【バイト体験談】プロント(PRONTO)の評判・クチコミ|服装・髪型や面接内容、どんな人におすすめ?

プロント(PRONTO)のアルバイト・バイト・パート経験者にお集まりいただき、仕事内容や職場の雰囲気、面接について評判をインタビューしてみました。

 

★注目ポイント 

  1. 学生やフリーターを中心に、人間関係の良さが評判。定着率高め◎
  2. 社割でメニューが安く食べられて、食費を節約★
  3. 店舗ごとに客層が異なるので事前に見学に行ってみるのもオススメ

f:id:to_B:20180919192904j:plain

応募のきっかけ

▶ 知り合いからの紹介で

大学に入ってアルバイトを始めたかったが、何をしたらいいかわからなかったため、実際に働いている知り合いにプロントを紹介してもらいました。家から近くの条件で探していたので徒歩圏内で行けることに大きな魅力を感じました。

また、時給も他に比べて高い上に徒歩圏内なのに交通費も出るということで好条件がそろっていたため迷いなく選びました。シフト等の働き方も自由に選べたため、働き方に関してはとても融通が利くというのが大きなポイントでした。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ 以前もカフェでアルバイトをしていたので

小遣い稼ぎのためにアルバイトを探していました。プロントは普段からよく利用しており、以前も別のカフェチェーン店でアルバイトをしてたので経験を生かしてて働いてみたいと思い探していました。

プロントはおしゃれなイメージがあったことや、通勤しやすい所に店舗があったので応募しました。応募の方法はフリーペーパーで求人を見つけて、直接で電話して応募しました。店舗によって働いている人の年齢層や客層、雰囲気が違うので応募前に店舗や、周辺の様子を見に行くとよいです。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 友人から仕事内容などを聞いていて

私の場合、友人がプロントで働いていて、多くのアドバイスをもらえていたので、面接の際は業務への簡単な理解があることを説明させてもらい、基本的な確認の問答をするだけで雇っていただけました。

スタッフを募集している店舗については、フリーペーパーで見つけました。店舗前にはいつも募集広告が出ていましたが、自分としては馴染みの街でのバイトをのぞんでいたので、ちょくちょく雑誌を観ながら気長に待っていました。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

面接

▶ 学校のことや趣味についてなど

応募は知り合いの紹介だったので、電話でいついつに履歴書をもって来てくださいと言われる簡易なものでした。

面接の際はほとんどが雑談で内容はあまり覚えていませんが、働くことについて、学校で何を専攻して励んでいるか、趣味は何か仕事を通して何を学びたいか等のお話をしました。

採用に関しては翌日に電話があり、明日から来てください。というシンプルなものでした。全体的にスムーズにことが進んだため比較的何も考えていませんでした。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ カフェタイムかバータイムか

まずフリーペーパーで求人を見つけて直接電話にて応募しました。その後、直接店舗に出向き、店内にて店長と面接を行いました。

特段、面接らしいこと(趣味や頑張っていること、長所短所など)を聞かれることはなく、週何日入れるか、入れる曜日カフェタイムかバータイムどっちのシフトに入れるかなど極々普通の内容を質問されました。

時間はだいたい20分ほどだったと思います。面接の後、2日後くらいに電話で採用の連絡がきました。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 雰囲気を見られていた

プロントの会社の担当の方のほうへ連絡をし、面接は店舗でしました。気さくな店長さんだったので、あまり緊張せずに赴きました。たしか応募の電話をしてから2日後に連絡がとれ、店舗での面接はその翌日だったかなと思います。

これまでの学歴を少しお話し、それから少ないながらも職歴をお話ししましたが、実感としては、それらよりも会話の感触相手がどういうことをどんな風に受け取るのか、そこを何となく見ていただいたのかなと思いました。面接から翌日には連絡が来ましたが、おそらくあなたで決めます、なんてことをおっしゃってもらっていました。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

教育・研修

▶ 料理の提供方法を学んだ

初日はキッチンにおいて料理の提供方法の手順を学びました。マニュアルも用意されていたため、学ぶことのサポートは徹底してありました。

初めてのアルバイトだったので緊張したのですが、とてもフレンドリーに接してもらって慣れることに時間はかからなかったです。

最初はパスタにソースを絡める技術を身に着けることに苦労しました。あとはキッチンの物の配置を覚えることが大変でしたが、それも経験とともに覚えてしまうと何不自由はなかったです。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ 実際にやりながら覚える

お酒や食事を出すような飲食店で働くのは初めてだったので非常に緊張しながら初日を迎えた。研修のようなものは特になく、OJTで教わりながら作業を行う形だった。

バータイムメインでシフトに入っていたが、ドリンクメニューの数が多く、レシピの分量や材料、名称を覚えるのが大変だった。

昼間もシフトが入ることがあったので、昼のカフェメニューと夜のバーメニューで違うので覚えるのに苦労した。またオーダーの際の略称もなかなか覚えづらかった。レジのキーも略称などで表示されるため、逐一確認しながらの作業になってしまい、お客様を待たせてしまった。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 社員さんが初日は面倒を見てくれた

元々その店舗で働いていた社員さんが初日の面倒を見てくれました。

まったく問題なく業務ができるように全体の流れや、集中すべき時間帯の説明など、的確な指導をしてもらえたことで、今後この店でやっていけるのだという意欲も湧きました。とにかく感謝しています。

その後に入ってくるスタッフさんには、自分も含めたバイトやパートのスタッフも、指導をしました。学生ノリとは違う仲の良さがあった職場であったため、長く働く人が多く集まった印象があります。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

仕事内容

▶ 調理や翌日の仕込みなど

出社してまずは夜の食材の仕込みを来客人数を見越して行っていました。ディナータイムになると調理はもちろん次の日のランチの仕込みも並行して行っていました。また、お客様が少ない時間帯には棚卸、ホールの掃除、シフトの作成、などを行っていました。

閉店時間が近づくと片付けをしつつ、売り上げの集計、入金作業等もすべて任されておりました。基本的にはいろいろな作業を自分で優先順を決めて組み立てていくことが好き人には向いている仕事です。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ メニューの入れ替えやテーブルセッティング

基本的にバータイムズメインでシフトを組んでいたので、まず出勤したら、外にある看板をカフェメニューからバーメニューへの入れ替えを行います。その後、各テーブルのセッティングや、仕込み材料の準備を行います。

17時~22時までレジ、フロア、ドリンクを、各1時間くらいで交代で行います。21時30分ころからクローズ作業を始め、レジ締めやテラス席のかたづけ、ゴミ捨てやフロア掃除など行います。私が働いていたプロントはJRAの施設の中にある店舗だったので、土日の日中にシフトが入る場合は、ワゴンサービスを行っていました。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 清掃はこまめに

料理をするときもありましたし、ホールを見る日、あるいは時間帯もありました。女性スタッフが厨房に入ることは少ない店舗だったと思います。メニューの確認はどのスタッフがシフトに就いたときにも、何人かで集まってきちんと確認しました。

清掃についてはできるかぎり回数を増やして店内をまわるように心がけました。閉店時には翌日のシフト者が困らないように、思いつく限りのフォローを入れていたので、そういう点でもよい職場の雰囲気が作られていっていたのだと思います。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

給料・シフト

▶ 週6勤務、1日4〜9時間で月収12万ほど

プロントのシフトの決定は週末までにバイトリーダーが各従業員に次週の予定を聞いていき、最終バランスをみて調整する形でした。

月収に関してはまちまちでしたが、学生だった私はレギュラーで好きなだけ夜に入れてもらってたので10万円以上は毎月頂いてました。

その他にも主婦やフリーターなど色々な方がいましたが無理強いられることのない融通が利く職場でした。

昇給に関しては長い年数働き業務量が増えるのと比例して5段階ほど増やしてもらいました。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ 週3勤務、1日あたり4時間ほど働いて月収6万円ほど

シフトは2週間ごとに希望を出して店長が組んでくれました。時給は950~1000円で、私は週2~4回、平日はバータイム、休日はカフェタイムにそれぞれ4時間ほど入って月収がだいたい4~6万円くらいでした。

フルタイムで入っているフリーターの方も多く、20万近く稼いでる人もいました。以前、別のカフェチェーン店でアルバイトしていた際は時給800円でしたので、カフェチェーン店のなかでも割合時給は高い方だと思います。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 勤務は週4か5。6時間か7時間ほど働き、月収は10万から12万円

私は週4で出ていました。時間帯は午前と午後の2パターンで、それぞれ6時間、7時間の勤務でした。社員さんはその時間を跨ぐように出ていました。それなのでスタッフはいつも安心して働くことができていました。月収は10万円を少し超すくらいで、就業時間から考えて自分としてはちょうどいい程度でした。交通費は出してもらえたので、空いた時間に街で息抜きしたり、とても楽しい職場でした。学生さんが半分くらいいたので、私のような比較的時間の余裕があるスタッフは、やや決まったシフトになったかと思います。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

職場の雰囲気

▶ 離職率は低く楽しく仕事ができた

働いている人は学生、主婦、フリーター等時間帯により様々ですが、昼は主婦、フリーター、夜は学生が多かったです。私の店舗は高校生もいました。年齢は18歳~32歳くらいと幅広く、髪色も比較的自由でした。人間関係はほとんどが仲良くプライベートでも遊びに行ったり、飲み会も頻繁にありました。

また、従業員同士の恋愛も頻繁にありました。働いている最中も忙しい時等の苦しい状況の際も皆で冗談を言いつつモチベーションを上げたり、フォローに当たるなど環境はとても良かったです。そのため離職率も少なく皆長期で働いているイメージはありました。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ 劇団員などのフリーターの人など

昼間はフリーターやパートの方が多く働いていました。夕方からは学生が多く、年齢が近い人が多かったです。年齢層は18~40歳くらいでした。高校生は私の店舗は働けませんでしたがOKの店舗もあるようです。

人間関係は長く働いている人が多かったので非常によく、飲み会や、私は参加しませんでしたが休みの日に出かけたり、旅行なども行われてました。時給が割合によく、稼げるからか、フルタイムで入っている劇団員や声優学校に通っている方など、何か目指しているフリーターの方が多く働いている印象を受けました。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 落ち着いた雰囲気

在籍が長かったので、比較的、落ちついた空気のなかで自分は働けました。

高校生や大学生の若いスタッフも多かったので、和気あいあいとした雰囲気があり、また働いているお客さんが多いことで活気のある職場でした。

失敗するスタッフ(お皿を落としたり)には優しいところがあり、それが最もいい心持ちの職場であると実感しています。

学生さんが半分働いていたので、真面目ではきはきしたところが職場全体に好影響を与えていたと思います。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

よかったこと

▶ 高時給・昇給制度や社割も有

良かったことは多々あります。まずは学生にとってかなりの好条件が揃っています。時給が高いこと、交通費が掛からなくても支給されることが挙げられます。数年働くと昇給も楽にできます。

働き方としては自分の状況に応じてシフトの融通が利くことです。テスト期間や旅行に行くときなどは何も考えずにシフトを提出しておりました。提出したシフトはほとんどが願い通りに反映します。

食事は社割で安くで食べることもできて学生にとっては非常にありがたい条件が揃っていました。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ シフトは融通がききやすい

私が働いていた店舗では、歳が近い人が多く、大学生だったのでシフトの融通はかなりききやすかったです。

JRA施設へのワゴンサービスや、店中を動き回りながら気を配らなければならなかったので、かなり接客能力は鍛えられたと思います。

客層は店舗の立地柄、良いとは言えませんでしたが、常連さんなども多くコミュニケーション力も身についたのがよかったです。カフェでは以前もアルバイトをしていたのですが、プロントはバータイムがあるので自身でお酒を作る機会もなかなかないので、良い経験になりました。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 客層が良かった

客層がよかったのは確実にあったと思います。社会経験として申し分なかったですし、社会の流れのなかで働けているという実感は、心身にとっても良い影響があったと思います。

また、社員さんがバイトの人格、あるいは人間性を尊重してくれて、マニュアルは絶対的にある一方で、比較的融通を利かして対応をしてくれた点は、色々な勉強にもつながりました。

シフトの融通という点では、あまり無茶な要望がスタッフから出たということがなかったので、細かく言えませんが、普通に働いていて困ったなどということは一切ありませんでした。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

大変なこと

▶ イベントが近くであると大忙し

きつかったことはサントリーミュージアムに併設されていたこともあり、有名な式典が開催されると来客数が普段の何十倍にもなるときもあります。

休憩なく10時間以上働くこともざらにありったのできつかったです。それが1~2か月毎日続いていたのでその時の疲労感はすごかったです。

困ったことはその繁忙期にはいくら予想して仕入れても材料が間に合わないことが多々ありました。その時は途中で買い出しに行ったりと天手古舞なことが続きました。繁忙期と閑散期のギャップがすごかったです。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ 喫煙スペースがありたばこの臭いがきつい

分煙で、たばこが吸えるスペースがあったので毎回匂いがついて臭かったです。また、基本的にシフトに入っていたのがバータイムだったのですが、その時間はやはり飲むことを目的に来るお客様も多くオーダー数がかなりの量になるので、注文を受ける際、提供する際、お会計の際非常に大変できついです。

土日の昼間に行っていたJRA施設へのワゴンサービスも、注文を受けたらその場で手作業で作る、会計も暗算で行うといったアナログな作業だったのでかなり大変でした。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 慣れないうちは大変

やっぱり働きはじめの慣れないころの業務がきつかったことを覚えています。

やらなきゃいけないことは大体理解できているのですが、混む時間帯や、突発的な忙しさのなかでは、経験のなさからくる近視眼的な思考になってしまい、目と頭のクルクル回るような状態になってしまいました。

ですが、今から思えば、新人の自分が何も手伝えなくても周りで十分補えるくらいの準備をしてもらっていたのだなと思います。てんてこまいになりましたが、スタッフ、お客さん、ともに笑いながら済ませてくれていたのだと感じていました。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

応募する人へ

▶ マルチタスクのできる人に向いている

店舗にもよると思いますが、基本的にランチタイムやディナータイムの繁忙な時間は自分で物事の優先順を決めれる人が向いていると思います。また、色々な業務の同時進行も求められるので、1つの作業に集中したい人には向かないと思います。

数年務めるとキッチン、ホール両方を任されますので色々なことがしたい人にはうってつけです。
服装や髪色は基本的に自由です(奇抜なものを除く)。面接は特に心構えすることもなく自然体で臨みました。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ コミュニケーション能力のある人におすすめ

たくさんのお客様がくるので、他人とコミュニケーションを取ることに抵抗がない方が向いている。食事の提供だけでなく、食事が終わったお客様の食器やグラスの片づけなども行わなければならないため、周りを見ながら先回りして行動できる方が向いている。もくもくと作業したいだけの人には向いてないかも。

身だしなみに関しては、飲食店なのである程度清潔感が必要。店舗や立地によってかなり客層や来店人数雰囲気が違うので応募前に見に行くと良いと思う。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 社会について学ぶことが多い

プロントで働くことで多くのことが勉強できます。

社会に対する理解も深まりますし、スタッフで協力することの大事さ、また同時に自立の必要さも学べます。

服装や髪形など、見た目に気をつけるのは、どの店も同じかとは思いますが、プロントは特に注意力を高めてのぞんだほうがいいかと思います。清潔感を大事にする店舗だったので、誰も口では言いませんが、見た目には気を使っていたと思います。

面接は正直にするだけです。すべてにおいて大事なことは、自分の都合で何かをするのではなく、みなで協調して取り組んでいくのだと言う心持ちをもつことだと思います。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

プロントとは

▶ カフェだけでなくディナーでも使える

プロントはランチとしての利用、カフェとしての利用、ディナーの利用もできる色んなシチュエーションで利用できるカフェバーです。昼はパスタ、プレートメニュー、カフェではケーキも豊富で、夜はお酒の種類も多くアラカルトメニューも豊富にあります。

基本的には注文から提供までを短時間で行うことを心がけておりました。

コンセプトはお客様に陽だまりにいる心地よさを与えるということで、いつ何時も年齢層も関係なくお客様の心地よさを追求するサービスを提供しておりました。

(dadaさん/大阪府/30歳)


▶ カフェ&バーのチェーン店

プロントはカフェ&バーのチェーン店です。昼間はコーヒーやパスタ、ケーキなどを提供するカフェ、夕方からはアルコールやピザやポテトなどお酒と共につまめる食事を提供するバーとなっているのが特徴的です。値段は手頃でカフェタイムであれば1000円ほど、バータイムであれば3000円ほどもあれば充分楽しめます。値段の手頃さや提供の早さから昼間はサラリーマンやOL、学生の方も多く利用されています。夜は飲み放題メニューなどもあるので、ちょっとした飲み会や女子会にも向いています。

(ばんりおさん/神奈川県/29歳)


▶ 幅広い人に受け入れられるお店

顧客層としても男女問わず、また年齢問わず、様々なニーズに応えられていたと思います。それは料理の種類や、店舗の内装、また広告の影響もあったと思います。

他のカフェチェーン店と比較しても、プロントは特に立地の面でオフィス街にある店舗が多いです。若い男性だけでなく、比較的OLさんの利用が目立ったと思います。料理を出すスピードも速くて仕事中の昼休憩に便利なのでしょうが、同時に季節を意識したメニュー構成なども幅広い客層から人気を得ています。

(たけしたさん/千葉県/36歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。
画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。
また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。