ユニーでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

総合スーパー「アピタ」「ピアゴ」やショッピングモール「ウォーク」「ラスパ」など、ユニーのアルバイト・パート経験者5名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

注目ポイント 

  1. 商品が豊富で、働いていて楽しい◎
  2. コツコツ単純作業が得意な人向き
  3. 買い物客が集まる多忙な時間帯のレジは大変

f:id:to_B:20180913114252j:plain

応募のきっかけ

▶ 短時間勤務に惹かれ

それまでは、フルタイムで教職の仕事をしていたのですが、時間的にも身体的にも、精神的にもきついものがあり、短時間で働ける仕事をさがしていました。自分自身、フルでは働きたくないけれど、全く仕事をせず専業主婦でいるというのは、社会から閉ざされたような気がして気が進まなかったのです。元々、スーパーの品出しには興味があったので、フリーペーパーや新聞広告で重点的にチェックをして、求人募集の情報を見つけました。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 友達の紹介から

ユニーのアルバイトに応募したきっかけは、友人が先にユニーでバイトしていてバイト先のチーフが誰か友達でバイトしたい人はいないか?と友人に相談があったらしく、詳しく時給を聞いてみたところレジの人の時給より50円増しだったのと自分の学校のスケジュールの合間にうまくはまっているようで、これは良いと考えて応募した。精肉担当に決めたと記憶しています。バイトも昼食は通常社員と同じ価格で食券が買えたので大変助かったという覚えがありました。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ フリーペーパーから

応募のきっかけはフリーペーパーで、その当時まだ独身で子どももいなかったため、子供ができるまで期間をきめて働くつもりでアルバイトにしました。先方様にも、その事を伝え了承していただき採用されました。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 近場にあったので

当時、ほかのバイトをしていたのですが、その仕事で生活している正社員が仕事を主でするということで、以前20日くらい入っていたバイトを3日とかに減らされました。そこで、そのバイトだけではまずいと思い、近場にアピタがあったので、仕事に通いやすいということで面接を受けることにしたのがきっかけです。掛け持ちできるということで仕事を探していました。 時給もなかなか高かったので稼げると思い選びました。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

面接

▶ 適性検査あり

面接の場所は事務所で従業員専用の入り口から入っていきました。

面接については、今まで仕事内容や趣味、健康状態などについて聞かれました。また、試験の内容に関しては、難しいものではなく、マークシート式の適性検査と簡単な計算問題を解くというものでした。また、面接時に後日採用かどうかの連絡をすると言われました。面接から2、3日の最短で電話があり、採用であることを伝えられ、初出勤の日と時間について提示されました。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 日常会話の延長線

当時はまだ今より比較的ゆるい感じの面接で、ことに自分はユニーでバイトしてる友人の紹介で入ったので直接フロアー課長とお話しして入りましたので、通常の面接・採用のプロセスは詳しくわからないですが、聞いたところまず事務所にアポを取って面接日時を決めて当日履歴書を持って伺うことでした。面接といっても紹介なので(一応履歴書は持参し提出)とりとめない日常的な話でした。ただ具体的にいつから出れるのかとか1日どれだけやれるのかと言った話が中心でした。面接結果はその場でOKでした。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 3日で採用通知

電話で、募集の問い合わせをし、面接の日時をきめて、履歴書をかいて、きめられた総務課のオフィスで、面談をしました。志望動機や今までの職務経歴などを、聞かれその都度、先方様の目をみて、ゆっくり、はっきり自身のことについて、述べました。また長所や、どのくらいの時間帯で仕事ができるか、から土日(祝)は大丈夫か、それから家族構成などを、聞かれきちんと、返答しました。1週間以内に、直接自宅に電話をいただけるとのことでした。3日後に、採用しますとの連絡きました。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 即戦力が好印象

電話で応募し、面接の日にちを決め、直接事務所に行きました。 面接の時は年末年始などの忙しい時期には出れるのか、土日は可能なのかなど聞かれました。 学校に通っていたのでどのくらい出勤してもらえるのかということを聞かれたと思います。 2日後くらいには合格の返事を頂いていたと思います。早かった印象があります。 いつから入ってくれるの?とも聞かれ、明後日からでも入りますと答えたので即戦力になると思い、受かったようなきがします。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

教育・研修

▶ 主任や同じ担当の方が指導

まず、主任から大まかな店内の案内をしてもらいました。食料品の中でも、デイリー食品(パンや乳製品など)の担当であったので、その辺りを中心に見て回り、在庫の管理や冷蔵庫について聞きました。また、同じ担当が6人ほどいて、その人たちに付きながら一緒のように動いていきました。商品自体の並べる場所和覚えたり、見切りシールを出す機械の操作を覚えるのが大変でした。また、開店前の時間との勝負なので、いかに俊敏にかつ正確・丁寧・綺麗に商品を並べるかが重要でした。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 現場で実践形式

初めて配属された売り場は精肉でした。商品出しと商品整理が初日の仕事でしたが、特に特別なトレーニングや教育はありませんでした。ただ仕事の中で教えてもらいながら慣れていきました。例えばパックのやり方や商品の前だしなどひとつひとつ細かく教えてもらいなが仕事をした覚えがありました。ひと月ぐらい経つと今度は更に肉を捌きトレーに入れる仕事を任せてもらいなが社員のアシスト的な内容の仕事をするようになりました。実際最初大変だったことは商品知識がないのでお客様に聞かれたとき答えられずご迷惑をお掛けしました覚えがあります。発注以外ならだいたい半年で出来るようになりました。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 1週間の研修を経て見習い期間へ

研修は、1週間。見習い期間は3ヶ月、売り場内で制服にバッチをつけ給料も少し安くなります。初日は緊張しましたが、近い年齢の方が同期でいたので少し安心しました。最初は、接客マナーについて指導されました。部署が決まると、一人指導する先輩をつけてくださり手取り足取り教えてくれたので、2週間くらいで慣れました。なかには2、3人ほど苦手な方、厳しい方、取っつきにくい方もいたので、慣れるまで3ヶ月位かかったのは、大変だったと記憶しています。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 靴やストッキングの準備

制服もしっかりあるので、色々服などの心配はなかったです。ロッカーもありますが、着替えたりするのはみんなと一緒だったのでそこがちょっときつかったです。貴重品などもこの中に入れておきます。 靴やストッキングは指定のものを持っていなければ、準備しなければいけないかも知れません。研修はビデオを見せてもらい、ひたすらレジ研修なども行いました。 小さな冊子も1人ずつ貰えました。 大手なので色々決まりもあったと思います。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

仕事内容

▶ 品物へのシール貼り

仕事時間が午前中の3時間と短かったので、仕事内容自体もそう難しいものではありませんでした。店が開店する前に品出しをする仕事です。まず、在庫の乗った台車を商品棚の前に並べて、欠品している物や数の少なくなっている物を補充していきます。そして、次に本日入荷分の台車から商品を下ろして足りない品を補助します。残りは在庫の台車に乗せ替えるのですが、この時、日付を必ず確認して、日付の近い物を上にして順番に積みます。品出しが済むと、今度は商品の見切りをします。これは、商品ごとに見切る日付が決まっており、下げる値段も決まっているので、バーコードを通しながら、見切りシールを出して品物に貼っていきます。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 精肉を売られている形へ

精肉売り場では最初にやることは開店前に商品出しから始まります。社員の人がカット又はスライスした肉をトレーに入れラップをかけパックする。それを計りにかけ金額ラベルを貼って売り場の冷蔵ケースに並べていきます。その時注意する点は商品を積み過ぎないように見やすいように出します。次に開店しましたら商品補充と商品整理です。注意する点は新しい商品を後ろにし商品を前出しすることです。

又その日販売予定品の段取りが終わりますたら次に作業場の掃除片付けをします。そして営業時間が終わりましたら残った商品を冷蔵庫にしまいケースにナイトカーテンをかけ終わります。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 1日の流れ

朝タイムカードを打って、社員に挨拶、朝礼、簡単な体操。部署での注意事項、打ち合わせをする。開店準備として商品の設置。開店後の接客対応。休憩の後はまた接客、レジにもどる。お昼は交代制。後に午後の仕事開始。休憩をはさみ接客対応、レジ、商品管理。閉店の準備。帰りのミーティング。着替え、挨拶をしてタイムカード打刻してから帰社します。一番大変なのが、返品管理や、迷子、お年寄りの対応でした。高齢化のすすむなか、認知症の方も多く何をもとめているのか、言葉が足らず困惑することも多々ありました。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 挨拶から始まり、反省会をして帰社

着替えて、出勤の人達のレジを周り挨拶をする。 自分が何時にどこのレジに入るのか表を確認する。 レジのところのぞうきんで棚をふく。 両替に行く。 レジで刺身などを入れる袋をすぐ使えるようにつくる。 はしやストローなどを補充する。 かごをまとめて入口に持っていく。お店の中のかごが足りているか回って補充しに行く。 お客様が返品したいと言った商品を売り場に返しに行く。 レジ締めをする。 反省会をし、着替えて帰る。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

給料・シフト

▶ 1ヶ月単位、週5日勤務で月収6万ほど

シフトは1ヶ月ごとにパート同士で集まって相談して決め、シフト表を主任に提出して、パソコンに打ち込んで貰って確定という形でした。短い時間での勤務なので、わりとそれぞれ融通が利いてスムーズに決まりました。売り出しや特売などの忙しい日や棚卸しの日、人が足りない時にはパート同士で譲歩し合い相談しながら調整しました。勤務日数は、1日3時、週5日程度で月に20日から21日の勤務でした。また、時給は900円で、月収は大体6万円くらいでした。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 精肉、鮮魚、青果は時給50円増し
シフトは自分の学校の予定がない時間にあわせて事前に社員の人に伝えていましたが、1日あたり平日は3〜4時間でしたが日によって違っていたと記憶しています。また、土日・祭日はフル出勤していました。ただ今と違って当時は定休日が毎週あったの休日ある程度取れました。時給の方は当時、1時間当たり450円(精肉・鮮魚・青果売り場担当は、他の売り場担当のバイトより50円増し)でしたが、1年ぐらい経つと50円upして500円になったと記憶しています。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 土日(祝)は学生多めのシフト

土日(祝)は基本的に用事のない時は出勤していました。休みは平日二日シフト制でとってました。8時間勤務で、それ以上残業があるときは、2割5分増し。月収はあまりよく覚えてませんが、手取り15万から17万位だったと記憶しています。社員は最低週5日の8時間労働で、パートの人は4~6時間、アルバイトの方は土日(祝)中心で閉店までいられる人、特にも学生の方が多く、8時間労働の人も、2~3時間の人もいたとおもいます。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 夜は時給1100円

シフトはバイトだったので、出られる日を申請して、その中でどこにいれるか担当の人がいつも考えてくださっていた。 1日土日だと12時から21時半まで、平日だと15時からラストまでなどと時間が決まっていました。時給は昼間が950円、夜は1100円ほど頂いていた。 月収は5万くらいはいっていたかなというかんじです。 週に3日とか入っていた週もあったと思います。 人がいない日に自主的に入っていました。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

職場の雰囲気

▶ お客さんは主婦層多め、シニアの方も活躍

私の働く時間帯は朝から午前中だったので、子供の手の離れた主婦が多かったです。夕方からなど時間によっては学生アルバイトの人もいました。また、65歳まで働けるので60歳以上で、シニアアルバイトとして働いている人も何人かいました。手早く、正確に、そして丁寧に動けることが必須なので、開店前の準備時間はかなり殺伐としていました。また、商品にちょっとした傷があったり、期限が切れていたりなどがあると、店自体の責任が問われて大変なことになるので、確認し合いながら日付のチェックをして、みんなの目を大事にしていました。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 学生や主婦、シニアなど幅広い層が活躍

地域柄パートさんはトヨタ系企業に旦那さんが働いている方が多いので休日取得の際に固まりやすいのでシフト決めなど社員の人は苦労してるようでした。アルバイトの人は学生が多く高校生の人も働いていました。シニアの方もカート回収の作業の仕事がありましたので年齢的に適材適所が出来ているようです。基本的にお客様相手の仕事ですので従業員同士のコミュニケーションが悪いと店にその雰囲気がお客様に伝わるので良好になるようみんな心掛けているようです。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 和やかな雰囲気

正社員は男性の方や未婚の女性が多かったようです。一番多いのは、主婦のパートさん。または学生さんの短期間のアルバイト。一部店舗内に派遣社員もいました。清掃の係りでシニアの方も、いらっしゃいました。休憩や、お昼は、各売り場によってまちまちでだいたい3回くらいに、時間をずらしてとっていたため、一部の人間関係しか得られませんでした。人数が多いので全体の人間関係は、よく把握できませんでしたが、私の部署は、和やかなよい雰囲気だったと記憶しています。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 仕事が決まっているから働きやすい

少しぐちゃぐちゃしてる人間関係ではありましたが、私は若かったので可愛がってもらえて、楽しかったです。巻き込まれたくないなという気持ちはありました。 やることは決まってますし、働きずらいということは全くなかったです! むしろ働きやすかったです。 主婦や、学生が多かったです。正社員というよりはパートの方が多かったです。 人が沢山いるので同じ人と一緒のシフトというのがなかなかなく、みんなとまんべんなく仲良くなる感じでした。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

よかったこと

▶ 季節の品、割引購入

季節のイベント品を予約すると、割引価格で買えることが 魅力的でした。うなぎや恵方巻、ボジョレーなど少しでも割引があると、主婦としてはとても嬉しいし買おうという気持ちになるからです。また、お客様自体、自分から声をかけてきてくれたり、商品について尋ねられるなど、気さくで親しみやすい人が多かったので、気持ちよく仕事が出来ました。また、シフトの調整はわりと融通がきいたので、時間的にも日数的にも働きやすかったように思います。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 契約で決めた休暇は取得できる

アルバイトは社割が基本的ありませんがパートさんなど社員証がある人は直営売り場で食品以外なら1割引きになります。昼ごはんは事務所で食券を購入して社員食堂で食べれます。食券は2種類あって社員用とテナント用がありバイトでも価格の安い社員用が購入できました。休み取得の件は基本予め契約で決めてある休みを取得出来ます。又シフトが決めてある売り場など(レジ)は事前にお願いしてシフト調整で対応します。突発的休みはローテーションが回らないので基本ダメです。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 接客の楽しさ、やりがい

沢山のお客様がご来店するのでその日その日で忙しさや楽しさも違いましたが、常連のお客様がよく話かけてくださったりして、工場などと異なり、飽きることなく仕事ができることが良かった点です。休みは前もって言えばとれました。多少の融通はきく良い会社だとおもいます。社員利引きなども、良かったとおもいます。制服はまあまあでした。スカートなのですこし窮屈なイメージがありました。

人と接する仕事なので、気疲れはありますが、やりがい、達成感はすごくありました。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 若い方は可愛がられる

おばさんたちばかりなので、若いというだけで可愛がってもらえる。敬語や立ち振る舞いなど常識が身についた。 掛け持ちで働ける。 色々なおじさんやお客様から好かれて楽しかった。初めてアルバイトに入った時からファンと言ってくれるおじいちゃんがいつも私のレジに並んでくれていた。シフトも割とやりたい放題できるので楽だった。 人もいるので出れない日があっても、他の方でカバーできるシフトに出来るという利点がある。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

困ったこと

▶ 重労働もある

12本入りの牛乳やパック入りの飲料のケースを台車に積み替えるために持ち上げたり、下ろしたりするのがとても重労働できつく、腰を痛めた時もありました。また、飲料のケースが乗った台車を冷蔵庫に閉まったり出したりするのが大変で、台車で自分の足を引いてしまったり、体をぶつけてしまったりすることが度々あり、大変でした。また、商品が予想以上に売れ残ってしまうと、いつまでも在庫として残り値下げしないといけないので、その見極めが難しかったです。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 年末は忙しめ

特に困ったことはなかったですが生ものをあつかう仕事だったため特に清潔にしなければならない必要があった。結果、制服を毎日洗濯してもらいました。そのため時々制服を家に忘れてバイトに来てしまって事務所にお願いして新しい制服を貸してもらったことがありました。仕事できつかったことはやはり年末の時だと思います。特に年末は通常の土日の3倍ぐらい忙しく休憩時間も取れず、また朝も開店2〜3時間前(7〜6時)出勤で帰りもいつもより1時間ぐらい遅かったです。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 帰りが遅い
人間関係が大変でした。女性の多い会社でしたので。それからサービス業のため、土日祝日は必ず出勤で平日休みのため、こどもがいるのできつかった。あとは閉店が21時なので、一般の会社に勤めてる人と比べて退社時刻が遅いので、つかれました。社員食堂がなく弁当をつくらないと売り場はレジが混むため時間に余裕がないので利用できなかった。お局様みたいな方が、多くいつも、指図されていたようなきがします。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 行列のできる時間帯のレジ打ちが大変

一緒に働いていた方たちがおば様たちで派閥みたいなものがあったのがとってもめんどくさかったです。 影で愚痴愚痴言ってたのが嫌でした。 きつかった時はかなり行列でレジをこなすのがしんどかった時です。 お客様もイライラしてきたりするのでやっていて1番しんどかったです。あとは、レジがまだできない時に、かご運びばかりさせられていたのが本当にきつかったです。 ずっとじゃないとわかっていながらもやりがいも全然なくて、つまらなかったのを覚えています。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

応募する人へ

▶ お客様目線を意識

やはり、清潔感のある服装と髪型は最低条件であると思います。お客様が感じられる第一印象というのがまず一番大事だと思います。そして、お客様を接客し、もてなす側として、お客様が安心感や信頼感を持って足を運んでくれ、買い物そのものを楽しんでくれるか、喜んでくれるかを、常に考え、行動に移すことが大切です。親しみやすいとか声をかけやすいと感じて貰うために笑顔を忘れず、いつも丁寧に接し、お客様の声に真摯に答える姿勢が、問われると思います。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 笑顔が大事

アルバイト応募希望の人に対してのアドバイスですが、まず第一に見た目が清潔にみえることが大切だと思います。なにしろお客様相手ですのでお客様に不快に思われたらアウトです。次につきなみですが笑顔でお客様に接することが出来る方が適していると思います。またコミュニケーション力がある人が適しています。また自己中心的な考えや態度の人は向いていないと思ういます。お客様に対してそういう人は感情があらわになってクレームの元になりうる危険性があるからです。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 子持ちの方は短時間勤務がおすすめ

あいさつはしっかり大きな声で。お客様の対応も朝礼できびしく指導されます。ノルマは無いがお歳暮、お中元をすすめられます。髪はショートで、長い方は束ねる。金髪は駄目です。明朗活発、ハキハキしていてすぐ気づき、行動する方、むいているとおもいます。声が小さい、いつまでたっても、売り場と自分の担当の商品の場所や内容が把握できない人は、無理だとおもいます。こどもさんが小さいうちは、パートで短時間勤務がおすすめ。フルで働ける方は、パートより、社員のほうがボーナスもぜんぜんいいし、福利厚生も安定していてよいと感じました。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ やる気と単純作業好き向き

面接はやる気さえあれば大丈夫だと思います! また見た目としては髪の毛をまとめること、だらしない雰囲気を出さないことです。 きちんと感を出しておけば大丈夫だと思います。私はレジ担当だったのですが、流れ作業なので効率よくレジを打ちながら綺麗にかごに詰められること、大事に商品を扱うことなどがだいじです。また、お客様が使った後のかごを運んだり、レジだけではなく、雑用的な仕事もあります。 淡々と同じことをこなせる方がいいと思います。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

▶ 休みたい日は前もって申告

僕はピアゴの鮮魚担当でした。服装は自由。休みの日は、あまりなく大変でした。

(katyanさん/愛知県/男性/40代)

 

ユニーとは

▶ 豊富な食品を販売

肉や魚、野菜などの生鮮食品やお惣菜、チルド食品や冷凍食品、調味料、グロサリー商品、パンやお菓子などの食料品全般、家庭雑貨や消耗品などの日用品、ステーショナリーや衣料品など様々な種類の品物を取り扱っています。どの商品分野においても、有名かつ売れているメーカーはもちろんのことですが、スタイルワンというユニーオリジナルブランドの商品が展開されていて、低コストで有名ブランドと大差ない品質の商品を提供しています。

(ストロベリーさん/三重県/女性/30代)

 

▶ 今後、様々な専門店を拡大中

基本的にGMSですが私がバイトしてる時はユニーも多角的な構想(ユニーの森)で色々なことに着手していました。例えばゴルフ場経営やコンビニのフランチャイズ(サークルK)運営などや店舗も多種にわたる形態を展開しました。ニューGMS構想やアピタ戦略は今のユニーホールディングスで展開してるビアゴ・アピタに繋がる形態です。またサークルKも合併による体質強化を図ることで新たな経営を目指しているようです。又本体から派生した専門店事業もあり株式上場した会社もあります。

(でんももさん/愛知県/男性/50代)

 

▶ 食品だけでなく日用品や雑貨も

愛知県が本社です。UCSカードという、クレジットがあり、毎月、10日、15日、などお得な割り引きがつき、ポイントがたまります。いわゆる、大型スーパーマーケットです。扱っているものは、食料品、衣類、家電製品、日曜雑貨、本、文房具、靴、 化粧品、自転車、布団、おもちゃ、ペットなど、多彩です。季節によって、お中元、お歳暮なども、あつかっています。また、マクドナルドや、そば、うどん、定食屋、洋食屋などもあり、花屋もはいっています。

(CHIHARU さん/群馬県/女性/50代)

 

▶ 様々なサービスが充実

ユニーに行ったら、おしゃれなものというよりかはベーシックでシンプルな生活用品などは揃えることが出来るお店です。最近出来たお店では、ニトリや100均、くまざわ書店、sacs barとかも入っており、時間がある時にいきたくなるような店舗です。ごはんやさんや、お惣菜の店舗も充実していて、家族で行くにはもってこいの商業施設となっております。色々充実しているので飽きなくていいと思います。 また、靴を直すところやカフェなども色々ありました。

(さや38さん/神奈川県/女性/20代)

 

今回はユニー・アピタ・ピアゴのアルバイト経験者のストロベリーさん(三重県/30代/女性)、でんももさん(愛知県/50代/男性)、CHIHARU さん(群馬県/50代/女性)、さや38さん(神奈川県/20代/女性)、katyanさん(愛知県/40代/男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

すべての人にインターネット
    関連サービス