ケーズデンキでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

ケーズデンキのアルバイト・パート経験者4名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. 主婦やフリーターが働きやすい職場。未経験でもまったく問題なし!
  2. 家電・ガジェット好きは趣味が活かせる!
  3. 土日祝日も最低1日は勤務しなければいけない。。。

バイト探しはバイトルで!

ケーズデンキをイメージできる画像

応募のきっかけ

▶ ロングパートナーは福利厚生が充実

私はシングルマザーでケーズデンキに入るまでは、普通のパートとして働き、掛け持ちなどをしていました。 しかし、大概は4時間くらいの小刻みなお仕事でしたし、暇になれば短縮されたりと毎月の収入が安定しませんでした。

ケーズデンキに応募したきっかけはそんな事からですが、 まず、ロングパートナーで雇って頂ける事がとても嬉しかったです。 ロングパートナーは準社員のような形になりますので福利厚生もきっちりありました。 ダブルワークとくらべて移動時間も1箇所で済むため、まとまった時間の使い方が出来て、家庭との両立がしやすかったです。

今まで経験した事のない分野でスキルを上げ、お給料だけじゃなく、人生においても自分自身を磨く事が出来る場所でした。

(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 友人の紹介

ケーズデンキにはそこで元々アルバイトで働いていた友人の紹介で入りました。 それまで、何件かアルバイトの募集を見て、直接訪問したお店がありましたが、1件目は「高校生は不可」と言われ門前払いされ、2件目は友人と一緒に応募したのがお店側にバレて「友人同士は不可」と言われ、面接に落ちました。

そんなとき、たまたまケーズデンキで働いていた友人からアルバイト募集の話を聞きました。 お店に直接挨拶に行き、面接の約束をしたと記憶しています。

(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

▶ 家電に詳しくなくてもOK

よくいくケーズデンキで、求人募集の紙が貼られていたのをよく見ていました。家電の知識が全くないから、自分にはできないかなと思いましたが、未経験でも大丈夫とあったので思いきって応募してみました。電話をかけたときは、緊張しました。

(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ 店舗での募集広告

自宅の近所にあること、個人的に何度もそこで購入したことがあるので、たまたま店舗の募集広告を目にしたことが一番のきっかけです。

一時期本職の関係で暇な時期があったため、少し別に働ける場所を探していたこともきっかけの一つであります。飲食店でのバイト経験が多少あったのですが、そのような店舗はどちらかというと年齢の若い方を望んでいるような傾向があると思い、経験はなかったのですが、物販の店舗に挑戦してみました。

(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

面接

▶ 筆記テストは無し

面接は事務所で行われ、店長が出てきました。筆記テストなどはなかったと思います。ただ単に質問の受け答えをしたと思います。 高校だったので、挨拶など社会人としては至らないところが多々あったかと思いますが、高校生なので許されたと思います。 採用はその場では決まりませんが、合格の連絡はすぐに来たと記憶しています。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

▶ 面接後に研修を受けてから勤務開始

店舗の募集広告を確認して、電話で募集の再確認をして、1週間後ぐらいに面接を行いました。 面接自体は、今までの職歴と経験、希望動機、1週間にどのくらいのシフトに入れるかを聞かれ、その他は家族状況等の世間話程度の話だったと思います。

その後、1週間程度で連絡をいただき、研修の日程調整を行って、研修完了後に店舗でのシフトに組み入れていただいた状況です。同年代の他のバイトの方に確認したところ、ほぼ同じサイクルで採用が決まっているようなので、個人差はあまりないのではと思います。

(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 採用率は10%?

ある飲食店でパートをしていた時、道を挟んで電気屋さんが出来ると噂を聞きました。 少し経つと、求人募集の看板が上がりましたので、早々に電話をしました。 電話は関西のケーズデンキ本部にかかり、丁重に対応して下さいました。 早くにかけ過ぎてしまったせいか、面接の日取りが決まっていないとの事で、後日改めて電話を頂きました。 試験と面接は何回かに分けて、約30人ずつ行われました。1回目の面接人数は全部で100人いたそうですが、合格者は10人くらいでした。

そういった試験及び面接が6回程行われました。 私は1回目の面接で合格を頂いたのですが、結果は数日後に郵送で送られてきました。 試験内容は簡単な5教科に分かれていました。 私は最後までできませんでしたが。 面接はこの会社で自分はどうしていきたいか、何故受けようと思ったのか。 などと聞かれました。

後で思い返すと、ケーズデンキの社風などを詳しく話しした人は意外と合格していませんでした。 どちらかというと、食い下がる力や、話術の効いた人が合格していました。 自分自身の事をよく知り、笑顔ではっきりと会話が出来、相手に伝える事の出来る方を選ばれたんではないでしょうか。 実際私もケーズデンキをご存知でしたか?と言う質問に知りませんでした。と答えました。

これが良いとは言えませんが、商品説明をする上で、絶対してはならない事は、知ったかぶりをする事だとわかりましたので、知らないものは知らないと、これから勉強していく誠意を見せるのが一番では無いかと思います。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ リクルートスーツで面接

ケーズデンキの求人募集の紙をみて、電話をかけ、まず面接日を店舗のほうから提案をされました。指定はありませんでしたが、リクルートスーツと履歴書を持って面接に行きました。面接は、40分くらいでおわり、いろいろな質問をされ、こちらからもいろいろな質問をし、結果は後日電話で連絡をしますと言われ帰りました。

1週間から10日くらいで電話がきたと思います。初日の日時や服装、持ち物について説明があったのでメモをして電話をきりました。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

教育・研修

▶ 接客の研修が受けられる

研修は、まず接客方法がメインで、電気製品についての説明はあまりありませんでした。どちらかというとお客様との交渉、話し方、等がメインでした。 初日はとても緊張しておりましたが、ついていただいた方が非常にやさしい方でわかりやすく説明していただけたので少し安心できました。

現場の初日は、バックヤードの説明がメインで在庫製品の確認、整理のような仕事がメインでした。5回程度以降に売り場側の説明に移り、店舗側の業務を担当するようになりました。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 初日からレジ打ちを経験

初日からレジ打ちで、少しの操作説明で、いきなりお客様相手のレジ打ちをしました。 アルバイト自体が初めてで、レジ打ちももちろん初めてだったため、初日は全くスムーズに操作できずお客様の前でモタモタしたのですが、そのとき教育係だった女性が「自分が打つのでどいて」と、思いっきり私を押しのけてきました。

できないことが当たり前という認識がなく、できて当たり前という認識だったのですが、できるわけがなかったため、プレッシャーがすごかったです。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

▶ 研修期間は1カ月
ケーズデンキでは研修が1ヶ月ちょっとありました。 基本レジから応用レジ、接客の心得など、盛りだくさんでした。 初出勤の日はかなり緊張もしていましたし、既存店舗の休憩室で行われましたので、従業員の方からの目線もかなり気になりました。

四週間目位より、実際にお店に立ち、従業員としての仕事につきました。 私は販売でしたが、緑の付箋と計算機を持たされコーナーに掘り込まれました。 何をどうして良いのかわからないまま、教わった基本を頭に置いて、とりあえずいらっしゃいませを連呼していました。 途中では、聞かれる事に怯えてお客様から逃げてしまう事もありました。

3ヶ月程経った頃には、まだまだ勉強不足ではあるものの、お客様への声かけはスムーズに出来るようになりました。 人にもだいぶ慣れて、明日には今日分からなかった事を分かるように努力しようと前向きに考えれるようになりました。

(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 身だしなみや立ち振る舞いの研修あり

初日は、とても緊張していました。前日からあまり寝れなかったです。一緒にスタートするメンバーはいなく、ひとりぼっちだったので少し心細かったですが、先輩方が声をかけてくれたり気にかけてくれたので、徐々に緊張もなくなっていきました。

身だしなみや、立ち居振舞いについて、教育を受けました。接客用語や知らない言葉も出てきましたが、その都度メモを取りながら聞いていました。初日は、とても疲れましたが楽しかったです。

(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

仕事内容

▶ レジ(精算業務)

通常は出勤から退勤までずっとレジ待機で、レジ打ちがほとんどでした。 また、お客さまの予約していた商品が入荷した際、レジが混んでいない時間帯を使ってそのお客さまに電話連絡することもありました。そのほか、ちょっとした合間に伝票にスタンプを押すなどの雑務もアルバイトの仕事でした。

