【バイト体験談】タリーズコーヒーの評判・クチコミ|高校生でも可能?服装や髪色・面接内容は?時給やまかないは?

タリーズのアルバイト・パート経験者にお集まりいただき、体験談を伺いました。

 

★注目ポイント 

  1. 接客やバリスタの研修が充実、スキルアップできるお仕事◎
  2. 昇給・社員割引・社員登用などスタッフ向けの各種制度も充実★
  3. 衛生面やメニュー内容など覚えること・気をつけることは多め

f:id:to_B:20180919192741p:plain

応募のきっかけ

▶ 友達が働いていたので
友人が働いていて、募集をかけていることを知ったので、直接お店に問い合わせる形でした。短期でも大丈夫なことと、シフトが意外と融通を聞いてくれること、居酒屋さんみたいにお酒を出すわけではない飲食なので、比較的客層も良さそうだし、掃除とかで嫌な目にあわないというのも条件でした。以前居酒屋やカラオケ屋さんでお酒の後の掃除が辛かったので、それがないことも条件にして探していました。朝早いのは嫌なので、シフトの融通を利いてもらえることも条件でした、
(tamtamさん/神奈川県/41歳)


▶ 新店舗のオープニングスタッフの募集をみて
当時はスターバックスが流行り出した頃で、タリーズのことはほとんどの人が知らなかった頃だと思います。
偶然、天神の店舗の前を通った際に、シーズナリーのマンゴーのドリンクが目に留まり、当時はあまりマンゴードリンクがカフェにはなかったので、珍しいと思った記憶がありたす。
そのときに初めてタリーズコーヒーと言うお店を知りました。
そのあとすぐに求人雑誌で新店舗のオープニングスタッフの募集を知り、すぐき履歴書を送りました。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

面接

▶ 簡単な質問
友達が働いていたので面接までかなりスムーズでした。履歴書を提出して、すぐに面接の日程が決まって、接客の経験はありますか?というのが主な質問でしたが、私の場合、履歴に学生時代の飲食での経験が2,3あったので、問題なく、あっさり決まりました。採用の連絡は3日後くらいにはありましたが、当日、ほぼ決定のようなイメージだったので、正式連絡が来るまで特に緊張して待っていたって感じではなかったです。面接をしてくれた店長さんも、友人のことを評価していたので、その紹介という感じで心強かったです。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)

▶ 店長と2人で面接
タリーズで働いていたのは15年近く前なのでほとんど覚えていません。
タウンワークかanで新しくできるジャスコの中に入る新店舗の募集知り、履歴書を送りました。
書面、電話での連絡だったかも覚えていません。
フランチャイズ先の事務所での面接になり、1人ずつの面接でした。
オープニングスタッフだったので、新店舗の店長と面接をしました。
質問の内容なども全く覚えていません。
面接後、どれくらいで連絡が来たのかと覚えていません。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

教育・研修

▶ 専門用語を覚えるのが大変
衛生面の研修、バリスタっぽい研修、フェローとしての接客サービスの研修など。初日はちょっと緊張しましたが、みんなが和気藹々とした雰囲気だったのですぐに打ち解けられました。年もその当時同じくらいの人たちも数人いたのですぐに話に入ることができたし、楽しそうだなって感じました。
初めは、専門用語、バリスタの知識などが分からず少し心配になりました。けれど、丁寧に教えてもらえるし、メニューの作り方も少しづつ慣れてくれたら良いからって感じでしたので、緊張もほぐれました、
(tamtamさん/神奈川県/41歳)


▶ スタッフをフェローと呼ぶ
15年近く前のことなのでほとんど記憶にありませんが、最初はフランチャイズの事務所に採用されたアルバイトスタッフ10名ほどが集められ、マニュアルの配布、説明があり、そのときに他己紹介という形でスタッフ同士の親睦を深めました。
そのあと、オープン前のジャスコの店舗に集まり、椅子やテーブルの梱包を外し、お店をみんなで作っていくような感じでした。
タリーズはスタッフのことをフェローと呼び合うので、最初は◯◯フェロー!と呼び合っていました。
お店を作りながら、レジの練習やドリンクの作り方を店長から教えてもらい、フェロー同士でお客さん役などを決めて練習していきました。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

仕事内容

▶ マルチタスク
9時位に入って、もう1回目のピークは終わっている時間だったので少し落ち着いた雰囲気の中、厨房の洗い物がたまっていないかなどをチェックしたり、テーブルに置きっぱなしのものはないかチェックしたりで始めります。オーダーを確認して、まだ出ていないもの、順序などを見て、みなの流れに入っていきます。ランチタイムは食事メニューも入ってくるので忙しくなります。同時にオーダーを見ながら、優先順序を考えて仕事をしないといけないのでマルチタスクの人が向いていると思います。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)

▶ エスプレッソマシーンの立ち上げから味見
早番が多かったので、朝はお店を開けることから始まります。
掃除は前の晩の遅番がしていたので、早番のスタッフがする必要はありませんでした。
当時、掃除が嫌だった私には早番と中番は良いシフトでした。
オープン前はエスプレッソマシーンを立ち上げるので、毎朝、最初のショットの味見をします。
エスプレッソですので、長くて嫌がるスタッフが多く、コーヒーが好きな私がいつも担当していました。
他は、前述しましたが、なにぶん昔のことなのであまり覚えていません。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

給料・シフト

▶ 週4×7時間=月8万くらい
月々でシフトを組んでいましたので、よく月の予定は分かり、働きやすかったです。人数が一応いればよいのでお互いに納得すればピンチヒッターを頼んだりすることもできたし、とても働きやすい環境だったと思います。時給は900円から1000円くらいだったと思います。一日3時間からって募集の段階では聞いていましたが、実際は6時間くらい入れる人を優先していたと感じました。昇給は10円単位で半年後位にあったように記憶しています。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)


▶ 夕方まではフリーター・主婦メイン、以降は学生が中心
かれこれ15年近く前のことなのでほとんど記憶にありません。
シフトは半月ごとに出していたと思います。
バックヤードにあるパソコンに勤務可能な日を入力していたような気がします。
早番、中番、遅番のシフト体制で、学生のアルバイトが多かったので、フリーターの私や、主婦の同僚は早番もしくは中番のシフトでした。
週3〜4日くらいの勤務だったと思います。
月収も覚えていませんが、10万円ちょっとだったのではないでしょうか。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

職場の雰囲気

▶ 年齢層は若め
学生さんや主婦の方が多かったと思います。基本的に年齢層は若かったです。なんだかんだで動くことが多い仕事だったので体力はそれなりにあった方が良いのでそうなると若い目の人が多くなるのかなと思いました。ただ、共通点はみんな年齢問わず、明るく元気な雰囲気でした。多少疲れていても愛想の良い人が多かったです。コーヒーはみんな結構好きでしたね。マニアというほど詳しくなくても、やはり好きで、毎日飲む、豆を自分で引く、などの話も良く聞きました。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)


▶ 主婦の方も働きやすい
当時は私はフリーター、他には学生のスタッフがほとんどで、主婦も数名いました。
主婦でも働きやすいというのは良い職場だなと思った記憶があります。
店長になった主婦の同僚もいました。
みんな比較的年が近かったので、歓迎会や送別会など頻繁に飲み会をしていました。
辞めてからもう10年以上たちますが、未だに6人のグループで年に一度くらい集まります。
店長は良い仲間を集めてくれたなといつも思っています。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

よかったこと

▶ バリスタの知識が付いた
バリスタの知識がついたこと、コーヒーの美味しさが分かったことが良かったです。それにたくさんの人と知り合えて楽しい職場でした。外国人のお客様もいたので、英会話も使えて(特技の欄に書いていました)、楽しかったです。
色々なアレンジやコーヒーの奥深さ、香りの豊かさも勉強になりましたし、全体停に気分が明るくなる職場だったのでいつも楽しい気分で出勤できました。
エプロンも可愛くて、私は気に入っていて、好きでした。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)

▶ バリスタコンテストに出場
休憩中にもらえるドリンクが無料でした。
今はだめなようですが、当時はアイスクリームもその中に入っており、学生の男の子たちは喜んでアイスクリームを選んでいました。
1年8ヶ月アルバイトとして勤務しましたが、店長が多忙のときは時間帯責任者として勤務したり、発注やシフト作成も任せてもらうこともあり、アルバイト経験の少なかった私にはとても勉強になりました。
また、バリスタコンテストに店舗代表として出場しました。
結果は残念ながら落選しましたが、こちらもまたとても良い経験になりました。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

大変なこと

▶ メニューを覚えるのが大変
メニューを覚えることが楽しくもあり、大変でもありました。衛生面での気を付けることがたくさんあったので、しっかりした印象を受けましたし、大変でも、自分がお客様の立場になった時のことを考えてとても良いことだとは思いました。衛生関係の規則がたくさんあったのできつかったといえばきつかったかなと思います。既存の先輩パートの人たちが時々親切でない感じを受けましたのでそこが残念でした。新しい人には親切に教えてほしいです。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)

 

▶ 商業施設の場合、早めに到着が必要?
制服はなく、エプロンの貸与のみでした。
トップスは黒いシャツもしくはポロシャツ、ボトムスはパンツ(デニムはNG)という決まりがあったので、パンツスタイルを好まない私としては毎回服選びに苦労しました。
黒いトップスも、ハイターが飛び変色してしまうので、その度に嫌だなと思っていました。
あとは店舗がジャスコの中でしたので、建物に到着して、お店に着くまでに入店検査を通過しなければならないので10分くらいかかりました。
路面店よりも早めに到着しないといけないのは嫌でした。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

応募する人へ

▶ 笑顔と清潔感が大切
清潔感をすごく大切にしているので、とにかく綺麗な雰囲気で面接に行くことが大切です、マニキュアとかも落とした方が無難です。又専門知識は必要なく、接客で一番大切なのは笑顔なので、笑顔で楽しそうに面接に行ければ大丈夫です。シャイであまり話せない人は難しいかもしれません。お客様によってはお勧めは?とかアレンジとか聞いてくる人がいるので、明るく楽しく対応できるタイプの人が向いていると思います。あとは髪は長い場合は結っていきましょう。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)

▶ コーヒー好きの人にはおすすめ
コーヒーが好きで責任感の強い人に向いていると思います。
私がいたころは、オシャレなカフェで働きたい!という理由だけで、コーヒー飲めない、コーヒー嫌い…というスタッフもいました。
コーヒーが大好きで働いていた私としては信じられませんでした。
好きだからこそ豆の違いも学ぼうと言う気持ちになりますし、気温や湿度で豆のコンディションが変化することにも気づくことができると思います。
あとはやはり接客業なので気がきく人ほど向いていると思います。
お客様が何を求めているかを察することができるのも大事です。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

タリーズとは

▶ 一人でも入れるカジュアルなカフェ
コーヒーと、そのほかのドリンク類、デザート類、軽食類が充実しているお店です。季節限定のフレーバーとかもあるし、いつ来ても飽きないサービスを提供していると思います。アメリカが発祥のコーヒーなので国際職も豊かで、メニューもヨロピアン、アメリカンものが多いです。Wifiも使えるのでお店は結構ゆっくりしていく人が多かったです。一人でも入りやすいお店ですし、カジュアルなデートにも使えるお洒落な雰囲気もあります。
(tamtamさん/神奈川県/41歳)


▶ エスプレッソ専門のコーヒーショップ
エスプレッソ専門のコーヒーショップです。
ドリップやアイスコーヒーも美味しいですが、少し濃いので、普段喫茶店のコーヒーに慣れている人にはあまりオススメできません。
いまや、スターバックスと肩を並べる存在だと思っています。
今は販売されていませんが、当時はエスプレッソシェイクが大人気のメニューでした。
毎日買いに来る常連客もいたくらいです。
アイスクリームは途中で仕入先が変わったのでよくわかりませんが、昔のアイスクリームのほうが断然美味しかったです。
(ミズタマさん/福岡県/38歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。 また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。