フジのアルバイト・パート評判まとめ/レジや惣菜スタッフの口コミ、体験談をチェック!

四国・中国地方を中心にスーパーやショッピングモールを展開しているフジ。本日は、フジのアルバイト・パート経験者4名にお集まりいただき、体験談を伺います。

★注目ポイント

  1. 初バイト歓迎、主婦も多数活躍!扶養範囲内でも働けます◎
  2. 極端な人見知りでなければ話し下手でも大丈夫!
  3. 毎週火曜、毎月22日(フジの日)は特売の来店客で大忙し

バイト探しは、バイトルで!

f:id:to_B:20180611185946j:plain

応募のきっかけ

▶ 大手なので安定収入、福利厚生も魅力

応募のきっかけは店舗で掲示してある求人募集を見たからです。 ちょうど前の仕事を辞めたところで、新しい就職先を探そうとしていた時期でした。

経験のあるサービス業で、安定した収入と福利厚生のしっかりした企業、なおかつ通いやすいというのが希望でした。 複数候補があった中で、まず一番に受けた会社でした。 フジは買い物によく行くなじみのある店でもあったので、お店の雰囲気も悪くない印象で、長く続けていけそうだなと思い応募しました。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 短時間の出勤も可能

田舎での生活だった為、仕事の種類も本当にとても少なく仕事を選べるほど募集がなかった。そこで仕事の紹介会社に伺い、紹介していただいた。

時間的にもあまり長く働きたくなかったのでショートタイムで探していた。土日祝日は 特に休みが欲しかった訳ではないので出勤出来る事を伝えました。スーパーなどは 週末の方が忙しいイメージでしたが毎週火曜日がフジの日といって ポイントが5倍だったり特売だったりした為、週末より火曜日が忙しかった。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 勤務時間外の拘束がない

当時住んでいた地域の全世帯に無料で配られていたタウン誌の広告を見てアルバイトに応募した。

当時大学四年生で卒業に必要な単位は取得済であり、無事就職活動も終えていたので、卒業旅行や卒業式の袴や写真の代金、内定先が飛行機の距離だったため研修などに出向く際の旅費を捻出したかったため応募した。

以前別の業種でアルバイトをしていたが、夜勤も多く屋外での活動や遠距離の移動を伴う勤務も多かったため体調を崩しやすかった。昼勤中心に勤務できて、移動時間など勤務外の拘束時間がない事、悪天候でも負担にならない屋内での勤務にこだわって選びました。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 新聞の折り込みチラシから

自分で自由になるお金がほしくて、バイトを探していました。新聞の折り込みチラシに求人案内があるのを見つけて、自宅に近いことや、お客さんを相手にするアルバイトがしたかったこともあり、すぐに電話をしました。

アルバイトの時給などの条件はあまり考えていなかったように思いますが、あまり夜遅いのは難しいかな?と考えていたので、スーパーの閉店時刻が、当時はそれほど遅くなかったので、丁度よいと思ったことをきおくしています。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

面接

▶ 10分程度の面接

店舗の求人募集を見て応募。 2~3日で面接までいって、4日後に採用通知をいただく。 面接内容は過去の職歴、志望動機をきかれた。通勤の便がよいところを探していて、福利厚生のしっかりした会社を探していたので、希望にそう会社だった。第一希望の会社でした。 応対をしてくれたのは担当部署のリーダーの方でした。

時間としては10分くらいだったと思います。 面接だけで、他にテストのようなものはありませんでした。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 小学生レベルの計算問題が出た

面接時に簡単な問題(計算問題)がありました。 本当に簡単でした。小学生レベルくらいだったと思います。 なぜにお惣菜担当で計算?とは感じました。 面接はほかの面接と変わりはなかったです。 今までのバイト経験の話、特に私は 普通の方とは違う珍しい職に就いていたりしていたのでその事を聞かれました。

採用はすぐに決まりました。人が本当に足りなかったのだと思います。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 面接翌日に採用連絡

電話でアルバイトの面接希望と伝え、すぐ2、3日のうちに直接店舗の事務室にて簡単な面接がありました。 面接の担当は男性の正社員の方お一人で、あるフロアの責任者と言う感じでした。特に難しい試験などはなく、質問メインと言う感じでした。

特に変わった質問はなく、大学の単位取得の状況や就活の進捗状況、これまでのアルバイト経験等で、あとは時間や曜日に融通がきくかや通勤する交通手段の確認でした。 面接の翌日にはすぐ採用の電話があったと思います。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 親切な面接対応

求人広告(新聞の折り込みチラシだったと思います)を見て、直接電話をして、面接の日を決めたと思います。 指定された日に行くと、面接を担当された方は、副店長さんで、とても親切に対応してくれました。

直前に、バイトが決まってしまったとのことでしたが、年末が近づいて来ているので、忙しくなるかもしれないので、かごの片付けや店内の清掃にあたってほしいと言われて、承知した覚えがあります。 すぐに働いてほしいとのことでした。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

教育・研修

▶ 実地で覚えることも多い

レジ打ちを専門にしていたので、教育といってもレジ扱いについてが殆どでした。 初日に数時間研修をしてすぐに本番でした。 いまどきは操作自体は簡単ですが、簡単な分複雑というか、処理方法が多岐にわたるのでその辺りを理解するのが大変でした。 ポイントの付与や、その辺りの操作とか。

自分でできると思ったのは一週間は過ぎてからだと思います。 特に補足の研修もなかったので、ほぼ実地で覚えていったという感じです。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 丁寧でやさしい教育体制

若い時は何事も初めての日はとても緊張しましたが、今私は若い年ではないので 初日もあまり緊張することはなく迎えた感じでした。

初日から揚げ物のポジションを任されましたが隣で他のポジションの方が 優しく1つ1つこれは何分揚げだよ、このように揚げるんだよ。などと教えて くださいました。揚げ物は1つ1つ時間か示された紙をチーフが早く覚えられるようにと 渡してくださいました。お弁当は出来上がりの写真、詰め方方法、順序 が書かれたファイルがあってそれを見ながら作って行きました。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ レジの扱い方、職場のルール説明など

出勤初日に同時に3〜4名ぐらいの新人が集められて、小1時間ほど会議室で社員の方から話があった。

主に出勤時間やタイムカードの事、服装の事、徒歩以外の出勤の場合の従業員用駐車場・駐輪場の説明などでした。後は食事を取る休憩室・ゴミ捨て場・通用口等の場所の説明と、給与についての説明が若干あった。

その後はすぐそれぞれの売場に移って、各々の売場のベテランパートさんから現場で初日からの2、3日は数時間ずつはレジの使い方を教わりつつ売場の業務を教えてもらう感じでした。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ まずはマンツーマン指導

ほぼはじめてのバイトだったので、何もかもがはじめて。とても緊張したことを覚えています。 はじめの一週間ほどは、店内の清掃、かごの片付けを中心にお店になれること、バイトに慣れることを目標に働きました。

その頃、パートのおばさんがやめてレジに穴があいたので、急遽レジの教育を受けました。 研修中というワッペンをつけて、おばさんがマンツーマンでついて、いろいろ教えてくれたように思います。すぐに慣れて一人でできるようになったときは、嬉しかったです。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)


仕事内容

▶ 部署異動は基本なし

朝からの仕事の場合は売り場の清掃があるので、開店30分前には出勤します。 それから朝礼、伝達事項の確認をして売り場に出ます。 基本売り場から離れることはありません。

接客、その合間には品出し、発注といった業務をします。 担当部署があったので、その部分に関しては自分に任されていました。 ある程度自分の裁量で発注、レイアウトなど行っていました。

担当替えはないので、ずっと一つの部署で働いていました。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 惣菜スタッフの仕事

お惣菜の手順、出来上がりの写真があるので 経験がなくても簡単にできる。味付けなど全くしないので 心配はいらない。 他のパートの方も助け合いながらやっているのでイヤな気持ちはしなかった。

お昼までに終わらせるというのはありましたが、慣れれば時間内には終わる。 忙しい仕事が好きな私には合っていた。 惣菜作り 冷凍物の惣菜を揚げる。唐揚げ、トンカツなど揚げる 出来上がったものを、表に出す。 オーブンに焼きそば、オムライスなどお弁当に必要なものを 入れ、順番に色んなお弁当を作る。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 特設コーナー担当の仕事

メインの業務は特設コーナーの担当で、お歳暮・バレンタインデー・ホワイトデー用ギフト売場の業務でした。 朝開店前に売場の点検を行い、在庫が少ない商品を確認して社員さんに報告、倉庫から在庫を出したり社員さんへ発注依頼をしたりしました。 開店してからは主に顧客対応で、レジ打ちやバレンタイン等の場合は各メーカーごとの袋や箱を添えたりラッピング対応でした。

お歳暮の場合はラッピングに加えてのし書きや発送を希望されるお客様には伝票の記入案内を行い、1日2回の宅配会社の集配に間に合わせて発送出来るよう合間に準備をしていました。 顧客が居ない空き時間にはポップを作ったり、ラッピングをしたりしていました。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ レジスタッフの仕事

制服に着替えてからタイムカードをおす。朝からバイトに入る時には、朝礼に参加して、連絡事項を聞いたり、いらっしゃいませ!ありがとうございました!などのあいさつを皆で言う。

開店したら、今日の担当の場所につき、仕事スタート。トイレに行きたいときなどは、レジがすいているときに、レジ休止中の札を出して、行くようにした。概ね二時間くらいで交代したような気がする。休憩はお昼頃に45分、その他に15分くらいあったと思う。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

給料・シフト

▶ 週休二日制、残業ほぼなし

シフトは1か月単位できまります。 月半ばまでに希望休を入れ、週休2日制の勤務でした。 シフト勤務なので、勤務時間のパターンは3パターンありました。 基本の労働時間は8時間に休憩1時間。 開店からの勤務、1時間後、2時間後、午後から閉店までという感じです。 時給は950円、土日祝祭日は時給100円増し。

残業はほぼなく、時間通りに上がれるのがよい。 稀に急遽残業になることもありましたがしっかり残業手当はついていました。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 週5~6日勤務で月収6~7万

シフトは1ヶ月ごとの自己申告制でした。チーフによってでしょうけども 私が働いていたところは休みの希望日はほぼ叶えてもらえていたと思います。 週5〜6日勤務の4時間でした。他の方で7時間勤務の方もいらっしゃいました。 月収は6万〜7万ぐらいでした。クリスマス、年末、などイベントのある時は 2、3時間長く働いたりしたのでそのぶん少し多かった気がします。

大晦日は 朝の6時から勤務で3時4時くらいまでかかっていました。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 他のスーパーと変わらない時給水準

働いていた期間がかなり前のため詳細は不明ですが、シフトは月2回程度自分で申告して、基本的には出来ない日以外は出勤していた。

基本的には朝から夕方までの 8時間程度の勤務だったが、マネージャーの判断で4〜5時間勤務の日もあり、朝出て昼過ぎに帰ったり、お昼から夕方までの勤務などもあった。

普段は週4〜5日、繁忙期は週6日働いていましたが、内定先の研修などがあった時は県外で飛行機での移動だったためまとめてあちらでの用事をしたりしたので週1〜2回の週もあった。体調不良等で突発的に休んだ事は無いので、そう言う場合にどう調整するべきだったのかは分からない。 給与については銀行振り込みで、時給が安い昼勤が多かったので月6〜7万程度だったのではないか。地域の相場の中で、コンビニよりは良いかな程度で、他のスーパーと比べても特に高くも安くもないという感じだった。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 土日メインで月2万

かなり前の記憶なのであまり覚えていないが、前の 月のなかごろに、シフト表がはり出されて、手書きで記入したようなきがする。 1日あたりの勤務時間は、3時間から6時間位だったと記憶している。

学生時代なので、土日がメインだったようなきがする。 当時の最低賃金はとても安かったので、月の収入は、2万円だいではないかと思われる。 夏休みや、春休みなどの長期の休みには、連日入っていたので、まとまったお金になったかもしれないが、あまり記憶がない。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

