注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

シミズオクトでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

イベント・警備系のバイト求人を多数募集しているシミズオクト。短期や単発のお仕事もたくさんあるため、プライベートの都合にあわせて働きたい学生やフリーターに人気の登録制アルバイトです。本日はシミズオクトで働いた経験のある方にお集まりいただき、仕事内容や面接などの評判をインタビューしてみました。

 

★注目ポイント

  1. 人気の短期・単発バイトが多数!収入面も魅力的な時給設定◎
  2. 単純な業務なのですぐに慣れ、若いスタッフが多いから友達もできやすい★
  3. 人気ミュージシャンのライブを業務中に見聞きできるなど、意外なメリットも

f:id:to_B:20180919205851p:plain

応募のきっかけ

▶ 短期で、条件に合いそうな求人だったから

夏季休暇中に暇だったので、短期・単発OKで、かつ自身の入りたいスケジュールにのみシフトに入れるアルバイトを探していたところ、求人冊子をみており、条件に合いそうな求人を見つけたため、電話にて応募しました。

その後メールで希望シフトを提出したところ、電話にて会場、集合時間等の詳細を言われたうえで、参加できるか聞かれたので、参加が可能なものについては、参加をしていました。研修等が必要な業務はなく、どこかの会社等に出向いたことはありません。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 従兄弟が社員として働いていたから

社員の方の知り合いが私の従兄弟でしたので、紹介してもらいました。
当時、時給1000~1200円くらいのバイトを探しており、それまでは時給700円~800円くらいでいくら多くバイトしても微々たるバイト代しか貰えず、高額バイトと言ったら家庭教師か肉体労働かしかなかった状況でした。

家庭教師は有名1流大学でないとあてがないと言われており、2~3流大学ではバイトにあり付けない感じでしたので、肉体労働となりました。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

面接

▶ 電話登録のみで、面接はなかった

電話で登録の申し込みをし、その場でいくつかの質問のやり取りをした程度で、面接等を行ったりはした記憶がありません。電話口でそのまま、シフトの希望を伝えたところ、数日後日、電話にて会場、集合時間等の詳細を言われたうえで、参加できるか聞かれたので、参加可能だと答えると、集合場所、集合場所を言われたのでそこに向かい、会場にて業務説明等を受けました。少々、記憶が定かではない部分もありますが、大まかにはこのような流れだったかと思います。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 従兄弟を通じて社員さん2人と面接

自分の場合は社員の知り合いが私の従兄弟でしたので、従兄弟に話を通してもらって、大学の友人を誘って面接をしてもらいました。

知り合いと言うところもあり、面接後即採用して貰いました。面接は社員の方が2名で面接して貰い、すぐに次の日からバイトを入れてもらえました。初めは武道館での仕事で新人バイトの登竜門で、そのあと渡辺美里のコンサートに入り、根性がない者がふるいに掛けられると言ったところでした。

大学時代の友人と私も最後まで根性を見せ、2年近く在籍しました。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

教育・研修

▶ 研修はなく、いきなり現場入り

いきなり現場に入り、その場で仕事内容等の説明を受け、そのまま業務に入ります。理解が難しい内容の業務は全くありませんが、業務を説明してくださる人によっては、非常に理解し難く、自身で確認をしながら作業を進めなければいけないことも多々あります。

一つのイベント中は、基本的に同じ流れになることが多いですし、同様のイベントであれば、業務内容も似たような内容になるため、数か所のイベントに入れば、すぐ慣れてしまうレベルの業務です。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ ぶっつけ本番だが徐々に慣れる

研修なんてありません。体力勝負なので、シフトに入って重い荷物を持って人一倍多くの物を持って一人前と認めてもらえるまでがむしゃらにバイトを遂行していくだけです。

最初の頃の体力があまりない時期はとても辛いですが慣れてくれば指示されたとおり動く事もでき、有意義な時間になると思いますし好きなアーティストのコンサートをバイト代を貰って聞くことも出来るので、一石二鳥的な感じで楽しくまた感動もあるバイトだと思います。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

仕事内容

▶ チケットもぎりや、お客様案内など

出勤すると名簿で名前を伝え、点呼とその日のポジションを伝えられます。その後更衣室でその日の服装に着替え(スタッフTシャツやジャンパーなど)ます。チケットもぎりやお客様案内、グッズ販売、警備などいくつかのポジションがあります。

イベントが大好き、人と接するのが大好きな人は向いていると思います。接するのが苦手でも人が好きな人は向いていると思います。お客様を案内したり安全に誘導する業務がメインなので、言われたことしかできなかったり、人と接するのが苦手な人は向いていないと思います。

(ボヤージュさん/千葉県/36歳)


▶ 会場のセッティングや監視

あるアーティストのライブ会場にて、まずは会場のセッティングを行いました。パイプ椅子を運んだり、下にマットを敷いたりと、非常に体力が必要な作業で、男性メンバーが多かったです。

実際にライブが始まると、観客席の監視を行っていました。カメラ撮影が禁止されている会場だったので、そういった行為をしている人を見かけた際に、注意等を行っていました。客によっては、怒られることもあるため、メンタルが弱い方には向かないかもしれません。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 荷物や備品を運ぶ事がメイン

集合時間に目的に集合して、当日の参加メンバーリストより点呼があり、点呼が終わると、社員の方から、当日のイベント内容の説明があります。

2~3グループに別れ、リーダーの下、サブリーダーが選出され仕切られるようになります。

会場設営が終わるまで、リーダーやサブリーダーや社員さんの言われた通り、荷物や備品を運ぶ事がメインの仕事です。6~8時間掛かる仕事は主催者側から、お弁当が用意されており、昼12時や夜12時などに食事休憩があります。

こちらはやっぱり根性がないものやひ弱な者は向いていません。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

時給・シフト

▶ 10日間勤務×1日12時間=月収15万円

シフトについては、基本的には自己申告制です。自身が空いている日を申告し、その他のメンバーとの調整をしてもらいます。基本的に人が足りない状況が多いので、もっとシフトに入れないかと言われる場合が多かったです。

また、一つのイベント中は基本的には同じ業務をやることが多いので、同イベント中は継続してシフトに入ったほうが、新しい業務を覚える必要もなく、楽に業務が熟せると思います。自身でシフトに入る日を調整できるので、収入の調整はしやすいと思いますが、時間の調整はしづらいのが難点かと思われます。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 週4日勤務×1日4~5時間=月収7~8万円

毎週水曜日の13時にシミズスポーツの指定電話番号へ電話して翌週のバイトを決めていました。ある程度実績を積むと電話ではなく、社員さんと直接会社でシフトの相談が出来ました。

優先的に比較的軽い肉体労働で高収入な者を選ぶ事ができるようになり、大学の授業がある時期は月7~8万円くらい、夏休みや冬休みや春休みは月20~25万円くらいでした。昇給は100円単位で毎年更新月に見直しがありました。月最低でも20日間くらいでしたね。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

職場の雰囲気

▶ バイト同士は仲良くなりやすい環境

学生やフリーターがほとんどを占める職場であった。若いメンバーが多かったが、年配の方もいた。バイトメンバーの質は決してよくなく、バイトリーダー的な立場の人からの指示も曖昧であるため、自身で考え行動することが多かった。

また休憩時間が多く、一現場でメンバーがあまり変わらないので、バイト同士のコミュニケーションは豊富で、仲良くなりやすい環境ではあった。女性と男性は業務内容が異なることが多かったため、あまりコミュニケ―ションをとる機会はなかった。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 学生とフリーター中心

学生とフリーターが多く、体力勝負で体育会系のバイト先でした。毎年100人以上バイトを取りますが、10名残れば良い方で、自分の場合は一緒に行った友人が就職先に考えるくらい良い条件のバイト先だと思います。

夏休みや冬休みは20万円以上稼げるのも魅力の1つでした。リーダーの方は業界10~20年くらいで兄貴的な雰囲気でも正社員で、信頼されており、楽しかった思い出があります。

一番のメリットはイベント系をバイト代も貰えて、見学してもいい所がとても気に入りました。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

よかったこと

▶ バイトしながらイベントを楽しめる

イベント中に業務をしながら実際にそのイベントを見ることができる場合もあることです。シフトや配属によるもので運もありますが、実際にライブ会場で警備をしながら、そのライブを横目で見ることができたり、また、音楽イベントでは実際に演奏を聴きながら仕事をすることができます。

もちろん、業務を優先すべきですが、運が良ければ監視席という特等席でイベントを見つつ、給与も発生するので、ラッキーな時は最高のアルバイトになる場合もあります。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ お弁当や飲料水が支給される

まずお弁当や飲料水がでるところ。また、都内などのイベント会場が多く、公共交通機関を利用してバイトに行ける事も良い点だと思います。

少し前に出て新宿駅より徒歩で行ってバイト代を浮かせる事もしていました。ずっと同じ会場の場合は定期券などや回数券を利用して、交通費を抑える事もできますので、自分の入りたいイベントに入るのも良い経験となると思いますし、新しい発見もあるかと思いますので、バイト代を貰って良い思い出を作りましょう。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

大変なこと

▶ 言われていた勤務内容と違うことがよくあった

現場の状況にあわせて、勤務内容、勤務時間が変更になることが多いため、自身の想定していたことと異なる条件になることが多くあります。軽作業だと言われて準備をしていったところ、実際は荷物の搬出入ばかりで、非常に重労働となったり、引継のバイトが急にこれなくなったから、シフト終わりの時間になったが、そのまま継続して働いてくれと依頼されたりと毎回のように言われます。

ある程度、時間にも、体力にも余裕をもって臨む必要があると思います。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 過酷な労働で次々に辞めていった

やはり旧西武球場での渡辺美里のコンサートの設営です。

毎年新人バイトの登竜門で70名程在籍していましたが、途中で挫折したり途中で放棄していなくなる者が多く出る設営で、夕方の5~7時くらいに始まって、終わるのは翌8時くらいで、7月の終わり頃なので、蒸し暑くて、汗の量も尋常ではない設営となります。

熱中症で倒れる者、知らないうちにばっくれる者、私の年は7名のみ最後までやり遂げ、1年目からサブリーダーになれました。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

応募する人へ

▶ コミュニケーション能力や人柄が大事

案内や誘導といった接客がメインなので、人とコミュニケーションを取ることに支障がなければできる仕事だと思います。コミュニケーションが難しくても人柄が良ければ大丈夫だと思います。

面接でも面接者の話が理解できるかどうかを見ているようでした。服装や髪型は自由ですが、実際の勤務では派手な髪色は禁止です。

初めて現場に入る時は誰にでもできる簡単な仕事からまかせてまらえますし、続けることで自分のできることも増えるので、いろんなポジションにつけ経験を積むことができました。

(ボヤージュさん/千葉県/36歳)


▶ 効率よく稼げるアルバイト

時給はよく、基本的に終日、もしくは日をまたいで働くこともあるため、効率よく稼ぐことはできます。休憩時間もそれなりに確保されているため、業務内容にもよりまが、精神的苦痛を感じる機会は少ないです。体力を使う業務が比較的多いので、季節や現場によっては厳しいこともあります。

また、仕事中にメンバーとコミュニケーションをとる機会が多いので、そういったコミュニケーションを取ることが苦手な人には厳しい業務だと思います。業務の大変さについては、配属先によるので、ある程度覚悟をして臨めば、決して辛いバイトではないと感じました。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ 身なりより、体力、根性が重視される

当時は服装や髪型に関する厳しい規定は特になく、体力と根性がある人が欲しいという感じでした。平成の世でしたが、まだまだ昭和の時代の根性とやる気と体力を欲する人が欲しい時代でした。バブル期末期~終焉の時期で、まだまだ日本が元気な頃の25年くらい前の事です。

家でゲームなどしていないで、自分の体を動かして、給料を貰うという最高なバイトだと思います。また、仲間との達成感もあり、人生勉強にもなると思いますので是非やって欲しいと思います。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

シミズオクトとは

▶ 様々なイベントの裏方としてサポート

シミズオクトは、コンサート、展示会、博覧会、野球(東京ドームなど)・サッカー(味の素スタジアムなど)の公式試合やその他スポーツの国際大会等、様々なイベントの開催をサポートしている会社です。

よくライブ会場やスポーツ会場で誘導や警備をしている方を見かけるかと思いますが、そういった裏方業務を行っている方々が、シミズオクトのメンバーです。参加者・客としてあまり実感することはないかもしれませんが、実際に自身が裏方として業務をしてみると、そういった方々に支えられイベントが行われていると実感することができました。

(kzhhさん/東京都/29歳)


▶ イベントの設営・警備・撤去まで請け負う

私が在籍していた時期はシミズスポーツという会社名でした。別会社としてシミズ舞台という企業もあり、別々の仕事をしていた訳ではなく、舞台の仕事も一緒にしていました。

イベントの設営・警備・撤去まで一環してシミズが行っており、全国各地や有名遊園地などでの設営も一通り取り仕切っていました。私は設営と撤去のみで当時は警備員よりも高収入バイトでした。

有名人や歌手などのコンサートやライブの設営やミュージカルの設営、マラソンなどスポーツイベントの設営も行っています。

(たくすけさん/東京都/42歳)

 

今回は、東京都新宿区高田馬場に本社を置く株式会社シミズオクトで、イベント設営・警備などの登録制アルバイト・バイト・パートスタッフの求人情報に応募して面接を経て採用され勤務した経験のある、ボヤージュさん(千葉県/36歳/女性)、kzhhさん(東京都/29歳/男性)、たくすけさん(東京都/42歳/男性)(順不同)にシミズオクトバイトの面接内容、髪色・髪型・ネイル・ヒゲ・ピアスなどはどこまでOKか、シミズオクトはブラックバイトやきつい仕事なのか、時給や職場の雰囲気などについて体験談や評判・口コミを伺いました。

なお、これらはあくまでもシミズオクトのコンサート・スポーツイベントなどにおける短期アルバイト・単発バイト・パートスタッフ経験者の主観にもとづく評判・口コミ・体験談・感想です。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問や教育研修の内容などが過去の情報であったり、制服や服装・髪色・髪型・ピアス・ヒゲ等に関する諸規定や社割(従業員割引)・福利厚生・勤務時間・交通費や各種手当などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パートなどお仕事探しの参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス