【バイト体験談】庄やの評判・クチコミ|髪色やピアスは?面接内容は?まかないやシフトは?

株式会社大庄が展開している大手居酒屋チェーン「庄や」で、ホールスタッフ・キッチンスタッフなどアルバイト・パートとして働いている・働いていた方に3名お集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. チームワーク重視の職場で、雰囲気良しの声が多数◎
  2. できたての美味しいまかないを食べられるときも♪
  3. 1日3h~、週2日~OK!

f:id:to_B:20180919190931j:plain

応募のきっかけ

▶ 知り合いの紹介で
高校3年生のときで、受験も終わって時間を持て余していたところ、中学時代の先輩に紹介されて始めることになりました。アルバイトをするなら知人がいるところの方が気持ち的に安心できると思っていました。あとは昼間も働きたかったのでランチ営業があるところがいいと思っていました。あとは高校生でも働かせてくれるところを探していました。お店自体のことは飲食店ということくらいしかわからないまま面接に行き採用されました。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 友人から話を聞いていて働きやすそうだったので
応募のきっかけは、友達がすでにバイトで働いていたのでどのようなところか聞いて、働きやすそうだったからです。当時は若者が多く来るかなり店舗の面積がある居酒屋で2年、バイトとして働いていました。店長が少し大柄な人でバイトが入れ替わり立ち代りしていくなかで、私もマンネリしていました。他にもっと、働きやすく、いい条件のところはないかなと思っていたので、友達の話を聞いた時に職場を変えようと思い、庄屋で働くため前の居酒屋を辞めました。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 知り合いから声をかけてもらい
アルバイトの転職があまりにも多く、どの仕事も自分に合わないことを感じていた時に、先輩から「自分の勤めている庄やが人手不足なので大変だがやらないか」というお話をもらいました。人見知りなところもあったので紹介なら幾分気楽に働けるんではないかと思い、紹介してもらうことになりました。すぐに面接日も決まりすぐに採用してくれたので、居酒屋で働くことがきついことは承知でしたが、紹介してもらってよかったと思っています。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

面接

▶ その場で即採用
知人からの紹介で、履歴書を持って14時にお店に来るようにと指示され、お店にいきました。店長と一対一での面接で、働きたい時間帯や日数を聞かれました。採用はその場で決まり、会社の方で登録が終わり次第働けるということでした。二週間後くらいに登録完了の連絡が電話であり、就労初日の日を決めました。あとから聞いた話しによると面接中に笑顔ができるかどうか、挨拶が出来るかどうかで採用、不採用を決めていたようです。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 前職についてやシフトについての質問
電話をして、履歴書を持って行き、営業前の店舗で面接していただきました。その場で採用だったように思います。いつからこれるのか希望を聞かれ、1週間後には働いていたと思います。面接では、前の職歴について、どのくらいバイトに入れるのかを聞かれたと思います。ちょうど、スタッフが足りなくて欲しかった時期なのですぐに採用されたと思うのですが、後に聞くと最初のバイト希望の電話から話し方などを見ていて、判断したようでした。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 面接というよりは顔合わせ
面接は客席でした。先輩が先に働いていたので、面接というよりは顔合わせ的な感じで、待遇面だけ聞いて終了しました。面接日も時間もすべて先輩が決めていてくれました。どうやら先輩と当時の店長が仲が良かったらしく、不採用などありえなかったので明日からでもすきな時に働いてくださいといった感じでした。駅前商店街の中にお店があって、面接中にいた私たちのいた席以外は満席で早々と終わらせたい感じにも見受けられました。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

