注目のお仕事

幸楽苑でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

幸楽苑のアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. まかないでラーメン・餃子を安く食べられる♪
  2. マニュアルが細かく作られているので初心者も安心◎
  3. 働く時間帯によって細かなルールの違いがある

f:id:to_B:20180913121056p:plain

応募のきっかけ

▶ 夜間の掛け持ちバイトを探していたから

わたしが幸楽苑のアルバイトに応募したきっかけは、夜の時間にできる掛け持ちのバイトを探していたときに、ネットの求人サイトで発見したことです。
幸楽苑は、深夜2時までオープンしており、遅くまで働いたとしてもすぐに家までつける距離にあるお店ということがかなり大きかったです。
ふだん幸楽苑でご飯をたべているときにも、お店に対してとくに悪い印象などなかったので、一度応募してみようかとおもい応募に至りました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 通いやすさと高時給に惹かれて

私がそこの店舗を選んだ理由は二つです。家と学校の通り道だったのが1番です。2番は割とほかの求人より時給が良かったからです。見習い期間とかがあるところも多くて時給も最初は安いものでした。応募のきっかけは家でとっていた新聞の広告に偶然募集が入っていたのでラッキーと思い面接したら若い子が好きな店長ですぐ採用してもらいました。土日出勤の場合限られたラーメンは賄いで出してもらえてラッキーでした。毎回お腹を空かせてバイトしてたので低価格で食べて帰れたりしてたのでその点は困りませんでした。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ 学業と両立出来そうだったから

幸楽苑のアルバイトへの応募は、インターネットのサイトからの電話ででした。
当時は親からの仕送りもあり、金銭的に困るということはあまりありませんでした。しかし、もっと自分で自由に遣えるお金がほしい、一人暮らしのアパートの家賃を自分で払うなど、少しでも親孝行がしたいという思いから、アルバイトを探しました。
アルバイトは、一番に学業との両立が出来るということ、時給が良いこと、自宅から近いかといった条件で探していました。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

面接

▶ 学校のことやシフトの話

インターネットのアルバイトサイトから応募した記憶があります。折り返し電話がかかってきてけっこうすぐに面接の日程がきまりました。

面接は店舗のバックヤードで行いました。面接の内容は、ふだんの学校のことやシフトの話などよくある普通の面接だったと思います。優しい口調でお話しくださったのでとても話しやすかったです。

たしか面接結果は一週間以内にいただいたと思います。そのときに制服などのサイズを決めたりもしました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 志望動機やシフトについて

面接は電話をしてから店長の都合で2日後でした。早かったです。内容はもうだいぶ前で正直覚えてないですが、志望動機や経緯後はシフトについて話したような気がします。採用はその場で決定してしまいました。どこが良かったのかはわからないですが、もともと明るい性格で笑顔はあった方で今も変わりませんが相手の目を見て話すところだったのかなと思います。ずっとスポーツの部活で活動してたのもありフットワークもそこそこあったのでその辺を見ていただいたのかなと思います。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ 学歴、志望動機、交通手段、自分の性格について等

私の場合、応募はインターネットのサイトからでした。そこに記載されている番号に直接電話し、働きたいという意思を伝えた上で、店長と面接の日時を決め、その日に面接を受けて、一週間以内には採用の連絡を電話で貰いました。

面接ではまずプロフィールを聞かれ、続いて学歴、志望動機、交通手段、自分の性格についてなどを話し、最後に店長の方からシフトのことや仕事内容についての説明、お店の雰囲気などを聞き、面接は終了しました。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

教育・研修

▶ 意外と重い食器類

まず初日は研修からはじまりました。

飲食店で働いた経験はかなりある方だったので、オーダーなどに関して不安はありませんでしたが、らーめんの器は意外と重く、こぼさないように気を使いました。また、トレイを使わずお冷やをお客様にお持ちするので、そのグラスの持ち方がむずかしくて苦戦した覚えがあります。

ご家族などでご来店された場合は、バッシングの器の量もかなり多くて、洗い場まで持って行くときに苦戦しました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ まずは接客をパートさんに教わった

最初から接客でした。ベテランパートさんについて行きオーダーの取り方をやりながら教わり、つぎは厨房にオーダーを伝えに行きます。料理ができたら運び下げる、洗い物が溜まれば専用の洗剤で水洗いし帰られたら食洗機に入れます。乾燥まで終わったら取り出して食器を片付けます。お客様が帰られたらテーブルや調味料の量やお箸の補充です。当時は割り箸でした。オーダーは略語が多く覚えきれず怒られたこともあります。トレーの持ち方もあり水をテーブルにこぼしてしまったりしたこともありました。オーダーミスでお客様に迷惑と怒らせたりもしたけどパートさんに謝ってもらったりしたこともあり、自分の仕事できなさを感じましたが二ヶ月した頃にはだいぶ慣れました。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ まずはユニフォームの着方から

その時のアルバイトが初めてだったので、右も左も分からずとにかく緊張していたのを覚えています。

まずはユニフォームの着方から、次は出勤·退勤処理の仕方、ひたすらメニューを覚えること、そして配膳の仕方やあらゆる場面での接客における所作を、少しずつ、順番に覚えていきました。

その基本的な内容を覚えるとやがて会計(レジ)を任されたのですが、私はアルバイト自体が初めてだったためレジを触ったことがなく、おまけに機械いじりが苦手だったので、慣れるまでには3ヵ月ほどかかり苦労しました。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

仕事内容

▶ お客様誘導やオーダー

制服に着替えて出勤し、一週間の出来事などが載っている朝礼ノートのようなものがあるので、それを読みわからないところは社員の方などに聞いていました。

自分はホール担当だったので、お客様を席へご案内したりオーダーをとったり、席を綺麗にしたりするお仕事がメインでした。

また準夜勤だったため閉店業務の一環としてお掃除をしたり調味料などのケースを洗ったりなどもしていました。

お仕事になれてくると餃子やチャーハンを作ることも挑戦させていただきました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 開店準備から閉店準備まで

朝からの場合は開店時間1時間前から拭き掃除、駐車場点検トイレ掃除、調味料補充並べ。水の用意です。開店したら接客と片付けをダスターと呼んでたのでダスターして食器を洗う。これがメイン。会見とお金締めもありました。

今はデジタル式のメニューを入力するタッチパネル式だからメニューを書く手間はないからどんな人でもできるはずです。レジも自動読み取りだからお釣り間違いもないし安心して働けるのではないでしょうか。

後は笑顔と感謝の意を忘れないことですかね。お金を払って食べに来てくれる人がいるからこそお給料がもらえて働けるということです。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ オーダー、商品提供、片づけ

出勤をするとまずは朝礼から始まり、ホールへ出る前には必ず大きな声で皆に挨拶をしていました。そして手を洗い、基本的な動作として、優先順位に沿ってオーダーをとる、厨房へ知らせる、商品を提供する、バッシングをする、といった流れで仕事をしていました。お客様が少なく余裕がある時には、合間で玄関やトイレの掃除に入ることもありました。

自分からあらゆることに気づき、考えて行動できる人には向いていると思います。声が小さくマイペースな人には向いていないと思います。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

給料・シフト

▶ 週1日、1日3時間で融通がきいた

シフトは二週間ごとに出していたと思います。かなり融通をきかせていただきました。

わたしはWワークだったので基本は曜日、時間固定で週1日3時間だけ働かせていただいていました。

ただ、お正月やお盆など忙しくなる時期はそこだけではなく、違う時間や曜日での出勤もありました。繁忙期は時給が少し上がりました。

スキルチェックリストのようなものがあり、ここまで丸がついたら時給があがる、というふうに昇給制度はわかりやすかったと思います。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)

 

▶ 平日は4時間程度、土日は7時間でまかない付き

シフトは一ヶ月単位でした。時給は当時高校生くらいでしたので750円くらいでした。基本的に平日は学校が終わってからでしたので4時間程度、土日は7時間、まかない付きです。一ヶ月5万ぐらいでした。残業はありませんでしたが、当時は今と違いデジタルではなかったので大変でしたし、ルールが厳しかったことを覚えてます。アルバイトは基本接客や掃除なのですが、店長命令で厨房で作らされたことはありました。店長は厨房に立つのが嫌で、昼時以外はバイトに厨房をやらせてバックヤードでタバコや新聞など休憩ばかりでしたが厳しい人ではありませんでした。パートさんの方が色々きつかったです。三ヶ月に一回面談等をしてましたが特に時給は上がることはなかったです。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ シフトは一週間ごとの自己申告制

シフトは一週間ごとに決まっていて、自己申告制でした。そのため、当時学生だった私は、学業との両立をするためのシフトの調整がしやすかったです。

一週間のうち最低2日は勤務しなければならず、時間は3時間からでした。時給は750円で私は週に3日、一日4時間くらい働いていたので、学生としては十分なお小遣い稼ぎにはなったと思います。

アルバイトから社員になった場合、時給はアップしましたが、強制的なものではありませんでした。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

職場の雰囲気

▶ 優しく丁寧な方が多い職場

お昼の時間はほとんどパートさんで回していました。夕方から夜の時間帯は高校生が多かったです。
わたしは主に準夜勤の時間帯にお仕事していたのですが、同じ時間帯に働いていたパートさんとフリーターのお兄さんはかなり優しく丁寧にお仕事を教えてくださいました。
また、副店長さんは業務面はもちろん、わたしが体調がすこし良くないときなどもすぐ気付いてくださったり、スタッフのことを見てくださっていたのでありがたかったです。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 雰囲気は悪くないが見えない圧力が...

私が務めていたところはパート4人アルバイト6人でした。雰囲気は悪くはないですが見えない圧力がありアルバイトは結構きつかったです。

年齢はパートさんは40代から50代がほとんどです。アルバイトはみんな私と同じような近い年齢で男の子が多かったです。パートさんは女性です。アルバイトの女の子は数少なかったので男子には優しかったパートさんたちでした。

プライベートな話をした記憶はないです。仕事の話も短く要点しか話さず勤務中お客様が少ない時はやる仕事が多く、掃除はもちろん、補充や冷凍餃子のチラシおりがあったりみっちりでした。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ 居心地の良い職場

学生さんと年配の方が半々くらいだったと思います。
全体的に頭の回転がはやく、スムーズに動ける方が多かったので、マイペースな私はとても苦労しました。本当に仕事一筋で「無感情なのかな?」と思うくらい黙々と働く方もいれば、プライベートな話を持ちかけてきてよく笑うような方もいたりと様々で、楽しかったです。

店長は男性でしたが、従業員は女性が多く、どことなくお店の雰囲気が女性らしくなっていて、居心地が良かったと思います。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

よかったこと

▶ 200円でまかないが食べられた

まかないでご飯とラーメンと餃子ひとつずつまで200円くらいで食べれました。来月のお給料から引いてくれるので、お金がないときにはありがたかったです。
調理の経験がほとんどなかったのですが、マニュアルがかなり細かく作られていたので
その通りに練習すれば簡単に同じようなものを調理することができたので、安心しました。

また、Wワークだったためシフトもかなり融通をきかせていただいて、しっかり稼ぐことができました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ ラーメンが安く食べれた

ラーメンは安く食べれたのが印象的でした。シフトは平日は学校終わってからだったけど残業はなく帰れました。もともとお金がほしくてできればもっとシフト入れて欲しかったぐらいでした。

客層は割と家族連れや1人が多いところでした。場所が場所で住宅密集地に店があるので結構土日は昼夜問わず忙しいかったお店でした。今もその場所にあり昔とはだいぶ変わりましたが相変わらずお客様さんは来てる店です。働いてる人も当時いたパートさんが数人いました。びっくりです。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ シフトの融通がききやすかった

シフトの融通がききやすく、働いていた頃は学生だったので、学業との両立ができてとても働きやすかったです。
また従業員同士で励まし合ったり、時にはお客様からお褒めの言葉を頂いたりしたこともありました。
特に私は、それまで「笑顔で働く」ということに価値を実感できませんでした。しかしそれでも毎回笑顔で接客することを意識していると、ある日食事を済ませ会計をするお客様の対応をしていると、「あなたは笑顔が良いね。」と褒められました。
辛くても笑顔でいる努力をしていると、必ず何処かで誰かが見ているんだなと思い、嬉しかったのを今でも覚えています。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

大変なこと

▶ 納得のいかない事で怒られたこと

出勤日数が少なかった為、店舗に行かない期間があり、次のシフトが掲出されているのも教えていただけず、シフトを知らないまま当日いきなりなぜ出勤しないのか、と電話で怒鳴られました。確認をしていなかったわたしも悪いのですが、せめて一言いただけていればと感じました。
人手不足のためふだん入らないランチの時間に入った時も、夜の時間との細かいスタッフ間でのルールの違いがわからず、なぜわからないの?と呆れられたのは困りました。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 店長とパートとの板挟み

当時高校生でアルバイトの立場だったのですがハードな仕事が多くて厨房特にラーメンの場合は経験をしても損はないとラーメンを茹でたり盛り付けしてました。人間ですのでオーダー違いでラーメンを無駄にすることも多々、しかし店長は食べていいよと機嫌がいい時は言ってました。それを見ているパート従業員は文句も言えなくてただただ圧力をかけてくる板挟み状態でした。

外で声出し朝礼が大嫌いでした。見られている恥ずかしさがあり毎回嫌でした。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ 理不尽に怒られることが多かった

良いことといけないことをはっきりと教えて貰えなかったことです。
料理の運び方や掃除の仕方など、教えては貰えない部分を自分で考えて行動をした時に、理不尽に怒られることが多く、本当に困ったのを覚えています。
最初からやってはいけないことやルールなど、きちんと教えて貰えたらこちらも仕事がしやすいし、教える側も安心して見ていることができると思います。
上司もアルバイトも、お互いが気持ち良く仕事ができるような環境をつくってほしかったです。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

応募する人へ

▶ 面接は "清潔感のある服装" と "丁寧な口調" で

ホールのお仕事は基本的な言葉遣いや気配りなどができていればできるお仕事だと思います。面接は普通に清潔感のある服装で丁寧な口調でお話しすれば大丈夫かなと言う印象でした。
お昼や夜のピークの時間は速いスピードでオーダーやバッシング、レジ業務などみんなでフォローし合って動かないといけないので、協調性を持ってお仕事をできる人であれば大丈夫かと思います。
時間帯によって細かい業務の内容が変わっていたので、わからないことはどんどん自分から聞いていく必要があります。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 香水や化粧、身だしなみに注意

今は全てデジタルなのそこまでではないと思いますが、髪の色や化粧は今は結構厳しいのではないかとおもいます。見た目も重視されるのが接客業、飲食店ではないのでしょうか。つばが入ると口に透明なガードをしてる飲食店もちらほら見受けられますので、特に若い方、香水や化粧身だしなみには注意して頑張ってくださいね。髪の毛の色で見た目を判断されてしまいがちです。今はキャップも違いますので髪の毛一本入ってたなんて問題外な時代です。

生き生きと笑顔でラーメンを提供してもらいたいですね。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ 自分の意志と個性、そして協調性が大事

一歩社会に出れば本当に色んな考え方の人がいます。幸楽苑はそんな複雑な環境が渦巻く中でも、ちょっとした人の優しさだったり、面白さ、職場の温かさに励まされながら働く日々でした。

面接ではまず、身なりをきちんと整えること。服装にはその人の心がそのまま表れ、人はあなたがどんな人物なのかを見ます。

そして仕事はしっかりと自分の意志を持ち、自分の個性を大事にすること、そして何よりも大事なのは協調していくということです。

あなたらしく、元気に、従業員からもお客様からも愛されるよう、頑張ってください。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

幸楽苑とは

▶ 福島から全国展開された中華そばのチェーン店

幸楽苑は中華そばのチェーン店で、福島から全国展開されています。
醤油ベースに太めんの中華そばで、あっさりとして素朴で懐かしい優しい味の中華そばが名物メニューです。
また、そのほかにもつけ麺やらーめんなどたくさんおいしいらーめんがあります。また、なんといっても値段がてごろで、おなかいっぱい食べられるのがいいところだと思います。わたしが好きなのはみそねぎラーメンで、山盛りのねぎとラー油の辛さがくせになります。

(もちさんさん/大阪府/女性/20代)


▶ 家族連れでもいける醤油売りのラーメン店

醤油を1番売りにしてるところです。醤油は以前と変わらず力を入れてる部分があると思います。値段にもこだわりがありあまり変わらず提供してるはずです。期間限定物や冷やし中華はやっぱり変わりませんね。餃子は全く変わってないです。年々、味噌や塩は変わりつつありますがやっぱり味も変わらず嬉しいですよね。進化もしつつ味が変わらないのはいいですね。

家族連れでもいけるのはやっぱり幸楽苑しかないです。子供たちも大好きですね。でもお菓子やおもちゃは昔とは違いますね。

(ソラマメさん/茨城県/女性/30代)


▶ さっぱりスープに太いもっちり麺のラーメン店

幸楽苑は、日本国内で全国展開しています。
主にラーメン、餃子、アイスクリームやプリンといったスイーツを提供する飲食店です。
リーズナブルで美味しいのが売りで、利用がしやすく、沢山の人から親しまれています。
単品の他にお得なセットメニューやお子様セットなどもあり、バラエティーに富んでいるのですが、特にオススメなのは、シンプルな中華そばです。
とても安いのですが、さっぱりとしかもコクのあるスープに、太く、もっちりとした麺がクセになります。幸楽苑の元祖といっても過言ではない一品です。

(ももんくんさん/岩手県/女性/20代)

 

今回は幸楽苑のアルバイト・パート経験者のもちさんさん(20代女性)、ソラマメさん(30代女性)、ももんくんさん(20代女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまで幸楽苑のアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス