注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

【バイト体験談】ヤマト運輸の仕分けはきつい?クロネコヤマトでアルバイトした評判・口コミをチェック!

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の仕分けアルバイト・バイト・パート経験者3名にお集まりいただき、仕事内容や職場の雰囲気、面接について評判をインタビューしてみました。

 

★注目ポイント

  1. 先輩や周囲の人柄が良く、男子校のような職場で楽しいと評判◎
  2. 高時給・好待遇のアルバイト。短時間勤務のシフトもあり★
  3. 体力を使う仕事だが、勤務中に筋トレできる職場と思えばお得!?

f:id:to_B:20180919205546p:plain

応募のきっかけ

▶ 空いた時間に少し稼ぎたかったから
もの入りだった為空いた時間に少し稼げればと考えていました。知り合いに時間の融通がきく仕事ということでヤマト運輸の倉庫内作業を紹介してもらいました。紹介してくれた人がもともと同じ現場で働いていたこともあったため面接も含めスムーズに採用。仕事の流れの把握と3日ぐらいで大体完結しました。

ただ、時給等をこだわらなかったのでそこのハードルは楽だったように感じます。またヤマト運輸は常に人を募集しており配達しているトラック等にも募集広告を打っています。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 短時間勤務だったが高時給だったから
応募はタウンワークのような求人サイトから応募しました。(実際に使った求人サイトは覚えていません)
体調を崩しフルワークを辞めた後しばらく経ってからだったので、2時間の仕事は仕事を再開するのにちょうどいいと思ったのと、朝の7時半に仕事が終わるなら、その後仕事を探すにしても、たいていの仕事に都合がいいと思ったからです。
時給も良かったですし、交通費も支給されるので、金額面でも魅力でした。もちろん家から通える距離にあったのも理由です。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 求人情報誌を見て
私がヤマト運輸でバイトを始めようと決めたのは、雑誌名は覚えていませんが、求人情報誌の求人広告を見て、時給に惹かれたからです。深夜帯の時間で夜間手当が付くこと、それから丁度御歳暮の荷物を取り扱い始める頃で荷物が大量に増えるということもあって、普通時の求人よりも少し条件は良くなっていたようです。

時期的にも、大量に募集していたらしく面接らしいものもほとんどなく、いつから来て欲しい、というようなことだけ言われた記憶があります。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

面接

▶ ペーパーによる適性検査がメイン
電話で採用担当の人と一回連絡を取ったあと、面接日が決まり指定された場所は仕事現場ではなく、ハブとなる倉庫であり面接官は現場責任者ではなくハブ倉庫の幹部社員でした。

私にヤマトの仕事を紹介してくれた人から下話としてシフトについて話してもらっていたため面接ではペーパーによる適性検査がメインでした。内容は個人情報保護に関する理解度を調べるものであり、他人の情報を漏洩してはいけないという認識があれば容易なものでした。採用に関していえば当日に返事と作業現場の通知がありました。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ ヤマト運輸の社長の名前を質問された
応募してから、支店長から電話が来て面接、採用も電話で連絡が来た気がします。採用の連絡は即日来たと思います。
面接ではヤマト運輸の社長の名前を訊かれて答えられませんでした。面接でそのようなことを訊かれたのは初めてで記憶に残っています。あとはどうして朝の5時半からの仕事に応募したのかと質問されて、朝早くに仕事が終わり、1日が有効に使えると答えた記憶があります。質問はどんな利点があるかだったかもしれません。(時間に関して)
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 簡単な作業内容の説明

求人情報誌を見てから、電話で連絡をして面接の日取りを決めました。面接日は、電話した3日後ぐらいだったと思います。
面接は集荷場の一角にある小さな部屋で行われました。面接官は一人で、面接時以外ではそのあと一度も会うことがありませんでしたので詳しいことはわかりませんが、30代後半位に見えました。面接とは言うものの、名前や学校名を聞かれる位で、あとは簡単な作業内容の説明等があった程度でした。
いつから来られるか、週にどれぐらい来られるか等を確認されて終了でした。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)
 

教育・研修

▶ 研修は特になかった
研修と銘打ったものはとくになくいきなり現場に入り当日のリーダーの指示に従い仕事をしながら流れを覚えていく物でした。最初は先輩スタッフに指示を受けそれに従い作業を行いました。難しい内容ではないので理解するのにはそれほど時間はかからないですが、身体の使い方のコツを掴むまでは体力的にもキツイかなと思います。『ピーピー』と呼ばれるバーコードを読み取り管理するアイテムの使い方を覚えるのに2日、3日。全ての作業をそつなくこなすようになるのにひと月かからないかと思います。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 慣れるまで時間がかかった
最初は伝票を読むことに慣れるのが大変でした。住所に従って荷物を分けていくのですが、いくつもの例外があり、その日以外の指定日の荷物は別の場所に移したり、覚えることは結構ありました。住所が間違っていることも多々あり、記載されている番地では自分の支店の取り扱いではない、もしくは違うコースへ仕分けてしまうところ、店舗名から住所が間違っているパターンも結構あるからです。

慣れてくれば、大きな会社やよく利用されている店舗宛だと、住所が間違っているとすぐにわかるのですが、慣れない間はそのあたりがわからず、誤着と判断してしまったりしていました。ただ、本当に慣れるまでは自分が誤着と思ったものは他の人に必ずその判断が正しいか確認をしていました。あとは荷物の重さに慣れるのに時間がかかりました。あまりに重たくて落としてしまう可能性があったり、高いところから重たいものを降ろさなくてはならないときは、男性にお願いしていましたが、いつの間にか私が持てない荷物は男性でも一人では持てない荷物になっていました。

伝票はなかなか見慣れなくて、全部の情報をもれなく一瞥で見れるようになったのは、1年くらい経ってからだと思います。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 新人教育の担当者はいなかった
私がアルバイトで担当していたのは、荷物の仕分けとトラックへの積み込み作業です。時間は深夜帯でしたので、特に新人教育の担当者が専任でいるということはありませんでした。
初日は深夜帯の中でも、仕事に慣れていて余裕がありそうな人に付いてサポートするような形でした。二日目に付いたのは初日とは別の人で、その日は初日とは逆で、私が主に作業をして、たまにサポートを受ける形でした。そして、三日目からは一人で作業を任されるような形でした。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

仕事内容

▶ まずはトラックから荷下ろし
まず、出勤する現場というのが宅配物が集まる倉庫です。朝礼みたいなものはなくその日の現場リーダーとメンバーに挨拶をしたら早速仕事開始です。

各ルートから宅配物が運ばれるのでトラックから荷下ろしをしていきます。冷蔵庫や洗濯機など重量級の家電もあるため慎重に扱います。その後は引っ張りと呼ばれている整頓作業に移ります。宅配指定日毎に荷物を並び替えさらに当日配送される品物を地域ごとのルートに並べます。これらの品物管理が主な仕事であり単純ですが、物を丁寧に扱える人と体力に自信がある人が向いているかなと感じます。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 荷物の仕分け
5時半出勤時間打刻。さっと着替えて、センター内から台車を外に出して、既に待っているトラックから荷物を降ろします。
さらに台車を整理したり、コンテナを動かしたりして仕分けの環境を整えてから仕分けです。6時半から7時過ぎくらいに次のトラックが到着し、また荷物を降ろし仕分けます。
このトラックにクール便と小物(封筒類)が乗っているので、通常の荷物の仕分けが終了したら、クール便と小物の仕分けに入ります。通常の仕分けが終わったときに、コレクト便の確認をする人を決めていますが、火曜と土曜はその人は勤務ではないので、火曜・土曜は通常の仕分けが終わってからコレクト便の確認をします。

また、2つのセンターが入っているので、自分のエリアの通常の仕分けが終わり、隣のエリアの荷物が多く残っていれば、クール便の仕分けの前にそちらを手伝います。てきぱき動ける人、頑張ることに抵抗が無い人に向いている仕事だと思います。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 荷物の仕分け作業とトラックへの積み込み作業
私が担当していたのは、荷物の仕分け作業とトラックへの積み込み作業です。
荷物の仕分けは、大元のベルトコンベア上を流れている荷物を各方面向けに分ける作業です。次々と荷物が流れてくるので、一つの荷物に手間取っていると、他の人の作業にも影響を与えてしまうのが大変でした。
トラックへの積み込みは、仕分けされた荷物をトラックの荷台に積み込むのですが、荷物の大きさや重さを考えて積み込まないとバランスが悪くなってしまって、積みにくくなってしまうということもありましたし、なにしろ運転中に崩れる危険もあったので、体力はもちろんですが気も使う作業でした。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

給料・シフト

▶ 週4勤務(変動有り)1日五時間で約80000円
最低限の出勤日数というのはきめられてはいなかったので確実に出勤できる日を事前に知らせて仕事にいくという形でした。しかしながら、働きすぎる事は逆に管理され、基本的には連続5日間働いたら1日休まなくてはいけない
一月に一度だけは六日間勤務をしてもいいが、残業(八時間以上からの勤務)は○○時間以上してはいけないというような稼げる上限は決まっています。とはいっても二十万のうえを稼ぐことは可能です。自分の場合は最大1日五時間ほどで七、八万円程度の給料でした。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 1日2時間~2時間半、週5日、月収平均6万円です。
シフトは固定です。火曜~土曜、朝5時半~7時半です。
人によっては朝9時半までだったり朝6時からの出勤の人、週3日の出勤の人もいますが、朝アシスタントは今のところ曜日・時間固定です。休みは基本的には前の月に届けますが、直前になってお休みが必要になっても基本的には受理されるので助かります。
時給は基本1500円ですが、2時間以上勤務している人はもう少し時給が低くなるそうです。
交通費は支給されています。昇給はある程度長く勤めると、支店長・センター長が判断するランク上げがあります。ブロンズから始まり、シルバー、ゴールドと上がっていき、それにつれて昇給します。私はランクが一つ上がって、5円昇給しました。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 週に3日、1日6時間で月8~9万円
シフトに関しては、あらかじめ曜日で決められていました。アルバイトをしていた当時は大学生でしたので、テスト期間や授業の都合で、出勤日を調整をしてもらうこともできました。一日の労働時間は、少し記憶が曖昧なのですが、休憩を除いて一日6時間ほどだったと思います。私達よりも早く来て、遅くまで働いていた人もいましたので、皆が同じ労働時間ではなかったと思います。
月の収入は夜間手当て含めて、週に3日程度の勤務で、8万円台だったと思います。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

職場の雰囲気

▶ 男子校のような和気あいあいとした雰囲気
働いている人の幅はとても広く学生からシニアまでいますが、二十代から三十代の方が多い印象です。仕事の特性上男性がメインで働いています。なので、イメージとしては男子高校の和気あいあいがしっくりくるとおもいます。自分の趣味や人間性をしっかり出していけばコミュニケーションをとる上でもすんなり溶け込めるのではないかと思います。仲の良い人達であれば休日があえば遊びに行ったりとかもしているようです。年齢層が幅広いので気が合う人も見つけやすいかと感じます。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 社員さんは気さくだがあいさつ程度の仲
朝の7時半が定時の仕事終わりなので、あまり社員の人たちと接したことがないです。少し残業していると社員の人たちが出勤してきて、挨拶をする程度ですが、2年半もいるとだいたいの人と顔見知りにはなりお互い名前はわからずともみなさん挨拶は気持ちよくしてくれます。支店長やセンター長はもちろん顔名前お互いに認識していますし、どちらもたいていの方は気さくに話してくださいます。若い人はもちろん、少し年のいった方も働いています。
この前、同じエリアの仕分けを担当しているもう一人の人が用事で1週間ほど休む際にはセンター長が早出をして助けてくれました。とても思いやりと頼りがいのある、責任感のある人たちが働いていると思います。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 肉体労働の現場特有の厳しい言葉も
私が働いていたのは、深夜帯の肉体労働の現場でしたので、一緒に働いていたのは男性だけです。年齢層は幅広く、私のような大学生から50代後半位の人まで働いていました。
職場の雰囲気は悪くなかったと思います。肉体労働の現場ですので、言葉づかいが荒くて厳しいことを言われることも時々ありましたが、その場だけですぐ収まって、後を引きずるようなことはありませんでしたし、休憩時間や仕事終わ等には気さくに話したりできました。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

よかったこと

▶ 高時給だった
一番は割りと高額な時給です。繁忙期のタイミングで入る事によってですが、手早く短期的に稼ぎたい人にはもってこいだと思います。また、自分の場合働ける時間がかなり限定的だったのですが希望シフトにこたえてくれて非常に助かりました。特に若い男性に薦められる点は仕事しながらウェイトトレーニングにもなる点です。あまり難しいことを考えずひたすら身体を使う事で仕事が終わった後の達成感や爽快感はひとしおだと感じます。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 社割で荷物が全国どこでも600円で送られた
社割があります。荷物が全国どこでも600円で送れます。
毎日週5日朝2時間荷物の仕分けをしていますが、身体を動かすのでいい運動になっています。場所柄、飲食店や書店・出版社・学校が多いので、荷物は基本的に重たいです。なので、二の腕に男の人顔負けの筋肉がついてしまったのはうれしくありませんが、夏に大汗をかいて仕事をするのは嫌いではありません。
また支店長をはじめ、社員の人たちはいい人ばかりで、職場の雰囲気はいいです。
毎日2時間ですが、有休ももらえているので良い職場だと感じています。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 肉体的、精神的に成長できた
体力的にキツイ仕事でしたが、頑張って続けることで肉体的な面はもちろんですが精神的にも成長できたと思います。
また、その現場では面倒見の良い人が多く、休憩時間にジュースをおごってもらったりすることがよくありましたし、ときどきは仕事終わりにご飯に連れていってもらったりしました。
休日に関しては、極端に休み過ぎない限り、気軽に対応してもらえたと思います。体調を崩して、当日に休みたいと連絡したこともありますが、すぐに了承してもらえました。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

大変なこと

▶ 体力的にキツかった
現場は倉庫内ということで、あまり衛生的ではない点はあげられます。環境は慣れてしまえば問題ないですが、非常に動き回る仕事なので制服(事前にサイズを申告し支給される物)が合わなかったり違和感があったりすると1日パフォーマンスが下がってしまうのが困った点です。また、非常に重い物を動かす仕事であるため単純に体力的にキツイことが一番にあります。

真冬であれ必ず汗だくになるのでタオルや水分補給が他の仕事にくらべても重要になります。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 夏は暑くて汗だくに...
どうしても当日の朝具合が悪くて仕事に行けないことがあります。風邪だったり、生理痛だったり。朝のメンバーの人数がぎりぎりだと非常に申し訳なく思いますが、どうしても休んでしまったこともあります。ごくたまにですが、目覚ましに気づかず、寝坊してしまうことがあります。そういう時はたいてい調子が悪いのですが、2時間しかない仕事で1時間の遅刻は非常に申し訳ないです。
きついのは夏です。エアコンを最低温度にしても汗が流れます。一度、コンテナいっぱいにものすごい重たいダンボールが山積みで着たときに、伝票をはがすためにその荷物を全て他のコンテナに移したのは後にも先にも一度ですが、真夏で、それが一番つらかったと思った思い出です。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 荷物の仕分けと積み込み、どちらもきつかった
深夜帯の荷物の仕分け及びトラックへの積み込みのアルバイトを大学生の時に経験しました。日替わりで、ベルトコンベアから流れてくる荷物を仕分ける係と仕分けられた荷物をトラックに積み込む係に分けられていましたが、どちらの仕事もキツイ作業でした。
仕分け作業に戸惑っているとベルトコンベアを止めてしまい、いろんな人に迷惑がかかります。トラックへの積み込みは、極端に重いものはないのですがとにかく数が多く、荷物を持って立ったりしゃがんだりの繰り返しで腰が痛くなりました。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

応募する人へ

▶ 働きたい!という意思が大事
アルバイトの採用基準が他企業と比べ比較的低くなっていて、働きたいというしっかりした意思に重点をおいて採用しているように思います。なので服装や髪型に関していえばそこまで制限されるような規定・ルールは特にありません。常識の範囲内の人間性と言語力があれば問題ありません。あえて向いている人を挙げるとすれば、体育会系の部活を経験している人でしょうか。目上を敬い、立てることができ指示に対して機敏に動ける人が適任です。コミュニケーション能力が長けていればなおいいと思います。ただ、マイペースな人だと少し遅れをとるかもしれないです。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 身体を動かすことに抵抗の無い人向きの仕事
朝の仕分けについてしかわかりませんが、まず仕事で重たい荷物を持つのが日常になると理解したほうがいいです。女性だからあまり重たい荷物はちょっと、と思う人には向いていません。また、身体を動かすことに抵抗の無い人が向いています。
面接で気をつけることはわかりません。制服があるので、会社に来る服装は自由です。
髪の毛の自由度はわかりません。多少の茶髪は大丈夫だと思います。
体力は必要ですが、仕事をしていれば自然とついてくるものだと思います。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 体力的にキツイことは覚悟しておいて
ヤマト運輸は宅配企業の中でも、お客様への印象に気を付けている会社だと思います。髪型や服装はもちろん言葉づかいなどにも注意して面接にのぞんでください。
また、ヤマト運輸は取り扱っている荷物の量がとても多いので、どんな仕事を任されるにしても体力的にキツイことは覚悟しておいた方がいいと思います。
車を運転するのが好きだから応募したという人もいますが、ちょっとだけ車を走らせてすぐ停車しての繰返しなので運転する楽しさも期待しないでください。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

ヤマト運輸とは

▶ 日本の大手物流会社のひとつ
ヤマト運輸は日本の物流大手のひとつです。個人や企業から依頼を受けての宅配業務とみなさん一度は経験したでしょう引っ越しの請け負いがおもな仕事となります。例えば、新天地での生活家電を揃えてスタートという時あなたが家電量販店で買った冷蔵庫や洗濯機が家に運ばれ設置のお手伝いをするのもクロネコヤマトの仕事です。物流ルートは全国に張り巡らされていてなんらかの形で一度は接しているとおもいます。最近だとオークションアプリ・メルカリさんともお仕事をさせてもらっています。
(あっきぃさん/群馬県/32歳)


▶ 冷蔵・冷凍の荷物も扱う宅配会社
日本全国に荷物を届ける会社です。通常の宅急便は30kgまでです。大きさも規定があります。荷物は全国のヤマトの支店のほか、コンビニエンスストアでも取り扱いがあるところがあります。荷物は別途料金がかかりますが、ご自宅その他まで集荷のサービスもあります。冷蔵・冷凍の荷物も取り扱っています。
料金は重さ・大きさ、届ける距離によって変わってきます。(冷蔵・冷凍の場合はプラスで料金がかかります)
ゴルフ、スキーなどには家とゴルフ場・スキー場との往復便が便利です。
(モモンガさん/東京都/39歳)


▶ 宅急便の会社
ヤマト運輸は、荷物宅配サービスを行っている会社です。有名な話ですが、「宅急便」という名称はヤマト運輸が商標登録していて、他の宅配会社は使えません。
ヤマト運輸の商品は宅配サービス事業だけにとどまらず、多様なサービスを展開していますが、荷物宅配サービス一つをとってみても、生鮮食品を扱うクール宅急便や精密機器を運ぶためのパソコン宅急便、カタログやパンフレット等を安い料金で取り扱うヤマトDM便など様々なサービスを提供しています。
(ベンターさん/神奈川県/32歳)

 

今回は、東京都中央区銀座に本社を置く有名大手物流企業「ヤマト運輸株式会社」が提供している宅配便サービス(通称:クロネコヤマトの宅急便)で、配達する荷物を行き先ごとに仕分けたり、配達車に積み込む倉庫内軽作業のアルバイト・バイト・パートスタッフの求人情報に応募して面接を経て採用され勤務した経験のある、あっきぃさん(群馬県/32歳/男性)、モモンガさん(東京都/39歳/女性)、ベンターさん(神奈川県/32歳/男性)(順不同)にヤマト運輸仕分けバイトの面接内容、髪色・髪型・ネイル・ヒゲ・ピアスなどはどこまでOKか、クロネコヤマトのアルバイト・パートはきつい仕事なのか、時給や職場の雰囲気などについて体験談や評判・口コミを伺いました。

なお、これらはあくまでもヤマト運輸(クロネコヤマトの宅急便)の短期・単発など仕分けバイト・アルバイト・パートstaff経験者の主観にもとづく、評判・口コミ・体験談・感想です。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問や教育研修の内容などが過去の情報であったり、制服や服装・髪色・髪型・ピアス・ヒゲ等に関する諸規定や社割(従業員割引)・福利厚生・勤務時間・交通費や各種手当などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パートなどお仕事探しの参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス