注目のバイト先

ニトリ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.20

接客や家具が好きな方にオススメです。 どんな部屋にコーディネートするのか考えたり... <続きを読む>

スシロー | 経験者のおすすめ度

★★★★★

集計中

私はキッチンの握り寿司部門で働いていました。主に朝番だったので、出勤したら最低... <続きを読む>

ゲオ(GEO) | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.35

お客さんからDVDやCDの場所を聞かれることが多々あるので、パソコンを使って調べた... <続きを読む>

スシロー

日本最大級のアルバイトクチコミサイト・to Be(トゥービー)

スシロー様ロゴ画像

スシロー | 経験者のおすすめ度

---(集計中)

134件のクチコミ

 

積極採用中!注目の求人一覧

  1. 【急募】店舗オープニングスタッフ 全国求人一覧
  2. 【滋賀県内】スシローホール・キッチンスタッフ 求人一覧
  3. 【積極採用中店舗】週二回からOK | 全国求人一覧

スシローの仕事内容をイメージする画像

スシローの職場の雰囲気をイメージする画像

スシローの面接をイメージする画像

スシローの教育・研修をイメージする画像

スシローの時給・福利厚生をイメージする画像

スシローのシフトをイメージする画像

スシローのよかったことをイメージする画像

スシローの大変なことをイメージする画像

スシローの身だしなみ・制服をイメージする画像

スシローの向き・不向きをイメージする画像

スシローのアルバイト・バイト・パート経験者による、リアルなクチコミ・評価を集めました。求人に応募する前に、仕事内容や職場の雰囲気、面接、髪色や服装についての評判をチェックしてみましょう。

#皿洗い  #キッチンスタッフ  #洗い場 #寿司屋 #レジ打ち

 

カテゴリ別に
クチコミをみる(全134件)

 

仕事内容

目次に戻る

スシローの仕事内容をイメージする画像

  • ホールのときには、朝出勤してホール全体の掃除、生姜や粉茶の補充、オープンしてからはお客様のご案内や片付け、ドリンクの提供などをやっていました。 キッチンのときには、朝出勤したら仕込みとして魚を切り、オープンしてからはオーダーなどのお寿司を作っていました。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  1. コメント頂いている通り、スシローではキッチン、ホールのポジションごとに分担して仕事を行います。
    お寿司屋さんだから、寿司を握る、魚を切るなど、難しそうと思われがちですが、機械化と、作業効率化を進めていますし、研修期間を設けできるようになるまでサポートさせて頂きますので、アルバイト未経験の方でも安心してご応募下さい。
  • 私はフライヤー、出汁場担当でした。 まず出勤すると靴を履き替え、個室で制服に着替えます。
    時間が来る前に連絡帳を確認し、タイムカードを押します。 手洗いを責任者の方に見てもらい、朝礼、爪が伸びていないか、下痢や嘔吐がないか一人ずつ確認し、現場に入ります。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • ホール担当で、開店前の準備、清掃をしていました。駐車場やお店の窓拭きの清掃もあり、煙草の吸い殻や蜘蛛の巣、埃の掃除をホールに出る前の制服のまま行うので、不衛生だと感じていました。
    休憩のタイミングは、1人ずつ落ち着いたら店長が声をかけてくれました。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 営業時間中は食器や調理器具等の洗浄をしていました。要するに食器等を軽く手洗いして専用の洗浄機に入れ、綺麗にする感じでした。
    営業時間後はキッチン内の後片付け、ゴミ出しや掃除等を行い、時間があれば他のスタッフの手伝いをしていました。基本的に毎日やることは一緒です。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  • 私はキッチンで調理を担当しており、勤務一ヶ月目程でホールの業務も担当するようになりました。出勤したら手洗いをし制服に着替え、朝礼をします。この際に牡蠣は食べていないか、健康状態、身だしなみのチェックをおこないます。
    キッチンの仕事は開店前はネタの準備でマグロやカツオなどの魚を規定のグラム数で切り分けます。この時に酢飯を炊く人、洗い物をする人、茶碗蒸しの準備をする人等シフトで細かく決まっています。この準備はほぼ毎回同じものを担当するのでたくさんことを覚えなくても大丈夫です。
    開店直前は寿司やわさびをレーンに流します。開店後はお客様が注文した商品を作りつつ自分の担当している商品をレーンに流していきます。レーンに流れているお寿司をお客様が取ってなくなったらまた補充するような感じです。お客様の注文した商品はタッチパネルに表示されます。注文されてからの時間も出るので出来るだけ早く商品をレーンに流します。
    ホールは開店前は掃除です。どこを掃除するかシフトに細かく決まっており基本的に同じ場所は一人で掃除します。なので他のスタッフとの会話等はありません。レーンの隙間に害虫がたくさんいるので出来る限り退治します。おしぼりの補充やガリを詰めたりもします。
    開店後はお客様をテーブルに案内し食事が終わったら皿を数えてお会計、テーブルの片付けです。分担して作業しますが誰もやってないところを自分がやるみたいな感じで何をやるかは細かく決まっていないので空気を読むことが必要です。
    休憩はシフトに組み込まれていますが忙しい時にはなかなか行けないので社員の方に声をかけてもらった順番で行っていました。帰る際も同様です。
    まかないはありませんが食事補助で休憩を取る際にスシローで食事すると30%程の割引があったと思いますが使ったことはありません。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • キッチンスタッフとして主に9時から15時までのシフトで入っていました。朝入るとすぐに開店準備のため、私は茶碗蒸しの仕込みをしました。その後開店すると軍艦の担当をしておりました。休憩はお客さんが引いた14時頃に15分とったり、11時頃に15分とっていました。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • ホール業務担当でした。開店前の準備が必要なので、お店の駐車場の掃除、休憩室の掃除、店内の掃除をしました。テーブルにガリなどをセッティングしたり、ドリンカーの準備などです。 休憩は店長からの指示待ちでした。宅配お弁当を頼んでいる人もいましたが、休憩室が不衛生で食事をとれるような環境ではありませんでした。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • 私はキッチンの握り寿司部門で働いていました。主に朝番だったので、出勤したら最低でもオープンの30分前にネタの仕込み、冷蔵庫の温度チェック、調味料の準備などを終わらせ、オープンの5分程前からレーンに流す用の寿司をつくるというのが一日の流れでした。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • キッチン内では、握りをしていました。握りは朝の人は切り身の解凍、その切り身を寝かしてから切る。朝礼の時間までに終わらせなければいけません。残ったら後で終わらせます。朝礼の後は開店までに冷蔵庫の中のネタを準備します。15分に1回、衛生チェックがあり、終わったら報告しなければなりません。
    主に握りは、注文入ったら作って流し、空サンプルを回収、店長や社員さんの指示に従って寿司を流す作業です。また、ネタの補充は早めに仕込みさんに伝えなければなりません。慣れてくると他のポジションも掛け持ちします。
    5時間30以上働く人は65分の休憩があります。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 私はキッチンでした。キッチンでは、まず着替えて個人朝礼をした後に、挨拶をみんなにして回り、リーダーやキャプテンにその日のポジションを聞きます。それから、そのポジションに着き、そのポジションで仕込まれていない材料や足りないものを補充したりします。そして注文が入ったものをどんどん作ってレーンに流していきます。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 基本的にはテーブルを拭いたりお客様に呼ばれた時に伺ったりという内容で、お客様が少ない時や閉店間際等はキッチン内の清掃業務や皿洗い等を行っていました。基本業務は以上のものですが人手が足りない時は状況に応じてうどん類を運んだりレジのお会計もしました。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • まずは靴を履き替えて入って挨拶、上着を脱ぎ手洗いをしてエプロン着用&連絡事項の確認。時間になったら出勤打刻をして健康確認手洗いをして勤務開始になります。
    動き回るのが好きとか抵抗がない人には向いてます。忙しいと時間が経つのがあっという間です!ホールなら接客、キッチンならきれいにお寿司が作れない人や魚が苦手な人には向いていないかも知れないです。オープン前なら食材の準備で包丁を使ったり重いものを運んだりすることもあります。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 私はタッチパネルで入った注文の品をつくって運ぶように皿に乗っけていました。しゃりは機械で作れるので、あとは用意されたネタをのせるだけです。簡単といえばそうですけど、ちゃんとおかないとレーンにのっているあいだに崩れたりするので注意が必要です。基本的にずっと厨房の方にいて、接客はしていません。
    魚やイカやタコに貝、たまに肉も触ることがあります。生の食材を触るのに抵抗があるという方にはおすすめできません。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • 出勤すると手洗い、消毒から始まり、社員さんに衛生、健康チェックをされます。自分の持ち場を確認してから大きな声で今日も1日よろしくお願いしますと挨拶をします。
    暇な時間帯は持ち場の掃除を念入りにして、在庫がしっかりあるかのチェックをし、レーンにどれくらいお寿司が流れているかによってお寿司を作ったり、オーダーが入るとオーダー用のお寿司を作ります。忙しい時間帯はひたすらお寿司を作っています。
    閉店前になるとシャリ機の片付けや在庫の片付け等をします。
    1人でもくもくとやるというよりは皆で声をかけ合って仕事をするので、元気に動ける人がむいていると思います。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

職場の雰囲気

目次に戻る

スシローの職場の雰囲気をイメージする画像

  • 学生さんや留学生などの外国籍の方、フリーターの方や主婦、60歳以上のシニアの方まで幅広い方が働いています。
    働いている最中は仕事以外の会話は基本しないので仲良くなるような感じの雰囲気ではありませんでした。私が働いていた朝の時間は主婦層が多くシニアの方もいたので一人でずっと話している年配の方などわいわいがやがやした雰囲気がありました。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  1. 仰る通り、スシローでは年齢、性別、国籍など、様々な方にご勤務頂いております。
    お客様に美味しいお寿司を提供するため、従業員同士のコミュニケーションをしっかり取ることを心がけています。
    お店が忙しい時間帯は、一度に30人ほどのスタッフさんが働くこともあります。
  • 昼は主婦の方が多く、皆さん優しかったです。夕方は大学生や高校生が多くワイワイやっている感じでした。
    夜は高齢の男の人やおばさんが多かったです。1日中入るフリーターさんも2人ほどいました。 主婦の方同士でランチに行ったり仲のいい職場でした。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • 120人ほどスタッフがいて人数が多かったので、さまざまな人がいました。 高校生、大学生も多く、あとは主婦や60代のシニア層の人もいました。
    田舎だったからかわからないですが、フリーターは少なかったように思います。人間関係は比較的良好でした。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • 夜は学生が多く、昼間は主婦が多かったです。長く勤めている人がおおい印象でした。
    人間関係はバイト同士は平和ですが、正社員である店長、副店長は見た目が清潔感がなく、偉そうな態度でバイトからは嫌われていました。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 平日の朝から夕方までは主婦の方が多かったです。年齢は40代後半の方でした。60代の方も数名いました。休日は学生が朝から夜まで入っていたり、ダブルワークで働いている社会人の方もいました。年齢や性別を問わず働けるところだと思います。シニアの方も働けます。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 昼間は主婦が多く、夜は学生が多い印象でした。正社員は2人で店長と副店長で、昼は店長、夜は副店長がしきっていました。正社員の方は清潔感が無く、飲食店にはふさわしくなかったです。 わたしは入った当初は、ホールとして開店前の準備を主に担当していたので、キッチンの人の名前や顔はなかなか覚えられませんでした。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • 朝は9割が主婦の方で、昼過ぎからフリーターや学生がシフトに入っていました。昼と夜は人数が多く、特に休日は倍近くの人数でまわす必要がありました。 社員が異動になるときなど、ごくたまに飲み会が開かれており、パート・バイト同士の仲は比較的良かったと思います。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 高校生や主婦、高齢者の方など幅広い層の方々が働いています。人間関係は難しい人もいました。話しかけても無視されたり、挨拶もしてくれなかったりしました。主婦の方が多かった記憶があります。また、店長の人柄と性格も関係してくると思います。どちらにしろ性格がいいに越したことはないと思います。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 従業員全員で60人以上常にいました。学生が多かったです。店長やリーダーもとても優しく可愛がってくれて、アルバイトに行くのはとても楽しかったです。平日の昼は主婦が多かったです。年齢が上な男の方は、魚をさばくポジションにいました。先輩とも仲良くなれました。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 学生は少なく、スシローの近くに住んでいる主婦の人が多く、年齢層が高い印象でした。アルバイトやパートは少なく社員の方が多かったようにも思います。かなりご高齢の方もいらっしゃり、私と同じ年の孫がいると話されてました。優しく接してくださりわからないことなどを丁寧にいつも教えてくれました。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 日中は主婦が多いですが午後になっていくにつれて学生さんが増えます。年配の方も夜にいらっしゃいます。年齢を問わずどこかしらのポジションで働けると思います。
    職場の雰囲気は良いと思います。逆に合わない人はすぐに辞めてしまう傾向があります。社員さんは20-30代で店長・副店長といった呼び名です。
    休日は主婦よりも高校生大学生や外国の学生さんが多いと思います。学生さんは休日にロングで勤務していることが多いです。
    主婦になって子供を産んで子育て中です。末っ子がようやく幼稚園に入ってちょっと落ち着いたところで、たまたま近所にスシローがオープンすることになりました。店頭やチラシでアルバイト・パート募集情報が出ていて、それを見たときにオープニングスタッフなら上下関係もないし場所も近いので働きやすくていいかなと思って、タイミングが良かったので気軽に応募しました。
    履歴書不要というのも受けやすいなと思いました。幼稚園の保育中だけ働きたいなと思っていたら時間も固定シフトでなくて決められるとのことで、スシローで働くことに決めました。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 年齢はまさにバラバラでした。私の先輩には大学生の女性、50代の主婦、50代男性などもいました。思い返すと現場には20代、30代、40代、50代の人が最低一人はいました。
    そうして歳の差もあるわけで、家族との歳の差に当てはめることができました。よって、現場はいつも和やかでした。皆仲が良く、仕事上がりには楽しく話していました。
    タバコを吸う組は外でタバコをのみながら談笑したりしていました。私がみたなかで、仲の悪い人はいませんでした。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • 朝からは主婦が多くて、夕方以降は学生やフリーターが多いイメージでした。なかには昼に大手の会社で正社員として働き、夜にスシローに働きに来ている方や、プロのギタリストの方もいました。お笑い芸人を目指して色んな所で働いている方もいました。 皆和気あいあいと仕事をして、仕事が終わると店内で皆でお寿司を食べたり、よく遊びに行きました。 毎年夏になると皆で河川敷まで行って花火をしたり、遠くの海まで海水浴にも行きました。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

面接

目次に戻る

スシローの面接をイメージする画像

  • 面接時の服装はあまり派手なものでなかったと思います。 面接時に用意された履歴書に氏名や住所、志望動機を書かされました。
    面接時の質問は、週何日入れるか、昼勤務希望か、夕方は出られるか?聞かれました。 筆記テストはなかったです。面接して1週間以内で電話で採用連絡がありました。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  1. 面接時は、普段着で問題ありません。氏名や住所などの基本情報と希望時間帯や通勤手段などの今後の勤務に関する情報をお伺いしております。基本的な質疑応答がありますが、筆記テスト等は実施しておりません。気軽にお越しください。
    また、基本的には持ち物も不要です。新規オープンの店舗のみ顔写真をいただいております。
  • 面接は私服で行きました。割とラフな感じだったと思います。面接のときには志望動機や、週どれくらい出られるか、今まで飲食の仕事をやったことあるか、などを聞かれたと思います。筆記テストはありませんでした。ネットで応募してから電話がかかってきて、1週間後くらいに面接になりました。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • 面接時の服装は、季節が夏で飲食店というのもあり、きれいめな袖付きのブラウスに、テロンとした素材のガウチョを着て行きました。面接時の質問内容は、お盆と年末年始働けるかどうか?を聞かれました。 筆記テストはありませんでした。 その場で採用が決まりました。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 応募してから、おそらく郵送した書類が届いたその日に電話で面接日の連絡がありました。 面接時はよほどの服装でもない限り、どんな服装でも構わないようです(私はスーツを着ていきましたが)。面接内容もどのくらい働けるか等、適当な感じでした。 筆記試験もなく、その場で採用が決まりました。…よほど人がいなかったんでしょう。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  • 面接時はシンプルな私服で行きました。履歴書は不要とのことでしたが面接に伺って一番はじめにスシロー独自の履歴書のようなものに記入をするのですぐ書けるようにしておいた方が良いです。質問は簡単に志望の理由と勤務できる時間帯、キッチンかホールかどちらが希望かを聞かれたくらいだったと思います。年末年始等の繁忙期に出勤出来るかも聞かれました。筆記テストはありませんでした。後日電話で採用の旨とオリエンテーションの日時を指定されました。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 面接時の服装はラフな格好で行きました。かしこまった面接ではなかったので問題なかったです。質問されたことはシフトの確認で、テストはありませんでした。合否もその場で伝えられ、契約書にサインしました。その際通帳と印鑑を持っていたため、スムーズに手続きできました。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • ネットで短期OKの仕事を探し、夏休み前には応募しました。面接にはきれいめの私服で行きました。お盆と年末年始は働けるか聞かれました。筆記テストはありません。面接の時に即採用と言われました。社員の段取りが悪く必要書類の提出のために、無駄に2回行くはめになりました。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • Webで応募し、そのあと電話で面接日時を告げられました。 面接は上にジャケットを羽織ったシンプルな格好で受けました。 質問内容は、今まで他にバイトをしたことがあるか、子供の有無、なぜスシローを選んだのかなどを聞かれ、筆記テストはありませんでした。 そのあと検便を提出し、一週間程度で採用されました。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 寿司が好きで、寿司屋さんの仕組みに興味があり、求人サイトから応募しました。面接時の服装は私服で、ピアスや指輪などは外していきました。面接の内容はスシローで働きたいと思った理由と、自分の長所を聞かれました。履歴書は要らず、筆記テストもありませんでした。私の時はその場で採用でした。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 電話して1週間後くらいに面接しました。履歴書は書かずに行って、お店で履歴書を書きました。証明写真を持って来てと言われていました。服装は私服で、質問内容はなぜここで働きたいのかだけでした。筆記テストはなかったです。面接が終わってすぐに採用と言われました。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 面接時の服装は特に指定されていなかったので大げさかもしれませんが、スーツを着ていきました。面接時の質問では週何回入れるかといったことや、自宅からの通いやすさ、最寄りの駅などを聞かれました。筆記テストはなく、面接な次の日に採用のお電話をいただきました。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 主婦になって子供を産んで子育て中です。末っ子がようやく幼稚園に入ってちょっと落ち着いたところで、たまたま近所にスシローがオープンすることになりました。店頭やチラシでアルバイト・パート募集情報が出ていて、それを見たときにオープニングスタッフなら上下関係もないし場所も近いので働きやすくていいかなと思って、タイミングが良かったので気軽に応募しました。
    履歴書不要というのも受けやすいなと思いました。幼稚園の保育中だけ働きたいなと思っていたら時間も固定シフトでなくて決められるとのことで、スシローで働くことに決めました。面接は新しくできた店舗でテーブル席で行いました。
    しかし聞いた話だと早くに面談した方達は店舗でなくてプレハブで面接したと後で聞きました。 確か電話したらすぐに面接になって自分がいける日に店舗に行き店長と面談しました。確か後日連絡でなくて即採用になりました。
    面談は職歴も書きましたが基本的にどのくらい勤務できるのかと土日は勤務することができるのかがポイントだったと思います。
    私はたまになら土日は出れるので受かったのだと思います。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 妹が見ていたフリーペーパーに広告がのっていたので、電話しました。当時私は大学生で遊びに趣味に何かとお金が入用でした。そして家の近くにお店があったので、これは良いチャンスだと思ってバイトをすることにしました。それに社会経験にもなるので選びました
    条件はまずは、家から近いことが第一でした。時給に関してはあまり注文は言いませんでした。普段から料理をすることが多かったので、飲食店にしようと想っていました。電話すると、二日後には面接に呼ばれました。履歴書は持ち込みました。向こうは人手不足で、若手をほしがっていたので、即効採用でした。聞かれたことといっても、当時通っていた学校での生活や、部活のことなどでした。あとは、特技と趣味と、自分は運が良いとおもいますか、という内容のことを聞かれました。
    それから3日後にはもう現場に入りました。こちらもはやくお金がほしかったので、そこのところはむこうと話があって良かったです。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • 私がスシローに応募したきっかけは、当時一番仲の良かった友達の紹介でした。
    スシローで働く前は地元のスーパーで働いていて、辞める事になった時にその友達に誘われて、いつも従業員皆で遊んだりしていて仲がいいという話を聞いていたので、楽しそうだなと思って面接を受けました。
    また、わたしの兄二人も同じくそのスシローで昔働いていたという事もあり、どんな仕事なのかと興味があったのでキッチンで働きたいと思いました。
    面接はそこで働いていた友人が決めてきてくれました。面接当日はお客様の少ないお昼以降の時間で、お店の端っこの席で店長とお話させてもらい、簡単な履歴書を渡しました。
    友人からの紹介というのとアルバイトが不足していたみたいなので、すぐに採用になり、いつから来れるか、制服のサイズはどれがいいかなど、面接と言うよりは採用決定後の話し合いという感じでトントン拍子で進んでいき、それから一週間後には初出勤でした。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

教育・研修

目次に戻る

スシローの教育・研修をイメージする画像

  • 初日は緊張しましたが既にそこで働いていた友人が一緒だったので気が楽でした。まず制服に着替え、手洗い、消毒の仕方、タイムカードの押し方、下痢嘔吐発熱などの有無、キッチンに入る時の挨拶の仕方などを教えてもらいました。
    女性はほとんどがホールでのお客様対応のなか、私だけ男性に混じってのキッチン作業だったので不安はありましたが、まずは簡単な軍艦の作り方から丁寧に教えてもらいました。店長がとても気にかけてくださったのを覚えています。
    (まなかなさん/大阪府/20代)
  1. お友達が勤務されていたのですね。スシローでは、知人、友人からの紹介で勤務を開始する方がたくさんいます。
    店舗では、手洗いなどの衛生管理のルールがたくさんあり慣れるのが大変だったかと思います。
    入社後60時間が、研修期間となっていて、一人で作業を行うことができるようになるまでは、店舗の店長はじめ、ベテランスタッフが丁寧に作業の指導を行うルールとなっているため、未経験でも安心です。
  • 研修は2ヶ月ぐらいだったと思います。私はフライヤーと出汁場の担当でした。
    研修としてだいたいの説明を受け、すぐに現場に入れられましたが、現場で親切、丁寧に教えてくれました。ひとり意地悪な人がいて、教えてくれるときにはため息をついていたので、聞きづらかったです。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • オープニングスタッフとして入ったので、プレオープンまでに4日間、それぞれ3時間くらい研修があったと思います。
    そのときはホールだけだったので、お客様のご案内の仕方やハンディの操作方法、お会計のやり方、ドリンクの作り方などを教えてもらいました。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • 研修はマンツーマンで教えてもらいました。研修期間は、何時間と決まっていた気がしますが、途中で辞めてしまったので何日あったかは覚えていません。
    休憩室や従業員用のの掃除も業務に含まれており、不衛生で煙草臭く、汚く不快でした。最初は清掃ばかりでした。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 採用され、後日オリエンテーション(就業規則の説明や制服等の必要な物の支給等)が実施されます。
    その後、研修という名の実務が待っています。仕事の内容自体は難しいものではありませんが、その量が多いのでとにかく忙しいの一言です。
    土日に至っては明らかに人手不足の状態です。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  • 特に研修期間はなかったのですがその時にその場にいたスタッフに指導してもらうという感じでした。わからなければその都度聞いて教えてもらいます。
    待っていたら置いていかれるのでどんどん自分から聞いて覚えていくような感じです。ただ口頭でざっと教えられることが多く、始めたばかりの頃に寿司の上に乗せる大根おろしの量が通常より多いものをレーンに流してしまいそれを見て副店長と他のベテランパートさんに大笑いされたことがあります。そのあと教えてもらえたのですがこのような雰囲気がよくあるので仕事と同時にメンタルの鍛え方も教えてもらえます。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 研修という研修はなく、初日のみ一通りの流れを教えていただき、その後は都度わからないことを聞いて教えてもらっていました。最初から軍艦の担当を任されました。とにかく忙しく、つきっきりで教えてもらうというより、メニューのマニュアルをみながら見よう見まねで作っていました。立ち仕事で腰がいたく、慣れませんでした。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 研修期間は40時間でした。 パートの方から一つひとつ教わりました。まずは掃除からでした。掃除道具自体が汚く、不衛生で苦痛でした。テーブル数が多いので、セッティングが大変でした。開店前にお客様がお店に入ってきてしまうこともあり、準備が整わないまま忙しくなることがありました。開店時間は守ってほしいと感じていました。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • 研修は60時間で、最初は簡単なネタを乗せるだけの寿司の流し方などを教えられました。特に大変だったのは朝の仕込み作業で、ネタを寿司用に切り分けるのですが、時間との戦いだったので人手がないときは本当に大変でした。だいたい2ヶ月程度で仕込みの作業は1人でも出来るようになりました。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 研修期間は60時間で、時給が50円ほど安くなっていました。はじめの一週間ぐらいは、先に働いていた方や社員の方が細かく指導してくれます。最初の仕事は時間帯にもよりますが、開店前の朝の場合は、魚の切り身をネタに乗せられるサイズに切る仕事でした。最初のころ大変だったのは、切り身を決まったグラム数に切ることと、時間内に切り終えることでした。研修期間が終わるころにはほぼ同じグラム数に切ることができました。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 研修は30時間だけでした。店の中の店内ツアーをやりました。店の中のすべての機械やポジションの説明を受けました。私は最初は、軍艦のポジションをやりました。握りに比べると種類は少ないものの、海苔を巻くのに苦戦したり、スピードが遅かったりしました。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 研修期間中は社員の方が基本業務やルール等を細かく丁寧に教えてくださりました。わからないことは何でも教えて下さり、覚えるまでなんども反復して説明していただきました。レジ打ちがなかなか覚えられず研修期間を過ぎた後も社員さんが横について教えてくださりました。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 初日はドアの開閉の仕方や挨拶や基本的な制服の着方打刻の仕方お店の案内をされました。 研修期間は時間で決まっていると思いますがどんどん仕事を覚えていってもらうことになると思います。
    はじめは1つのポジションを覚えて慣れてくると他の場所も覚えることになると思います。
    はじめは手洗いのルールになれず大変でした。5回くらい行けばなれると思います。
    社員さんかそれに準ずる方に教わることになると思います。
    パソコンで打刻します。ホールの会計システムは店舗によって違うみたいです。お皿の種類も違うことがあります。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 人生で初めてのアルバイトだったので、緊張していました。同時にわくわくもして楽しみでもありました。最初は、スタッフホールを見せられ、ロッカールームも見せられました。そしてスタッフの方々に挨拶に回りました。
    最初にまかされた仕事は各テーブルに箸やお手拭を並べる仕事でした。数は減った席の所は私が補充していました。最初の内にきつかったのが皿荒いです。たくさん皿がでます。冬にはあかぎれができて指先が痛かったです
    (まむまむさん/岡山県/20代)

 

時給・福利厚生

目次に戻る

スシローの時給・福利厚生をイメージする画像

  • 交通費は出ません。 残業代は一応出ます。
    昇給は原則ありませんが、一部の専門的な仕事を任せられている人は、他の人より時給が高くなっていました。
    給料日は毎月15日に銀行に振り込まれます(オリエンテーションの際にゆうちょ銀行に口座を作るように言われ、そこに振り込まれます)。週5日、1日当たり5時間で月収9万円でした。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  1. ご認識の内容に一部相違がございますので、補足させて頂きます。時給と交通費はお店により条件が異なり、昇給は業務習熟の度合や店舗への貢献度により定期的に見直しを行っております。
    1日8時間を超えた勤務には残業手当を、22時以降の勤務には深夜手当を支給する等、法律に則り適切にお支払いしています。
    その他福利厚生として、皆様にご利用頂ける従業員優待(当社以外の会社と提携したサービス)の拡充を進めています。
  • 交通費は、1日500円だったような気がします。さだかではありませんが…それ以上かかる場合は自己負担です。
    残業代は出ていました。 昇給は確かあったと思いますが、私は3ヶ月で辞めたので覚えていません。
    給料日は翌月20日だったと思います。銀行振込でした。1日3~4時間ほどで週に4日。40000円ぐらいでした。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • 少し前のことなので、交通費の支給までは覚えていませんが、多分あったように思います。 正社員のような残業代という概念はありませんが、時給制なので働いた時間分はきっちりともらえる感じでした。
    1年半ほど働きましたが、昇給はありませんでした。給料日は忘れてしまいました。週3〜4、4〜8時間働いて8万程度
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • 自家用車で通っていましたが、距離が近かったためか、交通費の支給はありませんでした。 残業代というよりも、1分単位で時給が計算されていました。私は研修中に辞めてしまったため、昇給はありませんでした。
    給料日は翌々月の10日だった気がします。1日あたり4時間週に4日短期間だったため、月収は不明です。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 時給は周りのスーパー、飲食店と同等くらいです。残業代は15分区切りでついていました。出勤するとほとんど1時間以上の残業があったので予定より多く稼げていました。給料日は末締め15日払いです。1日5時間、週4日勤務、月収7万円程度です。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 徒歩通勤ということもあり、交通費の支給はなかったです。時給は850円で1分単位でシフト管理されていました。深夜勤務はしていなかったので、22時以降の時給はわからないです。昇給の説明もなく、勤務中の昇給はなかったです。給料日は末締め翌月15日でした。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 交通費の支給はなかったです。 1分単位で時給は計算されていました。 私は研修期間中に辞めてしまったので、昇給はありませんでした。 バイト時の専用の靴1500円ほどが勝手に給与から引かれていたのには驚きました。何の説明もなかったし、他にも黒いスラックスや靴下や髪をまとめるネットも自分で用意しなければならなかったです。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • 私は自転車通勤だったので支給されませんでしたが、ガソリン代等の支給はありました。また、給料日は毎月15日で、残業代もきちんといただいていました。 昇給に関しては詳しくわかりませんが、パートの中でも手洗責任者という役職があり、その人たちは多少多くもらっていたのではないかと思います。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 自動車で通勤の方はいました。どのくらいの金額かは分かりません。私は残業はありませんでしたが、他の方はあったと聞きます。土日祝日に出勤すると50円アップでした。また、色んなポジションを覚えたり、他の人のフォローをすると上がると聞きました。給料日は15日でした。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 交通費の上限があったものの自動車で出勤の方などももらっていました。残業代はなく、忙しかったら延長になっていました。昇給は、クルー→リーダー→キャプテン→店長 という感じて、上がることにグレード手当が貰えました。店長との面接や実技テストによる昇給でした。給料日は15日で月末締めでした。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 交通費は、最寄り駅からの往復分で1,000円以内なら出ました。残業代は規定通りの金額でした。アルバイトなので昇進等はございませんでしたが、勤続年数に応じて時給が上がる制度はありました。私の時給は当時で910円程度でした。給料日は基本的に月末か20日あたりでした。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 時給は周りの店舗と同じで土日は時給アップしています。昇給基準は詳しくはわかりません。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 月収だと3万円くらいだったと想います。そこまで長くいなかったので昇給についてはよくわかりません。私はずっと同じ時間帯で、同じ待遇で勤務していました。 時給は夜の方がすこし高かったと想います。朝に勤務したことはほとんどありません。最低勤務時間は3時間ほどはお願いしたいと言われました。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • 月収は2~8万ほどでした。
    昇給等は半年ごとの査定がありましたが、上がっても1円だけとか、かなり貢献したスタッフでも多くても5円とかだったのでそれを目指して頑張るということはありませんでした。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

シフト

目次に戻る

スシローのシフトをイメージする画像

  • シフトは自己申告制でした。急な休みは取りやすいですが、主婦や学生が多いので長時間働ける人が少なく、私のように子供がいない主婦は長時間働かされる傾向にありました。
    また、忙しい時間帯はスタッフの数や欠勤状況によって残業をお願いされることが多かったです。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  1. 仰る通り、シフトは1週間毎となっており、基本的なシフトから変更がある際に申告していただく仕組みです。週ごとに内容の変更が可能な為、ある程度融通がきくとお声を頂いております。
    長時間のご勤務、ありがとうございます。スタッフさんのご尽力により、たくさんのお客様にご来店頂いております。その為、お客様のご来店状況によりスタッフさんに勤務時間の延長をお願いをすることもございますが、ご理解頂けますと幸いです。
  • シフトは自己申告制です。 公休希望は前月末までに名前のところに印をつけて提出していました。
    急な休みは取りにくいと思います。急に休むときは自分で代理の人を探さなくてはならず、見つからないと代わってもらえません。
    昼は主婦の方が多く、夕方は学生さんが多い。みんな1日2、3時間ほどで働いていました。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • シフトは自己申告制でした。人件費を抑えるためか、希望してもシフトを減らされることがありました。
    急な休みはバイト同士でお願いして代わってもらうしかありませんでした。シングルマザーが多かったので、同じ境遇の人たちは助け合えたのではないでしょうか。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • シフトは自己申告制です。早い場合だと、1か月以上前には申告する必要があり、急な用事ができた場合はもちろん、他の仕事を掛け持ちしている場合には相当厄介です。
    休みも体調不良等、お客様や他のスタッフの迷惑になる場合は認められますが、他の理由は原則認められません。 それが原因なのか、その職場でしか働いていない人は、1日8時間以上・週5日以上働いている人もいますが、掛け持ちをしている人は、1日2~3時間・週2日の人もいます。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  • シフトは2週間先の1週間分を提出というのを繰り返すような感じでした。一ヶ月分をまとめて出すわけではないので休みは取りやすかったと思いますが希望の休みを取る際には何をするのかまで聞かれます。
    急な休みは自分で代わりを探さないと基本的に取ることが出来ません。
    さまざまな人が働いているので1日3時間勤務の方もいれば午前9時に出勤をして休憩を2時間取り22時まで働くアルバイトの方もいました。週に6日働く方もいました。
    休みの日に電話で出勤出来るか聞かれることもあります。渋られますが断ることも可能です。 4時間程度の勤務を希望していましたが入社して一ヶ月後に店長から社会保険に入らないかと聞かれ社会保険の良さを説明されて加入させられそうになり危うく勤務時間がフルタイムになるところでした。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 翌月の希望シフトを月末までにまとめ、副店長に渡していました。自己申告制でした。体調不良での急な休みはしょうがないですが、急に休まれるととても大変でした。平日7時間くらい働いている主婦の方が多いと感じました。決まったシフトの確認は自分でシフトボードを確認しないといけないので、見落としがないように気をつけていました。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 自己申告制でした。社員が少ないので、急な休みはバイト同士で調整する必要があります。子持ちの主婦が多いので、理解は得やすいと思います。 お盆休みと、お正月休みは出勤できるかと面接の時に確認されました。 1日5〜6時間、週4日で働いている方が多い印象でした。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • シフトは一週間ごとに組まれていて、採用時に週に何日働きたいか聞かれるので、それを目安に社員がシフトを組むようになっていました。 私のいた店舗では、土日などに予定があり出られない場合は店長に直接言わなくてはならず、急な休みは取りづらいように感じました。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • シフトは基本、面接の時に申し出た日程で構成されます。休みたい時は自分で店長に言わなければなりません。シフトが決まった後はしっかりチェックしてた方がいいです。時々変更されてる時があります。急な休みは取りづらいです。一日3~4時間。週4~5日勤務の人が多いです。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 休み希望を出します。2週間前までに出せば希望を聞いてもらえていました。固定制ではなく、毎週違う曜日に入っていました。急な休みは、その日に出勤がない人に代わってもらえるなら大丈夫でした。パートは3~5時間くらいで、アルバイトは6~10時間くらいでした。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • シフトは2週間ごとに希望日を出し、ルバイトを集めたグループラインで話し合って決めました。基本的に固定の曜日や時間帯が決まっていましたが、人手が不足していたので固定の曜日や時間帯以外の勤務や、特に休日は入らなければならない雰囲気がありました。一応の形だけは学業優先やテスト期間は入らないでいいと聞いていましたが、明らかにバイトの数が足りていなかったのでテスト期間も入らざるを得ない状況でした。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • シフトは基本1週か2週間おきに申請して遅くても前の週までにわかります。
    シフトは社員に口頭で話してシフト表に書いてもらって伝えるのですが、申請しているシフトが少なかったりするとどうしてか聞かれることがあります。
    主婦は学校行事で休みが被ってしまうとき、学生はテスト期間等にどうしても人手が足りなくて再度声がかかることがあります。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 私は夜の6時から9時まで勤務しました。それを週に3回か4回ほどです。
    シフトについては夜の人員を募集していたので、面接の時に時間帯が決まっていました。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • シフトは2週間ごとの自己申告制で、テスト期間中や行事の時は必ず休ませてもらえました。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

よかったこと

目次に戻る

 

スシローのよかったことをイメージする画像

  • みんなでワイワイ言いながら働けるので、楽しかったです。 まかないや社割は無かったのが残念でした。
    制服は半袖のTシャツとエプロンと帽子を借りますが、ズボンは自分で用意しなくてはいけないので買いに行きました。
    コミュニケーションが苦手な私でも大きな声が出るようになりました。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  1. ありがとうございます。楽しく働いていただけたようですね。現在は、まかない(勤務日の飲食3割引)、食事割引券(月100時間以上勤務の方に支給。家族や知人と利用可)もございます。 制服は、ズボン、ポロシャツ・エプロン・帽子・ヘアネットを店舗でご用意致します。ただし、ワークシューズ、ベルトはスタッフさんにご用意頂きます。 従業員の様々な声を反映させ、福利厚生なども充実させていきたいと考えております。
  • 店長をはじめ、社員さんにいい人が多く、スタッフも仲が良かったのでいい雰囲気で働くことができて楽しかったです。
    私が働いていたときにはまだ社割がなかったのですが、それでもスシローが一番おいしいのでよく食べにも行っていました。自分の働いてる店がおいしいのは嬉しいです。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • よかったことは家から近かったこと、面接時に履歴書がいらなかったことくらいです。
    シングルマザーの方も多く、子供の病気で突発的に休む時には、周囲の理解が得やすかったのかなと思います。バイトなのに、組合費が自動的に引かれていたことに驚きました。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 同時刻に働いてる人数が多く分からないことがあったら他のパートさんに聞いたら教えてもらえます。
    大きな魚の刺身ブロックを同じ重さになるようさばく経験はなかなか出来ないので習得できてよかったです。スーパーでマグロのブロックを買ってマグロ漬け丼とかを作る際に上手に切れるようになりました。
    パートはまかないがないのですが社員や長時間働く方は割引を使えるようです。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 自宅から近いところは通いやすく楽でした。担当していた軍艦をお客さまに喜んでもらえるように早くキレイにを心がけていました。店長に手際がいいと褒められた時は嬉しかったです。自分なりにこれからの段取りを意識して効率よく働くことができたときは達成感がありました。まかないはありませんでした。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 特にありません。強いて言えば学生の頃であれば、居酒屋ほど多忙でもなくメニューもお客様が自分でパネルで打ち込むので楽だと思います。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • スシローでパートしてよかったことは、同じ主婦の知り合いができたことです。パートしていて大変だったこと、辛かったことを共有できたので、しばらく続けることができました。また、社割もあったのでパート後に安くごはんをすませることができたのは良かったです。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 勤務先としてお勧めすることは、持ち帰りは含みませんが、スシローで食事した時、30%引きしてくれる所です。働いて良かったと思ったエピソードは、お客様にお礼を言われた時で、働いて良かったと心から思いました。また、仕事内容が多いので大変ですが、達成した時はとてもやりがいを感じました。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 時給が他の飲食店に比べて破格だと思います。最初は覚えることが多くて大変でしたが、覚えたら同じことの繰り返しがほとんどなので、注文のピークが来てもなんとかがんばれました。他の従業員が多かったので、いろいろな年代の人とも仲良くなれてよかったです。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 人手不足で仕事はしんどかったですが社員さんも丁寧になんでも教えてくださり食事に誘ってくれることもあり人間関係はとても良かったです。働いていて嬉しかったエピソードは、地元のお客さんが多いので常連さんなどが顔を覚えてくださり「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の声や笑顔を褒めてくださったことです。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 働きがいがあります。私の感覚で言うなら忙しくてあっという間に時間が過ぎます。 土日はおそらくどこの店舗も時給アップします。GWや年末年始といった繁忙期もおそらく金額はいくらかは上がったりします。
    近隣店舗ができるとそれに合わせて時給がかわりました(上がった)。
    社員割引として、飲食は3割引きで勤務日にも利用できます(1人向け、家族で来店とかは対象外です)。
    有名なお店なので知り合いに説明しやすい。スシローの商品が詳しくなります。
    働いている人たち、みんな仲が良いです。店長副店長の移動の回転率が速いです。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 客層でいうと、困るのはお子様の存在です。混雑して順番待ち中に店で暴れたり、泣き出したりと面倒です。それからテーブルを汚していきます。幼いから仕方がないのですが、やはり後始末は大変です。
    まかないといっても私は夜に入っていたので、すでにご飯はたべていて寿司をもらうということはなかったです。でも、仕事終わりにアイスクリームをもらったことがあります。寿司屋のアイスといっても侮れません、かなり美味しかったです。
    (まむまむさん/岡山県/20代)
  • シフトはかなり融通がききました。テスト期間前後、文化祭や体育祭の準備中など、私の働いていた店舗では無理にお願いされるという事はほぼありませんでした。
    また、アルバイト禁止の高校だったので、バレそうになると匿ってもらったりもしていました。笑
    何よりも人間関係がとても良く、仕事のうまく回せないわたしを沢山の人がフォローしてくれました。
    アルバイト同士仲がいいだけではなく、パートの主婦の方や社員さん、店長も皆で仲がいいという感じでした。
    (まなかなさん/大阪府/20代)

 

大変なこと

目次に戻る

スシローの大変なことをイメージする画像

  • 困ったことは、洗い場での作業でした。あまり肌が強い方ではなく、水仕事をするとすぐに手が荒れる体質だったので使い捨てのゴム手袋をつけて手首に輪ゴムを巻いて洗い物をしていました。 寿司皿は自動洗浄機があったので洗浄機に入れるだけでしたが、皿以外の湯のみやコップ、うどんの器などが水に付けられている所に手を突っ込んで洗うのでゴム手袋もすぐに水が入ってきて結局手がふやけてしわしわの状態で洗っていました。 キツかったことは土日の晩御飯の時間帯が物凄く忙しかったことです。オーダーが次々に入り、その上レーンにお寿司を沢山流さないといけないので目が回りそうでした。 沢山レーンにお寿司を流しても、一周して戻ってくる頃には全てお客様が手に取られていてスカスカの状態になるので延々と作り続けていました。
    (まなかなさん/大阪府/20代)
  1. 配慮が足らず申し訳ありません。ご状況に応じ、ポジション変更を検討すべきでした。
    店舗により差はありますが、土日は非常に忙しいです。
    「流すお寿司がスカスカの状態になるので延々と作り続けた」とのことですが、スカスカ=お客様にお寿司をとって頂いているということになります。美味しそうにお寿司を作るのがお上手だったのですね!
    一生懸命働いて頂いているからこそ、お客様の笑顔や満足に繋がっております!
  • みんな仲良く優しい方ばかりでしたが、ひとり意地悪な人がいて、わからないところを聞くと「はぁー」とため息をついてすごく嫌でした。
    また、揚げ物の匂いが制服に着くので少し嫌でした。時間との勝負でどっと疲れました。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • 特にキッチンの仕事をしているときですが、生魚の匂いがついてしまうのが少し嫌でした。 制服、エプロンだけでなく、それを入れる袋、髪の毛、化粧した顔に至るまで全部が臭かったです。洗濯してもまったく落ちないですし、臭くて他のものと一緒に洗えません。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • お店にもよると思いますが、休憩室と従業員用のトイレが汚いです。
    あの休憩室で休憩中にご飯を食べる気も起こりませんでした。
    ゴミを入れるコンテナの掃除までさせられます。正社員はレベルが低く、上司と思えませんでした。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • 初日の勤務の前にオリエンテーションという名目で個人情報やどの曜日に勤務できるかなどの基本情報の登録、手洗い等の店舗でのルール説明などの時間が1時間半ほどあるがその時間は給料が出ないです。勤務の際、出勤すると一番はじめにカメラの下でマニュアルを見ながら手洗いを行い、その後着替えをするのですが、その時間は無賃金です。
    私ははじめはキッチン希望で入ったのですが、初勤務の時にも何をすればいいのか教えてくれる人がおらず店長が出勤するまでパートの先輩方に嫌な顔されながら教わりました。
    その後仕事を覚えてからは毎日同じ仕事の繰り返しなのですがとにかく忙しかったです。ひっきりなしに注文が入り落ち着いたらレーンに流す用の寿司を作りまた注文が入った寿司を作り、落ち着く暇がなかったです。また、お手洗いに行く際は社員さんに声をかけて手洗いの確認などをしてもらわないといけないのでとても嫌な顔をされました。
    途中からホールの仕事も掛け持ちするようになったのですが、開店前の掃除の際に寿司のレーンの隙間などに害虫がおり駆除しても駆除してもほぼ毎日いました。寿司のトッピングの入れてある冷蔵庫の中にも繁殖しており害虫駆除も仕事の1つのような感じで精神的にきつかったです。 また勤務時に履く靴は指定で初勤務前に通販で自腹購入です。
    その靴もロッカー等にいれておいて保管することはしてくれないので毎日持ち帰ります。私はキッチン勤務の際はほぼ毎日床に落としたネタを踏んでしまうので、出勤後は毎回洗っていました。
    他にもシフトは2週間先までしかわからないのに年末など忙しい時には二ヶ月後のシフト希望を提出しなければならなかったり、休みでも電話がかかってきて今日出勤可能ですかと聞かれたりパートで週3、4時間の希望で出していても休憩を取らなくてもいいギリギリの5時間50分、週6というシフトを組まれたこともあります。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 長年働いている方々のコミュニティが出来上がっており、途中で入った人の居場所がなく、休憩中の時間もつらかったです。また主婦の方の言い方がきつかったのも精神的に辛かったです。検便提出が遅くなるだけで責められました。立ち仕事なので腰が痛くなってしまうことも悩みでした。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • お店の裏の休憩室がとても不衛生です。煙草を吸う人が多く、空気が悪かったですし、ゴミ箱も常に臭く最悪でした。従業員用のトイレも自分たちで掃除する必要がありました。お店の周りも蜘蛛の巣だらけでした。 また、バイトなのに強制で組合費まで払わされていました。 社会人を経験してから働くと、正社員のレベルの低さに驚きます。もうチェーン店の飲食店では働きたくないです。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • 私は店舗がオープンして数ヵ月してから採用されたので、オープン当時から働いているスタッフの輪になじむのに時間がかかりました。また、人が本当に最低限しか配置されておらず、研修期間であっても先輩がついて教えてくれるわけではなく、わからないことは自分から聞きに行かなくてはならないので、最初は大変だと思います。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • まず、シフトで休みを取ることが大変でした。店長によると思いますが、私の店舗の店長は休みを取ろうとすると、嫌そうな顔で機嫌が悪くなりました。また、急な休みを取るのは本当に大変です。きつかったのは無断欠勤やシフトの人数不足で長く働かされたことで、とても辛かったです。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • ポジションが、握り、軍艦、パントリー、ホット、デザート、巻き、などたくさんあり、最初は1つのポジションを覚えるだけでも大変でした。最終的には、すべてのポジションをできるようになりましたが、注文がどんどん入ってくるのに、なかなか作れずに迷惑をかけたこともありました。
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 人手不足のためテスト期間でもバイトに入らないといけなかった点が一番学生である私にとっては厳しかったです。またシフト制であるため連続で休めないので遠くに出かけたりといった自分の休日の時間を満喫できなかった点も辛かったです。また、駅から結構歩かないといけないので夏場は暑くて辛かったです。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
  • 基本的に時間に追われる感じがあり本当にとても忙しい時は慌ただしくて目が回るほどの忙しさのときがあります。シフトが1週間ごとなので直前までわからないときがあるのがつらいです。
    朝時間に余裕がないと勤務までの準備が大変です(4分前打刻)ホールだとお客様の対応やクレームがつかれることもあったり嘔吐物処理がきついと思います。冬場に声が枯れたりすると声出しが結構あるので辛いと思います。みんなで声出ししたりお話しするので喉は意外と使います。あと出られないときに代わりを探すのが地味に困ります。
    (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
  • 大変混み合った日があったのですが、その時に限って店員が急に休みになり、私が無理をして時間を伸ばして働かなければならなくなりました。あの時は忙しすぎて食事をとる暇もなかったです。最初に契約した時間の外でも働くことになり、時間を無駄にもっていかれました。
    こちらとしては、本当に最初に約束した時間のみの給料で満足なので、残業はしたくなかったです。しかしあの状況で抜けるのは悪いと思い、つい最後まで付き合いました。
    (まむまむさん/岡山県/20代)

 

身だしなみ・制服

目次に戻る

 

スシローの身だしなみ・制服をイメージする画像

  • 制服はキッチンだとポロシャツ、エプロン、帽子、髪を入れるネットは貸してもらえます。ベルト通しのある黒のスラックス、ベルト、靴は自腹で用意する必要があります。
    靴は指定の靴を初勤務の前にネット通販で購入しなければなりませんでした。勤務中はネットを被り髪を全部中に入れます。爪は短く、ピアス、結婚指輪等アクセサリーはつけてはいけない、キッチン勤務の際にはベルトを必ずする等のチェックが出勤のたびにあります。ホールの制服は、ポロシャツ、エプロン、三角巾、が貸し出されキッチンとはデザインが全部違います。両方担当する方は2種類の制服の管理が必要になります。
    週3日勤務希望だったので貸し出された制服は1着ずつで勤務後に自宅で洗濯でした。実際には週6勤務のシフトを組まれたこともあり、制服の洗濯は面倒でした。
    キッチンだと髪色はそこまで厳しくなくピンク色のメッシュが入っている方や金髪に近い茶髪などでも大丈夫でした。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  1. 詳細なコメントありがとうございます。現在、制服は、ズボン、ポロシャツ・エプロン・帽子・ヘアネットを店舗でご用意致します。ワークシューズ、ベルトはご自身でご用意頂きます。
    仰る通りでアクセサリー・長い爪・ネイルは異物混入に繋がるためご遠慮頂いております。飲食店は、清潔な服装が必要になるため、毎日の洗濯、ご面倒をおかけしております。
    本来は、髪の毛の色は落ち着いた色にして頂きたいと考えております。
    • 制服は黒のTシャツ、エプロン、帽子が支給されます。 しかし、黒いズボンは自分で用意しなければなりませんでした。制服は自分で洗わなければならないので持って帰るときは大変でした。髪色、髪型は特に規定はありませんでした。ネイルはNGで、爪も短く切っているか毎回チェックされます。
      (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
    • 制服がありましたが、Tシャツとエプロン、バンダナのみ支給で、黒いパンツと黒いベルト、指定のシューズは自分で購入しないといけませんでした。
      制服は自分で洗わなければならず、制服に染み付いた魚のにおいが気になりました。爪は少しでも伸びてたら出勤前に切らないといけませんでした。
      (2424さん/広島県/20代/女性)
    • 制服はあります。が、バイト用の靴は強制的に買わされ、給与天引きされます。
      制服は自分で洗う必要があります。髪色は黒で長いとお団子にまとめる必要があり、ネットも自分で用意する必要があります。
      ネイルはダメで爪が長いのもアウトです。ヒゲ、ピアスも不可です。
      (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
    • 採用され、後日オリエンテーションを受けた際に、無料で制服(エプロン・商品に髪が混入するのを防ぐためのネット・帽子)が支給されます。
      また、靴を自費で購入するように伝えられるので、職場を仲介して購入する必要があります。
      制服は自分で洗濯する必要があります。靴も自分で手入れします。髪の色は染めてはいけませんし、長さも長くてもかまわないですが、帽子の中に収まるように結ぶ必要があります。
      ネイル・ヒゲ・ピアスはすべてNGです。
      (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
    • キッチンスタッフは白いポロシャツ、エプロン、帽子が支給されました。ズボンは黒のポリエステル100パーセントのものを自分で準備しました。キッチン用の靴はスシロー側が準備してくれて給与から天引きされました。ネイルはだめ、結婚指輪も外さなくてはならなかったです。ピアスもだめでした。髪色は問題ないです。
      (おすやんさん/福島県/30代/女性)
    • 制服は上のシャツとネクタイのみ用意されていますが、自前のズボンなどもすべて自分で洗濯をする必要があります。香料がある柔軟剤は使用禁止でした。 髪色はできるだけ黒でネイルとピアスはダメで、髪型はネットに入れないといけませんでした。就業前にチェックする表がありました。
      (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
    • エプロンと帽子、Tシャツは支給されますが、靴は指定されたものを自分で購入する必要があります。ズボンやベルトは、黒色であれば特に指定はありませんでした。エプロン等は全て持ち帰り自分で洗う必要があります。髪色等の規定は無かったと思いますが、ネイルやピアスは厳禁でした。
      (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
    • 制服と靴合わせて5000円ほど払って購入する必要がありました。制服は自分で洗わないといけません。魚の匂いがひどくて、他の洗濯物と一緒に洗えませんでした。髪型は自由ですが、ホールの人も、キッチンの人も帽子をかぶります。ネイルはダメです。ヒゲは剃らなければならず、ピアスもダメでした。
      (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
    • 制服はあって、毎回自分で洗濯して着ます。髪色は黒から暗めの茶色で、明るい茶色や金髪はダメです。キッチンでの働く場合は、髪の毛をくくり、その上からネットを被ります。そして紙の帽子を被ります。フロアは、ネットはないのですが、髪を帽子に完全に入れます。
      (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
    • 制服貸与だったので助かりました。基本的に制服は自分で洗うかクリーニングに出すかでしたが、時々スシローで洗ってもらえることもありました。髪色や髪型について特に言われていませんでしたが、私自身が黒髪で短髪で周りにも派手な髪色やアクセサリーをつけた人も居なかったので、常識の範囲内で飲食物を扱うということをふまえた身だしなみを意識しました。
      (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)

 

向き・不向き

目次に戻る

スシローの向き・不向きをイメージする画像

      • キッチンにしろホールにしろ、たくさんの人と一緒に協力しあって働く場所なので、とっても楽しい職場だと思います。 わからないことや難しい事は皆で解決していました。そして何よりもお寿司に対する情熱が生まれます。美味しそうに見えるように形を整えたり、軍艦や巻物が上手に出来た時、お持ち帰り用のお寿司を綺麗に並べられた時はとてもやりがいを感じました。 ほとんどが簡単な作業なので初めてのアルバイトにはいいかと思います。
        (まなかなさん/大阪府/20代)
  1. とっても楽しい職場だと言って頂きありがとうございます! 仰る通り、難しい作業ではないので、初めてアルバイトをする方やお仕事のブランクがある方にもおすすめしております。 スタッフさん同士で声をかけあってお仕事をしてただくのですが、コミュニケーションが苦手だった人が出来るようになることもあるので、向き不向きにとらわれず、何か一つでも興味があれば是非挑戦して頂きたいと思っています。
  • 高校生はたくさん働いていました。友だち同士で働いている子もいました。
    昼は30代40代の主婦の方ばかりでしたが、夕方は大学生や高校生が多くみんなでワイワイやる感じでした。
    年齢制限はなく、履歴書なしで応募できました。立ち仕事が苦にならない方におすすめです。
    (あーちゃんさん/福岡県/20代/女性)
  • ホールは、明るくコミュニケーションがとれる人が向いていると思います。また、忙しいことが多いので、優先順位をつけて仕事ができる人が好まれます。
    キッチンはもくもくと作業するのが好きな方、ゲーム感覚で物事を達成するのが好きな方が向いてます。高校生はOKです。
    (2424さん/広島県/20代/女性)
  • 高校生はOKでした。主に学生は夜に、主婦は昼間に働いていました。ホールは大きな声を出すので、恥ずかしがり屋の人には向いていないと思います。
    特に年齢制限はなく、私が働いていた昼間の時間帯は、キッチンには40代の男性や50代以上の女性が多かった印象です。
    (はぴねすさん/青森県/20代/女性)
  • とにかく忙しい割に、給料が低いので正直のところ誰にもおすすめはできないです。
    高校生も親や学校の許可があれば、一応働くことができます。年齢制限はありません。
    ただ、ホールスタッフ(お客様の案内や会計)は10~20代のアルバイト、商品の調理は正社員や10~20代のアルバイト、一部の技術が必要な商品の調理は30代~のパート、食器や調理器具の洗浄業務をその他の人がしている様です。
    (ssr-さん/愛媛県/20代/男性)
  • 忙しい職場が好きな人、積極的に質問をして自分から学ぶ気持ちのある人に向いていると思います。
    また外国籍の方が多いので多国語が飛び交う職場に抵抗のない方、害虫が多く出るので虫が苦手でない方も向いています。
    これは社員の方がよく言っていたのですが、センスがないと務まらないらしいので美しい寿司を作るセンスのある方は向いていると思います。
    2週間くらいで新しいメニューが出るので覚えるのが大変かもしれませんが積極的に学ぶ姿勢があれば問題ないと思います。また手洗いに厳しい職場なので言われた手順通りにきちんとこなせる方は向いていると思います。
    高校生も多く働いており年齢層は高校生から定年後のお年寄り65歳までと幅広かったです。
    (どーなつさん/千葉県/20代/女性)
  • 効率よくテキパキと動ける方が向いていると思います。言われたことしかできない方は忙しいキッチンでとても迷惑になります。またお寿司の種類がとても多く、キャンペーンのメニューや新メニューが出るたびに覚えなくてはいけないので、大変かもしれませんが、臨機応変に対応できる方であれば大丈夫です。高校生も働いていました。働いている人は40代後半の主婦の方が多かったです。長期間働いている方が多いと感じました。
    (おすやんさん/福島県/30代/女性)
  • 高校生はOKでした。 年齢は、10代から60代くらいまでの方が働いている印象です。 接客は苦手でも、裏でお寿司をにぎるキッチンでは、男性や年配の女性ばかりでした。 キッチンは黙々と作業するのが、好きな人に向いていると思います。 ホールは、マイクでお客様を呼び出したり、お店が広いので大きな声でいらっしゃいませと言わなくてはいけないので、元気な方が向いていると思います。
    (ろみに2さん/青森県/20代/女性)
  • かなり忙しい職場なので、常に動いていたい人には向いていると思います。また、人が多く協力してやらなきゃいけないことも多いので、1人で黙々と作業したい人には向いていないかと思います。 高校生バイトもOKで、年齢制限は無かったのではないかと思います。
    (ささちゃんさん/岩手県/20代/女性)
  • 誰でも働けると思います。週2日でも大丈夫でした。高校生も主婦の人も初心者さんでも大丈夫です。ただ、高校生の方はしっかり予定を考えてた方がいいと思います。前々から予定をチェックしておかないと、シフトがすぐに決まるので変更がとても大変です。後から変更すると、周りの人に迷惑をかけてしまいます。
    (トマトのサラダさん/宮崎県/10代/女性)
  • 出勤したら、いつの時間でも、一人で朝礼をしないといけません。スローガンと六代接客用語を大きな声で、ほかの働いている人たちに向かって言います。他にも、残数報告などの時などに、大きな声で言わないといけないことが多々あります。なので、人見知りな人は向いていないです。高校生は可です。年齢制限はありません、
    (ぽーちゃんさん/広島県/10代/女性)
  • 地元のお客さんが多いので愛想よく接客ができないといけないと思いました。特に関西圏なのでお客さんがよく話しかけてこられたり、何気ないことを聞かれたりするので愛想よく返答ができないとあまりよい印象は持たれないだろうと感じました。笑顔を常に維持できることが大切だと思いました。
    (りうりうさん/兵庫県/20代/男性)
    • 結構お店は忙しくないですが達成感はあると思います。土日出れる人は大歓迎です。
      知り合った人とも仲良くなれます。スシローのお寿司が好きな従業員ばかりです。
      髪型が特にうるさくないですが、下痢嘔吐発熱の際はすぐに連絡して店にはいかないようにすることと、勤務1週間以内に牡蠣は食べれません。
      黒ベルト黒ズボン専用の靴は買わないといけないです。エプロン帽子Tシャツは支給されます。ピアスは外さないとだめで手洗い確認は厳しいです。
      急な休みは代わりを探してもらいます。
      (ヨーコ31番地さん/千葉県/30代)
    • 服装はいくらバイトといってもちゃんとしたほうが良いです。私服だとしてもアクセサリーをするとかはやめたほうがいいです。
      面接は必要ですが、接客業でも最近はタッチパネルで注文したりするので、お客さんとの高いコミュニケーション力などは求められないと思います。
      最低限のことだけは受け答えできると良いです。たっている時間が長いので体力のある人向きです。休みの昼は込むので覚悟しておいたごうが良いと想います。魚が気持ち悪くて触れないなんて人はよしたほうが良いです。
      (まむまむさん/岡山県/20代)

企業情報

社名
株式会社 スシローグローバルホールディングス
業界・業種
寿司レストランの経営
展開ブランド
スシロー
本社所在地
大阪府吹田市江坂町1丁目22番2号
ホームページ
https://www.sushiroglobalholdings.com/
採用ホームページ
https://akindo-sushiro-job.net/jobfind-pc/
to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の職場環境とは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。
また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。