モリバコーヒーでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

独自のフェアトレードで輸入したコーヒーと、お店で手づくりの新鮮サンドイッチを提供するモリバコーヒー。駅チカの店舗・ナチュラルで落ち着く内装が人気で、ゼンショーグループの株式会社善祥カフェがチェーン展開しています。本日はモリバコーヒーでアルバイト・パートとして働いた経験者に、人気カフェのお仕事内容や評判をインタビューしてみました。

★注目ポイント 

  1. シフトが1週間ごとなので、プライベートの予定が立てやすい★
  2. 幅広い年代のお客様との接客を通じてコミュニケーション能力が身につく◎
  3. 覚えるドリンク・フードメニューが多く、慣れるまでは大変

f:id:to_B:20180807152819j:plain

応募のきっかけ

▶ オープニングスタッフ募集

当時はフリーターで何も仕事をしていない状態だったので、なるべく急ぎで仕事を探していました。
条件は人と接することが好きで飲食店で仕事をすることが好きだったので、飲食店でのアルバイトの仕事を探していました。 
新しく1からお店づくりをするということを経験したかったのでオープニングスタッフで探していました。
カフェで働くことに憧れがあったので、ちょうど探しているタイミングで見つけることができました。
応募方法はフリーペーパーを見て電話で応募しました。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

面接

▶ 今までの経験とシフトについて

応募はアルバイトのフリーペーパーから電話をして、3日後くらいに面接が決まりました。
面接場所は新店舗だったので、つくっている最中の店舗で行いました。
その場で簡単なプロフィールなどの用紙を記入して、その後の面接は一般的な普通の質問で今までの経歴や、希望する勤務日と時間、調理経験があるか、オープンまでの研修は可能かなど、だいたい30分くらいで終了しました。
面接から5日後くらいに電話で採用の連絡がきました。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

教育・研修

▶ ドリンクの説明から説明の方法などを練習

オープニングスタッフだったので、初日は自己紹介から始まりました。
そして出勤からの流れや、トイレ清掃や店舗清掃などを最初に行いました。
そして、ドリンクの種類の説明、作り方、お客様への提供の仕方を何日間もかけて練習しました。
それからフードメニューの種類、野菜の仕込みの仕方、作り方、提供の仕方、作らないデザートなどの補充の仕方を練習しました。
慣れてきたら、お客様役とスタッフ役に分かれて実際に注文をし、作るという流れを練習しました。
慣れるまで、けっこう日にちがかかった記憶があります。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

仕事内容

▶ ドリンクとフードを作る仕事がメイン

出勤したら制服に着替えて、まずトイレ清掃と店舗入り口などの清掃をしてから手洗いをしてポジションにつきます。
ドリンクを作るのとフードメニューを作る仕事が多かったです。
セルフサービスだったので、お客様が食器を下げ終わったら、なるべく早く洗浄側にさげるようにします。
デザートの補充や野菜の仕込みが必要なので、気づきが大切で空いている時間に補充と仕込みをできるやうにします。
テキパキと作業するのが好きな方に向いていると思います。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

給料・シフト

▶ 週5日、1日5時間働いて月収8〜10万円

シフトは2週間前に1週間ごとのシフトを提出するという自己申告制でした。
1週間ごとだったので、自分の予定がしっかりわかってからシフトを提出できたので、融通がきいてよかったです。
1日3〜4時間からで、週3,4日以上入ることが条件でした。
時給が950円だったので、だいたい月収は8万円くらいだったと思います。
昇給制度はなかったですが、研修期間が終わったら950円になりました。
研修期間は850円でした。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

職場の雰囲気

▶ 和気あいあいとした雰囲気

職場の雰囲気は、学生や主婦の方が多く、女性が多かったです。
若い学生の男性もいて、みんなオープニングスタッフとしてのスタートだったので、スタートも一緒だし和気あいあいという感じの雰囲気の職場でした。
他店舗研修では、その時に一緒にシフトに入った方と特に仲良くなることができ、自店舗で一緒になった時により仲良くできました。
ほとんどオープンからお昼過ぎまでの時間帯に入っていたので、フリーターの方や主婦の方が多かったです。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

よかったこと

▶ ドリンクやフードの知識を学ぶことができた

ドリンクやフードの知識を学ぶことができたこと、色々な客層のお客様が利用されていたので、その年代のお客様に合わせた接客を学ぶことができたこと、スピーディーにかつきれいに作ることでテキパキと作業するということを学ぶことができたと思います。
食材の仕込み方や保存方法や、包丁の取り扱い方や衛生面の知識も身についたので、とても役に立ったと思います。
シフトも1週間ごとだったので、融通がききやすかったのがよかったです。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

大変なこと

▶ 新しいメニューが出るたびに覚えるのが大変

オープニングスタッフだったので、オープンするまでの日数が少しあり、その間の他店舗研修の場所が少し遠く、通うのに少し不便で大変だと思いました。
その他は、ドリンクのメニューが多く作りかたを覚えるのが大変で、フードメニューも季節ごとに新しいメニューが発売されるので、その都度覚えるのが大変だと思いました。
フードは注文されてから作るものもあったので、スピーディーにかつきれいに作ることを求められていたので、苦労しました。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

応募する人へ

▶ カウンター越しにお客様とコミュニケーションが取れて楽しい

最初にドリンクメニューとフードメニューの種類、作りかたを覚えることが大変だと思いますが、つくっているうちに慣れていくと思うので、大丈夫だと思います。
フードの食材によって、仕込んでからの保存日数や破棄するタイミングが違うので、それを覚えるのが大変ですが、それも慣れていくと思います。
服装や髪型は、飲食店なので清潔感のある方なら問題はないと思います。
カウンターで注文する形式なので、お客様との会話も楽しめるので、接客が好きな方にオススメです。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

モリバコーヒーとは

▶ リーズナブルなコーヒーショップ

コーヒーなどが飲めるコーヒーショップで、チェーン店で全国的に展開されています。
スターバックスコーヒーのような高い金額設定ではなく、イメージとしてはドトールに似ていると思います。
食事メニューにはサンドイッチなどがあり、注文してから店員が作ってくれて、その季節によって新しいメニューも発売されるのが魅力的です。
その他にも甘味など軽食も食べれます。
店内はコーヒーの香りでリラックスできて、どんな場面でも利用できるお店だと思います。

(ゆいちゅさん/千葉県/35歳)

 

今回は、株式会社ゼンショーホールディングスの完全子会社で東京都港区港南のJR品川イーストビルに本社を置く株式会社善祥カフェが首都圏を中心に店舗を展開しているカフェチェーン店「モリバコーヒー」アルバイト・パート経験者のゆいちゅさん(千葉県/35歳/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問内容などが過去の情報であったり、制服や髪色・社割(従業員割引)・まかない・福利厚生などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パート探しの参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス