【バイト体験談】日本通運の評判・クチコミ|仕事内容や面接内容は?給料やシフトは?

日本通運のアルバイト・パート経験者に、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. シフトは自己申告制◎
  2. 従業員思い・雰囲気の良い職場
  3. 業務量が多いので体力に自信のある人向き

f:id:to_B:20180919175836p:plain

応募のきっかけ

▶ 就活後の時間を有効活用

当時の自分は就職活動をしていましたが、かなり早い段階で内定を頂いてしまい、学校の授業の単位も問題がなかったため結構暇な時間が多い時期でした。時間をできるだけ有効活用しようと思って、同じような境遇の友人と一緒にできるだけ時給の高い日払いのアルバイトを探していて、アルバイトの求人雑誌を読んでいて見つけたことが応募のきっかけです。自分の住んでいたアパートからわりかし近い場所にたまたま商品の仕分けの日払いのアルバイトの募集があり、電話をかけてみたら、人が足りなかったようですぐに採用されました。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

面接

▶ 電話した翌日に面接、即採用

自分が求人に申し込みした時は、非常に人手が足りない時だったらしく、重い物を運んだり、移動させたり、力仕事が大丈夫かどうかを聞かれたことを覚えています。
電話した次の日に日本通運の倉庫の事務所に指定の時間に行って、担当の人と面接しましたが、その場ですぐに採用ということになり、勤務がいつからこれるのかということと、夜勤の勤務も大丈夫かどうかを聞かれ、大丈夫というと、身体のサイズと、足のサイズを聞かれ最初の勤務の時に制服と靴を用意しておくという話でした。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

教育・研修

▶ 友人とともに説明を聞いた

1番最初に働いた時は、自分と一緒に同級生の友人と一緒に行って説明を聞いて、他のメンバーと一緒に仕事内容の説明を聞きましたが、内容自体は単純なものだったため、最初は簡単で、わりかし楽な感じがしましたが、実際仕事をしてみると、大変な重労働で、休憩時間に支給されたお昼のお弁当があまり食べられないくらい疲れる感じでした。

仕事が終わってから、会社の人に明日のシフトにも入らないかと言われましたが、身体が疲れていて、次の日は休ませてもらったことを覚えています。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

仕事内容

▶ 荷物の仕分けと引っ越し作業の2種類

おもな仕事の内容は、2種類あり、1つ目は、日本通運の区内にある、倉庫に午後の7時ころに行って、ほかのメンバーの人と一緒に、23区内の荷物がひとつの場所に集められている荷物を、23区の区別に分ける仕事で、食事の休憩の時に、お弁当が支給されるものです。

2つ目のおもな仕事は、シフトの勤務日の前日に、日本通運の人から連絡があり、区内の会社(ほとんどが、上場している会社の本社)の会社の中での引越しの仕事(フロアーの移動)でした。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

給料・シフト

▶ シフトは毎日の自己申告制

シフトは毎日の自己申告制だったため、学校の授業が忙しくない時や、卒業後の進路が決まってからの暇な時はたくさんシフトに入ったりしたため、収入は月により、3万〜15万程度でした。

自分の勤務は、夜勤が専門でした。夕方の7時〜の勤務でしたが、こなさなければならない業務を終了すると1日分の日当が支払われるため、拘束時間は比較的短くとても効率の良い仕事でした。

しかし、仕事の業務量は非常に多く、夜勤の勤務の人には食事がでていましたが、疲れていて、食欲がわかずに、食べない時の方が多かったです。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

職場の雰囲気

▶ 就職を考えるほど雰囲気の良い職場

自分の働いていた現場の人は、自分を含めて、学生の人が1番多い感じでした。次に多いのが、アルバイトで生計を立てている人が多い感じでした。

日本通運の人たちは、みなさん非常に人間ができた方が多く、学生アルバイトをはじめとしたアルバイトの人のことを金銭面や、生活のことなどを含めていろいろと相談に乗ってくれたり、いろいろと親身になってくれる人が多いとても雰囲気の良い感じの職場で、一時は就職しようと本気で考えたほどです。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

よかったこと

▶ 従業員思いの職場だった

自分の勤務していた部門では、お昼休みの時に、昼食の支給がありました。

仕事が終わってから、その日の分の給与の日払いも可能でした。お金に余裕がない時などは、本来ならシフトではない時でも、会社の人に事情を説明すると、たいていは、シフトに入ることができる感じでした。

働いている人のことを本当によく、考えている感じで、その日のうちにこなさなければならない業務の量をこなしてしまうと早めに仕事を終えることができる環境でした。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)
 

大変なこと

▶ 業務量がとても多かった

夜勤の勤務なので、勤務時間は決まっているのでありがたいのですが、1日の勤務量をこなすと仕事が終わってしまうので、アルバイトのメンバーが早く仕事を終わらせようと頑張るので、仕事が早く終わるのは良いのですが、真夜中に仕事が終わっても、帰りの始発の時間まで、電車を待つ時間が非常に長く大変でした。

こなさなければならない業務量があまりにも多かったため、疲れすぎて、食事をとる時に食欲がわかないほど疲れている場合が多い仕事でした。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

応募する人へ

▶ 協調性と地道にやり抜く姿勢が大事

自分の場合もそうでしたが、とにかく、コツコツと地道にやりぬくタイプの人が向いているような感じがします。あとは、何人かが、協力して作業を進めていく仕事のため、ある程度の協調性が求められます。

会社の人はどちらかというと少し古いタイプの年配の人が多いような感じのため、髪の毛はあまり、染めてない方が良いと思います。アクセサリーなども、できるだけしない方が良いと思います。わからないことや、不安なところがあれば、すぐに確認するのが良いと思います。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

日本通運とは

▶ 引っ越し作業において歴史のある会社

日本通運は、非常に歴史のある古い会社で、働いている人の人数がとても多い大企業です。日本通運があるおかげで、世の中の人が必要とする物を運んだり、人の移動のときに必要な引越し作業などを請け負ったり、世の中の物流のありとあらゆることを行っている総合物流会社です。

たいていの人は1は日本通運のトラックを見たことがあると思いますが、自分もただ単純に物を運んでいる会社程度の認識しかありませんでしたが、実際働いてみると、世の中に必要な会社だということが認識できました。

(ビーグルさん/青森県/男性/40代)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。 また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。