【バイト体験談】セガ(SEGA)の評判・クチコミ|服装や髪色は?面接内容は?高校生でも可能?

国内で約200店舗あるセガのゲームセンターで、フロアスタッフなどのアルバイト・バイトを経験した3名にお集まりいただき、評判や体験談を伺いました。

 

★注目ポイント 

  1. UFOキャッチャーの設定・調整の仕組みに詳しくなれる!
  2. ゲームが好きなスタッフが多く、フレンドリーな職場環境◎
  3. ガヤガヤした場所やたばこの煙が苦手は方には向かない職場…

f:id:to_B:20180919203153p:plain

 

応募のきっかけ

▶ セガ系列でバイトした経験を活かす

当時、他のセガのテーマパークでアルバイトをしていましたが閉店することになり、似たようなお仕事を探していました。たまたま入ったゲームセンターで、スタッフ募集の張り紙をしており、電話で問い合わせをしました。

私のようなWワーク(バイトのかけもち)は前例がないとのことでしたが、やる気と、経験者だから教えることが少ないということ、遅番が人手不足な時にも出勤できることを面接でアピールしたところ、やる気をかっていただき、採用されました。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 高時給と楽しそうな雰囲気

セガのバイトに応募したとき、正直サービス業であれば何でもよいという感じで仕事を探していました。

その当時ネットがまだ普及していなかったので、アルバイト雑誌を読んでサービス業の求人を探していたところ、セガがアルバイトの募集をかけていたので楽しそうだと思い志望しました。シフトの時間帯も3つに分かれており、朝番・昼番・遅番とあるため選択できるのもメリットで、私は昼番メインでバイトしていました。

時給がそれなりの金額だったのも魅力的でしたが、それ以上に他のサービス業の仕事より楽しい部分がありそうと思ったのが、セガのバイトに応募した決め手です。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ ゲーム好きが高じて

友人とセガの店舗を訪れた際にスタップ募集の張り紙を見つけました。趣味がゲームをすることということもあり、以前からゲームセンターで働いてみたいと思っていたため、そのバイト募集の張り紙を見つけた時には即、応募しようと思いました。

その場で張り紙を携帯で写真をとり、その日のうちに連絡先に面接希望の電話をしました。その当時は週に4日程度、1日5時間程度の勤務で月7万円程度の給料が希望でしたが、条件的にもこの会社の求人は私に合うものでした。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

面接

▶ 経験やシフトについての質問

店舗に張ってあったアルバイト募集のポスターを見て、電話で問い合わせをし、できるだけ早く面接に来てくださいということだったので、仕事が休日の日に面接していただきました。

当時は手書きの履歴書と身分証明書を持参したと記憶しています。

セガのテーマパークでどんな仕事の経験があるか、シフトはどのくらい入ることができるか、長く続けることができるか、等を入念に確認されました。

採用の結果は、1週間以内に電話で来たと思います。それからすぐにお仕事のシフトに入れていただきました。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 一般的な質問

面接のアポを取るためまずは電話連絡をし面接の日程を決めました。

面接当日は店舗の事務所で行いましたが、内容に関しては一般的な面接でよくあるような質問が大半でした。難しいことは聞かれないので、他のアルバイト経験などについて話して、聞かれたことに明るく対応すれば問題ないと思います。面接官は店長と副店長と行いました。

圧迫した面接ではなくほのぼのとした面接という印象です。面接の最後に合否は1週間以内に電話連絡いたしますということになり、1週間以内で採用の電話連絡がきました。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 履歴書に沿った質問

面接の場所は勤務地となるセガの店舗から歩いて15分ほどの距離にある営業所でした。面接は営業所の所長さんと一対一でおこないました。

面接では履歴書に書かれていることの確認や、希望する勤務時間や曜日を聞かれました。そのほかには1日に何時間ゲームをするかや、好きなゲームのジャンル、アーケードゲームに興味があるかなどを聞かれたりしました。面接時に「採用、不採用の連絡を1週間以内に連絡します。」と言われました。実際に3日後ぐらいに電話で採用の連絡がきました。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

教育・研修

▶ 掃除が多かった

セガのゲームセンターでは教育・研修期間等は設けておらず、既に働いているバイトの先輩から、その都度ゲームの機械について、トラブル処理等の指導を受けました。

煙草を吸うお客様も多いので、最初は掃除をすることが多かったです。

早番に初めて入った時には、前日にお客様がプレイされたメダルの回収をしましたが、何千枚、何万枚とあるため、機械のホッパーからかごに移す作業がとても重くて大変でした。

慣れてくると、ゲーム機のボタンのつけかえや、ハンダゴテ等も使って修理をまかされるほどになりました。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ フロアの巡回の仕方から

初日は先輩スタッフとフロアの巡回の仕方などを学ばせて頂きました。また挨拶の仕方も社員クラスになればきっちりと行うイメージでしたが、ベテランアルバイトスタッフはお客様ともフレンドリーにおしゃべりしている感じでした。

最初の仕事はほぼフロア巡回や清掃など任されその後料金の帳簿や景品管理などやっていました。1か月もあればなれると思います。また都市部だと客層が悪いため夜は特に大変でした。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 日誌の書き方や掃除の仕方

先輩のアルバイトスタッフから、設備の名前や場所、点検するポイントなどを一通り教えていただきました。そのあと毎日記入しなければいけない業務日誌というものがあるのですが、その日誌の書き方を教えていただきました。最初のころは筐体の掃除が大変でした。

モニターを雑巾でふいてきれいにしなければいけないのですが、モニターに雑巾をあてると静電気が走って手がしびれるためあらかじめ静電気を逃がすなどの工夫をしなければならず、慣れるまでは大変でした。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

仕事内容

▶ メダルを回収し掃除をする

早番で出勤をすると、まずユニフォームに着替え、フロアに出て、ゲーム機の電源を入れます。ゲーム機が立ち上がると、フロアの全ゲーム機からメダルを回収します。何万枚とあるため、かなり重く、体力がない人には向かない作業です。

それと同時進行で、他の人が灰皿やフロア、ゲーム機の清掃をしていくうちに、開店時間となります。

エラーが出ている筐体等は部品や内部の点検をします。クレーンゲームには、開店するころに景品を補充します。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ ホールでマイクを使ってアピール

夕方に出勤しまずは朝礼からスタートでした。軽くセガの社是などを朗読する程度なので、朝礼は苦にならないと思います。朝礼が終わった後は朝晩スタッフと引き継ぎ作業を10分ほど行い引き継ぎが終わればホール巡回をします。

ホール巡回の仕事内容は、プライズ商品をマイクを使ってアピールしたりするので、恥ずかしがり屋の方は慣れるまで大変かもしれないです。その他は清掃やプライズ商品取れないお客様との対応や機会が壊れれば修理などもします。

1日が終わるころには遅番スタッフと引き継ぎ作業をし作業終了となります。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 灰皿の清掃や掃除など

出勤するとまず、業務日誌に自分の名前を記入します。そのあとは店内を見て回って椅子が飛び出しているときはもとの場所に戻します。灰皿にタバコの吸い殻などがある場合は、新しい灰皿と交換します。

これと同時進行で筐体を雑巾で拭いたりして、お客さんが気分よく楽しんでいただけるような環境づくりをします。あとは両替機が正常に機能するかの確認や点検をします。こういった作業を1日のうちに定期的に繰り返しておこないます。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

給料・シフト

▶ 週2日勤務、1日あたり7時間働いて月収45000円

平日は早番遅番各2名体制、休日は各3名体制で、シフトは1ヶ月ごとの自己申告制でした。希望シフトが体制を超えて被った場合は、それぞれが同じ出勤数になるように調整されていました。

早番は7時間勤務で、遅番は6時間勤務でしたが、午後10時以降は深夜手当て25%が上乗せされていました。昇給はなく、時給は820円で、私は週末の早番がメインだったため、月収は3~5万円ほどでした。

ただ、お正月等は少し(100円程度)時給がアップしたと記憶しています。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 週5日勤務、1日8時間働いて月収13万円

シフトは1か月ごとになり、休み希望があれば事前に伝えておけば調整可能な店舗でした。でき上がったシフトに何か不備があれば店長に伝えれば調整可能な部分は休みにしてもらえたり融通が利いていました。最低勤務時間は1日8時間で朝晩、昼番、遅番と分かれていました。

面接の際に希望のシフトで入社後時間帯を変更することも可能でした。時給は勤務年数により若干上がっていたような気がします。またアルバイトから契約社員に上がるということもできたのでそうすると給料は上がっていました。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 週5日勤務、1日当あたり6時間働いて月収8万円

シフトは基本的に面接の際に希望した時間帯で固定でしたが、都合の悪い日には他のスタッフの方と替わってもらうなど、柔軟な調整が可能でした。ゴールデンウィークや年末年始などの連休の際にはスタッフ同士でシフトとの調整のための話し合いをしたことを思い出します。

最低勤務日数や最低勤務時間などのいわゆる縛りはなかったので、働きやすい環境だったと思います。月収は週5日勤務で8万円くらいでした。昇給は要相談でした。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

職場の雰囲気

▶ フリーターや学生が多かった

学生やフリーターが多く、私だけが社会人のWワークでした。早番(9時出勤)はフリーターが多く、遅番(17時出勤)は学生が多かったです。

時々早番だけで飲み会を開いたりはしていました。勤務時間がバラバラなため、全員そろってのイベントはありませんでした。

20代ばかりで年齢も近く、フレンドリーな関係で仕事は続けられました。そのため、シニアや主婦の方は応募が来ても、採用には至らなかったようです。

もう少し幅広い年代を採用すれば、お客様への対応の仕方も広がったように思えます。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 色んな人が働く職場

フリーターが多く10代から30代まで働いておりました。チャラついている人やオタク層もおり幅広いスタッフでした。学校などではチャラついている人とオタク層では絶対合わない組み合わせですが、セガの職場はとても雰囲気・人間関係がよく店長以外はみんな仲のいい関係でよく遊んだりもしていて、10年以上たった今でも仲のいい友人関係になっております。

繁華街の店舗ということもあり、女性スタッフは遅番では1人も働いておりませんでした。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 人間関係で悩むことはなかった

学生やフリーターだけでなく、主婦の方も働いていました。割合では学生が1番多く、次にフリーター、次に主婦という感じでした。男女の比率では男性が6割、女性が4割くらいでした。

職場の雰囲気は働いている人の平均年齢が低く、同年代の人が多かったので和気あいあいとした楽しい雰囲気でした。コミュニケーションも比較的よくとれていましたので、人間関係で悩むことはそれほどなかったです。職場でのイベントなどは特に無かったです。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

よかったこと

▶ シフトの融通がきいた

急用や急病等の時に、仲間内でシフトが交代しやすいことは良かったです。ゲームに詳しくなり、お客様として他店でも楽しむことができました。

お正月にシフトに入った人々で、午前0時にアルバイトが終わった後、そのまま初詣に出掛けたことも楽しかったです。また、常連のお客様達と仲良くなることができました。

割引や優待等は、特にありませんでしたが、新製品を試したり、プリントクラブのシールを試し刷りしたりはできました。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 人脈が広がった

シフトはかなり融通は効きます。1番のメリットは業務が終わったらゲームができていたことです。店長に見つかれば怒られる行為でしたが副店長が気さくな方なのでその点は緩くとても働きやすい人間関係でした。

制服もおしゃれな制服で、女子高生から一緒にプリクラ撮ってくださいなど言われることもあったためちょっとしたアイドル気分を味わうこともできたので貴重な経験になりました。後は仲のいいお客様ができたので自分の人脈が広がっていきました。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 無料でテストプレイができる

営業時間外に新作のゲームを無料でテストプレイできるところが、ゲーム好きの私にとっては大変うれしかったです。あとは会社が発行している有料の月刊誌やマスコットグッズなどをカウンターでお客さんに無料配布していたのですが、それらもスタッフは自由に持ち帰ることができましたので、ちょっと得した気分になれました。

シフトは基本的に固定でしたが、スタッフ同士の話し合いである程度自由に調整できたので働きやすい環境でした。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

大変なこと

▶ たばこの臭いがきつかった

私は煙草をまったく吸わないので、窓のないフロアの煙草の匂いと、髪やユニフォームに匂いが移るのが気になりました。しばらく経って、受動喫煙という言葉も知り、そちらも不安になりました。

また、遅番の終わる時間が午前0時だったため、帰宅が午前1時くらいになってしまうため、ゲームセンターをしらない世代の祖父から叱責を受けることもありました。そのため、休日の早番を多めに入れてもらうシフトに変更してもらいました。

ですが、やはり人が足りないのが遅番だったので、時々は遅番に入らざるを得ない状況でした。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 客層があまりよくない

繁華街での店舗なので客層が悪いのもきつかったです。繁華街ではないと会えないような方達との出会いもあるのでそこをポジティブにとらえるようなマインドがないとついていけないと思います。清掃も繁華街ならではの汚物掃除なども稀にあるのでとてもきついです。同じ時給で働くのであれば郊外スタッフの方が楽という部分はあります。また、お客様に絡まれるということもあるため殴られる寸前という危険な目に合うスタッフも私の他にもいたため私の対応ではなく客層が悪くこのようなことになってると思いました。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ 清掃の時に静電気が発生
タバコを吸われるお客さんが非常に多いため、店内がタバコ臭かったです。最初のころはせき込んでしまうこともありましたが徐々に慣れていきました。仕事中に着ていた洋服はタバコのにおいが移ってしまっているため、帰宅後によく洗濯をしていましたが、疲れているときにはこれが結構大変でした。

あと、きつかったことといえば筐体を掃除する際に体に伝わる静電気を我慢しなければいけなかったことでしょうか。これも慣れるまでは大変きつかったです。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

応募する人へ

▶ コミュニケーションが取れれば大丈夫

茶髪やピアスや髭等は不可です。接客作業なので、外見の決まりを守り、言葉のキャッチボールさえ上手くできれば、初心者でも受かると思います。

セガのゲームセンターやアミューズメントパーク等で遊んだ経験があると、トラブル処理やクレーンゲームの配置や、お客様に対処するサービス(配置換え等)も覚えやすいと思います。

場所によってはシニア世代や主婦世代も活躍しているので、幅広い世代が働いているお店の方がお仕事はしやすいかもしれません。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ ゲーム好きでなくて大丈夫

10数年以上前になるので一概には言えないですが、年齢層も10代から30代と幅広く、見た目もチャラついているという感じやオタク層といった幅広い層を対象に働いていたという感じがします。

なので10代から30代の方は自信を持って面接に挑めばと思います。面接も当たり前のことを応えていれば問題ない気はします。SEGAということからゲームが好きなこととお客様とゲームを通じてコミュニケーションを取れることをアピールすればよいと思います。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ あまり派手な服装は避けた方がいい

セガのバイト採用面接の際に、自分自身を上手にアピールするためには、日ごろから自分自身のことや自分の資質について自信をもってうまく話せるようにしておきましょう。服装や髪形に関しては面接官とは初対面であるということを意識して、相手に対して清潔感を印象付けることが大事です。ファッションセンスが評価対象とはならないと思いますので、そこにこだわる必要はないと思いますが、身に着けているもののトータルなバランスを見ていると思いますのでバランスにも気を付けてください。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

セガとは

▶ ゲーム機以外にもアミューズメント施設を展開している

SEGAは、アミューズメント施設(テーマパークやゲームセンター)を展開し、そのアーケードゲームを開発、販売している会社です。

また、家庭用ゲーム機、プレイステーションは、20年以上も発展を続けている人気のある商品で、近年はSEGAがアーケードで開発済みだった、360度あらゆる視点を見ることのできる3D空間を取り込んだ、プレイステーションVR(バーチャルリアリティ)等も話題になっています。

メダルゲームははまる人も多く、幅広い世代にプレイされています。

(コゲコゲさん/埼玉県/44歳)


▶ 非現実世界を味わうことができる空間

SEGAはゲームメーカーで、スマホゲームの他にもアーケードゲームなどがあります。

私が働いていたSEGAはアミューズメント施設ゲームセンターなので非現実世界を味わうことができる空間をスタッフで作り出すようにしておりました。ゲームセンターではUFOキャッチャーやアーケードゲーム、プリクラなどがあり、女子高生はプリクラ、中年男性はホステスを連れてUFOキャッチャー、純粋にゲームが好きな人はアーケードゲームをやるという3層くらいに分かれる客層が来るゲームセンターでした。他の施設だと子どもなどもいると思いますが繁華街の店舗なため若干特殊という雰囲気はあります。

(おやかたさん/北海道/36歳)


▶ ゲームセンターを運営する日本企業

日本のゲーム会社でアミューズメント施設の運営なども行っています。代表的なゲームはサクラ大戦シリーズやソニックシリーズ、ぷよぷよ!!クエスト、龍が如く、ファンタシースターオンラインなどがあります。現在はソフトのみを提供していますが、昔はメガドライブやセガサターン、ドリームキャストといった家庭用のテレビゲーム機を販売するハードメーカーとして活躍していた時代もあり、ファンの間ではその当時を懐かしむ人もたくさんいます。

(いろはにさん/鹿児島県/26歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。 また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。