教育・研修

▶ 声出しからスタート
人生で初めてのアルバイトだったため、すごく緊張していました。初日はパートの方に制服の着方から教えてもらいました。そして店長から大きな声で従業員に挨拶をするように言われました。少し照れ臭かったです。そしてお客様が来店されたら「いらっしゃいませ」と言うこと。まずは声を出すことに慣れていこうといった感じでした。そのあとはお客様のところに注文されたものを運んだりしました。お客様の前に出ることにすごく緊張してしまい、慣れるのにかなり時間がかかりました。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 出来上がった料理を運ぶ練習から
最初はメニューとハンディー(注文を打って厨房に届く機械)の使い方を覚えるところから始まりました。初日は、ひたすら厨房から出てきた料理をお客様のテーブルに持っていくことばかりしていたように思います。1週間もすれば、ハンディーの使い方やメニューも覚えました。初日から特に緊張していたということもなく、自然に仕事ができたと思います。
最初の頃は、厨房の料理人の方々が怖くて、お客様の希望をお伝えしたり、質問を聞きに行ったりするのに勇気が要りました。そのうち、厨房のスタッフからもおすすめを売ってきてなどと言われるようになりコミュニケーションがとれるようになりました。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 見よう見まねで覚えた
初めて働いたときは、特に誰かについて教えてもらうということはありませんでした。ざっくりとドリンクの作り方を教わって席番号を教わって、それ以外は料理を運び出すだけなので、わからなくなったら、順次その時近くにいる人に聞く。といる教育方法でした。私のいた店はハンディーも使わずオーダーは紙に書いてとる方法だったので、特にほかに覚えることもなく、わからないことをお客様に尋ねられて他の従業員に聞くときも嫌な顔一つせず、みんな丁寧に教えてくれました。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

仕事内容

▶ 注文を取り料理やドリンクを運ぶ
出勤するとまず従業員に大きな声で「おはようございます」と挨拶します。主な仕事内容は接客で、お客様が来店すると「いらっしゃいませ」と出迎え、席の案内をし、おしぼりを出し、注文をとり、料理やドリンクなどをテーブルに運びます。居酒屋なので、お客様とコミュニケーションをとる機会が多かったです。お客様にいかに心地よくすごしてもらえるかが大切だと思うので、できるだけ笑顔で接客できる人がこの仕事に向いていると思います。逆に人と接するのが苦手な人には不向きだと思います。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 日によって仕事内容が異なる
17時に出勤した時は、18時くらいからお客様が多くなり始めるので、それまでの準備から始まります。ポジションはその日の出勤しているメンバーによって多少かわることもありますが、だいたい同じです。おしぼりを詰めたり、テーブルや調味料を拭いたりなどします。ポジションによっても違いますが、「フロント」だった場合はお客様が来られるとお席に案内をし、おしぼりを渡し、メニューを広げ、最初のお飲み物を伺い厨房に伝えます。「ドリンカー」が作ったものを持っていきますが、「フロント」がポジションだった場合、お客様をどこの席にご案内するかやレジや電話など入口での仕事がメインとなるので、ドリンクを持っていくところからは違うスタッフが引き続きことが多いです。
「ドリンカー」などのポジションならお客様と話すことはないのですが、そのほかはお客様と接しますので、自然な笑顔で忙しい時は、何を優先すべきか判断できる、臨機応変に動ける方が向いていると思います。
(naotさん/広島県/38歳)

 

給料・シフト

▶ 週5、6日、一日8時間働いて月収20万円
シフトは二週間ごとの自己申告制でした。最低どのくらいの勤務が必要かは特に決められていませんでした。私はフリーターだったので、週に5回~6回で一日8時間程度働かせてもらっていました。金曜日と土曜日にシフトに入れる人を優先して決められていました。
時給は高校を卒業したときに上がり、そのあとにも一度あがりました。出来る仕事内容が増えたからです。具体的な昇給の基準みたいなものはなかったと思います。月収は20万前後でした。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 週5勤務、 1日あたり6時間働いて月収12万くらい
居酒屋なので、金曜、土曜が特に忙しいです。ですので、その2日は毎週ではないですがでる必要があると思います。勤務時間はかなり希望を聞いてもらえます。夕方5時から深夜4時まであいていたと思うので、その間で希望を伝えることができました。時給は950円だったように思います。夜10時を過ぎると深夜手当がつくので1000円は超えていたと思います。昇給は店長の判断次第ですが、半年に1回くらいで10円や20円程度ですが時給が上がっていました。
(naotさん/広島県/38歳)

 

職場の雰囲気

▶ 従業員同士はとても仲がよかった
職場の雰囲気は良かったと思います。従業員同士も仲がよかったので、仕事終わりによく飲みに行ったり、ボーリングやカラオケなどに行ったりもしていました。ランチ営業の時間帯は主婦が多いですが、夜の営業時間は学生やフリーターが多く働いていました。シニアの方も数名ですが働いていました。キッチン、ホール共に社員の方も4人ずつくらいいました。仕事中はわからないことがあれば、社員の方がすぐに対応してくださるので、変に責任を負わされることもなかったです。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ あまりチャラチャラした若者はいなかった
ホールは主に学生のアルバイトで回していました。2名ほど年配の女性の方が、パートで働いていました。厨房は刺し場、焼き場、握り場などで担当がわかれており、男性の社員の方が働かれていました。私は6時から基本は11時、希望すると12時や夜中の2時まで働かせてもらうこともありました。店長もその他1名の社員の方も威圧的なこともなく、働きやすい環境でした。バイトで働いているメンバーも自分で判断してテキパキ動けるよなできるメンバーばかりだったように思います。おしゃれな居酒屋などとは違うのであまりチャラチャラした若者はいなかったのだと思います。
(naotさん/広島県/38歳)

 

よかったこと

▶ 賄いが安くで食べられる
一食200円で賄いをいただくことが出来ました。シフトの融通がききやすく、急な休みや、長期の休みも調整してくれました。仕事に対する意欲に応じて、様々な仕事内容を教えてもらえました。接客といえば、基本的にはオーダーをとったり料理を運んだりすることが主になってきますが、お会計やドリンクを作ったりすることも教えてもらうことができました。あとは従業員同士の雰囲気が良かったので、チームワークを活かしながら働くことができたのも良かったです。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 客層が良かった
制服は、もんぺみたいなものなので、決して可愛いとは言えません。客層は比較的良かったように思います。まかないも美味しく、シフトもかなり希望をきいてもらったと思います。何よりも店長の人柄がよかったのと、スタッフが仲良く、意識が高く、楽しく仕事をすることができました。社会人になり、バイトを辞めた後もお客として何度も利用させてもらいました。長く勤めていた、パートさんは、名刺もつくってもらい、福利厚生の待遇もつけてもらったようでした。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 色んな人と仕事ができて学ぶことが多い
美味しいまかないがついてきます。ごくたまにですが暇なときは自分の好みのものをリクエストすると、それを作ってくれて出来立てをいただくことができます。飲み物も飲み放題です。自分はソフトドリンクを飲みながら仕事してましたが、お酒を飲みながら仕事しているツワモノもいました。本当はだめかもしれませんが、、、。あと職場には老若男女いろいろな人が働いているので会話してるだけで人生の勉強をしているようで面白いです。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

大変なこと

▶ 週末はとても忙しく大変
居酒屋の繁盛する金曜日と土曜日はとにかくお客様がたくさん来ます。とっても忙しくなります。忙しくなると、料理が出てくるのが遅れたり、様々なミスも増えてきます。そういったとき自分が悪くなくても直接お客様と接している自分がお客様に怒られます。酔った勢いですごくきつく怒ってくるお客様もいるので、そういったときにきついなと感じることがありました。あとは残業で帰るのが遅くなる日が続いたときもきついと感じました。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 日本酒の銘柄が多く覚えるのが大変だった
困ったことやきつかったことはあまりないのですが、日本酒の銘柄が多いので最初覚えるまではおすすめがしずらいかったことです。また、場所が飲み屋街にあったのでホステスさんのアフターや、同伴などで使われることも多かったです。その際、ホステスさんは毎回同じ男性の方を連れてくるわけではないので、キープされているボトルや「いつもの」のいつものお酒を間違わずに出さなければならないと気をつけなければなりませんでした。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 料理を床に落としてしまった
紹介で入社したものの、忙しすぎて1日で辞めたくなってしまいました。しかし紹介してくれた人がいる手前そこそこ頑張っていましたが、ある宴会が入っていたとある日、大きな3000円相当の刺身の盛り合わせを、床に真っ逆さまに落としてしまいました。板さんは明らかにブちぎれそうになっている顔をしていましたが、店長と仲がいい従業員の後輩と思っていたからなのか、何も言わず作り直していました。しかしただでさえ忙しいのでその板さんとは顔を合わせるのもその後つらかったです。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

応募する人へ

▶ 笑顔で元気であれば大丈夫
とにかくいろんなことに対して融通を利かしてくれるところでした。接客においては、笑顔で元気よく出来れば花丸です。人と接することが好きな人は楽しく働くことが出来ると思います。いかにお客様に喜んでもれえるかを考えていく上で、自身の人間性も磨かれていくことと思います。服装は全身規定のもがあります。髪型は派手な染髪はNGで、就労中はアクセサリーや香水もつけてはいけません。マ二キュアもだめです。面接はニコニコして受けれるといいです。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ チャレンジ精神を見せることが必要
学生などバイトであれば、服装などはあまり気にされないかもしれませんが、髪の色は黒いほうが良いと思います。また、マニキュアもつけていかないほうがよいと思います。お客様におすすめできたり、笑顔で話せるくらいのコミュニケーション能力は必要だと思います。会話が苦手でも厨房やドリンカーなどポジションはありますが、限られてしまいますので、週5で入りたいと言っても、暇な月などは入れないかもしれません。マルチにいろんな仕事にチャレンジしたいという姿勢を見せることが必要だと思います。
(naotさん/広島県/38歳)

 

庄やとは

▶ 水槽があり魚料理メインの居酒屋チェーン
全国チェーンの居酒屋で主に魚料理が売りでした。店内には水槽があり、活け鯵の造りなど、とれたばかりの新鮮なお刺身が食べれます。また魚だけではなく、様々な創作メニューもあります。ドリンクのメニューも豊富でビール、カクテル、地酒、日本酒やウイスキーなど揃っています。他の全国チェーンの居酒屋とは価格が少し高めで客層は主に中年のサラリーマンが多いです。また個室もあるので接待などで利用するお客様も結構います。
(うさぴょんさん/長野県/29歳)


▶ 社会人のお客様が多いので落ち着いて食事ができる
和食メインの居酒屋です。揚げ物などは業者から冷凍を仕入れているようでしたが、刺身は水槽に泳いでいる魚を注文後に捌いたりなどして提供しています。日本酒が多くあったので好きな方はいろんな土地の物や味の物が楽しめると思います。また、本日のおすすめというメニューもあったので、その時期の旬の魚や野菜を楽しめると思います。若者が利用するよりも社会人の方の利用が多いように思います。従って、がやがやうるさいということもなく、落ち着いて食事が楽しめると思います。個室の希望もできますし、団体で使うときは2階になるので団体のかたも自分たちだけの空間を楽しめますし、その他のお客様も落ち着いて楽しめると思います。
(naotさん/広島県/38歳)


▶ 和洋折衷いろいろな料理を提供する居酒屋チェーン
庄やは日本の大手居酒屋チェーン店で、ジャンルを問わず、和洋折衷のいろいろな料理とお酒が比較的リーズナブルに楽しめるお店であります。予約も取れるので簡単に宴会等の大人数でも楽しめます。座席も複数種類ある店が多く、掘りごたつ式の座敷、テーブル、半個室などTPOで選べます。私のおすすめは刺し盛りで盛もきれいでおいしいので、大人数の宴会時はぜひ頼んでいただきたいです。冬は数種類あるお鍋もおいしくておすすめです。
(しめぢちゃんさん/山梨県/41歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。 また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。