注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

ビックカメラでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

ビックカメラのアルバイト・パート経験者5名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. 先輩スタッフの教育・フォローが手厚い◎
  2. 新商品の特徴など、常に最新情報に対してアンテナを立てておく
  3. 土日は休憩もままならない混雑ぶり

ビックカメラのバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

f:id:to_B:20180912174418j:plain

応募のきっかけ

▶ アクセス良し+高待遇

訳あって専門学校を退学し、生活のためにアルバイト求人誌でバイトを探していました。

私は吉祥寺に住んでいたのですが、電車で通勤しやすい場所にあった渋谷のビックカメラの求人を見つけ応募する事にしました。家電品について詳しかったとか興味があったわけではなく接客業がやりたかったわけでもないですが、時給は良かったのも応募した理由でした。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ キャンパスで見つけて

大学時代に生活費と小遣いを自分で稼ぐためにアルバイトを探していた折、学校求人でビックカメラを見つけた。家から自転車で通える店舗であり、時給と福利厚生・勤務日数や時間帯も都合がききやすそうだったので応募しようと決めました。

実際に店舗にいってみた印象として、挨拶やレジでの対応などがしっかりしており、従業員教育をきっちりやっていると感じられ、こういう職場でなら安心して働いていけると感じ、納得して面接に望むことが出来ました。

(swandiveさん/新潟県/男性/30代)


▶ PCを使う仕事を探していて

正社員として働いていた印刷会社をやめてから、しばらく失業保険をもらいながら貯金を切り崩して生活していましたが、貯金も底をつきかけたのがバイトを探し始めたきっかけでした。

ビックカメラのネットショップを選んだのは、パソコンを使う仕事であることが最大の要因です。見つけたのは求人サイトではなく、ビックカメラのホームページにアクセスして募集を知りネット経由で応募しました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ あまり大変そうではなかった

タウンワークやanなどのアルバイト雑誌に記載があり応募しました。家電の知識がなくてもおしゃべりが好き、家電を触ったことがある人集まれという文言がアルバイト雑誌にはかかれていました。

けっして難しい仕事ではないという印象をその記事からは読み取れました。

実際慣れには時間がある程度かかりますが楽しく覚えられるので苦にはなりませんでした。記事からみた印象と相違はあまり感じられませんでしたので満足しました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 家電製品に興味があり

もともと家電製品に興味があり、なんとなく暇なときでもヤマダ電機やコジマといった家電量販店に足を運んで、新商品などを見て回るのが昔から好きでした。

そんな最中こうした家電量販店で働くことで給料をもらえることになったら嬉しいと感じるようになり、求人サイトを閲覧したところ、ビックカメラがあり時給も悪くないと感じたため応募しました。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

面接

▶ 40代の方も多かったため

応募は、インターネットのWEBサイトからで、メールで面接日時の通知が届いて、 面接に出向くという形でした。当時の自分の年齢が45歳だったので、年齢的に採用されるかどうか、とても不安でしたが、すでに働いている人の中にも、自分と同年齢くらいの人も多くいるらしくまったく年齢的には問題なくパソコンスキルも、それほど必要なかったので、採用の手ごたえは、ありました。

面接後3日くらいで、採用通知がメールで来て、翌日から勤務しました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 簡単な試験あり

事務所で面接をしました。 ありきたりですが志望動機や好きな事柄についてきかれました。あとは簡単な足し算の問題を一分間で何問題とけるか試されました。

ほかにも自分自身で使っている家電をきかれました。

面接から一週間以内に不採用、採用の連絡をしますのでと説明を受けて、ビックカメラからの連絡をまちました。 人によって多少の誤差はあるとおもいますが自分は3日以内に連絡がきました。そして初日の出社の日程を決定しました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 面接は一般的な質問

履歴書を送ってからなかなか連絡がなかったのでこちらから再度催促という形で連絡をいれました。

それから面接を一週間以内に行うことができました。実際の面接では志望動機や簡単な業務の内容について教えてもらったり、シフトや業務中の休憩のローテーションの流れといったことを丁寧に教えてもらうことができました。

採用の連絡は一週間以内に電話がかかってきて採用の報告をいただきました。いつから働けるかを聞かれましたがすぐにでも準備はできていました。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

▶ すぐに勤務開始

私がビックカメラで面接を受けたのは20年ほど前のことです。

アルバイト求人誌に求人が載っていて、電話でアポイントメントを取り指定された日時に店舗へ向かいました。店舗内の事務所で人事の方に面接していただきました。20年ほど前のことなので、面接でどの様なやりとりをしていただいたかはほとんど思い出せません。

いつから働けるかということを聞かれ、すぐに働けると伝え2~3日後に採用の連絡を電話でいただきました。電話の翌日から働き始めたと記憶しています。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)

 

教育・研修

▶ 研修は簡単な内容

初めて働いた日はとても緊張していました。私が最初に任された仕事は入荷した商品を数えて、それを機械で入力するという、とても簡単なものでした。

研修や教育などはすぐに終わり、すぐに慣れましたがとにかく量が多くて大変でした。そして来る日も来る日も同じことの繰り返しで、いやになってしまいました。

上司とはそりがあわず大変でした。アルバイトの先輩にもそういう人がいました。ただ、その先輩はすぐに辞めたので少し楽になりました。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ エクセルの操作方法など

ビックカメラで初めて働いたのは、店ではなくネットショップのデータ管理でした。仕事はすべて内勤で、1日中パソコンに向かっての作業でしたが、服装はなぜかネクタイ着用という規定がありました。

研修では主にエクセルの使い方などを教わりましたが、さほど難しくはありませんでした。先輩方も親切な人ばかりで、非常に働きやすい職場でした。

ところが1年くらい経過して別の部署に異動させられてからは、いろいろいやがらせをされて、それがきっかけで1年半で退職しました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 販売の基礎を習得

まずは唱和を覚えるように指導されました。

この唱和が販売の基本でもあり会社の基礎となっているのでここを身体に染み込ませて欲しいとトレーナーの方には説明されました。そして売り場での姿勢、たちかたなどの接客のスタイルを学びました。

これらをたたき込まないと売り場にはたてないので指導にも熱がはいってましたが、後々考えるとこの時間が設けられているからこそ売り場で自信をもってたっていられるんだと改めて感じ感謝しました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 先輩が優しく教えてくれた

個人的にはあまり家電製品に対する知識が豊富ではなかったため、メーカーごとの商品の特徴や特性を理解したりお客さんへよいアドバイス、セールスができるか非常に不安に思っていました。

しかし一緒のフロアで働く先輩に勇気を持って質問をしていくうちに相手も教えることに良いと感じたものがあったのか、細かい内容まで教えてくれたので、1ヶ月もたつ頃には自分から他の後輩に商品についてアドバイスがでるまでに成長できたと感じています。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

仕事内容

▶ 荷物の仕分け作業

朝10時前に出勤してそのままバックヤードへいきます。

そこに様々な商品が倉庫から到着しているので、売場ごとに仕分けます。その最中にトラックがくるので、荷台から商品を降ろします。それを売場ごとに仕分けます。空のトラックには商品を降ろした運搬用の籠車を乗せます。基本的にはこの繰り返しです。

途中に休憩が12時前後と3時過ぎにあります。7時に退社します。入荷が少なくて、手が空いたときは不良品などの返品も行います。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ ネットショップの商品ページの作成作業

仕事内容は、インターネットショップに掲載する商品ページを 作成することだったので、まず紙資料を受け取り、それを商品 ジャンル別にエクセルというソフトを使って、商品データを打ち込んで いくという作業です。

その中で、商品写真は別の人が一手に担当していたので その人に依頼して、写真の加工をやってもらって、データをもらい 貼り付けるという作業もありました。商品をアピールするキャッチコピー的な ものを、自分で考える作業もあり、割とおもしろくやりがいを感じました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ レジ打ち

はじめのうちはレジを担当していましたが、のちに販売担当に異動になり家電を販売していました。

レジは時間がたつのが非常に遅く感じてあまり自分には適してなかったので販売への異動は非常に良かったでした。

たまにイライラするときもありますがレジにくらべて自由がきき時給もよくなったので 嬉しかったです。 色々な接客をすることによってためにもなりますしいい経験にもなりますので非常に成長できたなと感じます。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 大きな声で接客が必要

基本的には朝の業務開始の30分前には出勤し、新商品やその新商品の特徴をキャッチしておくことに加え既存商品の価格の変動などといった変わったことを頭に入れて、常に最新の情報を頭の中に入れた上で製品の販売フロアで対応するように気をつけてます 。

また声を大きくだす必要があるので発声練習などを細めに行い緊張しすぎないように朝から夕方までルーティングでしています。昼の休憩は一時間が多いですが週末はなかなか余裕なし。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

給料・シフト

▶ 長期の休みも取りやすい

私が働いていた部署は、日曜日が暇だったので基本的に休みで月曜日から土曜日の中で数日休みでした。

旅行などで長期の休暇でも、基本的にはこちらの希望を聞いてくれました。しかし、他のアルバイトとの兼ね合いで出勤する事もありました。基本的に朝10時から夜7時までの勤務で早出、残業はほぼありませんでした。

休憩が1時間ありました。月に15日以上は出勤して、時給は1000円で、月収は10万から15万くらいでした。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)

 

▶ シフトは1週間ごと

シフトは一週間ごとに申告する形なので学生でも働きやすかったと思う。 閑忙期では一日4時間程度で週4日勤務。月収で6万程度。繁忙期では一日8時間程度で週5日勤務で20万弱程度の収入になった。

閑忙期では希望通りのシフトで働けたので学業と仕事のバランスがとりやすくてよかった。逆に年末年始や店舗リニューアル時などの繁忙期では希望よりかなり多めにシフトを入れられて、断りにくい雰囲気だったでしかたなく働かなければならなかったのはつらかった。

(swandiveさん/新潟県/男性/30代)


▶ 時給は上がりにくい

シフトは、月末に来月の出勤希望日を各自で、割と自由に決めることが可能だったので、その点は、快適でした。時給は、1000円からのスタートでしたが、半年経っても昇給率が低く、10円単位でしか上がりませんでした。

月収にすると多い時で手取り18万円、少ない時で14万円くらいでした。朝は9時前に出勤 して、夜は19時過ぎまで、働いていました。休憩時間は、もちろん無給だったので、 休憩時間も仕事をして、できる限り収入を上げる努力をしました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 時間帯によっては高時給も

始めの時給は千円程度でした。ただ知識や販売担当なども任されるようになりレジ担当から販売担当になったら時給もアップしてくれました。

曜日や時間帯によっては最高で時給が1500円以上でした。 自分はカメラ担当になり資格などもとると資格手当てなどがでて追加されより稼げるようになりました。

クレジットカードなどを新規で入会してもらって、ある一定の件数を獲得するとさらに手当てがでるので販売以上に評価されるので意識していました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 土日の出勤は必要

シフトについては前の月の中旬頃に翌月に希望出勤スケジュールをリーダーに提出して下旬に出勤日が決まるルーティングで行われています。1日あたりは8時間程度業務にあたり、週に5日は出勤するようにしていました。

同じように採用されているスタッフは多いので風邪などで体調が悪くても代わりはいます。基本的に土日の出勤は、お客さんの来店も特に多くなるかきいれ時なので出勤することが求められていると思います。時給は1050円でした。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ 若い方が多い

私がアルバイトをしていた当時の雰囲気は、決していいとはいえませんでした。

社員さんが人の悪口や愚痴を話しているのをよく聞きました。一部の社員の方は、早出、残業も多々あったようです。アルバイトは若いフリーターや学生が大多数で主婦の方やシニア層はほぼいませんでした。

全体でも40代以上の方はあまりいませんでした。渋谷という土地柄のためかもしれません。アルバイトの人も、社員さんも辞める人がたくさんいました。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ 暗めな人が多い

どこの会社でも、同じだと思いますが、とにかく役職を持った人間、例えば、部長、課長、室長と名のついている人間は、やたら、態度がでかく、部下に対して横柄でした。僕が働いていた当時は、まだパワハラという言葉がなかった時代だったので訴える人とかはいませんでしたが、今なら相当問題になる言動をしていた上司も、会社に中には多数いました。

仕事内容が1日中一言もしゃべらずにただひたすらパソコンとにらめっこだったので、暗い人間が多かったような気もします。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)

 

▶ くせのある人も多い

社員だけでも沢山のかたが働いていましたが、さらにメーカーの派遣社員のかたなどがいましたので、見た目的にはビックカメラの社員と思われがちですが実際は色々なかたが働いているのでクセのある人間はいますね。

最悪、アルバイトでしたら上司に報告すれば一週間後にはそのクセのある派遣さんがいなくなる場合もありました。

ただその反面その人たちと仲良くなれば売り上げやクレジットカードの実績などを自分にプラスされますのでうまくつき合っていました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)

 

▶ お互い知識の教え合い

比較的、商品や家電製品全般が好きで人に教えてあげることが、好きなフリーターが多かったです。

お互いに家電製品に興味があり、好きな人同士ということもあり、休憩時間でも商品や家電製品に対する評価や考えかたを言い合う雰囲気があり、切磋琢磨して教えあったり助けあうという環境が整っていました。

人間関係では無口で近寄りがたい人も確かにいましたが、話しかけると案外話が続いて共通の好きな製品について話しができ良かったです。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

よかったこと

▶ 急な休みでも休みやすい

私がアルバイトしていた当時は従業員割引がありました。しかしポイントカードを使うことができないルールだったので、一般のお客さんの方がお得という状況でした。

とても買い物しようとは思えない制度でした。私はバックヤードの担当でした。なので、客層についてはなんともいえません。

急な体調不良などの時も、電話1本で休みが取れました。制服はよくある紺の作業着でした。当時かなり太っていたのですが、用意していただきました。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)

 

▶ 徒歩圏内での勤務

ビックカメラで、アルバイトをして良かったことは、自宅から徒歩で通える場所に、会社があったことでまず通勤がとても楽でした。

次に、シフトがある程度自分の希望で組むことができたので、その点は非常によかったと思います。服装はスラックスと白のカッターシャツに、 ネクタイ着用が義務付けられていましたが、学生時代と同じく、私服に気を遣う必要がない分、まあ良かったかなとおもいます。それまで、冠婚葬祭 以外に、ネクタイなどしたことがなかったので、かえって新鮮でした。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 社割がある

社員割引が可能なので一般のお客様にくらべてよりお得に買い物ができます。

ビックカメラは店舗にもよるが家電だけではなくおもちゃやゲームなども扱っているので幅広い商品をお得に購入できます。 新しい商品もいちはやく触ることができるので家電が好きな人にはうってつけのアルバイトです。

時間帯によってはあまり人がいないときもあるので、そういう時間を活かして操作や機能などを確認でき、接客にも活かすことができ大変有意義な時間です。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 家電に詳しくなれる

家電製品にかかわる全般について非常に詳しくなれるため、プライベートでの家電製品の買い物のときでも、いろいろと商品に対する特徴や特性がわかっていることから無駄なく良いものや機能性が便利なものを買い揃えることが可能になっていることが良かったこととして振り返ることが可能になっています。

また家電製品に詳しくなるということで、友人や知人にもアドバイスができて相談に乗ったあとに非常に喜ばれて、お礼に食事をご馳走になったりいいことがあったので、やりがいを感じることが多かった。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

大変なこと

▶ 人間関係が大変

困ったことは、人間関係があまりうまくいかなかった事です。

当時は若くて尖っていたというか、コミュニケーションが得意ではなく嫌いな人だらけでした。きつかったのは忙しくて気が休まる事があまり無かった事です。特に年末などの繁忙期はとても忙しく、皆がピリピリしているのを覚えています。

そして私が働いていたバックヤードは、夏はとても暑く冬場は寒かったです。特に夏の暑さは北国生まれの私にとって、とてもきついものでした。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)

 

▶ 繁忙期は忙しくて大変

アルバイトの人員が不足気味で、契約時にお願いしていた勤務日数より多めにシフトに入れられることが多くて困った。とくに繁忙期である年末年始や店舗リニューアル時には平日でも日付が変わりそうな時間帯まで残業することがあり大変だった。

商品入荷数もかなり多く、荷受後にバクヤードで仕分けして収納するだけで半日仕事になるなど、想像以上に体力の要る仕事だったのは誤算だった。

また、商品整理などで埃がよくたつので喉や鼻へのダメージがつらくて大変だった。

(swandiveさん/新潟県/男性/30代)


▶ ずっと座りっぱなし

少しきついと思ったことは、1日中パソコンのモニターを見ながら 昼食に食堂に行く以外は、ずっと座りっぱなしだったので、慢性的な腰痛になってしまったことです。

他には、毎朝タイムカードを押す前に みんなの前で大きな声で、社訓のようなものを言わされる規則があったので、 非常にめんどくさい思いをしました。また、仕事の指示がいい加減な上司がひとりいて、その方とある日けんかになり、数日気まずかった思い出があります。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 対応に困るお客様も

買う気がないのに毎回来店するお客さんなどに捕まってしまいと非常にこまりますね。

むげに扱えばクレームになりかねない変なひともいますし、無駄な時間とストレスにイライラします。頼まれた仕事などもできなくなるので、そういうお客には捕まらないように注意してました。

インカムでもそうゆう情報を社員間で共有しているので、案内中も少しはインカムに意識していました。 在庫などの情報もインカムで意思疎通ができているので、インカムには助けられます。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ 値引き交渉の対応が大変

基本的に立ち仕事になるので、趣味のランニングをした日業務にあたるときなどは長時間立っていることが大変キツかったです。

また会計の業務もあるため、細かいお客さんからのポイント処理や決済の方法など、さまざまなパターンを待たせることなく手際よく行わなければならない緊張感が必要だったことがキツイと感じました。

他には商品の価格が高いと、長時間にわたって値引きの交渉をしてくるお客さんとのやりとりにたいして困ってしまうことがよくありました。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

これから応募する人へ

▶ 電化製品の知識が無くても問題なし

ビックカメラなので、家電製品への興味や知識があるに越したことはないです。

しかし、採用されてから上司や先輩方が教えて下さるのでそこまで詳しくなくても問題ないと思います。面接時には、とにかくやる気があるということを伝えるのがいいのではないかと思います。服装や髪型は極端に派手でなければいいのではないかと思います。

接客業なので、男性なら長髪やヒゲ、女性ならギャル系のメイクやネイルの方は同僚にはいなかったような気がします。私がアルバイトしていたのは約20年前なので、現在はわかりません。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ 真面目さを面接でアピールしよう

ビックカメラと言っても私の場合は、店頭に出る販売員ではなく、 人前に出なくてもよい内勤のパソコンのみの作業限定ですが、 デスクワーク中心なので、1日中座ってする作業が苦手な人には向きません。その分、気を遣う接客業とは違うので気楽な面も あるかもしれません。

人間関係については、どこにでも自分と合わない人間は、必ず存在するので、その点は変わらないと思います。面接の心構えは、とにかく真面目さをアピールすることです。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 言葉遣いや姿勢には厳しい

言葉づかいや姿勢にうるさく徹底されているので、そういう点が苦手なひとは普段から意識的に行動したほうが働いているときに苦労しないですね。

はじめはうるさいですが、慣れてそれが当たり前になり身に付けると上司から注意されることはなくなったので、はじめのうちはしんどいかもしれませんが頑張ってほしいです。

家電の知識にかんしては、一つの商品をしると他の商品にも繋がる点が多いのでけっして難しくはないです。 あまり詳しすぎる人を嫌うお客様もいましたから安心してほしいです。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ おしゃべり好きに向いている仕事

基本的には人と会い、話をしてセールスに繋げる業務も行うという前提で考えてみると、髪型は黒くサッパリとさせて、服装もしわがないように身だしなみをしっかりと整えることが大切に思います。

そうすることで相手からの信頼を得ることができるようになるので、いろいろ質問を受けたり頼ってくれるようになるので、仕事のやりがいを見いだせることができると思います。人と会話することが好きな人に向いている仕事だと思っています。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

 

ビックカメラとは

▶ 家電以外にも取扱商品が多い

私がアルバイトしていた当時のビックカメラは、主に家電製品を扱う量販店でした。

店名になっているカメラはもちろん、テレビやビデオ、ビデオカメラも扱っていました。白物家電と呼ばれる洗濯機や冷蔵庫、シェーバーやドライヤーなどの美容家電、CDプレイヤーなどのオーディオ機器、パソコンや携帯電話とその周辺機器なども置いていました。

家電製品以外にもお酒や布団、メガネ、コンタクトレンズ、スーツケースなども扱っていました。

(おぱおぱさん/北海道/男性/30代)


▶ ネットショップもある

ビックカメラは、もともと家電量販店ですが、スポーツ用品や健康食品など、幅広いジャンルの商品を扱っているようでした。 社名は、ビックカメラですが、もちろんカメラ屋さんではありません。

ライバル店には、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどがあるように、 あくまで家電が中心の量販店です。他社と同じように独自のインター ネットショップサイトも持っていて、自分はそこに掲載する商品のページを制作する作業をまかされていました。

(gonzaemonさん/岐阜県/男性/50代)


▶ 外国人のお客様向けの商品も

ビックカメラは基本的には家電を扱っていますが、最近はとくに多様化され色々な商品を扱っています。店舗によっては外国人のお客様向けのお土産グッズや日本ならではのお土産も扱っています。

おもちゃコーナーにいくとプラモデルの種類が非常に多くおもちゃ屋にも負けない品揃えです。ですので最近は家電をメインとして来店するお客様よりも別の商品を探しにくるお客様も非常に多く日によっては場所の案内が忙しい日も多々ありました。

(乃木坂47さん/千葉県/男性/30代)


▶ アフターサービスも充実

人々の日常生活に必要なモノが揃っていて、製品の一つ一つのクオリティやコストパフォーマンスが優れている。誰でも気軽に足を運べて、日本にくるアジアを中心とした外国人観光客に対しても貢献し続けている会社である。

商品の返品や交換などアフターサービスも行っています。

(ましゃとさん/神奈川県/男性/30代)

ビックカメラのバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

今回はビックカメラアルバイト経験者のおぱおぱさん(30代男性)、swandiveさん(30代男性)、gonzaemonさん(50代男性)、乃木坂47さん(30代男性)、ましゃとさん(30代男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス