに応募しました。週に3日、1日4時間程度という条件も、自分の希望に合っていました。

(hotateさん/40代/女性)

 

面接

▶ 困ったことや嫌なことはなかった

昔の話ですので、正直覚えていません。 オープン予定店の新規スタッフの募集でしたが、恐らく店舗はまだ出来ていなかったので、別の場所での面接だったと思います。

コミュニティーセンターのような、市の施設だったかもしれません。 当時の店長が面接官だったと思います。他にも面接官がいたかは覚えていませんが、こちらはひとり。履歴書を持参の通常面接たったと思います。 特に奇抜な質問もなく、緊張はしましたが、困ったことや嫌なことはなかったと思います。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 2~3日後に採用連絡

電話で面接の日時を指定して頂きました。電話の2~3日後が面接日でした。 若い男性のやる気に満ちた店長さんが面接をして下さいました。

面接には履歴書を持参して参りました。 フリーペーパー通りのシフトが希望でしたので、その旨を伝え、家が近所であり通勤しやすいので働かせて頂きたい旨を伝えました。 2~3日後、合格という連絡を電話にて頂きました。 その後、靴のサイズや制服のサイズを伝える為、働く前に、一度お店に足を運びました。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)

 

▶ 面接で即合格

電話で応募をして、数日後に面接を受けることに決まりました。面接は店舗の中にある事務所で、お昼の営業のピークを過ぎた2時ごろからだったと思います。

面接では、通勤時間や手段、希望の勤務時間などを聞かれました。私の場合は結婚した直後でまだ子供がいなかったので、子供の予定があるかどうかを聞かれました。女性の店長さんだったので、「子供はいずれほしいが、今は結婚したばかりなので2年間は作らないつもりだ」という旨を正直に伝えました。 その面接で即合格をいただき、その場で制服などもいただきました。

(hotateさん/40代/女性)

 

教育・研修

▶ お昼の多忙のピーク時はとてもやりがいを感じた

20年以上も前のことで、あまり覚えていない。

大学生のころ、実家の近所の店舗。パートの女性がいろいろ教えてくれた。主婦特有の要領・手際の良さが印象的。お昼の多忙のピーク時はとてもやりがいを感じた。三カ月ほどたって慣れてきたころに、ご飯の計量が一発で合うとうれしかった記憶がある。大好きなのり弁の魚が鮭ではなかったことを知り、驚いた。

どんなふうに盛り付ければきれいに見えるか、ボリュームがあるように見えるか、おいしく見えるかの勉強にもなった。

(ミロリきんさん/40代/女性)


▶ 実務形式でどんどん教わった

昔の話なのであまり覚えていませんが、当時新店のオープニングスタッフとして採用していただき、お店が出来るまでの二週間ほど隣町の別店舗で研修でした。

研修というよりは、そちらの店舗のスタッフの方々に実務形式でどんどん教わった形です。 お弁当の作り方、レジの仕方、掃除の仕方など、通常業務の中で日々教わりつつ、空き時間に容器や備品の説明など様々なことを教われることを教わっていきました。

勤務予定の店舗が出来る頃には、スタッフとして一通り自然と動けるようになっていたので、作業だけ教わってさあ開店というよりは、みんなしっかり対応出来たかと思います。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 商品名の言い回しが独特で覚えるのに苦労した

初めて働いた日は、レジ打ちを教えて頂きました。 オーダーを復唱する際の商品名の言い回しが独特だったので覚えるのに苦労した事を記憶しています。

例えば、カレーのルーだけの注文の際は「ルーのみ1丁」と言うなど、商品名の言い回しを必死で覚えました。 あとは、レジが暇になった時にご飯の炊き方を学びました。

5kgの袋を1気に炊くので重労働でした。 水かげんも線があるわけではなかったので間違わないように緊張しました。 初日は新人という事もあり、丁寧に教えて頂けたことを覚えています。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ はじめは何をするにも時間がかかって大変でした

初日はとても緊張していました。店舗には自分を入れて5人のパートさんがいましたが、その中で一番若いパートさんが、私の教育係として仕事を教えてくれました。

パートさんの中で自分と一番年齢が近く、話しやすかったので、緊張がほぐれました。掃除の仕方や準備の仕方を習い、お客さんが来る時間になると、その人がオーダーを取ってレジを打つ様子を隣に立って見せてくれ、直後にもう交代して、自分が打つのをチェックしてもらうような感じになりました。

はじめは何をするにも時間がかかって大変でした。3か月くらいで慣れてきたように思います。

(hotateさん/40代/女性)

 

仕事内容

▶ 仕事自体を覚えるのは簡単でした

私が働いていた頃の内容ではありますが。 早番の日は、食材や備品の準備・補充、店内外の掃除などで、後から来る他のスタッフが気持ち良く開始出来るよう整えつつ、朝一のお客様をお迎えします。

中番の日は、昼のピーク時に不備がないよう注意します。お店のメインの時間でもありますので、他のスタッフとの連携が大事でした。 遅番の日は、夜のピーク後から食材の残量に気を配りながら閉店に向けて動きます。

基本的にはとてもわかりやすい仕事内容になっているし、日によって担当ポジションが決められていて効率も良く、仕事自体を覚えるのは簡単でしたが、1日として同じ日はなく常に周りと先を見ることが大切だと思ったので、やりがいのある仕事でした。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 空いた時間にはご飯を炊いたり、豚汁を盛り付けたり

着替えを終えると、鏡に貼ってある身支度チェック項目を見ながら、自分の身なりを確認します。 次にタイムカードを押します。 指導された通り入念に手を洗い、お米が炊かれているか、ハンバーグ類が温まっているか、醤油などの添付するものに不足はないか確認します。 レジ周りの整理をし、レシート用紙、ビニール袋等に不足はないかどうかを確認します。

全ての確認が終わったら鍋に湯を沸かし豚汁を作ります。 お客様が来たらレジに行き、オーダーを伝えたら、ライスを盛り付けます。 ライスを盛り付けたらレジに戻り、お会計をします。 空いた時間にはご飯を炊いたり、豚汁を盛り付けたりします。 閉店間際には、床全体にバケツで水をまき綺麗に掃除します。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ オーダーやレジ、出来上がった商品のお渡しなど

10時から14時までが勤務時間でした。まず朝は開店準備で、私の担当は店舗の掃除でした。モップで床を拭いたり、窓ガラスを拭いたり、従業員用のトイレの掃除などがありました。11時を回るころから少しずつお客さんが来店し始めるので、オーダーやレジ、出来上がった商品のお渡しなどの業務をしました。

お客さんが少ない時には、オーダーを受けた後に厨房に戻って、ライスや豚汁など、メインの料理の補助的な仕事をしました。13時半を過ぎて来客が落ち着いたら、減ったものを補充したり、道具の片づけ、掃除をして14時で終了でした。

(hotateさん/40代/女性)

 

給料・シフト

▶ 日ごとに担当するポジションも決められていて、わかりやすかった

特に決まった出勤日はなく、それぞれ休みたい日を申告して、それを元に(恐らく店長が?)決めてくれていたかと思います。

割と融通を利かせてくれる職場だったと思います。 あとはその日ごとに担当するポジションも決められていて、やることがわかりやすかったです。 時給や月給についてはあまり覚えていませんが、基本は遅番だったので少し深夜手当てがついていたと思います。 人が足りない日や時間にも積極的に入れてもらっていたので、月10万円はいただいていたかと思います。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 家事との両立がしやすく大変助かりました

出勤が困難な日は事前に申告しておくと、その日はシフトに入らなくて済みました。 家事との両立がしやすく大変助かりました。 求人誌のフリーペーパー通りの17時から21時までというシフトでしたが、たまに突然携帯に連絡があり応援が必要という際は出勤したりする事もありました。

1週間当たり5日ぐらいのシフト勤務でした。 時給は正確には覚えておりませんが、850円ぐらいだったと記憶しています。 月収は7万円ぐらい頂けたので生活の足しになり、とても助かりました。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ シフトは基本的に曜日で

シフトは基本的に曜日で決まっていて、週に3日ほど入っていました。出られない日があれば、パートさん同士で交代して、変更を店長に報告するという感じでした。

月に1度か2度、土曜日か日曜日に、人手が足りないときに応援という形で出勤を頼まれることもありました。 私は1日に4時間でしたが、業務の内容によって、5時間の人もいました。時給は研修期間850円スタートで、3か月後に900円になりました。月収は5万円前後だったと思います。

(hotateさん/40代/女性)

 

職場の雰囲気

▶ 和やかでとても良い雰囲気

朝昼は主婦が多く、夕方からは学生が多かったです。 主婦の方が多い時間帯は、賑やかでしたがとても効率が良かったです。

やる時は集中して抜く時は抜いてと、メリハリというか時間と気持ちの使い方がとても上手いなと感じていました。 当時私は学生でしたが、見習う点が多かったです。 夜は夜で、同じ年代のスタッフが多かったので、こちらも和やかでとても良い雰囲気でした。 昼の主婦の方々に比べると私含めみんな社会経験が乏しいし、普段の調理経験も少ない分、ぎこちない部分も多かったですが、それを上回る吸収力と好奇心と連携で楽しくやっていました。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ ベテランおばちゃんの手際の良さ

主婦のおばちゃんが多く、わいわいがやがやした職場でした。 ベテランのおばちゃんは驚くほど手際が良く、のり弁10個とかの大変なオーダーもこなし尊敬できました。

ただ、手際が悪い私はよく怒られて凹むことが良くありました。 ベテランのおばちゃんは宗教にハマっていて、その宗教に勧誘されて困りました。 その宗教の集まりに1回は行きましたが、雰囲気に馴染めず断ると意地悪を言われるようになり居心地が悪くなってやめました。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ いいチームワークがあった

昼間の勤務だったので、全員が主婦のパートでした。ただ主婦といっても、子供が小さい方から孫のいる世代の方まで幅広く、地域の情報や子育ての話まで、いろいろな話ができたことは大きな収穫となりました。

お昼のピークの時間はとても忙しく、お客さんを待たせないために全員で協力して、いいチームワークがあったと思います。準備や片付け、仕込みの時間には、年配のパートさんなどおしゃべりに夢中で手が止まる人もいて、ちょっと困ることもありました。

(hotateさん/40代/女性)

 

よかったこと

▶ 培ったコミュニケーション能力は私の礎

今はどうかわかりませんが、お弁当がまかないとして社割で食べられたのが良かったです。 前から好きだったお弁当や、気になった新作弁当など、色々食べてみることが出来たので、働かなければ頼まなかったであろうメニューも知ることが出来たので、今、客としてほっともっとに行った時にメニューを決めやすくなったというか、挑戦してみることも増えたというか、選択肢が多くなったので楽しいです。

あと、効率良くお店を回せるよう分担作業になっているため、他のスタッフとの連携が大事なので、そこで培ったコミュニケーション能力は私の礎になったと思います。

(でやでやさん/30代/女性 )


▶ 客層がよい

ほとんどのパートさんは200円でまかないのお弁当を食べていて羨ましかったです。 私は1日4時間勤務のシフトだったので、まかないは食べられなくて残念でした。

パートさんの中で好評だったまかないは野菜炒め弁当でした。 お客としては私もよく食べました。 客層はよく、気持ちのいいお客様が多くて仕事をしていて助かりました。 パートの人数が少ない事もあり、急な休みを取るのは難しかったです。 制服はかわいらしく、機能的でよかったです。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ 実生活にも役立つ作業の技術を教えてもらった

仕込みの作業などをしながら、主婦パートさんたちといろいろ情報交換ができたことです。地域の情報や子育ての話、近所づきあいの話しなど、とても役に立つ話が多かったです。

また、野菜の下ごしらえなどを通じて、料理の話もたくさんでき、レシピを教えてもらったり、実生活にも役立つ作業の技術を教えてもらったりすることもありました。また、勤務日は基本的に曜日で決まっていて、時間もよほどのことがない限りは変更がなかったので、自分の時間を計画的に使うことができてよかったです。

(hotateさん/40代/女性)

 

大変なこと

▶ 犬に懸命に臭いを嗅がれる

やはり服や髪などに油の臭いがつくこと。 家族に指摘されてから気になってしまって、帰りに寄り道出来なくなりました。 犬に懸命に臭いを嗅がれるのが楽しくもあったので良い思い出ではありますが。

あとは混む時間帯がきつかったです。仕事の内容ではなく精神的にですかね。 弁当という鮮度の高いサービス上、多少お待たせしてしまうのは仕方のない部分ではありますが、決して広くない店内に満員のお客様を待たせていることがプレッシャーでした。仕事面では忙しくて楽しかったですけど。

(でやでやさん/30代/女性)

 
▶ お昼の時間帯は注文が集中し、さばくのが大変

女性ばかりの職場だったので、やはり人間関係には気を使いました。年配のベテランパートさんたちとうまくやっていくには忍耐が必要なこともありましたが、これも仕事のうち、お姑さんとのやり取りの練習、と自分に言い聞かせて乗り切りました。

また、お弁当屋さんという特性上、どうしてもお昼の時間帯には注文が集中してしまうので、それを捌くのが大変でした。クセのある常連さんとのやり取りも、短い時間とはいえちょっときついと感じるとこもありました。

(hotateさん/40代/女性)

 

応募する人へ

▶ 未経験者でも始められやすい仕事

チェーン店なので効率化されており作業面で難しいことは特になく、弁当屋だからといって調理技術が不可欠というわけでもなく、未経験者でも始められやすい仕事だと思います。

ただし接客でかつ食品を扱う職種である以上、常識ある清潔な身なりが求められます。 爪が短い、メイクが濃すぎないなど。 気配りや臨機応変はどこの職場でも必要であるとして、こちらの場合はお弁当を扱っているので、やはり笑顔ある温かい接客が出来る人間性が大事ではないでしょうか。

(でやでやさん/30代/女性)

 

▶ 忙しい仕事なので、体力勝負

食品を扱うので清潔第一でした。 髪型も食品に髪の毛が入らないように、ゴムで縛ったり、ピンで留めたり、ネットをしっかり着用してから帽子を被ったり、最大限配慮する必要があります。

忙しい仕事なので、体力勝負だと思います。 体力がない人にはおすすめしません。 また、主婦のおばちゃん達と上手にやらなければならないので、コミュニケーションスキルも必要です。 季節ごとにお弁当が変わっていくので次々にメニューを覚えなければなりません。 やる気がないと続かないと思います。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ 面接時から清潔感を意識

お弁当屋さんという業種なので、まずはお客さんに少しでも早く商品を渡せるように、きびきびと仕事ができる人に向いていると思います。お客さんもお昼休みの短い時間で買いに来られるので、少しでも早く、ミスなく仕事をこなす必要があると思います。

また食品を扱う以上、衛生面には厳しいと思いますので、面接に行く時から清潔感を意識した服装や髪形で行くといいと思います。

また、店舗のある地域によって、客層が異なると思うので、自分の希望する店舗の周辺地域の特徴をよく知っておくとよいと思います。

(hotateさん/40代/女性)

 

ほっともっととは

▶ お勧めは豚汁 

日本一有名なお弁当屋だと思います。 今私は引っ越しが多い生活をしていますが、どこの街にもある、身近なお店です。

いざとなったらほっともっと。 お弁当は老若男女が出来るだけ好みのものを選べるようメニューが多彩な上、季節や期間限定のメニューもあるので、いつ行っても定番のものを選ぶ安心感も目新しいものを選ぶ楽しみもあります。 おかずのみを頼めるメニューもあるので、夕飯の献立に困った時にも頼りになります。 サラダも汁物も飲み物も充実しているので、家に何もなくてもトータルで買える。 お勧めは豚汁。

(でやでやさん/30代/女性)


▶ のり弁は価格が安くて好評

ほっともっとは、温かいお弁当をお手頃価格で販売しているお店です。 品ぞろえが良く、ハンバーグ弁当や唐揚げ弁当、幕の内弁当など、様々な種類のお弁当があります。 中でも、のり弁は価格が安くて好評です。

のり弁の、のりの下には昆布が入っていて、ご飯を最後まで美味しく頂けます。 のり弁に乗っている竹輪天やきんぴらごぼうもとても美味しいです。 また、ドラえもん弁当など、お子様にも喜んでいただけるお弁当も取り揃えております。

(ともぐちゃんさん/40代/女性)


▶ ボリュームもたっぷりでおいしい

ほっともっとはテイクアウトの出来立てのお弁当を提供するお店です。コンビニやスーパーなどのお弁当と違って、注文を受けてからその場で作るので、出来立てアツアツのおいしいお弁当を提供できるのが強みだと思います。

また、ボリュームもたっぷりでおいしいし、値段も手ごろなのでお勧めです。 お弁当の種類も多くて、週に2,3度と通っても飽きずにいろいろなメニューを楽しめると思います。

また、電話で予約しておけば、希望の時間に合わせて作っておくので、時間がない方でも待たずに出来立てを食べることができます。

(hotateさん/40代/女性)

 

今回はほっともっとのアルバイト・パート経験者のミロリきんさん(40代/女性)、でやでやさん(30代/女性)、ともぐちゃんさん(40代/女性)hotateさん(40代/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでほっともっとのアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス