セブン-イレブンのバイトってどうよ?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

セブン-イレブンのアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. 高校生・大学生・フリーター・主婦(主夫)・シニア、みんな大歓迎!
  2. 圧倒的な店舗数。働きやすい場所を選べる◎
  3. 客層も幅広いので柔軟にテキパキと働ける人向き

f:id:to_B:20180919180323p:plain

応募のきっかけ

▶ 高校生でもバイトがしたい

学生で初めてのアルバイトだったので、とりあえずお小遣いの足しになれる簡単で比較的楽そうなアルバイトを探していました。

コンビニでバイトしていた友達から、「初心者には、コンビニバイトがやりやすい」という話を聞き、また時間もそうですが、高校生でも大丈夫なアルバイトは限られてくるので、コンビニにしました。

新聞の折り込みチラシをチェックしていましたが、自宅近くにセブンイレブンがオープン予定で、アルバイト募集の張り紙がしてあったので、それを見て応募しました。

(メモリーさん/女性/30代)

 

▶ 結婚資金をためるため

十代の終わり頃、結婚を考え親に了承してもらうため資金をためようと思ったのが切っ掛けでした。幸い同じマンションにセブンイレブンのオーナーさんがいた関係で、アルバイトさせていただきました。

経験が無くても出来そうなバイトを探していたので、渡りに船でした。仕事も面白かったし、人間関係も良好だったのでとても楽しく仕事が出来ました。

ただ深夜のバイトだったので、眠気との戦いとお客さまがいない時間にする仕事が多かった気がします。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ 友達に誘われて

私は当時大学生で、時間を有効に使いたい、自由になるお金が欲しい、社会経験を積んでおきたいなどの理由でアルバイトをしようと思いました。

既にセブンイレブンで働いていてる友人から、アルバイト募集の話を聞きました。ここで働けば、友だちがいて個人的にも仕事で分からない所を教えてもらえるだろうと思い応募しました。

特に時給にこだわりはなく近場で働けるところがよかったです。電話で連絡した後面接日を設けてもらいその時に友だちのことも話しました。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

面接

▶ 約10分で採用決定

最初に張り紙にのっていた連絡先に電話して、面接の日にちを決めました。

新オープンの店舗だったので、応募者は何人かいて、順番にやりました。

日数や時間など、出勤可能な希望や、月収の希望額などを聞かれました。面接自体は、履歴書を見ながら簡単な質問ばかりで、約10分ほどで終わりました。

採用の連絡は、当日の夕方、すぐに連絡がきました。オープンまで約2週間あったのですが、オープンの前日からアルバイトを始めました。

(メモリーさん/女性/30代) 

 

▶ コネ

地元ではコンビニの走りでしたし、コンビニでバイトするという感覚が無かったので、応募自体があまりなかったようでした。

自分はオーナーさんと知り合いだったこともあり「バイトさせてほしい」とお願いしたところ、深夜の人が集まらない時間帯だったこともあり、その場でOKしていただいたと思います。

本業との掛け持ちということもあり「無断欠勤はしないように。」「来れないときはなるべく早く連絡を入れるように。」と厳しく言われた記憶があります。

(ヤックル35さん/男性/50代) 

 

▶ ラフな面接だった

電話連絡をしてすぐ面接だったのを覚えています。

面接の場所は店の控室でやりました。オーナーと一対一で割とラフな感じで話は進み、志望理由や働ける期間や時間、コンビニでの働いた経験などをきかれました。僕の場合、友だちがそこの店舗で先に働いていたのでその関係性などもきかれました。

いつから働けるかときかれたので「いつからでも大丈夫です」というとすぐ採用が決まり、「じゃあ今からちょっと出れるかな」とその日から慣れさせるためにすぐに制服を着てレジに立ちました。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

教育・研修

▶ OJT

教育や研修などは特になかったです。初日は簡単な説明をうけて、たまたま新オープンのコンビニだったので、品だしなどの手伝いと、マニュアルを教えてもらいました。

初めてのアルバイトだったので、緊張感はありましたが、教えてくれた人が優しく、丁寧に教えてくれたので、すぐに慣れることができました。一人で問題なく応対できるようになったのは、入って1週間ぐらいでした。宅配便の手続きは、色々覚えなくてはいけないので、難しかったです。

(メモリーさん/女性/30代)

 

 ▶ まいにち働きながら学ぶ

アルバイトの経験が全くなかったので、不安だけの初日でした。

レジも打ったことありませんし、商品の並べ方など一から教わりました。研修や教育というような堅苦しいものは無く、そばで見て覚え、分からないことは聞き、出来ることを増やしていく毎日でした。

とにかく大変だったのが、ポリシャーを使っての床掃除と、ワックス掛け。思うように操作できるまで2~3日かかり、商品棚にぶつけたり大変でした。しかし慣れると軽くて簡単だったのを覚えています。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ オーナーからの手ほどき

仕事の初日は面接の日と同じだったのでドキドキする暇もないまま店に出ました。

初日はオーナーが僕の隣に立ち、直接指導してくれることになりました。はじめこそ一つのレジを休止中にしてくれて教えてもらっていたのですが、十分もしないうちに隣のレジにお客さんが並んだのでオーナーがいきなり休止中の札絵おとりレジを開けました。レジの打ち方を覚えるのに必死な中僕の立つレジにだけお客さんが行列をなしていきました。そこのオーナーの方針だったのか、「~円が一点、~円が一点」といちいち言わなければいけなかったので余計に時間がかかり、お客さんの行列も気になり一週間は慣れませんでした。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

仕事内容

▶ 掃除に始まり掃除に終わる

アルバイトを始めたばかりの頃は、お店全体の掃除と、お会計のレジ担当でした。慣れてきたら品出しや、在庫確認など細かい仕事をしたり、宅配便の伝票書きや、新人さんの教えることもしました。

基本は掃除から始まって、掃除で終わりほとんどが、レジにいます。勤務中は立ちっぱなしなので、かなり疲れます。レジ以外は品だしで、商品が届いたら、古い商品と入れ替えの手伝いをしたり、説明をして、宅配の人にやってもらう場合もあります。

(メモリーさん/女性/30代)

 

 ▶ レジ打ちだけでなくポリッシャーがけも

24:00に入店し、レジ打ちや商品棚の整理。足りない商品の補充。お客さんが減る1:00過ぎくらいには床のポリッシャー掛けなどでした。

35年も前ですので、宅急便や公共料金の支払い受付などはなかったので、今より楽でした。当時はサーティーワンのように店舗でアイスクリームかシャーベットか覚えていませんが、ディッシャーですくって販売していました。そのような対応もレジ以外にも仕事の一つでした。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ レジを基本に、商品陳列など

特に土日の朝から夕方までという形での働き方が多かったので、朝8時30分ころまでに店に行き、制服に着替えてレジに立ちます。

基本はレジでの接客が主ですが、お客さんが少ないときやいないときなどは商品の陳列やきれいに並べ直したりします。

またゴミを片付け店の前の駐車場を掃除もします。それらは主に昼時以外のすいている時間に行います。店には常に三人いて僕かもう一人の店員がレジにいてもう片方はレジか店内の陳列をしています。オーナーは奥の部屋で防犯カメラを時々みながら書類仕事をしていました。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

給料・シフト

▶ 深夜帯はやっぱり高時給

シフトは、アルバイトの人で交代制です。 早番、中番、遅番に別れて組みます。 基本、週5の5時間です。シフトによっては増える場合もあります。特に最低どのくらい勤務が必要かは決められていませんが、一番少ない人で週2、3時間勤務でした。 時給は時間帯によって異なります。朝の時間帯は950円、10時~18時までは700円、18時~6時までは1050円でした。月収もバラバラで、最低7万円~最高で11万円ぐらいでした。

(メモリーさん/女性/30代)

 

▶ 深夜帯のみも働ける

自分の場合は本業の傍らでしたので、条件として24:00~6:00まで。本業が週末が忙しい仕事でしたので、平日週に3日とお願いして雇っていただいていました。確か時給が600円くらいだったと思います。一日6時間×週3回×4週で、4万円前後だったと思います。

時折、なにかの都合で出られないときは、オーナーさんが代わりに出勤してくれていたので、オーナーさんは大変だったと思います。特に深夜はバイトする人も少ないので、無理なところは全てオーナーさんご夫妻が負担していました。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ 一週間ごとにシフト提出

シフトは基本一週間分を伝えておき、変更したいときはその都度変えてもらったりしていました。

土日に入ることが多かったので朝から夕方まで休憩を入れて9時間ほど働いていました。2、3時間くらいのときもありましたが、余裕があるときは平日にも入れてもらったりもしました。

時給は900円位だったと思います。月収にすると6万円位だったように思います。最低これくらい働いてくれということは特には言われていなかったのでわかりません。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ 幅広い年代の方々に囲まれることで得られる学び

年齢はかなり幅広く、高校生からシニアまで色々な人が働いていました。雰囲気や人間関係は特に問題がなかったです。働きやすい環境でした。お店自体は2~3人での営業スタイルなので、基本あまり人間関係のわずらわしいことはなく、一人一人での仕事なので、楽だと思います。最近は外国人が増えてきているようですが、当時も何人かいたので覚えています。日本語もちゃんと話せて、一生懸命仕事を頑張っていました。当時は68歳のおばあちゃんもいました。

(メモリーさん/女性/30代)

 

▶ オーナーさん以外とは交流ナシ

自分の時間帯は、オーナーさん以外の人と会う時間は有りませんでした。24:00に入店し、一時間後位にオーナーさんは退社。朝6:00の終了時間まで一人でした。その後オーナーさんが出勤してくる感じです。もちろん何の経験もない時分でしたが、オーナーさんが親切で大変な思いはもちろん仕事ですのでゼロではありませんが、極めて少なかったと思います。当時はコンビニで働くなんて感覚は無かった時代でしたので、人の募集ややりくりには、オーナーさんも苦労していたと記憶しています。

 (ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ オーナーさんによって雰囲気はちがう

主婦だったり、大学生が多かった。また高校生やフリーターも働いていた。オーナーが体育会系で厳しかったので仲のいいアットホームな職場という感じではなく緊張感のある職場だった。

私の働いていた時間帯は主に日中が多かったので、おばさんが多かった印象です。なので特に個人的な付き合いや、仕事以外の付き合い、連絡などは一切なかったです。オーナーが格闘技をやっていたのでなんとなくですが恐怖政治のような雰囲気だった気がします。 

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

よかったこと

▶ ゆるめのシフト

基本的に誰でもできる仕事なので、難しい仕事はなく、初心者でも始めやすいです。時間や日数のシフトも緩めなので、急な休みやシフト変更にも応じてくれます。

体力はあまり使わないので、疲れることは少ないです。まかないや、社割りはないのですが、その代わり期限切れたお弁当やおにぎりなど、コンビニで売っている残り物の食べ物は、ただで貰えました。ですが、当時は貰えましたが、今は衛生上、貰えなくなってしまっているコンビニが多いようです。

(メモリーさん/女性/30代) 

 

▶ 短時間勤務OK

とにかく、時間を選べるところは良いと思います。

一日の2時間だけとか、自分の都合で働かせてくれる会社なんて、ほとんど有りませんので、短い時間でも確実に出勤してさえいれば、お店にとって重要な戦力でしょうし、必要な戦力だと思います。

今は分かりませんが、社割等は有りませんでした。お弁当も、コーヒーですら廃棄していましたので、特に特典は無かったと思います。それでも確実に働かせてくれることは、ありがたかったです。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

 ▶ 売れ残りの商品がいただけることも

シフトがかなり融通が利くところはよかったです。土日に入ることが多かったが休みときの平日にもシフト入れてもらったり、逆に土日に用事があるときは普通に休みをもらえた。

教え方がわりと厳しかったので他の仕事をするときに比較的楽に感じることができました。

いい意味でなれ合いというか仕事以外での付き合いが周りの従業員となかったので、面倒な付き合いをせずに仕事に集中できました。

オーナーの好意だったのか売れ残ったパンをもらって帰ることができた。

(コーカルナギさん/男性/30代)

 

大変なこと

▶ 仕事の種類が多い

時給は安いので、そんなに忙しくなく、普段は楽ですが、急に混んだりすると、一人で対処しきれなくなったり、タバコや宅配便のコンビニ商品以外のことも覚えなくてはいけないので、かなり大変でした。

深夜の時間帯は、酔っぱらいなどに絡まれたことも何度かあって、正直時給以上の仕事だと思うと、あまりお勧めはできません。

ただ平日のランチ時間過ぎれば、夕方までは暇な事が多いので、のんびりすることができますが、基本立ちっぱなしなので、足はむくみます。

(メモリーさん/女性/30代)

 

 ▶ 深夜のコンビニは危ない、のかも

困ったことは、深夜バイト(12:00~6:00)までの時間だったので、一人きりになる時間が長くて、一度万引きをされたんですが、すぐ近くの派出所に駆け込みたくてもお店を離れられないし、一人で捕まえるには怖いし困ったことがありました。

幸い新聞配達の方々が助けてくれて事なきを得ましたが困った経験です。きつかったことは昼間も仕事をしていましたので、夜中でも仕事をしていてお腹がすくと食べてしまい、胃が悪くなったことです。

(ヤックル35さん/男性/50代) 

 

▶ オーナーさんがたまたま怖かった…

事前にレジの使い方などをマニュアルで教えてくれるというのではなく普通に営業時間中お客さんを相手にしながら一つ一つ教えられていったので中途半端な状態で接客をすることになり、お客さんを待たせてしまうこともありました。

さらにオーナーが厳しかったので毎日きつかったのを覚えています。お客さんの前でグイっと端にどかされ叱られた時はさすがにこの教え方はどうなのかと思ったこともあります。会計時、お客さんの性別と年代を打ち込むのですが、「今のが三十代か、五十代だろうが」などと怒られたり一瞬で見極めるのは難しかったです。

(コーカルナギさん/男性/30代) 

 

応募する人へ

▶ マナーの基本はおさえておこう

基本は自由な部分が多いので、働きやすく、アルバイト初心者にはおすすめです。働く時の服装や髪型も特に細かい決まりはないので、問題ないと思います。

面接の時は、 言葉遣いや態度がよっぽど悪くなければ、だいたい問題点なく採用されます。ただ平均的なアルバイトに比べると、時給は少なく感じるかもしれませんが、深夜の時間帯や朝方働くには、ある程度は稼げるかもしれません。パートとして簡単な仕事がしたい人には、とても向いていると思います。

(メモリーさん/女性/30代) 

 

▶ 明るく元気にはたらきたい人に

最近コンビニに買い物に行って感じることは「笑顔」「はきはき喋る」「清潔感」はとても大切だと思います。アルバイトであってもお店の人間ですし、お店の顔。だらしなくて「いらっしゃい」も言えないと、そのお店自体が悪い印象を持たれてしまいます。

アルバイトだとか、正社員だとかはお客さんには関係なく「セブンイレブンの人」として見るので、自覚をもって業務に当たったらいいと思います。明るく、元気な人がこの仕事には向くんではないでしょうか。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ 服装を整えて清潔に

面接の際には、とにかく服装はしっかりと整えること。それから髪型は清潔感を保つこと。また、礼儀正しく丁寧に、やる気を見せること。

業務内容が多岐にわたるのでとにかく覚えることが山のようにあります。メモ帳とボールペンも常に持っておいて教えてもらうたびに書き留めておくことが必要になってきます。経験者のほうが勿論有利ですが、きちんと教えてくれるので問題はありません。しかし、実地で実際にお客さんを相手にしながら教わるので始めは大変ですし、いろいろな方に迷惑もかけます。

(コーカルナギさん/男性/30代) 

 

セブンイレブンとは

▶ 困ったときはココ

食料品や飲料品がメインですが、日用品も揃っているので、とりあえず生活必需品は、足りないときに揃えることができます。

コーヒーやカウンター商品、タバコや宅配便、支払いやATMなどたくさんの商品やサービスを提供しています。

お菓子や飲料品の新商品は、スーパーよりも早く提供していることが多く、セブン商品もかなり充実しています。セブンイレブンオリジナル商品は特に多く、人気の商品が沢山あります。金シリーズは評判がいいです。

(メモリーさん/女性/30代) 

 

▶ なくてはならない存在。

自分がバイトしていた当時は、特に私が住むような田舎ではコンビニは其処のみでした。「急に、電球が切れた。」と買いに来る人。飲食店で「お酒が足りなくなったので買いに来た。」という人。飲み屋さんのお姉さん方が、仕事が終わり帰る途中買い物をしていくなど、田舎ではどこも営業している店舗が無いのでとても利用客の人は助かっていました。すぐ近くに駅があたので、早朝行商に出かけるお婆さんがおにぎりを買いに来たり、無くてはならない存在だったと思います。

(ヤックル35さん/男性/50代)

 

▶ コンビニ業界で一番有名

セブンイレブンは全国展開していてコマーシャルも見ない日はないくらい、コンビニ業界で一番有名で老舗のイメージのあるコンビニエンスストアだと思います。店員の対応も丁寧でしっかりしていてほかのコンビニでたまに見かけるようなだらだらした店員や、髪を伸ばした男性店員などはあまり見かけない清潔感のあるお店です。街に多くあり歩いていける距離にあるということもしばしば。置いていないものをあげるのが難しいくらいなんでもありますが、コンビニなので価格帯はスーパーよりはやや高めです。

(コーカルナギさん/男性/30代) 

 

今回はセブンイレブンアルバイト経験者のメモリーさん(30代 女性)、ヤックル35さん (50代 男性)、コーカルナギさん(30代 男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

すべての人にインターネット
    関連サービス