注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

和民でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

 

和民のアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. シフトが柔軟に組みやすい◎
  2. 明るい人が多くて雰囲気がいい!
  3. 酔ったお客様からクレームされることがある

和民のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

f:id:to_B:20180919172354j:plain

 

応募のきっかけ

▶ 派遣会社に登録していた

フルキャストに登録しており、3連休になると応募している。フルキャストに稼働したい日に登録し、審査を通ったら仕事することができる。

お店はその時によって変わる。東京、横浜、川崎には店舗も多いので、審査が通りやすい。今まで居酒屋でほんの少ししか働いたことがなく、フルキャストのような単発のバイトなら一日で終わるから、行ってもいいかなと思い応募した。店が混んでいるときはかなりきついが、すいていればらくちん。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ フリーペーパーに載っていた

当時は福岡の大学に通っていて、夏休み・冬休みなどの休暇中は実家の鹿児島に帰っていましたが、家にいてヒマな時間も多かったため、短期で受け入れてくれるところを中心にアルバイトを探しました。

応募方法として、その当時はタウンワークというフリーペーパーが主流であったため、それに載っていたところにいくつか応募をしました。最初に面接を受けて、その場ですぐに採用してくれたため、ワタミでのアルバイトを始めることを決めました。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ 趣味のためのお金を稼ぐため

当時学生だった私は、趣味の釣りの道具を買おうにも資金が足りませんでした。そこで、稼ぎの良いバイトをネットで探していたときにワタミの募集を見つけました。その店舗は、通っていた大学から近く、さらに、オープニングスタッフを募集していたので、通いやすく、なおかつ店舗を立ち上げる他にはない経験もできるので、利便性とチャレンジ要素が揃っており、ぜひやってみようと思い、応募しました。

実際に店舗に行ってみると、内装でキレイで他のスタッフの感じも良かったので、他にもバイトを探していましたが、そこに決めました。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

面接

▶ 審査のみ

フルキャストに登録しており、3連休になると応募している。フルキャストに稼働したい日に登録し、審査を通ったら仕事することができる。東京、横浜、川崎には店舗も多いので、審査が通りやすい。何度もいろんな店で就業すると、経験者とみなされ、審査に通りやすくなる。面接は受けてない。

店舗に行ってから初めてどんな人がいるかわかる。店舗にはあらかじめ登録者の情報が流れるらしいので年齢とかはわかるようです。こちらは全て初めてなのでどきどきします。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ 店舗で面接
その当時はネット応募がなく、電話での応募が主流だったため、まずは電話をして1週間後くらいに面接を受けに行きました。面接の場所は店内で、繁華街の中にある店舗だったので交通の便は良かったです。面接では簡単な経歴と、志望理由、入れるシフト希望を聞かれました。

簡単な質問が終わってからは、雑談をしていて、そのあとに採用する旨を伝えられました。後日印鑑や通帳を持ってくるように言われて、その日は終わり、後日手続きをするために再度店舗を訪れました。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

▶ 和民でやりたいことを聞かれた

面接会場はオープン前の店舗でした。JRの駅から徒歩五分くらいの場所なので迷うことなく辿り着きました。面接相手は新店舗の店長で、年齢は三十代前半だと思います。面接内容は履歴書をもとにした質疑や、ワタミでやりたい仕事、シフトで入れる日数の確認だったと思います。

私は、もともと接客の仕事がしたかったので、ホールの仕事がしたい旨を伝え、実家が飲食店をやっており、よく手伝っていたので、接客にはもともと自信があると自己アピールしたと思います。後日、採用の連絡が電話でありました。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

教育・研修

▶ OJT研修だった

初めて働いたのは4年前だと思う。研修はOJTです。店に入って着替えて財布を預けてから始まる。店の宅番を教えてもらい、店によっては厨房に入り仕込みの手伝いをする。料理の運び方やコメントの仕方なども教えてもらう。

料理の特徴も言ってとかいう人もいる。初日は場所を間違えないようにとか時間を間違えないようにとかどきどきした。飲食の経験があれば比較的早くなれると思う。自分の場合配膳はすぐできたけど、出来ない人は厨房がメインになった。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)


▶ 先輩が教えてくれた

ワタミで初めて働いた日は、初めての居酒屋でのアルバイトだったので緊張していましたが、店内でも一番やさしい先輩が一緒について料理を運ぶ流れなどを教えてくれました。最初は料理名を覚えることからでしたが、のちのち一番苦戦したのがハンディという注文をとる機械のメニューの位置を覚えることです。

お客様が次々と注文されるので、操作が追い付かずしばらく苦戦していましたが、ハンディの写メをとって家で眺めるようにして、2週間ほどで慣れました。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ 先輩から丁寧に指導された

私が採用された店舗は新規オープン店で、オープン前の店舗を使ったオペレーションの確認が研修内容でした。オープンの1ヶ月前くらいから私を含めた新人が集められ、他の店舗から来たワタミバイト経験者から、手取り足取り教えてもらいました。

私はホール担当でしたので、お客様の注文取りやオススメメニューのセールストーク、お店のクロージング時の作業など覚えることが多岐に渡り、苦戦しましたが、分かりやすいマニュアルを使い他店から来た経験者が教えてくれるので、オープン直前にはなんとかこなせるようになりました。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

仕事内容

▶ 配膳から片付けまで

3連休などの連休の際にお店へ行きました。和民はいろんな店舗があるので、その都度違う店へ行きました。店について、着替えて、手を洗い、現場に向かう。基本的につくられた料理を配膳をする。テーブルにきちんとシールがついていて番号がわかりやすかった。親切丁寧に教えてくれた。

あとは食事が終わった後のバッシングも行った。17時から仕事が始まり、23時には終わった。帰りに着替えて貴重品を返してもらって終了。交通費は出なかった。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ 掃除、注文取りと配膳

仕事内容については、先輩のアルバイトの方に一緒について回る形で最初は覚えていました。まず最初は、注文された商品をお客様に運ぶところから始まりました。その際に、注文を受けそうになったときは、まだ慣れないうちは先輩を呼んで受けてもらっていましたが、慣れてきたらハンディという機械を使って自分で注文を受けるようになりました。

一日の流れとしては、出勤したら着替えて、バックヤードにさがって簡単な掃除をしていたらお客様が来店しだすので、注文を受ける→持っていくの繰り返しでした。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ 仕込みの手伝い

私は仕込み作業を手伝ったりしていたので、夕方4時から店に入り、オープン前の準備を一通りやっていました。まずは、キッチンの仕込みを30分ほど手伝い、それからホールの清掃や他のスタッフとの今日のポジションの確認等を行っていました。営業時間になると、お客様のご案内や注文取りなどの接客がメインです。

営業時間終了後は、ホールの清掃や翌日の準備、ゴミ捨てなどをやりました。慣れてくると後輩スタッフの教育係も任せてもらえるようになります。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

給料・シフト

▶ 年末年始は時給が上がる

フルキャストに登録しており、3連休になると応募している。フルキャストに稼働したい日に登録し、審査を通ったら仕事することができる。東京、横浜、川崎には店舗も多いので、審査が通りやすい。だいたい時給は1000円。交通費は出ない。1日5時間から6時間働く。

だいたい二か月に一度くらいしか働かない。年末年始になったら少し時給が上がった。一日働くとだいたい6000円くらい。交通費を出してほしいと思う。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ シフトは1週間ごとに決める

シフトは、店長と1週間ごとにメールのやりとりで決まっていました。シフトを前の週に店長に送って、その週の後半にシフトが決まり次第、店長からメールがくるといった流れです。私は特別に短期で雇って頂いていたため、長期休みのときは週4日程度、終バスにのれる時間までのため4時間程度働いていました。

時給は800円程度で、夏休みに1か月入ったときは、4万くらいの月収でしたが、冬休みは何日かしか入れなかったので、1万ほどでした。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ シフトを伸ばすことも可能

ワタミの仕事はシフト制で、事前に店長やバイトリーダーと相談しながらシフトを決めることが出来ます。私は学業もあったので、土日を含めた週4日程の勤務で、月収は7万円程でした。

シフトは相談次第で増やすことももちろん可能ですので、海外長期旅行の前など、お金が普段より必要な時は、シフトを週7日に増やし、更に勤務時間を長くして、短期的により稼いでいました。シフトを増やした時は月に20万円以上稼いだ時もありました。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

職場の雰囲気

▶ 店により異なる

雰囲気や人間関係は店による。一度目は良かったけど二度目からは怖くていまいちだった店があり、そこは二度と行かないと決めた。年齢もばらばら。厨房はおじさんとアジアの人が多かった。

アジアの人は人懐こい笑顔の人が多かった。バイトは学生が中心。フルキャストから行く人はばらばら。学生もいれば主婦もいたし、色んな人が働けると思う。一度きりなのでそこから仲良くなるというのはなかった。別にそれでいいと思います。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)


▶ 明るく元気な人が多い

学生やフリーターの方が多かったですが、社員の方は比較的30代の方が多かったです。全体的にみなさん明るく元気な方が多かったので、自分も明るく接するように心がけました。入った時点ですでにみなさんが仲良く、コミュニケーションが重要な雰囲気だったので早く親しくなれるように自分から積極的に話しかけるようにしていました。

わりとカジュアルな雰囲気の人が多かったですが、仕事にたいしてはみなさん真面目でたくさんのことを教わりました。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ いろいろなバックグラウンドの人がいる

学生や資格試験にはげむフリーターの方、ダブルワークの方など、バックグラウンドは様々でした。皆さんまじめに働いていたし、忙しい店舗でしたので、チームで働くうちに連帯感も出てきて、ある種の絆ができてきたと思います。

私は学生でしたので、他の大学からきている学生と仲良くなり、就職活動の際には情報交換をお互いにしたり、バイト以外でも付き合える仲間が出来たのは財産となりました。売り上げの良かった日は店長と飲みにいったりしていましたので、楽しい職場でした。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

よかったこと

▶ 経験を積むことができる

単発で自分の入りたいときにしか入らないから何とも言えない。まかないは基本的にないけど、長期アルバイトならあると思う。

客層は店によって違うけど、集団の宴会だと酔っぱらって強気になってうるさい嫌な人が多い。一人だと静かで助かる。シフトとかもわからない。休みがとりやすいとかもわからない。制服は別にかわいくない。特にすごく良かったこともないけど、飲食はいい経験になると思う。特別嫌な思い出もありません。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ シフトの融通が利く

お店の店員さんは、居酒屋ということもあってかみなさん明るくて元気で面白い人が多かったです。かっこいい人、キレイな人も多く、出会いを求めるには良い職場だと思いました。また、店内は暗くお客さんも酔っているからか、カワイイねと褒められることが多く、楽しい気分で仕事をすることができました。

まかないについては、社割でそんなに安くはならなかったので、頼んだことはありませんでした。一番良かったのは、私がバイトしていたのは大学時代の夏休み・冬休みなどの休暇期間だけ受け入れてくれたため、とても融通がきいて助かりました。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

▶ メニューを社割価格で食べられる

お店の全メニューを社割価格で食べることが出来ます。もともとメニュー数が多いので、毎回何を食べようか迷いながら考えるのが楽しみでした。また、今考えると、店舗での接客を通じて社会人になってから必要な基本的な言葉使いや人前でのマナーを身につけることが出来ました。

たまにお酒が入り気持ちが大きくなったのか、クレーマーになるお客様も居ましたが、その局面での対応策を学ぶことで、危機管理意識や対人折衝の能力もついたと思います。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

大変なこと

▶ 宴会の手伝いが大変

お店によっていろんなカラーがあるので何ともいえない。怖かったのが、宴会の手伝いがきつかった。いい人ばかりの店もあったけど、忙しくなるとみんないらいらしたりした。席が広くてたくさんの人がいて、同時に注文を言われるので常に神経を張りつめていないといけない。

よく注文を間違えて、違う商品を届けたり、ドリンクをこぼしたり、グラスを割ってしまったり、商品が熱い鉄板に乗せられていて、それでやけどしたりとかはあった。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)


▶ 忙しいときは緊迫した雰囲気になる

最初の面接時には気が付かなかったのですが、思った以上に店内の床は油で汚れていて、バイト用に持って行ったクロックスが、バイトを辞めるころには真っ黒になっていて、自分で洗っても全然とれないくらいこびりついていました。

また、金曜の夜や土曜日はとてもお客様が多く、店内もピリピリした雰囲気になるため、その雰囲気の中で最初はわからないことが聞きづらく、お客様にもせかされるため焦って、きつかった思い出があります。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ 酔ったお客様のクレームがよくある

お酒を提供するお店だったので、酔った客によるトラブルやクレームがよくあったと思います。

一番困るのはクレーマー気質のお客様で、料理の提供時間が遅かったり、料理が冷めていたり、味に不満があると、一時間近く説教してくるお客様もいて、私が謝罪してもらちがあかない時は、店長の対応となるのですが、店長も忙しいので、なかなか対応が出来ず、それがまた新たなクレームにつながることもありました。

お客様の立場が圧倒的に有利なので、フラストレーションが溜まったのを覚えています。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

これから応募する人へ

▶ 世間のイメージからはかけ離れている

世間の今までのイメージ(食中毒、死亡事故など)とは意外にかけ離れている。割といい人が多いと思う。ただし店による。もちろん機転がきいて元気な人がいいと思う。

服装や髪型は極端な金髪とか派手出なければいいと思う。飲食関係はきついから経験がある方が当然いいと思う。あと笑顔が素敵な人がいいと思う。年齢はあまり関係ないと思う。いつも人手が足りてないと思うからいつ行っても歓迎されると思うが金土曜出れる人が一番いいと思う。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)


▶ 明るい人は向いている

面接時は、居酒屋でのアルバイトになるため、とにかく明るくハキハキと笑顔で受けるように心がけました。服装は、あまりキレイめすぎるとかたい印象を持たれるかなと思い、親しみやすいカジュアルな恰好で行きました。

髪型については、清潔感を意識して、ロングヘアーでしたが、後ろで一つに束ねて、触覚などは出さずにすっきりとまとめて行きました。向いている人は、小さいことは気にせず前向きで割り切った思考ができる人。バイト中は、いろんなお客さんがいるので絡まれていろんな事を言われたりします。いちいち気にしてはつとまらないので、ネガティブな人は向いていないかもしれません。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)


▶ コミュニケーション能力をつけたい人はぜひ

接客業ですので、面接では清潔感のある髪型や身だしなみに気をつけることが大切と思います。人と接して、時にはこちらから積極的にコミュニケーションをとる必要もあるので、引っ込み思案で、受け身のコミュニケーションしかしてこなかった人は、少々苦戦するかもしれません。

ただ、研修制度もきっちりしているので、コミュニケーション能力をこれからつけたいと思っている人も、継続できる忍耐力さえあれば、自分の能力を開発するチャンスになると思います。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

 

和民とは

▶ 和の民

ワタミの屋号は、主力業態である『居食屋 和民』(いしょくやわたみ)からきており、創業者の渡邉美樹(ワタナベミキ)に由来する。

また、和の民、和やかな民という意味も込められている。以前は労働基準法違反などで世間をにぎわせたり、食中毒やわたみの介護で死亡者が出たりわたみの宅食で死亡事故が起きたり、いろいろイメージが悪いせいか、ワタミという店の名前を変え、ミライザカや鳥メロといった店を出してるらしい。

(さとうあいこさん/神奈川県/女性/40代)

 

▶ 一般的な居酒屋

世間の平均的な食事を提供しているお店、といった印象です。居酒屋の平均値のようなお店。料理も幅広く、一般の人が居酒屋といえばこれ!といったものは大体取り揃えられていると思います。

ファミレス界でいえばジョイフルのような印象でしょうか。流行の食品があれば、それも期間限定で出したり、うまく世間の波を取り入れながら、平均的な価格で提供しているかと思います。そのため、逆に言えば特に印象的な料理や飲み物もなく、人におススメしたい!とは思えません。お店が決まらず、最終的な候補として挙がるようなお店だと思います。

(みよにゃんさん/福岡県/女性/20代)

 

▶ 全国展開しているメジャーブランド

ワタミは日本全国で居酒屋チェーンを展開する企業で、主要な駅の近くにはほぼ店舗があるような、メジャーブランドです。商品単価は高級店と比べると割安で、利用しやすい価格設定だと思います。特色としては、提供している食材の産地や安全面に特に気を使っている点です。

ワタミは自社の農場を持ち、農薬に出来るだけ頼らない野菜を栽培しており、バイトをしていた時もその新鮮さに驚きました。ある時は野菜を納品していると青虫がついていた時があり、それだけナチュラルな野菜なんだなと感心しました。

(うまみださん/福岡県/男性/30代)

和民のバイト探しは、お祝い金がもらえるマッハバイトで!

 

今回は和民アルバイト経験者のさとうあいこさん(40代 女性)、みよにゃんさん(20代 女性)、うまみださん(30代 男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス