注目のお仕事

【バイト体験談】ビッグエコーの評判は?|まかない、面接内容、髪色や靴の注意点など

ビッグエコーのアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

 

★注目ポイント

  1. チームワークを大事にする仕事。先輩や社員さんも優しく頼れる人が多い◎
  2. 未経験でも問題なし。接客・調理の経験あるとさらに面接通過しやすい!
  3. アルバイトスタッフもカラオケや飲食店が最大30%安くなる社員割引制度あり

f:id:to_B:20180919203835p:plain

応募のきっかけ

▶ 情報誌「an」の求人欄を見て

大学生になって初めて携帯電話を持つようになり、また、他府県の大学のため交通費がかさんだため、せめて学費以外の自分の出費は自分で出そうと考えたからです。
アルバイト情報は、情報誌「an」で知ったと記憶しています。

直接店舗に電話がつながり面接の日時を決めたっていうのではなく、コールセンターがすべてを対応されました。私はこおゆう電話は初めてではなかったので慣れていましたが、初めてアルバイトの申し込みをされる方にとっては、話が詰まったりどもったりしても、相手はコールセンターなので、採否には関係ないと思われるため気楽に電話ができていいのかなとも感じました。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 店舗で求人張り紙を見て

私の近所のビッグエコーで個人的に通っていたので人員募集の張り紙があったのを目ざとく発見しました。コンビニのアルバイトをやめていたためどうにか稼ぎ口を探したく、深夜のアルバイトの数を多く入れるところを探していました。

自宅のアパートから近くて深夜の作業が多くできるところという点で絞って考えた結果カラオケ店が一番だと思い即応募しました。

インターネットでどのような仕事をするのかをよく検索して自分に合っているかをチェックしていました。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 新聞の折り込みチラシを見て

新聞の折り込みにあったアルバイトの求人広告を見て、ビッグエコーに応募しました。当時あんまり朝に強くなく、早くても午後から出勤で夜メインにできるアルバイトを探していました。私が応募したお店は居酒屋などが多くある繁華街の真ん中にあったので、夜は酔っ払いも多かったため出勤と退勤には自転車を使うようにしていました。

バイトは基本的にドリンクや料理を運ぶ以外は宴会以外ほぼお客様の前に出ていることはなく、バックヤードに控えていることも多くバイト仲間や社員さんとも楽しく働けました。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

面接

▶ 内容はシフトやアルバイト経験について

面接の翌日に採用の電話連絡が店長よりあったと記憶しています。人手不足ということと、調理の経験があるということ、あと、少しですが他のカラオケ店でのアルバイト経験があったことが採用の要因ではなかったでしょうか。面接でもそれらの話を中心にしていたと思います。

条件として週5日入って欲しい、調理については厨房に1人で入ってもらうことがあるが大丈夫か、といったことを聞かれました。他のアルバイトの方が私と同じ大学生ということもあり、テスト期間のシフト決めが困難だということも話しておられたので、主婦など学生以外の方も探しておられたようでしたので、もしかしたら不採用かなという思いは少しありました。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 返答に困るような質問はなかった

面接はビッグエコーのバックヤードで行われました。私のアパートから徒歩15分くらいのところの店舗で、人員募集の張り紙があったこととスタイリッシュなイメージがあったため応募しました。

大学生でしたので基本的に時間が有り余っていたことから深夜帯のシフトで働かせてくださいと主張したことがかなり効いたのかもしれませんが、特に問題や返答に困るような質問をされることなく採用されました。基本的にすぐにその場での採用でした。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 元気に大きな声で受け答え出来るか確認された

まず応募は電話で直接希望の店舗に連絡するところからでした。数日後に面接が決まり、店舗内の空き部屋に通されて店長さんと面接になりました。履歴書を見てもらって、その後志望動機を聞かれました。

単純に歌うのが好きだったのでビッグエコーのバイトに応募しましたが、元気に大きな声で受け答え出来る事も確認されてちょうど良かったみたいでした。1週間後に合否の連絡が来ると言われましたが、1週間以上経ってから電話が来ました。10日は過ぎていたと思います。選考に時間がかかる事もあるようです。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)


教育・研修 

▶ マニュアルよりも経験重視の教え方

店舗のアルバイトのほとんどが私と同じ学生であったため、マニュアルを一から覚えるのはもちろん大切ですが、みんなの経験に基づいて優先順位の高いものから教えていただいたこともあって、業務で戸惑うことも少なく、お客様に迷惑を極力かけずに済んだと思っています。

前職で調理のアルバイトをしていたこともあって、調理場に入らさせていただくことが多かったのですが、私の教育係についていただいた方が本当にいい方で、その方も先輩に世話になったとのことで後輩の面倒見がよくなったと話しておられたのが印象的です。こうして、多店舗にもかかわらず、マニュアルで一人でやらされるでもない良い伝統が引き継がれていくことが、長く会社が続く要因だと感じています。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ まずはレジの使い方を教わった

入りたての時はまずレジの使い方から教えていただきます。私がアルバイトをしていた際は今のようにキャッシュレスが進んでいなかったため、現金を使われる方が多かったこととコンビニのアルバイトの経験があったためストレスがなく飲み込むことができました。

また、飲み放題を頼まれる方が非常に多いのでトイレをかなり多くの頻度で掃除をした記憶があります。また、食事を提供する担当と作る担当に分かれますが、私は運ぶ担当でしたので落とさないようにだけ気を付けました。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 空き部屋でトレーニングをした

制服を着ていても派手な従業員が多い印象だったので、うまくやっていけるか不安でした。実際入ってみると、みんな気さくで優しくて楽しい現場でした。

まずはお部屋に入る時の順序を教わりました。注文を受けたドリンク等をオペレーターに支持されて運ぶんですが、ノックや声かけ、テーブルに置く時のメニューの言い方などを空き部屋でトレーニングして、その後実際にお客様のいるお部屋で実践していきます。

最初はチェックで先輩がついていてくれるので、失敗してもフォローがあり無理なく慣れることができます。あとは部屋番号を覚える事も兼ねて清掃をして、自然に覚えられていく感じでした。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

仕事内容

▶ 入念に掃除

大学の講義があるときは夕方5時からの出勤でした。まず出勤したら、現在の部屋のお客様の残り時間の確認と、その後の予約の確認をします。次に、オープン時に一度玄関周りの掃除をしていますが、夕方になるとほこりやゴミが飛んできたりしているので、掃き掃除と玄関のガラス戸の拭き掃除、待ち合いスペースの掃除をします。いつも少し早い目に出勤するので、通常の勤務時間には5分ほど食い込む程度で、交代で勤務上がりの方と代わって通常勤務に入ります。

接客業なので、私自身がどうか自分では判断しにくいですが、常に人が見ていることを意識して、様々なことに配慮ができる方が仕事には向いているのかなと思います。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ レジでの会計や清掃

出勤するとまず制服に着替えてからアルコール洗浄で手を洗い、そのあとは昼勤務の方々と交代引継ぎを行います。特に異常がなければそのまま引き継ぎ、レジ担当を交替します。

2時間ごとにトイレ清掃を行い、時間があるときはキャンペーンの看板を組み立てたり、キャンペーン情報の補充作業を行います。

お客様から連絡があればその都度お部屋に伺ったり、お会計を済ませます。会計終了直後に他の人に連絡し清掃を開始します。このループを行います。

(watakoさん/滋賀県/28歳)

 

▶ まずは部屋番号を覚えることから

出勤したらまず自分のポジションを社員に確認します。お客様のお部屋からの電話に応答したり、お時間の10分前コールなどを行うオペレーター、提供するドリンクを作る担当、そのドリンクや料理をお部屋に運ぶ接客係が裏方に回って、表はフロントで受付とお部屋の案内をします。まずは部屋番号などを覚える事から始まるので、ドリンクや料理を運ぶお仕事から始まります。その後ドリンクを作るお仕事やオペレーターなど、責任感のある内容にランクアップしていきます。お仕事を覚えるのは順序があるので、誰でもできると思います。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

時給・シフト

▶ 1日5時間、週4~5日で月に8~9万程度

シフトについては、大学生のアルバイトがほとんどでしたので、学校の行事やテスト期間に配慮し、店側が一方的に決めるのではなく、一人ひとりの要望をしっかり聞いたうえで、どうしても人手が足りない日はみんなで話し合って決めていました。急な病気などで欠員が出たときは、社員の方が対応したり、ビッグエコー他支店との交流もあったので、1日2日応援に来ていただいていた時もありました。

勤務時間は平均4~5時間だったと思いますが、日によっては例え2時間でもシフトの隙間を埋めるために出勤する場合もありました。最低どれくらい必要かというのは、働き始めであれば、時間帯によって仕事内容が変わるので色々な時間帯を経験するのは大事かと思いますが、その時間しか入らないという方はその必要もないし、人によっては覚えが早い方もいるので、一概に1日何時間、1週間に何日の勤務が必要かとかは特に感じたことはありません。

時給は800円から始まり、3年後には900円に上がっていたと思います。基準についてはアルバイトなので知りません。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 1日当たり5時間、週3回で月収7から8万円

一週間になんかいシフトに入れるかどうか、また所定の時間に問題なく来ることができるかで決まっていました。曜日も固定でほぼ同じ時間曜日で勤務をしていました。最低週に三回、一日5時間程度働くことがマストでした。時給は夜勤でしたので割と高めの1300円で残業はほとんどなかったため月々7万円から8万円程度稼ぐことができていたと思います。昇給に関してはそこまで長いことビッグエコーに勤めていなかったため詳細は存じ上げません。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 週4日勤務、1日あたり6時間働いて月収10万円
ビッグエコーのシフトは自己申告制でした。その時のバイトさんの提出状況にもよりますが、だいたい1週間前に1〜2週間ぶんのシフトを出す形でした。土日の夕方から閉店までのみなど融通は利くような感じで、私の場合は週4日で昼から夕方過ぎ、夕方から閉店までなどイレギュラーな組み方をしてもらっていました。月収は6〜12万くらいでした。フリーターだった事もあって、いっぱい稼いだり、旅行などで休みを多く取ったりと好きなように働かせて貰っていました。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

職場の雰囲気

▶ 面倒見がよく助け合える関係性

アルバイトはほとんどが学生で、社員の方は若い男性1人と女性が2人でした。社員だけでなく先輩のアルバイトの方みなさんが後輩の面倒見がよく、また、お互い助け合いながら働いておられました。

深夜、酔ったお客様がトラブルを起こされたときも、誰かが見て見ぬふりをするでもなく、必ず先輩上司の方が前に出られ、嫌な顔せずに対応されていたのを覚えています。
リピートされるお客様は必ず店員の方にあいさつをされていて、日ごろお客様への対応がこうして帰ってくるのだと思いました。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ なじみやすい雰囲気

午前中は11時から開店なのでそれからのシフトと午後一番のフリータイム終了時間が20時なのでそこからのシフトがあります。午後一番のシフトは女性の方々(年齢層としては高い)が多い印象でした。またはフリーターの方も多くいらっしゃいました。夜勤は学生がメインです。

たまたまではあったのですが同じ年齢の大学生が多くいたので雰囲気になじむのに時間がかかりませんでした。比較的大きい店舗でしたのでゲスト歌手の方が来られて特別会場で歌われていたこともありました。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 華やかでにぎやかな職場

華やかで賑やかな印象でした。制服はありますが、髪は不衛生に見えないように束ねていれば色などは自由で大丈夫だったので、比較的自由だったと思います。

大学生、フリーターが多く、勤務時間の関係で主婦の方は殆どいませんでした。調理担当には海外の留学生などが多かったです。

年齢は10代後半から30代くらいまでで全体的に若くて、とにかく賑やかな職場でした。閉店後はお店で飲み会なども多くあり、楽しく長く続けられました。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

よかったこと

▶ 様々な出会いがあり勉強になった

学生アルバイトという立場ではありますが、お客様層はあらゆる方がおられ、普段お話ができないような方に接客する機会を持つことができます。お客様はただの店員として要件を伝える方ばかりではなく、ちゃんと私たちの仕事ぶりを見ている方々もいます。時には厳しいお言葉をいただくこともありますが、お褒めの言葉をいただくこともあります。

楽しい時間を提供するのが私たちの仕事ですが、一方で、勉強させていただく時間をいただいているというのもこの仕事の魅力です。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ かっこいい制服を着られた

コンビニのアルバイトとの比較になってしまいますが、制服の質が他と異なると思います。タキシードのようなスタイリッシュでかっこいい制服を常に着用することができます。少しばかりではありますがそのようなかっこいい制服に憧れがあったので職場に行くなりテンションが上がっていました。

クリーニング代は好意で出していただけたのでお金に心配することがありませんでした。意外ではありますが、お盆休みは深夜に利用される方がほとんどいなくゆっくりできていました。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 社割でカラオケを楽しめた

シフト制だったので長期休暇も取りやすく、旅行などにも頻繁に行くことが出来ました。急に体調を崩しても代わりは社員さんが別のバイトさんを呼んだりして、気負わず休む事も出来ました。

社割があり、安くカラオケを楽しんだりすることが出来ました。通常のお部屋だと混んできた場合融通が利かないので、予約が無ければ普段なら入らないような、パーティールームを使ってカラオケ出来たりする事もありました。まかないの料理なども美味しく安く食べられて嬉しかったです。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

大変なこと

▶ 繁忙期のシフト調整が大変

大学の新入生歓迎会など、団体客がたてつづきに予約されている時期は辛かったです。アルバイトのほとんどが学生であったということもあり、新学期の時期は予定の入っているアルバイトの方もいたのでシフトを組むのが大変でした。

しかも、新学期ということは、前学期で卒業される方や、4回生になって論文や就活に集中するためにアルバイトを辞める方がおられたので、新しいアルバイトが入ってくるまでが大変でした。

しかも、新しいアルバイトの方たちを教育する時期と、団体客の多い時期とが重なったため、始めは十分な教育をしてあげられなかったのが申し訳なかったと感じています。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 酔っ払い客の対応

ビッグエコーでは深夜のシフトがメインでしたので、生活リズムを戻すことがしんどかったことです。あまりよろしくはないですが眠たい目をこすりながら接客をしていたことがよくありました。

金曜日と土曜日の深夜は特に学生や社会人の二次会でよく利用されるので酔っ払った方々の対応が非常に大変でした。酔っ払って何を言っているのかが分からない方々が散見されましたので、その方々をどううまく角を立てることなく接客するかが大事だと思いました。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶大量のビールジョッキをトレイに乗せて...

団体客からの飲み物の注文で、ビールをジョッキで10杯以上持って運ぶのはなかなか慣れませんでした。通常の居酒屋であれば必要のないドアの開け閉めがあるため、手で持って行けずトレイの上に持って運ぶ必要がありました。

また、ドリンクのサーバーにセットする炭酸水や原液、ビールをサーバーにセットするやり方は交換する時以外なかなか教われなかったので、急に必要になった時は大変でした。また、そういったドリンクのサーバーは毎日閉店後に清掃が必要で、早く終わらせるコツを掴むまで辛かったです。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

応募する人へ

▶ 日ごろから立ち振る舞いに気を付けて

ビッグエコーのようなカラオケ店は接客業なので言葉遣いを始め社会人としてのマナーを身につけなければなりません。お客様を目の前にしている時だけでなく、常にオープンな店舗構えなので、いつどこでだれが見ているかわからないので、日ごろから立ち振る舞いを気にしていないと、ふとした時に気のゆるみでだらけている姿をお客様の目にとまってしまうこともあります。

お客様の中にはお酒に酔っている方が少なくありません。少し絡まれても、普段の立ち振る舞いのおかげで対応に粗相がなく大事につながらずに済む場合もあります。これは社会に出てからも必ず役に立ちますので、そういった気構えで働く意思があるのであれば、その方はこの仕事に向いているのだと思います。

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 週末の夜に勤務できる人が面接通過しやすい

男性の場合カチっとしたタキシードのような制服を着用します。女性の場合はスカートをはきます。キレイめにお客様に対して見せなければならないので、髪型はさわやかな短めにするように店長に言われていました。

面接では学生なら自分の空いている時間を伝えますが、その店の募集している時間帯・シフトとマッチしているかが問題です。夜勤は大変ではありますが、ビッグエコーの場合は金曜や土曜日は特に来店客が多くバイトの需要がありますので、その時間帯に入れますということだと面接で落ちることは少ないように思います。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 社交性のある人に向いている

一般的なコミニュケーションが取れる、大きな声で元気良く話せる等の社会人として最低限の部分さえ出来ていれば、ビッグエコーは簡単で慣れれば楽しいバイトだと思います。逆に、声が小さかったり愛想が悪い等がある場合は向かないと思います。

バックヤードの仕事もありますが、料理の調理係以外はローテーションで接客に回ることが多いので、まずは接客が出来ないとかなり厳しいと思います。バイト同士のコミュニケーションも連帯感が重要になるので、社交性のある人に向いていると思います。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

ビッグエコーとは

▶ リーズナブルで食事も楽しめるカラオケ店

ビッグエコーは日常から少し距離を置いて、楽しい時間と空間を提供できるカラオケ店です。気軽に利用していただけるほか、お友だちの誕生パーティー、会社や大学の新歓、また、日頃のストレス発散に使うもよし、仲間とのきずなを深めるもよし、ママさんたちの旦那の愚痴を言い合う場所にするもよし、おじいちゃんおばあちゃんの憩いの場に使うもよし、どのようなシチュエーションにも活用できる地域に密着したお店です。
食事も学生さんの財布に優しいお得でボリューミーな食事や、みんなが喜ぶパーティー料理、そしてイベントのサプライズ対応もできるので、どんどんお問い合わせください!

(かーくんさん/鹿児島県/43歳)


▶ 臨場感たっぷりのカラオケボックス

ビッグエコーはひとりでも大人数でも楽しめる比較的高級なカラオケ店です。他社との比較ですと店内の高級感が違います。また、ライブダムやスタジアムを完備しており、高音質でライブ感のある音楽を歌って楽しめるサービスを提供しています。

また、食事もリーズナブルでお子様も大好きなメニューをそろえていたり、シニア向けのサービスも多く提供しています。これらのことから、歌が大好きな万人にサービスを楽しんでもらえます。

(watakoさん/滋賀県/28歳)


▶ 老舗のカラオケチェーン店

ビッグエコーは老舗のカラオケチェーン店で、お店によっては個性的なお部屋も多く揃えています。宴会なども可能で、結婚式の二次会などもできます。もちろんお一人様でも十分楽しめるように料金システムなどもきちんと出来ていて、利用しやすいです。

料理の種類も豊富で食事も楽しめます。お酒はもちろん、ソフトドリンクも種類が豊富です。駅前などの好立地にあることが多く、場所的にも入りやすいのも魅力のひとつだと思います。

(めがねだでさん/茨城県/39歳)

 

今回は、東京都品川区北品川に本社を置く株式会社第一興商が全国でチェーン展開しているカラオケボックス「ビッグエコー(BIG ECHO)」で、フロントの接客業務やフード・ドリンク類の調理業務などのアルバイト・パートスタッフの求人情報に応募して面接を経て採用され勤務した経験のある、かーくんさん(鹿児島県/43歳/男性)、watakoさん(滋賀県/28歳/男性)、めがねだでさん(茨城県/39歳/女性)(順不同)に、ビッグエコーバイトの面接内容や落ちる人の特徴、髪色・髪型・ネイル・ヒゲ・ピアスなどはどこまでOKか、ビッグエコーはブラックバイトやきつい仕事なのか、時給や職場の雰囲気などについて体験談や評判・口コミを伺いました。

なお、これらはあくまでBIG ECHOでの接客・調理などのパートナー(アルバイト従業員)経験者の主観にもとづく評判・口コミ・体験談・感想です。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問や教育研修の内容などが過去の情報であったり、制服や服装・髪色・髪型・ピアス・ヒゲ等に関する諸規定や社割(従業員割引)・まかない・福利厚生・勤務時間・交通費や各種手当などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パートなどお仕事探しの参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス