スギ薬局でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

スギ薬局のアルバイト・パート経験者4名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. 医薬品・日用品などさまざまな商品の知識が身につく◎
  2. 学生バイトと主婦パートが半々。薬剤師はリタイアしたシニアも活躍中
  3. シフトは店舗によりけりなので事前に要確認

f:id:to_B:20180911183826j:plain

応募のきっかけ

▶ 薬の知識を身に付けたかった

自分がスギ薬局に応募したきっかけは、大学生にもなって社会経験がないとダメだから応募しました。あと、薬にも興味があったので、薬の知識も頭に入れときたかったので、絶好の機会だと思いました。

応募方法は、店舗に募集の張り紙がしていたので、電話して面接を受けました。どのような条件で探していたかは、まずは自転車で通える範囲とあまり遅くならないで帰れると接客が嫌だったので、品出し中心という条件で探していました。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 近くに店舗があったため

私がこのスギ薬局に応募しようと思ったきっかけは、前のバイト先が遠く学校帰りに通うには大変だと思い前のバイトをやめてどうしようかと考えていたとき、近くのスギ薬局の募集の張り紙を見てすぐに決めて募集をしました。

自宅からは歩きで行ける距離だったのと、前働いていた飲食店よりも薬局のバイトのほうが楽そうかなと思いました。また昔から通っているために愛着もわいていたので、ここで働いてみたいなという気持ちになり応募しました。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

面接

▶ シフトについての質問が多め

応募の張り紙を見たと電話で伝えて、その時に面接の日時を言われました。面接は、いろいろと聞かれて合格・不合格が決まるというより、面接の段階でもうすでに採用が決まっている感じの印象を受けました。

具体的には、何曜日にできるのか、何時からできるのか、学校の終了時間、採用前提の日時の質問が多い気がしました。採用の連絡は面接時に採用の場合は1週間以内に電話で連絡しますと言われました。実際には、意外とすぐに連絡が来た記憶があります

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 催促して結果を聞いた

面接は店の奥の休憩室でしました、まずお店に直接向かいアルバイトをしたいということを伝えた後店の奥に誘導してもらい面接の日程と必要な持ち物を教えられその日は終わりました。

後日履歴書を書き面接当日の日にお店に再び向い面接が始まりました。最初は履歴書を見てもらいそのあと希望のシフト等の質問を受け、「何日からこれますか?」など聞かれ何日後かに指定しました、面接の結果の連絡がなかったので直接聴きに行ったところ合格と言われました。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)


▶ 集団面接

面接場所はオープン店舗内で行われました。 液からは離れていますが、自宅から近い距離にあり、自転車で5分くらいのところです。

面接では過去の就業経験や、固定シフトになるとの事前確認、出られる時間帯を聞かれました。 集団面接であったせいか、基本的なことを簡潔に聞かれるくらいでした。

その後、計算問題の筆記試験がありました。 結果は2,3日中に電話で返答すると言われました。 けれど、帰ってすぐに連絡がありました。おそらく2時間後くらいでした。

(みーすけさん/東京都/女性/30代)

 

教育・研修

▶ 品出しと製品整理からスタート

初日の気分は、始めてのアルバイトだったので、とても緊張していた記憶がありました。最初に任された仕事は、主に品出しと商品の整理整頓でした。

色々な商品を扱ったいたので、どの商品を補充するのかとても大変なことを記憶しています。支持が書いてる紙を渡されていました。どの商品を整理整頓、補充するのか全く分からず、時間内に終わらなくて、同僚に手伝ってもらった記憶があります。

なんだかんだ最初は大変でしたが一カ月もしたら簡単になれました。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ しばらくは裏方の仕事

初日は店長の指導のもと最初は掃除をまかされました、掃除器具の居場所等を教えてもらった後1時間ほどの外の窓拭きなどをしました。レジなどの業務はそれまでしたことがなかったのでしばらく後だなと思いつつ掃除をしながらお客様に笑顔を向けながらなので周りに気を遣うのがとても大変でした。

しばらくは裏方ばかりなのでなれるのには時間があまりかかりませんでしたがレジ業務を任された際は常にお客様と接客をしなければいけないのでそこにはかなりかかりました。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

仕事内容

▶ 品出しと掃除からスタート

9時半に出勤、それぞれが日配用品の品出しと日配用品の見切り作、店内のモップかけ、外に置く商品並べを9時50分くらいまでに終わるように行います。次に、レジ担当の人はレジに、品出しその他雑務の人は、その作業に取り掛かります。パートさんは14時まで(曜日によって多少変更ある)。

17時から閉店まで学生のアルバイトがまたレジと品出しその他雑務に分かれて作業を行います。品出しの人は17時に日配の見切り作業をします。火曜日と日曜日の閉店間際の時間に週間のPOPの入れ替え作業を行います。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ かなり体力を使う

最初は自分がその日に行う業務を確認したあとタイムカードを押す。そして大体は掃除から入りモップで店内を掃除するそのあとはレジ、商品の陳列、外の草むしり、トイレの掃除などの多数がありました、人があまりいなかったのでレジなどの補助に回ったりとかもして結構柔軟に対応をしていくことが大切だった。

また商品が届くとその商品を陳列することに回ることが多くかなり体力を必要とする仕事でした。また閉店間際までシフトを入れていたので最後には商品を冷やす装置の電源を切ったりなどもしました。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

給料・シフト

▶ 有給はなし

シフトは一カ月ごとの自己申告制でした。テスト期間に休みくれるとても親切でした。1日当たり3時間と6時間半の週3日程度働いていました。風邪などで休むときは代理を立てないといけないことになってました。

時給は730円で月収は約7万くらいでした。慣れてしまえば業務自体は簡単なので割にあってると思いました。少し残念なのは休日出勤手当など手当に関してとても粗末だという記憶がありました。また有給休暇がなくて、福利厚生が足りないと思いました。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ シフトはある程度自由

シフトは一か月ごとでの自己申告であり、あらかじめ自分の予定を確認して調整をしていました、週に3回ほどシフトを入れて時給は800円台で午後18.00からは900円台にアップしたので月収は4万円ぐらいでした。薬局は結構人数が少なくても回るので忙しい時というのはなくかなり自由にシフトの調整ができていました。

アルバイトしているときは一度も風邪などでやすんだことはないが人が少なかったのでより迷惑をかけていたのではないかと思います。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)


▶ 土日は休みにくい

1日三時間の早朝アルバイト。週に3日やってました! 時給は、朝7時から9時までは1000円です。そこからは、850円となっております。シフトは、契約できまっており、もし出れないときは次の月のシフトがでる前に申し出ていました!

土日がでる人が少なくてよく頼まれていました。それが大変でした、休みたいときは休ましてくれるのでそれは、融通が聞いていたのでありがたかったです。月に30000から40000くらい給料がもらえました。

(ひかちんさん/愛知県/女性/20代)


▶ 週20時間以内の勤務

毎月下旬辺りに次の月のシフト希望を出す。

基本的に曜日、時間は固定で都合が悪かったらこの時に事前に休暇申請を出せば通してくれる。 労基法に基づいて扶養範囲内での勤務希望なので週20時間未満で計算してシフトが入れられるけれど、イレギュラーで人が少ないときは入るときもある。

時給は平日950円、土日祝日は+50円で定められておる。 希望休は通るけれど、シフトが決定した後の休み希望は基本的に代わりに出れる人を見つけなければならないけれど、どうしても無理なときは何とか融通を利かせてくれるのは助かる。

(みーすけさん/東京都/女性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ アルバイト同士は仲良し

職場の雰囲気としては、パートさんとアルバイトの我々はとてもアットホームな感じでいました。とてもまとまりや連携がうまくいってた記憶があります。店長、社員が細かい性格の人が多かったので、そうゆう人たちと仕事をする場合は緊張感が漂っていた雰囲気でした。

どのような人が働いていたかは、学生のアルバイトと主婦のパートがほとんどを占めていました。薬剤師の方はほとんどの人が、一旦リタイアしたシニアの方が勤めていました。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 店長との人間関係がイマイチ

かなり高齢の方々が多く働いていた。また、化粧品では当然のように女性の方がやっていた。男性もいたが少なく店長と登録販売員と自分の三人だけでした。業務上のやりとりはするもののあまりコミュニケーションはないため、非常時にはあまり円滑にすすむことがありませんでした。

自分の性格もあり個人的には店長とあまり合わずどうしても毛嫌いをしていましたので職場の雰囲気そして人間関係としてはあまり良好なものとはいえませんでした。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

よかったこと

▶ 人と接する機会が作れてよかった

色々なお客さんを通して、人と接する機会が作れてよかったと思います。薬だけではなく、化粧品・日用品・食品・アルコール飲料と幅広い商品を扱っているので、今まで無縁だった商品まで知れることができて知識の幅が広がってよかったと思いました。

経営という面からも、どうやったら利益が出るのかという経験もさせてもらってよかったと思います。シフト面はテスト期間休みなど、まとまった休みや急な休みが遠慮なく取れるという事です。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 自分自身を理解する機会

自分に向いている仕事、そして自分自身の性格を見つめなおすよい機会になりました。

基本薬局なのでそういった社員のサービスがありませんでした。しかも一回レジ担当をしていた際に清算をしていたさいに不足が発生してしまいお店にご迷惑をおかけしたことがありました、このスギ薬局は場所が近いというだけで応募したので自分に合う職種なのか楽しくできることなのかなどの考えがなかったのと後悔をしました。

忍耐力はついたと思うのでよかったと思います。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

大変なこと

▶ ノルマが大変

幅広い商品を扱っていたので、アルバイトの一大きな業務の1つとしての商品の位置を覚えるまでがとても大変でした。商品の位置を覚える間にお客様の要望に応えられなかった時の雰囲気がとてもきつかったです。

あとは、ノルマ商品がありまして、引っ込み思案の性格から、声かけすらもできなくて、店長からもっと頑張りなさいとはっぱをかけられていたこともとてもきつかった思い出としてありました。また、店長が細かい性格の人ばかりで、とてもきつかったです。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 商品の補充が大変

薬局なので薬を主に取り扱っています、そこは薬剤師の社員さんがフォローしてくれていましたが特にしんどかったのは普段の日用品の商品の補充でした。

働いていたスギ薬局は人手があまりおらず日用品の補充などがメインにしなければいけないことが多くしかもレジも混んでくるのでそちらの対応に追われることがきつかったです、同世代の人がいなく大変な時に励ましてくれる仲間がいなかったので精神的にもきつくはやくやめてしまいました。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)


▶ 体力を使う

早朝の人が少なくて開店準備が、とても大変でした。荷物も洗剤などの日用品の箱はとても多くおろすのも運ぶのも大変でした。体にも負担で最初の頃は全身筋肉痛で辛かったです。三時間だけでも大変でした。店舗自体も広いので荷物をその場でばらして棚に並べるのが一苦労でした。 陳列だなを探すのも大変です。

人も少ないのに開店時間にすべて終わらせるのは、無理に近いっておもってました!けれど人間関係はとてもよかったのでやりやすかったです。

(ひかちんさん/愛知県/女性/20代)


▶ 希望通りのシフトで働けなかった

オープニングスタッフという事もあったので、出来上がった雰囲気の中に入るという困難さはありませんでした。

正直困ったという事はあまりないけれど、就業規則に忠実な会社であるため、決められた範囲内でしか働くことが出来ないことと、オープニングで収益が安定していない関係で人件費をそこまでかけられないという理由からパート社員への人件費をあまりかけてくれず、希望通りの収入を得られないという不満がありました。

また最低賃金で働いていたので業務量に見合っていない時給に不満がありました。

(みーすけさん/東京都/女性/30代)

 

応募する人へ

▶ 社会人として普通にしていれば大丈夫

アドバイスとしては、面接の心構えは変に飾らないで普通に自分を出すという心構えで十分です。服装や髪形などの気をつけるべきことは、一社会人としてこれまた普通にしていれば十分です。

こんな人に向いている・向いていないは、まずは人接することが好きな人はおすすめです。当たる前ですがとてもよく人と接する機会が多いと思うので、苦手な人はきついと思います。

あとはこれといった能力は必要ないので、やる気がある人がとてもよく喜ばれると思います。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


薬については薬剤師がフォロー

薬のことは薬剤師の方が担当をしてくれるので問題はありません、レジや商品の陳列等が柔軟にできる人ならだれでもできるという印象でした。面接もそこでは人が少なかったので簡単な面接でおわったけどほかの所も同じように面接だけで乗り切れます。

年齢層が高くてあまり聞ける環境というのを個人的にはできなかったけれど元気がある人ならば簡単に聞けると思います。応募をする前にお店に向かいどんな人が働いているのかをよく確認してから応募をしたほうがいいと思います。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

スギ薬局とは

▶ 薬以外も日用品を取り扱うドラッグストア

他のドラッグストアと同様に調剤、薬だけではなく、化粧品・日用品・食品・アルコール飲料なども取り扱っている。

また、一部の店舗では無菌製剤室も備えている。全店で処方箋を受け付けているわけではなく、設備はあっても調剤していない店舗もある。

処方箋による調剤を行っている店舗や調剤を行っていない店舗でも薬剤師が常駐している店舗では、薬剤師による販売を義務付けている第一類医薬品の取扱いのある店舗がある。ポイントカードの導入や各種電子マネーへの対応もしている。

(うめねりさん/埼玉県/男性/30代)


▶ 食品が安く購入できる

スギ薬局は地域に根差した薬局チェーンで、医薬品を提供しているだけではなく食品、化粧品、日用品なども扱っており、たいていの薬は手に入ることができ地域に愛されているお店です。個人的にはジュースやお菓子等がほかの所よりも安く手に入ることができ、食品も安く購入することができるので買い物をするうえでも役に立ちます。

日用品は文房具や洗剤やおむつなどの商品も買えるのでいろんな用途にも使用することができ、非常に頼もしくありがたいお店です。

(すずしょうさん/三重県/男性/20代)

 

今回はスギ薬局アルバイト経験者のうめねりさん(30代男性)、すずしょうさん(20代男性)、ひかちんさん(20代女性)、みーすけさん(30代女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでスギ薬局のアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

すべての人にインターネット
    関連サービス