サイゼリヤでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

サイゼリヤのアルバイト・パート経験者6名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. キッチンは調理工数少なめで初心者でもカンタン◎
  2. 有給休暇取得の推進など、スタッフが働きやすい環境
  3. 急な休みは取りにくいがシフトは柔軟

f:id:to_B:20180629131036j:plain

応募のきっかけ

▶ 知っているお店だと安心

最初はタウンワークなどのフリーペーパーで目にしたと思いますが、知人の中でサイゼリアで働いていた人がいたので、仕事の内容や職場の雰囲気などを聞いて、自分にも合いそうかなと思い、自分から電話をして面接を希望しました。

仕事を探していたときは、特に職種を限定していたことはありませんでしたが、少しでも知っていることがあると安心してスタートできるので、サイゼリアを選びました。

昔に比べて時給もよくなってきているので、あまりこだわりはなかったです。

(Ertaさん/神奈川県/男性/30代)


▶ 知り合いがサイゼリヤに就職したので

ファーストフードでアルバイトで知り合った先輩がサイゼリヤに就職したのをきっかけに誘われてアルバイトをする事になった。

面接当初は数多くのメニューを覚えられるかかなり心配だったが、実際に調理するとほぼほぼセントラルキッチンのため調理は容易だった。

特に掛け持ちをしたいと考えていた訳ではないが人手不足だから助けて欲しいと依頼された事や月間合計所得で考えた時に掛け持ち労働をした方が収入になると考えたので働き始めた。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 時給の高いアルバイトを探していて

高校生のときに、時給の高いアルバイトをしたいと思い、ネットのアルバイト応募サイトで検索したらファミリーレストランが時給が高く、ファミレスを中心に探すことにしました。

当時はアイドルにハマっており、アイドルのコンサートに多く行きたいがためにアルバイトを探していました。探していると、サイゼリヤは当時高校生でも900円以上で、コンビニなどと比べると100円以上時給が高かったので、サイゼリヤに決めました。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 平日のみでも可だったため

ウエイトレスの仕事が好きだったのでフリーペーパーを見て、土日休み平日のみの接客を選んで該当したのがサイゼリヤでした。すぐ電話して履歴書を持っていき即採用していただきました。時給も800円以上で自分の理想に叶っていました。

後、勤務地の距離ですが、自分の中では車で片道30分くらいで考えていたのでまぁあっていました。車通勤も可だったのでその点も安心しました。私は田舎から車で出てきていたのでその条件は必ず必須でした。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

面接

▶ 適性テストはなし

面接はホール内のテーブルで他のお客様が食事をしている中で行った。 もちろんアイドルタイム。 応募してから面接はすぐに決まった。 面接では実際に勤務可能な曜日や時間を聞かれた。 交通経路や交通費の有無を聞かれた。

面接時に即日採用をしていただいた。 アンケートやチェックリストのような適性テストはなかった。

掛け持ち先との労働時間バランスなども聞いていただけて、寄り添った面接だったと記憶している。 応募してよかった。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 面接は1時間ほど 

ネットで応募し、その翌日に電話がかかってきて、予定を調整し面接日を決め、面接しました。

面接では当たり障りのない世間話や最近の政治の事柄など幅広く1時間ほどしました。一時間面接したのは自分だけだったようです。アルバイトの事柄自体は15分程度でした。

シフトに入れる具合、交通費などアルバイトの登録に必要な情報を聞かれ、答えるという普通の面接の形式でした。その後、翌日か2日後くらいに採用の連絡が来ました。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ マニュアルを読み対応可否を確認

電話をして、アルバイトの申し込みをした後、アルバイト募集をしていた店舗の空いている席で面接を行いました。

履歴書を確認した後、通常の基本的な質問とマニュアルを一緒に読み、マニュアルに従いアルバイトができるかどうか確認をした後日、電話で合否を連絡するという流れでしたが、面接時に採用になると思いますがという話だったと記憶しています。

実際に連絡が来たのも面接日の後日だったと思います。連絡は電話できました。

(えりちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ その場で即決

電話していたので予定時間に行くとちゃんと店長が面接してくれました。確かホールのお客様用の隅にあるテーブルで面接してくださいました。一通り履歴書に目を通していました。

平日のみの勤務の希望を出していたので確か私の方から本当に土日出なくていいのかと聞いたとおもいます。接客業で土日休みはほぼないので。

店長は平日のみで大丈夫ですと言ってくれましたので、その時すごく安心したのを覚えています。採用は即その場で決まりました。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

教育・研修

▶ 事前にレシピを覚えて

初日前にレシピを渡されてある程度覚えてくるようにと言われたが目を通しても全然覚えられなかった。

しかし実際に調理をしてみると工程数が少なくかなり簡単な調理だった。 それでもオーダーの数が多い時には不慣れなため作成ミスなどもした。 研修はガッチガチではなく1時間程度ザックリで教わった。 締め作業などは口頭で教えられそれをメモして覚えた。

働き出して二週間ほどである程度の仕事はできるようになったがホール作業のテーブル番号を覚えるのが大変だった。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 基本的な項目を初日には学んだ

初日はまず、制服を着て髪型チェック、手の荒い方、挨拶の仕方など、アルバイトをするに当たって必要な基本条項を学びました。

初回はクルールームで規定を貰い、マニュアルに沿って説明をし、店長が模範を見せ、自分が真似をして実行するという形でした。初めてのアルバイトだったので、ドキドキとワクワクが詰まっていました。

研修をしている時間はあっという間に感じ、初日はレジをやって、その他は説明とマニュアル読みで終わりました。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 経験者だったため、あまり研修はなく?

15年前くらいのことなので研修制度があったかどうかはわすれてしまいました。基本ウエイトレスに肝心な接客オーダー料理の持ち運びやバッシングを教えていただきました。

私はウエイトレス経験者だけあって話を聞くからに、ほぼ一人でホールをまわさないといけない状況になると瞬時に判断しました。

その時から私は勤務体制に違和感を感じていたのだとおもいます。さらにひどいのが店長と副店長のフレンドリーさのなさに絶望すら感じました。明るい職場で働きたかったです。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

仕事内容

▶ 調理器具の掃除や翌日の仕込み

勤務開始と同時に閉店時間を逆算して締め作業を少しずつ進めていく。 使わないであろうコンロや調理器具を掃除して、翌日の仕込みの準備をする。

洗い物が溜まっているのでそれらをクリアしながら適宜オーダーを裁く。 ホールの人員もあまりいないので提供が溜まると提供もフォローする。

ラストオーダーが終わったら本格的に締め作業を開始する為、閉店の2時とほぼ相違なく勤務を終える事ができる。 オーダーが立て込まなければ翌日の仕込みなどに勤しむ。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ フロアもキッチンも

シフト制であり、自分はよく10時~18時で入っていました。自分の店舗は10時~11時はオープン作業で、11時から開店し仕事が始まるという流れでした。

10時から一時間でフロアの清掃やトイレの掃除、キッチンの準備などをし開店します。開店したらフロアはウェルカム、オーダー、キャッシャーに分かれそれぞれ担当の作業をします。

上位クルーになるとフロアのみでなくいきなりキッチンに入ったりすることもしばしばあります。なので、仕事は各々決まっているというわけではありませんでした。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ オーダーからレジ打ちまで

朝10時前にタイムカードを押して入店。着替え室で制服に着替えます。最初に業務用掃除機で掃除しモップもかけます。

ガラス拭きトイレ掃除をして、終わったらドリンクバーの補充やメンテナンスなどしました。11時に開店します。お客さんが入ってきたら必ずいらっしゃいませの挨拶。

案内、オーダー、料理提供、接客レジをしてからバッシングという手順を繰り返します。確かですが14時から15時はアイドルタイムだったのでその時は落ち着ける時間でもありまして食器磨きなどしていました。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

給料・シフト

▶ シフトは1週間ごと

シフトは一週間ごとに決めていました。割と柔軟に決めることができていたように思います。

働く時間は4~5時間からOKでしたが、8~9時間働けるとありがたがられました。時給は1000円前後で、自分の都合によって少ない時は3万円ほどで、たくさん働いた月は10万円近く収入があったときもありました。

体調不良や自分の都合でシフト変更したいときには、自分で代わりに入ってくれる人を探さないといけないので、なかなか大変でした。

 (Ertaさん/神奈川県/男性/30代)


▶ 最低週一から

シフトは面接時に申告した勤務可能な曜日と時間が一旦全員分掲示されてそこに訂正や追加をするという形式だった。自分は主に深夜の22時から閉店の26時まで勤務していた。

一週間ごとだったと記憶している。 一日2時間から勤務が可能で、週一回の勤務だけでも可能だった。 自身は週二回から三回勤務していた。

一日あたり5千円弱で一ヶ月あたりは四万円ほどの給料と別途実費交通費だった。給料日は末締めの翌月十日に、銀行振り込みだったと記憶している。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 時給は1000円スタート

契約更新の際にシフトを書きますが、それを元にしてはいません。

1週間毎に自分が空いていてシフトに入れる時間帯をシフト表に書き込みます。1週間毎に提出ですので、2週間前までにシフトを出せば平気です。自分は大学生のときはアルバイトに打ち込んでいたので、月100時間以上は労働していました。

時給は1000円からスタートし、能力によって上がっていくというシステムです。辞める寸前の収入は月10万~14万の間が多かったです。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 朝の1時間は掃除

かなり昔の話になるので定かではありませんが、シフトは月曜から金曜までで朝10時から15時までだったと思います。月に7〜8万円くらい稼いでいたと思います。土日は私用休みが欲しかったのですが、勤務の強要などはなかったので休みに関しては理解がある会社だなと思いました。

勤務時間が短かったので社会保険完備扱いはされていませんでした。時給は800円以上だったので安心して生活費がかせげるなと考えていました。朝1時間はお掃除で潰れるので楽でした。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ 学生から主婦まで

学生もいれば主婦もいて幅広い年代、ライフスタイルの人が働いていると思います。アットホームな雰囲気で仕事以外の話もたくさんできました。

仕事をしっかり覚えることももちろん大事ですが、よりよい人間関係ができていれば、いざという時にお互いに支え合うことができました。

よいコミュニケーションから助け合い、信頼関係ができていって、また仕事で支え合うというよいスパイラルができてくると、忙しいときでも仕事をしているのが楽しいです。

(Ertaさん/神奈川県/男性/30代)


▶ 深夜に主婦の人も

自分はファーストフード店との掛け持ちで働いていたが、同年代のフリーターが数名と深夜でも主婦が働いていた。すでに子育てはひと段落しているように感じた。

お店の雰囲気は比較的良かったと感じているが店長が変わると一転してギスギスしだした。 元々は前の店長に誘われて働き出したこともあり、自分も退職した。

有給休暇については積極的に取得するよう促進している珍しい企業だと感じた。 交通費についても自動車通勤は距離で計算してくれるなど非常に働きやすい風土だったと考えている。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 同僚と仲良くなれた

自分が働いていた店舗は大学生が多かったです。また、社員や契約社員も多かったです。

最初入ったばかりの頃は、コミュニケーションを他の人と取ることができず一人のことが多かったですが、仕事をするにつれ話すようになり、他の人とも仲良くなり、飲み会に行ったりすることもありました。

雰囲気はとにかく明るくて良い雰囲気だったと思います。人間関係も良好で、揉め事や喧嘩などはあまり起きたことがなく、平和に過ごせていました。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ あまり活気のない社員

他のサイゼリヤで働いたことないのでかえって悪い印象しか言えませんが。私語できるような環境ではないですね。

忙しすぎて。社員もエリアマネージャーも頭固い人ばかりで、私の職場での雰囲気はいつもぎこちなかったです。

サイゼリヤがもっと社員の人材を選び抜く力が必要だと思います。社員の方の活気もなかったので私はパートリーダーの女性の方を上司として認めて働いていました。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

よかったこと

▶ 客層は良かった

お客さんはメニューの値段が安いので、サービスのよさまではあまり求めていない人が多いのではないかと思います。

オーダーミスや商品の提供忘れがあるのはさすがにまずいですが、商品の提供が少し遅れてもあまりうるさく言われたことはありません。社割は詳しく分かりませんが、オーダーミスや焼き加減などにむらができてしまい商品として提供できないものを休憩時に食べていたことはありました。

急な休みはとりにくいですが、シフトの融通はききやすいと思います。

(Ertaさん/神奈川県/男性/30代)


▶ 半額でまかないを食べられる

制服は可愛くないしカッコよくもない。

シフトは面接時の希望にブラックリスト方式でバッテンをつけていくので申し訳なくて周りもむやみに休めないため、スタッフィング通りのシフトになる事が多い。 従業員の分母が少ないため急な休みは取りづらいし、取ってはいけないと思う。

まかないについてはほぼほぼ全メニューが半額で購入できる。ミラノ風ドリアは当時社割価格で149円だった。 客層は店舗の立地によるだろうが自分が勤めていたところは、比較的悪かったと思う。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 通勤の服は自由

社割りで安く商品を食べられたこと、制服があるので通勤服は最悪ジャージでも良かったこと、2週間前までにシフトを出せば良いのでギリギリまで予定を決められること、そして何よりコミュニケーション能力が上がったことと他の人が今何をやってほしいのか、何を自分がやれば一緒に働いている人は仕事がやりやすくなるのかが瞬時に判断できるようになった事です。

アルバイトを辞めたあともその能力は顕在しているので、気遣いが上手いと褒められています。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 店内の雰囲気が好き

たしかに社割がありました。

個人的にサイゼリヤの料理が美味しくて大好きだったのでこれは嬉しかったです。自分の都合でしたが平日のみの勤務できちんと割り当ててもらっていたことも良かったです。当時可愛らしいメイドみたいな制服だったので着るとちょっとテンション上がってました。

店内の雰囲気も欧風な感じで異国に来たような気持ちに少し慣れます。仕事がハードだったので自分自身のスキルアップにもつながったりしました。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

大変なこと

▶ 深夜は大変

働いてからサイゼリアのメニューのことをよく知りより利用するようになった。 きついのは突発的なピーク時。深夜はキッチン1名体制なのでオーダーが立て込むと相当張り詰めた。

しかし全てのオーダーの調理を終えると達成感もあり、あまり大変な調理工程ではないが作った感はあるので楽しかった。

帰るときはゴミ捨て場を通って帰るのですがやはりゴミ捨て場なので匂いが不快でした。 またウォークイン冷蔵庫内で作業をする事があるのですが、とても寒かったことを思い出しました。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 新人が辞めていく

キツかったことは入ってきた新人が、仕事量に耐えきれずやめる確率が高かったことです。

高校生から募集していて、自分がいた店舗が高校や大学の近くだったので、学生の応募が多く、学生を雇用することが多かったのですが、アルバイト初体験でサイゼリヤはキツかったのだと思います。

覚えることは山ほどあり、いつも同じルーティーン作業と言うわけでもないので、状況を見て判断して仕事をしなければいけなかったため、やめる確率が高かったと思います。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 店長や社員が活気がなかった

私が働いていたサイゼリヤの社員の方や店長は言葉が悪いですが活気なく思いやりのない人たちに思えました。同じパート勤務のサブリーダーはとても優しく明るくいい人でした。

私は朝から夕方までの勤務でした。つらいのがほぼ一人でオーダーと料理運びバッシング、レジ接客対応させられていたことです。サブリーダーは主にバッシングと中のクッキングの手伝いをされていました。

なので私一人ホール担当だったので本当に大変でした。お客さんが沢山入ってくると中の料理が間に合わなく待っていたお客さんが怒って帰られるのは何回かありました。サイゼリヤは従業員を最低限にしか置かないのだなーっと思いました。

他の店でウエイトレスしてた時は十分足りていた人数で、円滑にまわっていたので。後、店長が高校生の女の子と付き合っていたらしく最低な社員だなと思いました。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

これから応募する人へ

▶ 責任感のない人は応募しないで

出勤人数自体が少ないので予定が急遽入るような人や責任感がない人は応募しない方が良い。要領よく仕事をできる、もしくは謙虚な姿勢で前向きな人は向いていると思う。 面接の心構えは遅れずに行ってハキハキ受け答えをする事。

服装やヘアスタイルは奇抜でないものであくまで面接なので清潔感のある服装で臨む方が良い。 調理自体はセントラルキッチンなので難しくはない。

洗い物も余儀なくされるので肌が弱い人は応募しない方が良いと思う。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ 透明マニキュアはOK

髪型は明るすぎる茶髪はNGですが、暗かったら平気です。飲食店なのでネイルはだめですが、トップコートなどの透明なマニキュアでしたらしても平気です。

面接はとにかく明るく笑顔で!接客業なので、対人コミュニケーションができるかどうか、明るく笑顔で対応できるかどうかが問われると思います。店長によると思いますが、ちゃんとした受け答えができれば大丈夫てす。

また、サイゼリヤはフロアはフロア、キッチンはキッチンと決まっているわけではないので、瞬時の切り替えの速さに対応できる人が向いていると思います。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ タフな人に向いている

アドバイスは一人で接客できるよー!私タフだから忙しい仕事好きだよーなんてかたには適した職場かなと思います。忙しいの嫌い。

ゆっくりマイペースで大勢の従業員と助け合いながらお仕事したいと思っている方には不向きかなと個人的意見ですが思います。制服が緑で落ち着いた雰囲気なので髪は黒髪に近いのがおすすめです。

全体的に清楚な感じに男性も女性も着飾ります。ウエイトレスのスキルアップさせたいならサイゼリヤです。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

サイゼリヤとは

▶ 安くて食べられるお店

サラダやピザ、スパゲティなど好きなメニューを組み合わせて頼んでも「そんなに安く済むの」と思えるお店だと思います。

一人で利用するのもよいですが、家族や友人など複数の人でいろいろな種類のメニューを頼むと、いろいろな味が楽しめてよいのではないかと思います。

厨房での調理のしかたはマニュアル化されているので、店や作る人によって味が変わることがないので、安心して利用できるのではないかと思います。ドリンクバーもコスパがいいです。

(Ertaさん/神奈川県/男性/30代)


▶ ドリンクバーが安い

日本人向けにアレンジされたカジュアルイタリアンレストランでパスタやピザ、ドリア、グラタンが中心のメニューを提供している。 ドリンクバーが他のファミリーレストランよりも比較的安く明るい雰囲気の中の店内である。

ワインを中心としたアルコール類も豊富でそれに合わせたイタリア風のおつまみが数多くラインナップされている。 中高生やファミリー、中高年までカバーできる幅広いメニューなので一度は訪れてみても良いと思う。

(よっくんさん/大阪府/男性/30代)


▶ イタリアンに特化したファミレスチェーン

ファミリーレストランのチェーン店ですので飲食物が主です。

その中でもイタリアンに特化しており、ピザやドリア、その他にもサラダやスープ、ハンバーグ、デザートなど幅開く揃えてあります。デザートもイタリアン中心のレストランなので、イタリアのティラミスやジェラートなどが主です。

これはイタリア直輸入だったのでこだわりがあったかと思われます。また、サイゼリヤの一番の魅力は価格にあります。低価格でどれだけ良いサービスを行えるかを意識していると店長は言っていました。

(こんこんさん/東京都/女性/20代)


▶ 野菜にこだわったお店

野菜は新鮮にこだわっていました。食べるとシャキシャキ感がかなり味わえて野菜が美味しくいただけます。

サイゼリヤドレッシングがまろやかでちょうど良い酸味なのでお勧めします。自分が一番オススメしたいのがたらこソースシシリー風ですかね。まったりとした滑らかなたらこクリームソースが本当に美味しいんです。

後、ミラノ風ドリアも定番で、濃厚なミートソースと深みのあるクリームソース、ターメリックライスの入ったドリアでこちらも安いながらに美味しい商品です。

(へてこうさん/岡山県/女性/30代)

 

今回はサイゼリヤのアルバイト・パート経験者のErtaさん(30代男性)、あんちゃんさん(50代女性)、よっくんさん(30代男性)、こんこんさん(20代女性)、えりちゃんさん(30代女性)、へてこうさん(30代女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでサイゼリヤのアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス