バイトチェックをブックマークして最新情報をチェックしよう!

ほっともっとのクチコミ・評判(教育・研修)

ほっともっとロゴ画像

経験者のおすすめ度

3.19

227件のクチコミ

ほっともっとのアルバイト・バイト・パート経験者による、リアルなクチコミ・評価を集めました。求人に応募する前に、仕事内容や職場の雰囲気、面接、髪色や服装についての評判をチェックしてみましょう。

地域別に求人をさがす

 

ほっともっとのアルバイト | 評判・クチコミ

教育・研修

ほっともっとバイトの教育・研修に関して投稿されたクチコミです。
・入社手続きに必要な書類(給与振込先口座の通帳や住民票コピー、マイナンバーなど)
・アルバイト・パートの研修期間は何日間あるか
・研修時の時給は通常とは違う時給か
・マニュアルなどで覚えること、オリエンテーションの内容
・研修中の楽しかったこと、きつい・大変・辞めたいと思った場面

ほっともっとのクチコミ一覧に戻る
  • おけけレッツゴー さん/岡山県/20代/男性
    あまり具体的なことは教えてくれませんでした。単純に嫌われていたんでしょうが...。まあ。そこは職場によります。後に知ったことですが、タブレット式のマニュアルが存在するので、それを参考にすれば大抵はなんとかなるはずです。ただ、覚えることがそれなりに多く、待遇もよくはないので、大変です。
  • うちむちゃん さん/東京都/20代/女性
    初めての勤務日はまずレジの操作や基本的な接客マニュアルを覚える事から始まりました。店長や先輩の接客を横で見ながら実際に自分も接客に挑戦しました。レジ業務をマスターしたら次はライス(ご飯を盛り付ける)業務、次に揚げ物や炒め物などの調理、という順に仕事を覚えていきました。レジやライスは比較的すぐ(私は1週間ほど)で慣れましたが調理の仕事をマスターするのは1ヶ月弱かかりました。
  • いちごん さん/鹿児島県/20代/女性
    食材を保存するのにラベルシールを貼るとかきそれぞれの番号がありそれを覚えるのが大変でした。また、炒め物をするとき、中華鍋なのですごく熱く慣れるまてに時間がかからました。
  • 傘0523 さん/神奈川県/20代/男性
    初日は店長と一緒に米を炊いたり、サラダの盛り付け、ご飯の盛りつけを行いました。その後は各ポジションがあったので、ポジションごとにその日シフトにいる先輩に教えてもらいながら行動していました。基本的に社員さんがいなかったお店なのでパートさんから教えてもらうのがメインでした。
  • ひなぎく さん/三重県/20代/女性
    初日は契約書を書くための印鑑や筆記用具、身分証明書やメモ帳を持っていきました。研修期間は約1か月ほどあり、その間にレジやディシャップ、調理場、掃除の仕方を覚えるといった形でした。最初は店長がついて教えてくれましたが、その後はバイトリーダーの方やパート歴が長い方に教えてもらいながらお仕事を覚えていきました。調理のお仕事が初めてでしたので緊張で上手くいかない時もありましたが職場の方が温かい方々でしたので安心して仕事をすることが出来ました。
ほっともっとのクチコミ一覧に戻る
  • 陳弁当力 さん/新潟県/20代/男性
    最初はテキストブックで「正しい服装、手荒い等の衛生管理」を勉強しました。その後、調理場に入りご飯盛りから始まりました。しかし、弁当によってご飯の量や容器が異なり弁当を覚えるのに四苦八苦でした。その後ガス台、電話対応、レジ対応等徐々に仕事が増えていき、最終的には店で行うすべての業務をこなしていました。
  • にしだしぃ さん/岩手県/20代/女性
    デシャップ、フライヤー、ガス、カウンターなどの役割がある中、一番最初にカウンターを教えて貰いました。接客は初めてでしたが、わかりやすく教えて頂き、入って3日目くらいには1人でレジをしていました。カウンターに慣れたら、厨房内のお仕事を教えてもらいました。
  • わんわん さん/宮城県/10代/女性
    特に研修期間はありませんでしたが、最初の方はメモを取ったり、雑用をしたり、レジはやらずライス盛りに徹していました。店長やパートの方々など、手の空いた方が都度教えてくださいました。ライスはメニューによってグラム数が違うので、覚えるのが大変でした。またグラムも盛る度に計らなければならず、しかし手早くしなければいけないのできつかったです。覚えられるのか不安でしたが、ライス盛りは腐る程やるため、一ヶ月後くらいにはグラム数も覚え、容器を手に持った感覚でだいたい何グラムかわかるようになりました。慣れた頃にレジを任されるのですが、これまた覚えることが多く、本当は1人のところ最初は2人でやるのですがそれでも大変でした。お金の計算が合わないときは申し訳なく、辞めたいと思うこともありましたが、なんとか覚えて役に立とうと努力しました。
  • ふろやい さん/大阪府/40代/女性
    研修は、お店で先輩の方や店長に教わりながら始めました。ライスを入れたり、仕込みをすることからしたと思います。今よりもお弁当の種類が多かったので覚えるのが大変でした。今は種類も少ないし、簡単になっているので簡単です。1ヶ月くらいで慣れました。夏の暑い時期はしんどいです。給与振込の口座、マイナンバーはいります。
  • トリッシュ さん/奈良県/30代/女性
    勤務初日はタブレットで会社の規約や営業の流れなどの研修書類、動画を見ました。その後厨房や店頭を案内され、挨拶の仕方、だいたいの置き場所、先輩方の注文からお渡しの流れを見せてもらいました。メニューの略し方をまず覚えてと言われたので、家で勉強しました。最初はレジ打ちからで、しっかりできるようになるまで、横に先輩が付いてくれて、声掛けの仕方、打ち方、注文の通し方、お渡しの仕方をみっちり教わりました。忙しくなると打ち間違いや通し間違いもしてしまったり、お客様を怒らせたこともあるので、申し訳なくて裏で泣いたこともありました。私は早かったようで、2週間ほどで1人で店頭を任され始めました。
ほっともっとのクチコミ一覧に戻る
  • ぽーらーべあ さん/沖縄県/20代/女性
    入社初日飲食店のノウハウや、ほっともっとについての概要をパソコンにて勉強しました。研修期間は約2週間程度設けられたかと思います。始めのシフト出勤日からはライスの担当に入りました。マニュアルを見ながら隣のデシャップ担当さんに教わりながらの業務でした。お弁当の種類が多いため、「〇〇弁当は何グラム」という内容を覚えるのに時間がかかりました。お米の減り具合によって、お米を洗って、炊いてという作業も同時に行っていたので慣れるまでは大変でした。シフト制で週4.5日は入っていたので、1ヶ月程度でライスの業務は慣れました。
  • tayy さん/神奈川県/30代/女性
    出勤初日はiPadを使ってマニュアルの動画を店長と見ました。ロゴマークの意味や、レジでの注文の受け方やオーダーの通し方、接客用語などを確認しました。その後、実際のお客様を相手にレジ業務を行いました。オーダーを通すときの略語や、品物の量に合った大きさのレジ袋を選び、どのように詰めたら安定して入れられるかという事や、品物によって箸やスプーン、お子様向けのお弁当にはシールをつけるなどを教わりました。翌日は厨房に入りご飯の盛り付け方や、サラダやミニうどんなどの作り方が簡単なものを教わりました。お弁当によって使う容器が違うので、どのお弁当はどの容器を使うのか覚えるまでが大変でしたが、ベテランの方ばかりですぐに聞ける環境だったのと皆さん優しく教えてくれたのでわからないまま困る事はなくどんどん仕事を覚えることが出来ました。
  • みっちゃん さん/茨城県/10代/女性
    昼希望でしたが、夜のお客さんが少ない時間に、レジ打ちの研修をしたり、お弁当を教えてもらったりしました。研修は1ヶ月だった気がします。最初は、決められたご飯の量を器ごとに覚えたり、火を使う人との連携をスムーズにおこなえるように動くことが難しかったです。レジ打ちも含めて慣れるまでに3ヶ月はかかったと思います。
  • りさにゃん さん/大阪府/20代/女性
    研修は20日ほどありました。先輩方のやっていることをメモをし、覚えていきます。その上でわからないことがあれば質問などをしてどんどん覚えていきます。最初は洗いものが多いので、ひたすら洗っては直していました。覚えることが多いので大変でしたが、5回くらい入ると慣れてきます。
  • アイス大好き さん/福岡県/20代/女性
    挨拶の仕方や言葉遣い、メニューを覚えたりどのような仕事があるのかを学びました。研修というよりは、働きながら覚えていくという感じでした。最初は簡単な料理をすることから始まりました。当時中華鍋を使うことが初めてだったので重さに慣れておらず、1日に何度も使うことが大変でした。
ほっともっとのクチコミ一覧に戻る
  • ナポリタン さん/新潟県/20代/女性
    研修期間は、しばらくオーナーから仕事内容を教わりました。レジからスタートだったのですが、色んな項目が多くて覚えるのに時間がかかりました。最初の頃は商品の名前や違いを覚えるのが大変で手間取っていました。1カ月ほどでだいぶこなせるようになってきたので、忙しい時はライス等もやらせてもらいました。
  • 中島うさぎ さん/群馬県/20代/女性
    特に研修期間はありませんでした。しかし、最初の1ヶ月はお試し期間だったようです。最初はカウンターの仕事を任されました。レジ打ち、オーダーを通すこと、お弁当を渡すことが主な仕事でした。オーダーを通すときにお弁当の略称で伝えるため、略称を全て覚えることが大変でした。
  • ゆちゃん さん/兵庫県/20代/女性
    研修期間は1ヶ月で、日数にすると31日間です。研修期間は時給が最低賃金でした。まず、お店のマニュアルを2時間ほど読み、その後ベテランさんに一連の流れをざっくりと聞きました。最初の業務はレジでした。細かい説明などはなく「こんな感じだよ」ぐらいの軽い説明だけ受けて、あとは横についていてもらってサポートされながらレジの業務をこなしていました。
  • ともぐちゃん さん/栃木県/40代/女性
    初めて働いた日は、レジ打ちを教えて頂きました。オーダーを復唱する際の商品名の言い回しが独特だったので覚えるのに苦労した事を記憶しています。例えば、カレーのルーだけの注文の際は「ルーのみ1丁」と言うなど、商品名の言い回しを必死で覚えました。あとは、レジが暇になった時にご飯の炊き方を学びました。5kgの袋を1気に炊くので重労働でした。水かげんも線があるわけではなかったので間違わないように緊張しました。初日は新人という事もあり、丁寧に教えて頂けたことを覚えています。
  • hotate さん/千葉県/40代/女性
    初日はとても緊張していました。店舗には自分を入れて5人のパートさんがいましたが、その中で一番若いパートさんが、私の教育係として仕事を教えてくれました。パートさんの中で自分と一番年齢が近く、話しやすかったので、緊張がほぐれました。掃除の仕方や準備の仕方を習い、お客さんが来る時間になると、その人がオーダーを取ってレジを打つ様子を隣に立って見せてくれ、直後にもう交代して、自分が打つのをチェックしてもらうような感じになりました。はじめは何をするにも時間がかかって大変でした。3か月くらいで慣れてきたように思います。
ほっともっとのクチコミ一覧に戻る
  • でやでや さん/大阪府/30代/女性
    当時新店のオープニングスタッフとして採用していただき、お店が出来るまでの二週間ほど隣町の別店舗で研修でした。研修というよりは、そちらの店舗のスタッフの方々に実務形式でどんどん教わった形です。お弁当の作り方、レジの仕方、掃除の仕方など、通常業務の中で日々教わりつつ、空き時間に容器や備品の説明など様々なことを教われることを教わっていきました。勤務予定の店舗が出来る頃には、スタッフとして一通り自然と動けるようになっていたので、作業だけ教わって、さあ開店というよりは、みんなしっかり対応出来たかと思います。
  • ミロリきん さん/東京都/40代/女性
    大学生のころ、実家の近所の店舗。パートの女性がいろいろ教えてくれた。主婦特有の要領・手際の良さが印象的。お昼の多忙のピーク時はとてもやりがいを感じた。三カ月ほどたって慣れてきたころに、ご飯の計量が一発で合うとうれしかった記憶がある。大好きなのり弁の魚が鮭ではなかったことを知り、驚いた。どんなふうに盛り付ければきれいに見えるか、ボリュームがあるように見えるか、おいしく見えるかの勉強にもなった。
ほっともっとのクチコミ一覧に戻る

地域別に求人をさがす

 

バイトチェック編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の職場環境とは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。