職場の雰囲気

▶ 常連さんと親しく会話するように

基本、社員は大卒、パートは近所の主婦という感じ。 パートさんは勤続歴が長い人が多く、頼りになる人が多かったです。 年齢層も幅広く、60代くらいまでは働いていました。 気さくな近所のおばちゃんのような感じ。 スーパーの特性から、毎日買い物の来る常連さんもいて、顔なじみになって親しく会話をするというような人が多かった。

割合は女性8割、男性2割程度。 男性は社員なので少なく、ほぼ店舗はパートさんで回していました。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 主婦層多めの職場
ほぼ、主婦が働いていた。田舎のスーパーだった為 皆さん自宅が近く和気藹々いている。スーパーの全ての職場の方が 地元の方ばかりだった。 若い時からパートで働いている方が多く、何十年も働いている方もいた。

そこそこのご年齢になってもスキルがある為、元気に働けている。 人によってはそれなりのご年齢になるとカジュアルで週に数日働くという 形をとっている方もいた。 新年会や忘年会、近くの店舗の方と夕食会などもあったようだが 私は参加したことはない。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ ほとんどがパートで構成
私自身は学生時代アルバイトをしていたが、学生よりも主婦が多い職場だった。 正社員の方はごくわずかで、ほとんどがパートの方でした。わりと長く働いてる方が多く、年齢層が高かったので昼食時など休憩室でもあまり話しにくい雰囲気があったので、私は昼食時には同じ学生バイトや30歳前後の若いパートさんなど限られた人と休憩室ではなく店内のイートインスペースなどで食事してました。

人間関係は可もなく不可もなくあっさりとしていた感じで、もちろん業務的な指導はしてもらいましたが、あまり他の方と関わる機会は少なく黙々と仕事をしていたような気がします。

私のシフト的にあまり固定の時間ではなく、朝から閉店の時間までその日によって違う出勤だったのも影響してるかも知れません。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ パートと学生がメイン
正社員の人は少なかったが、確かレジ係の中に、ひとりだけ30代の人がいて、全体を取りしきっていたと思う。

あとは、パートの40、50代の人が3人ほどと、学生のバイトが5、6人でシフトを組んでいたと思う。みな明るい性格で、仕事終わりに喫茶店によってお茶を飲んだり、居酒屋に行ったりと、和気あいあいの職場だった。レジ係の人とも交流が多くて、学生はいなかったが若めの社員さんと一緒に活動することが多かった。花見に出掛けたこともあった。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

よかったこと

▶ 人脈づくりができた

人間関係が広がった。 プライベートで付き合える友人が何人もできましたし、たのしく仕事もできました。

お中元、お歳暮のシーズンにはノルマではありませんが、売り上げがあった方がよかったので、我が家の分はフジで注文していました。 商品券の積立はノルマ的にありましたが、それも日常の買い物をしたり、旅行会社でも使えたので無理に我慢して、というのではなかったです。

溜まったら旅行に行くというのがお約束のようになって、ある意味楽しみでもありました。 シフトの融通は割合つきやすかったので、我慢するということは少なかったです。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ シフト融通でプライベート優先
人数的にもいっぱいいっぱいな感じでしたが、シフトは本当に 融通を利かせていただきました。その時のチーフにもよるとは思いますが。 急な用事、体調が悪くなったり、お子様の用事、お子様による 急な休みにも、パートの皆さんが助け合って、シフトを変わってくださったり したのでなんのストレスも心配もありませんでした。

社割はありません。でも帰りに買い物をして帰れるので良かったです。 地元密着型の店舗だった為、顔見知りのお客さまばかりでした。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ お勤め品で食費節約
本当は出来るだけたくさん出勤してもらいたかったようだが、大学や内定先の企業の行事・試験の際には無理強いはされなかった。 健康面で不安があったので、定期的にきちんと休めた事、基本的には朝から夕方の勤務で夜勤をお願いされる事がほとんどなかったのがありがたかった。

ギフトコーナーではあまり特典は無かったが、食品売り場の応援の時はいわゆるおつとめ品などを安く従業員に販売していたため、食費の節約になった。 映画館なども併設する大型店舗だったので、バイト帰りに映画を見たりウインドウショッピングする楽しみもあった。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ お客様の「ありがとう」
家に近くて通いやすかったことに加えて、同じくらいの年齢のバイトの人が多くて、楽しい雰囲気だった。また、割り引きチケットがもらえて、うれしかった。 今は、商店街のお店が大分変わってしまったが、当時は多くのお店があり、交流が盛んでそれも楽しかった。

また、鮮魚や青果のおじさんがとても親切で、美味しい食材の選び方を教えてくれて、ためになった。 お総菜は、閉店後にみんなで分けて持ち帰ることができて、家族に感謝された覚えがある。

お客様に、ありがとうと言われると、爽やかな気持ちになったこともよい思いでとなっている。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

大変なこと

▶ バス通勤だと急遽残業に困る

困ったことはそんなにありませんが、バス通勤だったので、急遽の残業になった時、帰りの便がちょうどいいものがなかったりときなどは、待ち時間が長くて困りました。

周囲に時間をつぶせる場所がないので、結局店内で時間をつかうということが多かったです。 きつい思い出もとくにないです。 力仕事ではなかったのですが、ずっと立っているという仕事に慣れるまでには時間がかかりました。

基本その場からあまり動かないので、立っているだけというのはちょっと疲れる。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 仕事の忙しさ

困ったことというか、辛かったのは忙しいと トイレに行く時間もありませんでした。 行ってはいけない訳ではありませんでしたが、自分のポジションが決まっているため 担当の場所を時間内に終わらせることができなさそうなのに 作業をストップしてその場を抜けトイレに行くことは 私にはできませんでした。なので辛かったのはそんな事くらい。

広告の商品を開店前に作り終えていないといけないとか他のものより 先に作るなど朝出勤した時点で自分で何を先にしないといけないのかチェックをし 間違えないようにしないと。と慣れるまで大変だった。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 部署を転々とされ、仕事覚えが大変

元々はお歳暮コーナーの担当として採用されたのだが、他の部署が忙しくなって来ると普通の食品売り場のレジや品出しにも回されたりしていた。その都度都度全く新しい分からない業務に取り組むので効率も悪く、特に他の従業員から叱られたり等は無かったが居心地は悪かった。 年末年始はパートさんが出勤しにくいからか、クリスマス以降はほぼ休み無しで出勤し、時には開店前から閉店近くまでの長時間になる日もあり、もちろんそれなりに給与は出るのだが体力的にきつかったのと正月に実家に全く帰省出来なかったのは残念でした。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 人員不足で休みが取りずらい

みんな仲良く、上司も特に恐い人がいなかったので、人間関係でいやな思いをすることはなかったように思います。

仕事の内容もハードなものではなかったので、体かきついということもなかったように思います。強いて言うならば、学校の定期試験が近づいて休みたいと思っても、人でのないときは、働かなくてはならず、自宅に戻ってからの学習が大変だったと記憶しています。 あと、めったになかったのですが、レジのお金が合わないことがあり、残業して原因を探ったことがありました。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

これから応募する人へ

▶ 応募前にお店を下見すると良いかも

お客様を大切にする気持ちを、全面に出すことが一番のポイントだと思います。あまり堅苦しい仕事ではないので、面接にのぞむ服装はそれほどあらたまった服でなくもよいと思います。不潔ではなく、明るい服装で大丈夫だと思います。

食料品を扱う仕事なので、ある程度の知識(常識的な範囲でOK)は必要だと思います。事前にお店を見学してみるのもよいかと思います。 客商売なので、人が好き!ということも大切だと思います。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

 

▶ 身だしなみはきちんと

あまり厳しい規定はないが、食品の扱いや接客を担当する事もあるので、身だしなみは多少注意が必要。ピアスやネイルは禁止、化粧や髪色は極端に奇抜で無ければ多少明るめでも大丈夫でした。女性の場合は髪はまとめる必要がありました。

面接は日常会話が問題無くできれば通る印象です。売場担当の場合は、制服はエプロンのみの支給なので、その中に着用するグレーなどの無地のトレーナーは手持ちがなかったため急遽購入しました。また、シャチハタ印が必要と勤務スタートしてから知り、私の姓は地方のかなり珍しいもので市販品が無く急いで作る事になったため、面接時に聞ければ良かったと思いました。

基本的に研修は無く、ペーパーのマニュアルも無くいきなり現場で仕事を覚えていく感じなので、分からない事を周りの方に素直に質問出来る人、報連相がしっかり出来る人の方が向いている気がします。ただお客様にゴリゴリセールスする感じでは無いので、極端な人見知りとかで無ければ多少話下手な方でも大丈夫だと思います。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 人と接することが好きなら大丈夫

フレンドリーな雰囲気なので働きやすいと思います。 結構勤続年数2桁という方も多く、ベテランと若手がうまく融合されているとも思います。

サービス業なので身だしなみのチェックはあります。 売り場へ出る前にセルフチェックをして出ます。 頭髪の色もここまでがOKという見本がありますし、爪も派手なネイルは禁止です。

向き不向きはわかりませんが、人と接することが好きな方であれば、どなたでも問題なく務まると思います。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ どんな方にでも役立つ仕事内容

誰でも、覚えられる仕事。(お惣菜コーナー) 時間との勝負の仕事になりますがとても私にはあっていて やり甲斐のある仕事でした。午前中の仕事が中心だったので 子育て中の方もお子さんが学校に行っている間だけでもできると思います。 クリスマス、年末、節分、など季節によって忙しい時は午後までの日もありました。 クッキングはしなくてもこんなレシピが 有るんだ。などと勉強にもなりました。

結婚されている方、結婚していない方、どんな方でも いつか役に立つお仕事だと思います。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

 

 

フジとは

▶ 総合スーパー的位置づけ

食品、衣服、日用品などの販売、総合スーパーのような業務内容。 私が勤務していたのは、3階建ての建物で、 1階が食品、2階が衣料品などを置いていました。

本社は四国で、中四国を中心に数店舗を展開しています。 ハウスカードがあり、ポイントカード、クレジット機能付きカードもあります。 住居地域で比較するとすれば、イオンが挙げられます。 扱う商材も同じようなものなので、わかりやすい比較対象だと思います。

(マッキーさん/広島県/40代/女性)

 

▶ 地元に愛されるスーパー
フジは1967年に、愛媛県宇和島市で創業したスーパーマーケットです。 地域の豊かな暮らしづくりをミッションとして、チェーンストア業をスタートしました。 2017年には創業50周年を迎えています。

今では地元密着型の大型スーパーとして地元の方に広く利用されています。 中国地方や四国地方では知名度が高いのではないでしょうか。商品は普通のスーパーなので特別感はあまりないですが、プライベートブランドの商品も販売しています。

(魚豪55さん/東京都/30代/女性)

 

▶ 品揃え豊富な印象

中国・四国地方の主に郊外に大型ショッピングセンターとして店舗展開している企業です。直営店にプラスして衣料品やレストランなどの専門店のテナントが多数入り、映画館を併設している店舗も多いです。

どちらかというと、主要駅よりは高速道路のインターチェンジ付近にある店舗が多く、車での利用者が多いため駐車場に多くスペースをとっている。 近隣の他社スーパーに比べると、少し価格帯が高めであるが、高級食材や他店ではあまり揃わない輸入食品や珍しいメーカーの物など品揃えが豊富な印象がある。

(らいぶらさん/沖縄県/30代/女性)

 

▶ 食料品や雑貨がすらり

スーパーマーケットなので、様々な食料品や日常使うような雑貨品を扱うお店です。 店内はひろびろとしていて、入口入ってすぐのところに、野菜や果物、冷蔵が必要な生鮮食料品、肉、魚などなど…… 中側の棚には、インスタント食品やレトルト、調味料などなど多くの食料品が並んでいます。

また、洗剤やタオル、アルミホイル、トイレブラシ、乾電池、ボールペンなどの雑貨品や、週刊誌やことも向けの月刊誌なども扱っていました。

(かっこちゃんさん/神奈川県/50代/女性)

バイト探しは、バイトルで!

今回はフジ(スーパー)アルバイト経験者のマッキーさん(広島県/40代/女性)、魚豪55さん(東京都/30代/女性)、らいぶらさん(沖縄県/30代/女性)、かっこちゃんさん(神奈川県/50代/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス