山崎製パンでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

山崎製パンのアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. 国内大手メーカーのパンを安く食べることができる◎
  2. 社員同士で話す暇がないので コミュニケーションが苦手な人でも安心!
  3. 商品を優先した空調管理のため 工場内が暑かったり寒かったりすることも

f:id:to_B:20180712194444p:plain

応募のきっかけ

▶ 新聞折込みの求人広告を見て
山崎製パンでアルバイトをしていたのは33年前の話ですが、当時の応募方法にフリーペーパーなどという物はなかった。 新聞やその折込チラシの求人広告,人伝手の口コミなどでしたが、私が応募したきっかけは新聞折込みの求人広告でした。

それを持って学校に行き、友人何人かを誘って申し込もうと思っていましたが、クラスメイトですでに山崎製パンでアルバイトをしている人がいました。 その人から、大体の仕事内容や職場の雰囲気などを聞き、応募しました。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ パン屋のバイトが楽しいと友人に聞いて
私が山崎製パンのアルバイトに応募したきっかけは、別の店舗のパン屋で働いていた友人が「楽しい」と言っていたからです。

応募した時は、私は大学2年生になったばかりでしたが、時間に余裕があったのでバイトを始めようと思いました。

新聞の折り込みチラシに入っていた求人の広告に「アルバイト募集」と書かれていたのを見て、電話しました。 アルバイトをするなら、平日は夕方からしか働けなかったので、募集の条件が合って良かったです。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 通勤手段やシフトが良かったから
友人が何かしらバイトを探していたので、まず試しに私が体験して、良ければ紹介しようと思ってました。

ある日新聞の折り込みチラシでヤマザキの募集を見つけました。出社の際に自家用車で通えるとあり、できれば友人と同じ時間帯で出勤できればと考えていましたし、好都合だと思いました。

バイト期間も3日間ほどからと短期間で、時間帯も色々な中から選ぶことができ、時給も他の似たような職種に比べて良かったので応募しました。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

面接

▶ 同級生の紹介で
面接の有無は記憶にはありません。 学生時代のアルバイトだったのですが、同級生が何人もアルバイトをしており、その紹介だったと思います。

同級生にまとめ役がいたというわけではなく、アルバイトをしたい人が個々にヤマザキ製パンの担当者に直接電話をして、名前と希望の日時を伝える(予約みたいな感じ)だけでOKといった簡単なものでした。

当時はバブル経済前の好景気時代だったので、電話をすれば即採用なんで事がありの時代でした。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ 質問はバイト経験の有無やシフトについて
面接の場所はパン屋の中の休憩室でした。大型スーパー内の店舗なので、車を駐車場に停めてから店舗に行くまでに歩いて4分程時間がかかりました。

面接では、今までのバイトの経験の有無を聞かれたり、週に何回位出勤できるかなどの質問をされました。

今までにパン屋で働いたことはなかったですが「パンが大好きなので商品名と値段はすぐに覚えられます。」と面接の最後に伝えました。 「1週間以内に採用か不採用の電話をかけます。」と言われ、3日以内には採用の電話がかかってきたと思います。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 合同説明会→菌の検査→個人面接 
2日間の面接日から都合の良い日を選んで、10~20人くらいで合同の説明会があります。会場は私たちの時には本社の食堂でした。

最初から出勤の希望時間帯や曜日を記入したり、制服や靴のサイズを記入したので、ほぼ落ちることはないようです。とても簡単な手や顔の菌を採取する検査も併せてありました。

履歴書をもって1人ずつ面接もありますが、志望動機を聞かれるくらいで、難しい質問はありませんでした。すぐその場で採用結果を告げられました。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

教育・研修

▶ 教育や研修は無かった
30年以上前のアルバイトをした話ですが、教育や研修は無く簡単な軽作業でした。 ライン内作業だったので息つく暇も無く流れるパンのトレイ詰め作業で気が抜けなかった。

作業内容は基本的に同じことの繰り返しで、ベルトコンベアで流れてくるパンのトレイ詰めでした。 ただ、作業日によりシュークリームだったり和菓子だったりと流れてくる物は違いました。

作業後に食堂が無料だったことと、パンが食べ放題だったような記憶が有ります。 今思うと、バイト代の他に食事が付いて、制服支給だったりしてとても良い待遇だった。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)

 

▶ 仕事の流れを簡単に説明してもらった
初日は、まず車の駐車場の場所や制服の置き場所などを教えて頂き、その後店内へのパンの出し方や掃除の仕方などの仕事の流れを簡単に説明して頂きました。

一通り言われたことをメモに書き、その後はパンの商品名と値段を全部メモ帳に書いて覚えました。 あとは、レジの使用方法やパンの袋への入れ方などを教えてもらいました。 まだ商品名と値段を覚えるまではレジは対応できませんが、初日はお客様が買われたパンを袋に入れたりしていました。

最初はとても緊張しましたが、とにかく覚えるのに必死であっという間に時間が経ちました。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 4人グループに分かれて簡単な説明を受けた
久しぶりのアルバイトということで、かなり楽しみに向かいました。シーズンバイトが大量にいる中、4人ほどのグループに分けられ、制服のごみの取り方等を簡単に説明されます。1回通りだけなので後々自分で思い出してはやらなくてはなりません。社内の設備説明も簡単なので、次の出勤時には迷子になる人が多いです。

初日は和菓子部門でイチゴのヘタ取りをしましたが、軽作業で動きが少なすぎて逆にかなり疲れます。ストレッチをしていると作業が遅れるので困りものです。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

仕事内容

リーダーの指示を受けてのライン作業
私がしていたアルバイトは夕方から夜(18時頃から22時ごろ)のパートタイム勤務だったので一日流れは大まかに4時間で終わってしまうのですが、出勤すると係りの人がお世話してくれます。

支給された白衣に着替えて、それから体を衛生的にするところを通り、各部署に配置されます。 配置されたライン毎にリーダーみたいな責任者がいて、その方が私たち作業者に指示をしてくれます。

最初はもちろん丁寧に教えてくれますし、出来ないような難しい作業は無かったと思います。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ パンの袋詰めやレジ対応
仕事内容は、働く時間帯で少し内容が違ってきますが、焼きたてのパンを店内に出したり、袋に入れたり、レジやお客様の対応をすることはどの時間帯でも同じでした。

午前中の出勤の際は、店内を掃除してから、次々にできあがったパンを並べていきます。 夕方からの出勤の際は、閉店の時間に近づいてきたら余っているパンを袋詰めにしたり、店内の調理器具や鉄板などの片付けと床掃除をしていました。

閉店後は、1日の売り上げを計算して本社にメールを送って終わりでした。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ イチゴヘタとりなどの単純作業
仕事内容は単純作業が多いです。同じところに行くことはあまりありません。イチゴのヘタ取りやパンの窯出し、袋詰めされたものをパレットの個数分詰めたものを段数積み上げる、焦げた型を洗う、クリームの端を拭く、蒸しパンのレーズンを散らす、パンを並べるためのシートを引く等、単純で一見簡単そうなものばかりですが、姿勢が中腰だったり、体力が必要です。たまに製品にならない商品の廃棄を大きなカートに積んで工場の外の穴に捨てに行きますが、これも重たくてとてもハードです。合わせて生クリーム等も捨てるのですが、非常に勿体ないと感じました。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

給料・シフト

▶ 自由なシフト構成
山崎製パンでアルバイトをして月収はアルバイト代、シフトは社員ではなかったので、基本的に自由に選んで通っていました。 普通は前日に電話で申し込み(予約?)をしてからいっていたと思いますが、事前連絡無しに当日行ってアルバイトしていた人もいたと思います。

勤務時間が18時頃から22時頃だったので具体的な金額は忘れてしまいましたが、普通よりも少しだけ良かったと思います。

夏休みに1日通しで毎日アルバイトをしてオートバイを購入したクラスメイトもいました。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ シフトは1か月ごとの申告制
シフトは1ヶ月ごとに作られていたので、事前に出勤できない日を記入しておく必要がありました。なので、急に用事ができたり、体調が悪い時などは、バイトのメンバー同士で直接連絡をとり、出勤日を交代していました。

1日あたり約4時間半で、週に4〜5日位勤務していました。日曜や祝日などは、お客様が多く、従業員の人手が足りない時は8時間働いていました。

月収は、6〜8万円くらいだったと思います。休みが多い月は、4万円の時もありました。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 深夜勤務で時給900円
深夜の勤務だと1回出勤すると10000円くらいにはなります。時給だと900円くらいからです。

当初はしんどいと思っていなかったので週3日くらいにしていましたが、余程の体力自慢でないと無理だと気付いたので、週2で月に12~3万円です。

シフトは出勤時に入りたい日を1ヶ月先くらいまで記入して帰ります。最初の契約にもよると思いますが、数回出ることができれば、それで辞めるもよし、続けてくるも良しといった感じです。

自分の好きな時間にほぼ出社できるので有難いかもしれません。タイムカードではなく申告制なので、うっかり記入忘れたりすると怒られますので要注意です。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

職場の雰囲気

▶ アルバイトは学生が多かった
アルバイトは学生が多かったと思います。 おそらく高校生よりも大学生の方が多かった思います。 主婦の方たちもいたとは思うのですが、時間帯でアルバイトをする人の世代が違いますから、大学生が多いと思ったのかも知れません。

当時の作業内容は単純な軽作業だったので、それでしたら主婦やシニアの方々でも問題ないと思います。 夕方から夜間の工場作業だったので、周りの従業員の方たちと特にコミュニケーションをとったといった記憶はありませんが、唯一マージャンの話をしたことだけ覚えています。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ 社員とバイトを交えた食事会もあり仲の良い職場
正社員の方は主婦の方が多かったですが、バイトは全員学生で女性ばかりでした。年齢が同じ位の人ばかりで、とても仲が良かったです。

2ヶ月に1回くらい、社員とバイトを交えた食事会もあり、その度にさらに仲が深まった感じがしていました。 バイトメンバーには、美容師を目指す人や作業療法士を目指している人もいました。

時々、バイトメンバーだけで集まって遊びに行ったりしていました。 社員さんの人柄も良く、職場の雰囲気はとても良かったと思います。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ コミュニケーション能力が低めの人が多かった
驚くほどお年を召された方も元気に仕事しておられます。アルバイトは入る毎に色々な部署に行かされるので、中々作業が慣れることができないのに理不尽に怒りをぶちまける社員がいるところがあります。

若い人は割と早くに辞めてしまいます。60歳代の女性も多くおられます。コミュニケーション能力が低めの人が多い気がします。

休み時間の食堂は、食事を楽しむというより、皆さん疲れ果てて屍のようにぐったりされているので、話どころではないのかもしれません。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

よかったこと

▶ 食堂は無料でパンは食べ放題
アルバイトをして良かった点は、いつでも自分の都合の良い日に自由に働けるところ。 アルバイトの時給が他のところで働くよりも少しだけ良いところ。

当時はアルバイト代の他に,作業後に無料で食堂が利用できたり、パンが食べ放題だった。(もちろん常識の範囲での話で、パンはその場で食べられる分だけで、お持ち帰りできない)

仕事が嫌なら,いつでも辞められるところ(基本的に申し込み制だったので)。 またやりたくなったら、いつでも再開できるところ。 今思うと当時の山パンでのバイトはパラダイスだったのかな~。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ 2割引で購入出来た
社割があり、店内の商品は2割引きで買うことがでたので、よく家族や友人に買っていったりしていました。

また、午前中から働いていた時は昼ごはんに好きなパンを食べることができたので、とても良かったです。なので、ほとんどの商品を食べたことがあると思います。

また、商品製造の分量が記載された紙や完成写真を見ながら新商品を作っていく作業がとても楽しく、良い経験をさせてもらいました。

特にキャラクターパンの顔を描いたりするのが好きでした。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 社員食堂はパン食べ方放題の他に 安い定食 も
休憩および食事時のパン類は無料で提供されています。サイズも一般のものと同じです。今日はあれを食べようか、これを食べようかとワクワクできますが、たまに殆ど残っていない時もあります。

パンじゃ物足りない人のために定食やうどんといったものもありますが、高くても300円程度で安心価格です。

社内に財布は持って入れないので、お金が必要な食事やジュースは社の専用カードで管理されており、給料から天引きなので便利です。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

大変なこと

▶ 甘い匂いを嗅ぎ続け気分が悪くなることも
工場内のラインによっては臭いが気になるところもありました。 和菓子などの比較的匂いの少ない物や惣菜パン系のしょっぱい匂いのするところは良いのですが、シュークリームやケーキなどの洋菓子系のクリームの匂いは長時間嗅ぎつづけると気分が悪くなりました。

大好きだったスイーツをしばらくは食べたくないと思いました。 ライン作業は、一番下流に配置されてしまうと流れてきたものが溜まってしまうので、そこには配置されたくないと思いました。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ 夏場は暑くて汗だくになった
店内でパンを焼いたり揚げたりするため、臭いがとてもします。午前中に働いた時などは、臭いがするので終わったら1回家に帰ってお風呂に入ってから出かけたりしていました。バッグなどにも臭いがついていたので、毎回同じバッグを持参していました。

また、火傷などをしないように制服の生地が厚かったため、特に夏場は暑くて大変でした。もちろん冷房はしっかりと効いていましたが、なかなか温度が下がらず、汗だくで働いていたような気がします。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 空調は商品中心なので 暑かったり寒かったり
とにかく社内・工場内が広くて似ているので迷子になります。社員・バイトにかかわらず、すれ違ってこちらが挨拶しても返事が返ってくるのは稀です。

冬場でしたが床がコンクリートで、かなり冷えました。空調も食品の品質のためにかあまり人には優しい温度には設定されていませんでした。窯の前は暑さで地獄のようです。天板で火傷もしますし、洗い物で手も荒れます。

中腰や同じ場所での作業で、かなり体に負担がかかります。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

応募する人へ

▶ 食品製造工場なのでふさわしい髪形を
今はどうか分からないが,当時は都合の良い日に申し込んでおいて当日に働くというシステムたったように記憶しているので面接などは無かったと思う。

服装は,白衣を貸してくれたので学校帰りに制服のまま通っていた。 当時,髪型は特に注意が無かったが学生だったのでそれほど奇抜なヘアースタイルではなかったと思う。

しかし,食品製造工場なのでそれにふさわしい髪型をするのが当然だと思います。 向き不向きは個人差があるのでなんとも言えませんが,根気のある方向きだと思います。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ パンや料理、お菓子作りが好きな人にぴったり
面接は質問だけなので、明らかにおかしなことを言わない限りは採用されると思います。 食べ物を扱っているので、髪の毛が落ちないようにピンで止めたり結んだりしておく必要があります。

たくさんの種類のパンを扱う為、パンが好きな人は特に楽しみながら働けると思います。 バイトは学生が多いので、特に若い方は働きやすいと思います。

また、パンを作ったりすることもあるので、料理やお菓子を作ることが好きな人にも向いていると思います。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 人付き合いが苦手な人も安心して働ける
面接時には普通の身なりで、普通に回答できれば問題はないと思います。コミュニケーションが苦手でも、仕事時は話をすることがないので大丈夫と思います。

職場以外の付き合いもする必要はなく、人間関係が苦手な人も安心して働けます。逆にコミュニケーション能力が低い人が多いので、こちらが普通に挨拶しても反応がないことが多く、いら立つ人もいるかもしれません。

単純作業といえども体力勝負な職種なので、舐めてかかると酷い目に遭います。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

山崎製パンとは

▶ パンや洋菓子、和菓子も製造する会社
山崎製パンは,食パンなどの食事パンから惣菜パン,菓子パンまでを製造している会社です。 パンだけではなく、ケーキやシュークリームなどの洋菓子のほか、どらやきや大福などの和菓子まで製造しています。 ヤマザキデイリーストアーやYショップなどのコンビニエンスストアーもグループ会社だと思いますが経営しています。 街のコンビニエンスストアで販売しているコンビにオリジナル菓子パンも、実は山崎製パンで製造していたりもします。
(さすがやすさん/千葉県/男性/40代)


▶ パンやスイーツの様々なヒット商品を生み出す大手メーカー
山崎製パンは、日本国内で大手メーカーの1つで、パンやスイーツなど様々なヒット商品を作っています。 パン屋では、もともと袋に入ってスーパーなどで売られているパンとは違い、焼きたてのパンを食べることができるので、値段は少し高くなりますがとても魅力的だと思います。

個人的にクリームパンがとてもオススメで、生クリームとカスタードクリームのバランスが絶妙で大好きでした。 夏場はクリームが溶けやすいので、店内でパンを置く場所に気をつけていました。
(良いねさんさん/熊本県/女性/30代)


▶ 万人に受けるおいしい商品を提供しているパン会社
一般の人に向けた、万人に受けるおいしい商品を提供している会社だと思います。全国のどこにでも展開しており、いつでも同じ味が楽しめます。

またヤマザキと大きく謳っていなくてもコンビニエンスストア向けの商品も多く製造していて、商品裏の製造者欄で気づくことも少なくないです。商品を運ぶトラックに可愛い白人の女の子の絵を覚えている人も多いと思います。

パンといえばヤマザキ、春になればパン祭りといった感じで、日本国民全員に認知されているともいます。
(のりのじょうさん/岡山県/女性/50代)

 

今回は山崎製パンアルバイト経験者のさすがやすさん(千葉県/40代/男性)良いねさんさん(熊本県/30代/女性)のりのじょうさん(岡山県/50代/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス