【バイト体験談】コスモ石油の評判・クチコミ|仕事内容や面接内容は?高校生可?服装・髪色は?

コスモ石油のガソリンスタンドでアルバイト・バイトとして働いた経験者にお集まりいただき、仕事内容や給料、口コミ・体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. 高校生・大学生・フリーターなど若いスタッフ中心に明るく楽しい職場★
  2. 高時給、好待遇でしっかり稼げる!
  3. 屋外での作業も多いため、真夏や真冬は苦労も多い

f:id:to_B:20180919205425p:plain

応募のきっかけ

▶ トイレの”アルバイト募集”の張り紙を見て
コスモ石油の求人はバイト情報誌等には掲載されていなくて、もともとずっと使っていたガソリンスタンドのトイレでアルバイト募集の張り紙を見てその場で応募しました。
履歴書などは一応出しましたが、やる気と元気があれば誰でも採用してもらえる感じだったので、私にはぴったりでした。
田舎町のガソリンスタンドで時給1200円なんてあり得ない位良い待遇でしたし、とにかく家から近かったと言うのが一番の決め手になりました。学生だったので時間もあり、たくさん稼がせてもらいました。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ ”オープニングメンバー募集中”の貼り紙を見て
コスモ石油に応募したきっかけは、オープンのメンバー募集中の貼り紙が貼ってあり、そこに書いてあった電話番号へかけました。
ちょうど仕事を探していた最中だったので、すぐに応募しました。仲のよい友達と一緒に応募しました。
フリーターだったので、フルタイムで働ける所を探していました。あとは、接客業の経験もあったので、迷わず応募出来たと思います。外仕事は初めてだったのですが、応募するときは、特に何も考えませんでした。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

面接

▶ 内容は簡単な質問と人柄を見る雑談
私がバイトしたのはいつも利用しているガソリンスタンドでしたので、ガソリンを入れたときに張り紙を見てすぐ応募しました。その時に社員の方から今から面接できますか?と聞かれたので、コンビニで、履歴書を買い、一時間後に面接を行いました。聞かれたことはやる気はありますか?声は大きいですか?みたいな質問と後は人柄を見る雑談でした。
ガソリンスタンドは体育会系なので、すぐにその場で採用していただき、その夜からすぐにシフトに入れていただきました。かなり特殊なケースでした。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ 筆記試験や適応検査はなかった
応募は電話でしました。年齢など聞かれ、面接の日時を決めました。面接の場所は、休憩所でしました。

質問は、自宅からの距離など、経験者か、未経験か、週何日できるか、どのくらいの時間できるかなど、長所、短所、なぜコスモ石油のバイトに応募しようと思ったのかなど、色々聞かれました。テストなどはなかったです。

面接から数日後に採用の連絡がありました。とくに筆記試験や、適応検査などの、テストが無かったので、比較的すんなりと面接は終わりました。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

教育・研修

▶ 研修は全くなかった
コスモ石油ではアルバイト向けの研修とかは全くなくて、とりあえずシフトに入って、先輩の動きを見て、真似をする感じでした。ガソリンスタンドでは、ごく稀に、レギュラー専用の車に軽油を入れたりしてしまうトラブルなども発生事案があります。
そうなると車はたちまち故障します。
更にオイル交換終了後のバルブの閉め忘れ等で、エンジンオイルがずっと漏れて、エンジンが焼き付いてしまい廃車になるなどのトラブルもあるので、それだけは絶対にないようにとの指導が印象的です。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ オープン前に他店で研修
バイト前の研修は、違う店舗でしました。まずは、大きな声で挨拶の練習や、ガソリンを入れる手順など、細かく教えてもらいました。
実際に働く店舗は、オープン初日からでした。初日の天気が台風だったので、とても大変でした。緊張しましたが、このオープン3日くらいで、教えてもらった事は、一通り出来るようになってました。ただ、会計のお釣りを間違えそうになることもあり、神経を使いました。
洗車機へ車を入れる時なども、神経を使いました。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)
 

仕事内容

▶ 深夜帯はとにかく眠気との勝負
21:00に出勤し、昼勤務の方々と引き継ぎが行われます。売上が幾らだったのか、何本のオイルが売れたのか何人のメンバーズカードが契約出来たのか等です。あとはつり銭の確認を一緒に行います。
その後深夜0:00までは外でお客さんを待ちます。窓拭きタオルを洗濯したり、ガソリンのガンを清掃したりして時間を費やします。
深夜0:00を過ぎるとお客様もまばらになるので詰所で待機し、車が来たら出ていく感じです。
詰所では世間話をしたり、備え付けの漫画を読んだりして、とにかく眠気との勝負になります。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ お客様誘導やガソリン注入作業
コスモ石油のアルバイトは接客業なので、まずは身だしなみのチェックをします。
お客様が来たら、すみやかに誘導をして、ガソリンを入れる作業をします。ガソリンを入れている間は、タバコの吸い殻があれば捨てる。窓を拭いたり、タイヤの空気圧をみる。エンジンの消耗品やオイル汚れなど、対応します。洗車を頼まれたときは、自分で車を動かし、洗車機へ入れます。暇な時は、主に掃除やタオルの洗濯などしてました。明るく元気な人や、我慢強い人は向いている仕事だと思います。逆に静かな人や、お客様の対応に慣れていない人は、向いていないと思います。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

時給・シフト

▶ 1日8時間。週5日程度で月収20万円。
シフトは月末に翌月の全員のシフトが決まります。
通常が21:00~翌7:00まで、休憩が二時間あるので働く時間は八時間。
その他に中番と呼ばれる業務があり、これは通常の方が交代で二時間ずつ休憩に行っている間の深夜2:00~6:00までのシフトがあります。
皆の希望を聞いて、最低でも二人は必ずいる体制がありました。
かれこれ20年以上前の話ですが、当時時給は1200円。危険物取り扱い資格を持っていると時給は1500円でした。
特に昇給とかはありません。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ 週5日勤務、1日あたり8時間働いて月収12万円
シフトは一週間ごとに、それぞれ自分の希望を出します。
高校生や大学生は、週に3日くらいで、夕方から三時間くらいの人が多かったです。
フリーターは、週に5日くらいで、朝から夕方までの、7時間から8時間の、長時間の勤務でした。
人が足りない時間は、頼まれたりする事もありました。
月収は人それぞれですが、フリーターは12万くらいでした。学生の人は、3万くらいでした。
時給は徐々に上がっていました。基準はとくにないと思います。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)
 

職場の雰囲気

▶ アットホームで楽しい職場
バイトしていたガソリンスタンドの雰囲気は本当にアットホームな感じで、仕事の後に皆で草野球をやったり、一緒にパチンコに行ったりととにかく楽しい職場でした。
コスモ石油のバイトは若い人が中心で、時間的な融通も利くので高校生・大学生が重宝されていましたが、社会人の方もチラホラいらっしゃいました。スーツを来て働くサラリーマンの方は、土日のみのアルバイトで、現場で働く社会人の方は、アルバイトが7:00に終了後に作業服に着替えてそのまま職場に行っている方もいました。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ プライベートでも仲良しの職場
働いてる人は若い人が多かった。主婦の人は1人だけ。
仕事は皆で協力しあい、仲良く働いていました。
コスモ石油のバイトは屋外作業も多く、暑かったり寒かったりでとても大変だったけど、明るく元気に働けました。
仕事が終わってから、皆でドライブに行ったり、海を見に行ったりしました。
休みは、スキー場へ皆で行ったりと、すごくコミュニケーションがとれていて、雰囲気も良かったと思います。とても明るい人が多い職場でした。
掛け持ちで働いてる人や、学生、フリーター、社会人の人、色々な人がいました。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

よかったこと

▶ 洗車機が無料で使えた
コスモ石油でバイトしてから車の知識が格段に上がりました。それまでは車の簡単な修理やメンテナンスは全て業者に頼んでお金を払っていましたが、オイル交換や色んなメンテナンス、傷の修理なども全て一人で出来るようになりました。

色んな車のエンジンオイルとかオートマオイルを交換してきたので、車の仕組みやどの車にどのオイルがマッチするかなども理解することが出来るようになりました。更には洗車機などもいつでも無料で使うことが出来たのでかなりお得でした。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ 車の仕組みが分かり勉強になった
コスモ石油で働いて良かった事は、接客業の大変さが分かった事や、車の仕組みや、エンジンの中にどういった物が入っているかなど、知識が増えてとても勉強になりました。
あとチームワークも抜群に良かったので、仕事も楽しんで出来たのが良かったです。
シフトの調整も、強制ではなかったので、特に困りませんでした。
お客様とも、仲良くなったりして、話をするのが楽しかったです。
制服も、夏服が可愛い制服だったので、評判が良かったです。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

大変なこと

▶ 無茶をいうヤンキーの対応
冬の間は夜中のシフトだとほとんどお客さんは来ませんが、たまに来るお客様の対応が大変でした。
更に定期的にタオルを洗濯する業務があるんですが、とにかく手が冷たかった思い出があります。
定額給油と言って10リットルや1000円分とかを機械に入力すると自動的に止まるシステムなんですが、田舎町なのでヤンキーとかも多く、100円分入れてくれみたいな要求がよくあったのが大変でした。大体のところで止めるしかないので、オーバーしてしまった分は自腹を切ってました。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ どんな気候でも外仕事
コスモ石油でバイトを始めた頃は、車にガソリンを入れる作業がなかなか慣れず、大変でした。油の匂いもするので、慣れてからも気になってました。
あとは、外仕事なので、台風の日や雪の日、真夏・真冬の時は、体調管理に気を配らなくてはいけないので大変でした。
接客業という仕事は、色々なお客様がいて、対応に困るときも多かったです。何を言われても我慢する事が、ストレスにもなりました。
あとは、大きな声を出すことや、笑顔を心掛けることも、常に気を付けていました。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)
 

応募する人へ

▶ 深夜帯は時間のある学生におすすめ
コスモ石油では、とにかくやる気があって声が大きいバイトスタッフが好まれます。
ガソリンの油種や、窓拭きの時の掛け声などミスがないようにもう一人のアルバイトと声を掛け合います。お客様にも確認の意味で聞こえるように声を掛け合います。
服装や髪型は清潔が好ましいです。ガソリンスタンドのつなぎなどは汚れる事が多いのでこまめに洗濯して、お客様に良い印象を与えるように心がけます。
深夜のアルバイトは眠気との戦いなので、時間のある学生等にはおすすめです。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ 事前にスタンドを見学してみる
コスモ石油の面接は、身だしなみ、言葉遣いなど、常識があれば大丈夫だと思います。遅刻は厳禁です。広い意味での接客業になりますので、なるべくハキハキと話をする、きちんと相手の話を聞くことも重要です。

事前に見学をしに行けるのであれば、応募する予定のガソリンスタンドの様子を何回か見ると、仕事内容や働いている人の雰囲気も分かると思います。実際に働いてるイメージが出来れば、少し安心だと思います。接客業ですので、人と話をする事が極端に苦手でなければ、問題ないと思います。人とコミュニケーションをとるのが好きな人には、向いている職場だと思います。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)
 

コスモ石油とは

▶ ”こころも満タンに”するガソリンスタンド
こころも満タンに、コスモ石油。というキャッチフレーズで有名ですが、車を満タンにするだけではなく、来てくださったお客様にも満足していただくことにも力を注いでいる企業です。
今でこそよくCMとかでは見ますが当時は特にCMとかもありませんでした。
ただ田舎町で唯一の24時間営業を展開し、お客様の数は本当に少なくて、赤字続きでしたが、たまに本当に深夜にガソリンがなくて困っていたお客座からは心の底から感謝して頂けました。そのようなお客様第一のガソリンスタンドです。
(りなのしんさん/東京都/40歳)


▶ ”車を動かすために必要な原料”を売る会社
コスモ石油は、車を動かすために必要な原料である、主にガソリン、ハイオクを販売している所です。今は、ほとんどのお店が、お客様が自分で車に入れる、セルフサービスになっています。あとは、灯油の販売もあります。

その他オイル交換、バッテリー、ワイパー、タイヤ交換、ブレーキオイル、ラジエーター、ブレーキオイル、ウインドウォッシャーなどの消耗品も数多く販売してます。あとは、車を洗う為の洗車機や、手洗い洗車など、掃除機、マット洗い機など、便利な物が揃ってます。
(ちーぱおさん/東京都/44歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。 また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。