初めてのバイトだったため、レジ打ちでは最初は毎日のように過不足を出してしまいましが、初めて出さなかった日、褒められたのを覚えています。

(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

▶ 品出しや商品管理

基本夕方から閉店近くまでのシフトで勤務していたので、夕方で終わるバイトの方からの申し送りを受けて、その内容により作業を行うことがメインでした。したがっていつも決まった内容ということもなく、翌日の製品陳列の準備であったり、配送用の梱包作業であったり、配送された製品の整理と、在庫確認の補助的な仕事がメインでした。

閉店時間が近くなってくると、清掃作業も1-2時間ほどやったりします。 シフト終了後は、すぐに帰宅することができました。

(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 幅広い業務内容

朝いくとまず、自分のコーナーの準備をします。 TVやブルーレイなどの機器に電源を入れたり、その日のチラシ確認など朝から直ぐに接客に入れるよう整えます。 途中朝礼があり、その日の目標額やキャンペーン詳細など他コーナーの方にもわかるように説明します。

オープンしたら、接客をしながらコーナーを綺麗にします。これについては出勤している間常にコーナー作りや新商品の展示などを含め、作業業務になります。 接客は小物から大型家電まで行います。 おまとめで来店されるお客様や、見積もりを持ってこられる方、事前にお約束して頂いてた方全て行います。

仕事内容はコーナー整備から販売、アフターフォローまで、自分の担当した物は発注、在庫管理まで責任を持ってしないといけません。 帰り際には明日の準備をして、今日の個人売上報告、日報を書いて一日が終わります。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 最初は声出しから
初日は、研修時に教わったことをやったり、レジ操作も教わりました。身だしなみや立ち居振舞いについては、先輩方が見本で見せてくれました。売り場の配置、お客さんからよく聞かれることを教わりました。げんきよく、声だしをがんばるがさいしょの目標でした。家電については全く知識はありませんでしたが、それぞれの担当の売り場の方にいろいろな質問をして教わりました。家電について、難しい質問をされるととても戸惑うことがおおかったです。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

シフトや月収

▶ 短時間勤務が可能

当時高校生だったため、土日以外は、帰宅時間から閉店時間の20時までの2時間くらいしか入れませんでした。土日は4時間の勤務でした。

私の場合は、週に12時間くらいの勤務だったかと思います。 時給は、現在の基準では明らかに最低賃金を下回っていますが、650円でした。確か月に3〜3万5千の間稼いでいました。

シフトは入れない日を事前に申告すれば休ませてもらえます。その後、一ヶ月分のシフトが一気に出ます。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

▶ 地域によって時給が異なる
シフトは基本的に個人の希望、申告がベースに組まれているようですが、当然土日のシフトは薄くなりがちなので、マネージャーさんからの依頼等により、個別に変更の依頼があり、バイト間の調整があってきまります。あまり無理な要請は受けたことはありません。各バイトによりますが、私は、5-6H程度/1日のシフトで週3日間ぐらい働いておりました。

時給は地区により異なるようですが、私の店舗は少し郊外なので1000円前後の方が多かったと思います。周辺のバイト先と仕事内容から比較して平均的なのかなと思っております。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 有給取得が可能
シフトはコーナー毎に決めています。 コーナーにはその部門の部門長がおられ、みなさんの希望を聞きながら組んで頂けます。 レジ、販売、ショートタイム、ロングパートナーによって違いますが、それぞれ希望は聞いて頂けます。

組合もあり、小さなお子さんの居る方などは規定により配慮もあります。 お給料はロングパートナーで福利厚生を抜いて、約12万位です。販売の方は粗利によっての手当てもありました。

半年からは有休もあり、どうしても公休以外でお休みが欲しい場合は有休でまかなえます。 ロングパートナーさんで1日6時間〜7時間労働になります。たまに残業もありますが、基本的には会社が残業を好んでませんのでありません。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ シフトは一カ月ごとに申請
シフトは1ヶ月ごとに自分の希望を提出します。全部が全部、自分の希望は通りませんが、用事がある日や絶対に休みたい日は、ある程度きいてもらうことができました。月に1回棚卸しの日があるので、その日はほぼ全員出勤の時が多かったです。

収入は、スタート時から比べると少し上がりました。年令や学歴によって少し差があったようにかんじました。1日多いときで、8時間勤務でした。アルバイト、パートは、5時間など短い勤務時間でした。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ 夕方は男性が多め
夕方に帰る方と交換にシフトに入っていた関係で、同時間に働く人数は少なかったと記憶しております。夕方までは、おそらく近所の主婦の方が多かったと記憶しております。夕方からは、大学生と私と同じ年代の方がメインでシフトを組んでおりました。

夕方からは、ほとんどが男性のみなりましたので、それほど親密に話をすることはありませんでしたが、特に険悪な雰囲気はなく、仕事のしやすい環境であったと思います。社員の方の人数も夕方からは少なくなり、マイペースで仕事ができたほうだと思います。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 労働組合がある
販売に関しては男性が多く、女性との比は7対3くらいです。 反対にレジは殆どが女性が働いています。 仕事内容が厳しい分、人間関係が和やかとは言えませんが、決して悪い人達でもありません。 どこの職場でも起こり得るくらいのもめ事は正直ありす。 私自身も黒モノ家電担当でしたので、男社会にどっぷり入った感じでした。 主婦層も多く、お互いの助け合いや、シフトの相談など、十分できます。

組合もあり、コンプライアンスなどの相談も出来、女性ならではの問題については女性の組合員さんが親身に話を聞いてくれます。 パートならではの問題にも耳を傾けてくれ、中には店舗移動を希望し、やめる事なく解決されていた事もあります。

社員、ロングパートナーはケーズの株を毎月小口で買うことも出来、100株からおろすことが出来ます。 毎月組合費を払うのですが、年2回ほどの飲み会に使うことも出来ます。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 休憩時間は自由に過ごせる
ケーズデンキは、レジの方は女性が多く主婦の方が多かった気がします。夕方からは、学生の男性が多かったです。正社員の方は、圧倒的に男性が多く、そのなかでも1割か2割が独身の女性でした。

雰囲気は、すごくきびしいと思ったことはありませんでしたし、みんな仲良しというわけでもなく、ゆるい感じでそれぞれがたのしくのびのびと仕事をしている印象でした。先輩、後輩の境界線もなく、休憩中はみんなそれぞれの休み方をしていました。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ アルバイトは女性が多い

人間関係はよくありませんでした。 社員は家電の知識があり、年齢は若い男性や女性もいれば、シニア?の女性もいらっしゃいました。 店長は中年の男性でした。 アルバイトは高校生や大学生の若い女性だけでした。 女性は全員性格がキツく、店長もクセの強い性格をしていました。

従業員同士で和気藹々としているところは見たことがなかったです。従業員同士で話しているとき、その場にいない従業員の悪口などが聞こえてきたことが何度もありました。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

よかったこと

▶ 電化製品の知識が身に付く
自分の詳しくなかった電化製品の知識をが増えたことがよかったかと思います。おかげで他店舗で購入する際に店員さんとの掛け合いにもついていけるので値引き交渉にも役立てることができております。あと、多少ですが、新製品の情報等も聞こえてくるので、今後の製品購入の予定も立てやすくなって、買ったらすぐに新製品が発売されたようなことは少しは防げたと思います。

飲食店と違い、急にお客様が増えることはあまりないので、急な残業依頼はほとんどありませんでしたので、自分の予定が狂うことも少なかったと思います。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ まかないは無し、昼食は持参
お昼の食事は賄いなどは無く、個々に用意し持っていきます。

休憩室には冷蔵庫、レンジ、ポットなどがありますので、好きな物を温めて食べることも、カップラーメンなども食べることが出来ます。 店内には自動販売機はありますが、食事に関しての販売機などはありません。 基本的に一度出社すると外に出る事はできません。 突然のお休みは若干取りにくくできるだけシフト通りの出勤を求められます。

こうしてお話をすると働き辛い職場のように感じられますが、スキルを磨いてやりがいが欲しい方には女性でも評価をきっちりしてくれる会社だと思います。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 規則が厳しすぎずのびのび働ける
ケーズデンキで、働いて良かったなとおもったことは規則がそんなにきびしくないので、のびのびと仕事ができることがよかったです。だめなことはだめと決まりはありましたが、そんなに細かかったりきびしいと思ったことはありませんでした。

みんなが明るく、だけど休憩室は、それぞれひとりで休んでいる感じだったので、休憩時間までしばられることがなかったのでよかったです。お客さんと、いろいろな話をしたりできたので楽しかったです。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ 社割あり

一番よかったことは、社割があったことです。 実際に買い物をするとき、アルバイトの私でも社割してもらえました。割引率はかなり高めだったと記憶しております。

二番目によかったことは、大人の世界もギスギスしているのだと、社会勉強になったことです。高校生当時はとても驚きましたが、その後はどのお店に行っても、若い女性を敵視する女性がいるのだと、慣れたため、それが原因ですぐに辞めることはありませんでした。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

大変なこと

▶ 製品知識を身に付けるのが大変
先ほどの質問にも関係しますが、自分の興味のなかった電化製品(照明器具、冷蔵庫、掃除機等の白物系)はほとんど製品知識がなかったので、その製品のそばでお客様から声をかけられると「やばい」と感じたことが多々ありました。

当然お客様はそれなりの調査をして購入しに来ているわけで、自分なりに勉強(興味を持ってメーカーのカタログをよく読むこと)することが必要でしたので、多少は自宅で持ち帰ったカタログを見ることが必要でした。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 売り上げ目標が設定されている
私はケーズデンキでロングパートナーの販売をしていました。 初めは電化製品の事が何も分からず、毎日帰ってはカタログを見て勉強しました。 それでも専門用語が多く、内容も複雑な上に、勿論お客様に買って頂けるような販売をしないといけませんから、物凄く大変でした。

目標額と言うものを毎月決められていましたので、達成するのは並大抵ではなかったです。 分からない事を教えて貰いに行っても、分からないなら売るなとまで言われました。 今でこそですが、コンプライアンスなんて無視の世界でした。 全て自分で勉強して、人から盗めの世界でしたので、げっそり痩せました。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 休憩がなかなか取れない
ケーズデンキは、どこの家電やさんも、接客商売ならそうですが、きまった時間に休憩がとれないことが困りました。

はじめてのバイトだと少しきついと感じることもあると思います。接客をずっとしていると、お手洗いにもいくことができません。私はたばこを吸いませんが、吸うかたはすったあとが残らないように、店長に厳しく注意をされていました。ロッカーがあるので、貴重品や私物は鍵付きのロッカーにしまっていましたが、時々紛失や盗難にあったという話を耳にしたのでこわいなあと思いました。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ 人間関係が大変

入った時から、何人かの従業員の、何も悪いことをしていない私への態度が悪かったです。 初出勤の日は遅刻していないのに、遅刻するなといきなり怒られ、遅刻していませんとはっきり答えたら、遅刻していないことには納得したようですが、聞こえるように生意気だと言われました。 挙げ句の果てには、愛想がない、あなたの目の前を通る他の従業員を見たり、目で追わないからだと、わけのわからないことを言われました。

他にも色々おかしなことがあり、嫌になって辞職すると伝えたところ、その後パワハラが加速し、レジ係で入ったのに、一日中掃除しかさせてもらえない、時給制のアルバイトなのに1時間以上サービス残業をさせられる、など、高校生の当時は無知だったので我慢しましたが、信じられない報復に遭いました。ただでさえ時給が650円と安かったのに、今思い出してもひどかったです。

他の人たちもあまり従業員同士仲が良くなさそうでしたし、おすすめできません。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

これから応募する人へ

▶ ある程度の商品知識は必要
やはり電気屋さんですので、電気機器にそれなりの興味(基礎的な常識)を持った方がよろしいかと思います。お客様からの質問に答えられずに、社員さんをコールしなければいけない状況が重なるとやはりへこみますので、あくまでも「ある程度」の知識はあった方がいいと思います。

服装、髪型は特に注意されたことはありません。おそらく面接の段階ではじかれなければ問題ないと思われます。季節の変わり目、期末、年末は忙しくなるので、その期間に働ける方が喜ばれると思います。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 面接での見た目は大切
新店舗オープンに向けての求人の場合、結構狭き門に思えました。 求人はショートタイム、ロングパートナーに別れており、基本的にはロングパートナーから販売の人材が決められているようです。

私の場合には筆記試験、面接がありました。 筆記試験は結構本格的なものでした。面接も行いますが、面接に行ったその瞬間、部屋での笑顔など既に見られていたみたいです。

服装はある程度きっちりされている方が良いかと思います。 パートだからと言って、GパンにTシャツや、よそ行きの様な綺麗めの格好はふさわしくありません。 髪の毛の色も黒に近い茶色なら大丈夫です。 あくまで、家電製品を買いに来て下さるお客様に対して、笑顔で尚且つテキパキとした仕事面を問われます。 中にはクレームなども受けないといけませんので、打たれ強さも見られてました。 間違っても女性だからと、きつく言われてメソメソお客様の前で泣くなどはもっての他なので、強い心で挑まれた方が良いと思います。

仕事内容は大変な面も多いですが、やりがいもありますので、キャリアを積みたいと思われる方はおススメです。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 挨拶は元気よく
ケーズデンキは、はじめてのひとでも経験がある人でも安心して求人応募ができます。ながく勤めている社員の方、パートの方、さまざまな雇用形態の人が集まっています。げんきよく、挨拶や声だしができるように頑張れば大丈夫です。

なんの知識もいりません。家電の知識は、げんきよく、声だしができるようになったら先輩方が教えてくれるので心配しないで大丈夫です。たくさんの仲間がいます。わからないことは何でも聞ける雰囲気になってます。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ 職場の人間関係は良い関係を築いた方が良い

おすすめはしませんが、真面目な身なりをしていれば入れると思います。 気をつけることは、どこの職場でもそうかもしれませんが、よい人間関係の構築をすることです。

随分昔のことなので今はどうかわかりませんが、愛想がかなりよくないと、敵視される可能性があります。ですので、面接でも、入ってからも、笑顔でいることをおすすめします。 出勤初日から腹を立てた私はその後笑顔で接していませんでしたが、長く働きたいならとにかく我慢して愛想よく振る舞うのが大事だと思います。

まずは面接に愛想よく臨むことが、その後にもよい影響を与えるかと思います。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

ケーズデンキとは

▶ ポイント制は無し
テレビコマーシャルでも流しておりますが、いわゆるカメラ量販店が行っている購入金額に応じた「ポイント」制を採用していない店舗です。そのかわり、その場で現金値引き(通常時は3%)を行っているところに特徴があります。10%のポイントはつかないがその場で約3%の値引きがされるので、単発で購入する方にはケーズの方がお得感があると思います。

店舗展開は、主要駅近辺への展開ではなく、郊外型の店舗がほとんどで、CD、ビデオレンタル店が同居していたりする店舗が多いです。 商品・サービスはもちろん電化製品を売っています。
(どんこばさん/埼玉県/男性/50代)

 

▶ 店舗面積が広く品揃えが豊富
ケーズデンキではおもちゃ、ゲームは取り扱って無く(関東一部除く)生活家電を主に販売しております。

比較的店舗面積が大きい店舗が多く、品揃えがとても良いです。 ケーズデンキでは、親切接客をモットーにしており、セルフ製品の電池や電球などにも目を配り接客させて頂きます。 他店のようなポイントなどはありません。 安心パスポートと言う赤いカードを無料でお作り頂けると、購入履歴を残す事が出来、常に割引が受けられます。

なので、ポイントはつきませんが、電池や電球一つ一つに割引が付きますので、現金割引が好まれる方には喜んで頂いています。 店頭には値段の表示がされていますが、他店対抗でのお値引き対応はしております。
(きよみんさん/大阪府/女性/40代)

 

▶ 家電はたくさんあるが、ゲームはあまり置いていない
ケーズデンキは、家電のお店でも入りやすいところだと私は思いました。

店舗の方も若い方が多いので、お客さんの立場にたっても声をかけやすいのではないかと思いました。家電がたくさん置いてあるが、ゲーム類は置いてありませんのでそこは皆さんに気を付けてもらいたいところです。

明るい店内、店員さんも明るいので居心地が良いです。こちらも畏まらなくていいので気軽にふらっと立ち寄ることができる家電やさんだとおもいます。
(りーちゃんさん/千葉県/女性/30代)

 

▶ お客さんとして訪れること良い

白物家電、デジタル家電など、家電製品を売っている、チェーン展開している小売店です。 テレビCMも流しているため、茨城県内であれば割と知っている人は多いと思われます。 大型量販店なので、比較的家電が安く買えると思います。

従業員は一応、電気製品の知識はおありのようで、聞けば的確に答えてくれると思います。働くことはおすすめしませんが、家電を買うのならよいかもしれません。私も退職後は何度か買い物に利用しています。
(まりりんさん/茨城県/女性/30代)

 

 

バイト探しはバイトルで!

今回はケーズ電気アルバイト経験者のまりりん(30代 女性)、どんこば(50代 男性)、きよみん(40代 女性)、りーちゃん(30代 女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス