【バイト体験談】洋服の青山の評判|繁忙期はきつい?面接時の髪色は?口コミを集めました

洋服の青山のアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. 社割があり、スーツなどを安く購入できる◎
  2. 接客を通してビジネスマナーを身につけることができる!
  3. 販売職だが平日のみ勤務OKのシフトも有り

f:id:to_B:20180919195933p:plain

応募のきっかけ

▶ 多くの人から求められる仕事に魅力を感じて
フォーマルな衣類を扱っており、落ち着いた雰囲気が漂っていること、多くの人から求められる仕事であることに魅力を感じ、自ら店舗に赴き説明を聞きました。ちょうどバイト募集中の期間ということもありすぐに面接の日程を組んで頂けたので、夢を実現することができました。勤務条件も最低限のラインはありましたが、個別に相談にものっていただけてよかったです。他の店舗では混雑するかもしれないですが基本的な部分はかわらないため、店舗がかわっても頑張っていけるとおもいます。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ 勤務時間が希望に合っていたので
以前の仕事は妊娠を機に退職しました。子どもとの時間を優先したかったので、仕事はパートで探していました。
求人案内の雑誌を見て応募しました。1番重視したのは勤務時間です。2番目は給与です。
なるべく土日は休みたかったのですが、販売業となると難しいと思っていましたが、土日のどちらかはお休みが取れると面接で言われ、即決しました。他のパートさんは土日も出勤の方もいたので、タイミングのよい就職だったのだなと思いました。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)


▶ 条件に合う仕事だったので
洋服の青山で働いたきっかけは、無料の求人誌に載っていたことがきっかけでした。時給の面や、自宅からの距離など総合的に検討して応募することを決めました。当時探していた理由は大学生だったので、学費や生活費の確保が目的だったわけで、青山で働くことを最初から決めていたわけではありませんでした。たまたま探していた時にちょうど条件に合う職場があった、それだけのことでした。
(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

面接

▶ 志望動機、シフト、大学生活の話など

応募してから約3日ほどで連絡がはいり、合格の内定をいただけました。面接では、エントリーシートに基づき、志望理由、希望の勤務条件、どれくらいの頻度で勤務できるか、希望の店舗はどこかなどが聞かれました。また大学生活の中でリーダーシップを発揮した場面を聞かれました。また、どのように成長していきたいかなど、働いていく上でのビジョンも聞いていただけました。終始おだやかな雰囲気でよかったです。緊張もしなかったです。

(こここんぶさん/京都府/27歳)

 

▶ 面接官は2名

まずは電話にて連絡をしました。面接日が1週間後の午後2時に決まりました。話の感じだと他にも面接者がいるような話でした。

当日、スーツで面接に挑みました。面接官は2人、男性でした。面接者は私の前にも後にもいるようで、同時ではなく1人ずつでした。

質問されたことは、履歴書を見ながら接客業の経験があるようだが、洋服は初めてですか?と聞かれました。スーツはよく着るか?とか身内にスーツ販売者がいるかどうかを聞かれました。

(キラリンさん/鹿児島県/38歳)

 

▶ 履歴書の内容に沿って

応募してから数日のうちに電話があり、面接日時を決められました。店に直接伺い、履歴書をもって内容の確認や志望動機などひと通り聞かれました。どんなことを聞かれたかは昔のはなしなのでおぼえていません。ただ、あたりまえの内容だったと思っています。採用までの連絡は約1週間ぐらいだったと思う。比較的早めに連絡が来ました。スムーズなやりとりだったのでそこでもいい印象を持っていました。

(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

教育・研修

▶ マンツーマンでの指導

一人ひとりに指導者が貼り付けられており、マンツーマンで説明をきくことができた。まずは身だしなみの確認、言葉遣いの確認など基本的で簡単なことから教えていただき、続いて商品の配置方法など応用部分についても教えていただいておりました。一人ひとりが店の顔であるため責任も重たかったですが、その分しっかりしないといけないという気持ちが強くなり、早期に仕事を覚えることができました。同期との人間関係も構築できてよかったです。

(こここんぶさん/京都府/27歳)

 

▶ 最初の3日は研修期間

最初の3日間は研修でした。他の店舗からも研修生がきていて4人で研修をしました。指導は代わる代わる5人?ほどの方が教えてくださいました。久しぶりの立ち仕事だったので夕方は足が痛くなったのを覚えています。

スーツに関してはド素人だったので聞き慣れない言葉が多くてパンフレットと辞書を見ながら覚えていきました。

レジや棚卸しなどは接客業の経験がありましたので、楽に覚えていけました。

先輩方は優しく感じも良かったです。

(キラリンさん/鹿児島県/38歳)

 

▶ 優しい人が多いのですぐに慣れる

初日はだれでもそうだと思いますが、当たり前に緊張はします。ただ、やさしいスタッフが多いので、すぐ慣れることができました。研修は品出しやレジの使い方、接客に関することなど当たり前の内容でした。最初はうまくレジの操作ができず、うまく商品を畳めなかったりで怒られることも多かったように思います。でフォローしてくれるスタッフが周りに多くいたので、くじけずに働くことができました。

(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

仕事内容

▶ 在庫管理や商品の陳列

出勤するとまず手洗いうがいをおこない、体調チェックが実施されました。そしてマネージャーから1日の流れの説明があり、自分のポジションを把握します。私の場合は、品だし、セールの確認、在庫の確認、商品の陳列をおこなうことが多かったです。つねに先を見据え、何が現場に不足していて、何が余っているのか、しっかりと考えられる人が向いているとおもいます。また、接客業でもあるため、明るい人も仕事にむいているとおもいます。逆に新しいことが苦手で、要点を整理することが苦手な人は向いていないかもしれないです。

(こここんぶさん/京都府/27歳)

 

▶ 1日中立ち仕事

出勤したらまずはタイムカード押します。今日出勤のメンバー、ローテーションを確認します。自分の持ち場へ行き、足りないものがないか、補充の確認をします。あとは接客対応します。1日中立ち仕事になるので、足腰が弱い人には向かない仕事だと思います。接客業になるので人と接するのが苦手な方には向かないと思います。あと、体臭などに敏感な方も向かないと思います。採寸ではすごく接近するので体臭に敏感だと厳しいと思います。

(キラリンさん/鹿児島県/38歳)

 

給料・シフト

▶ 1日あたり4時間、週に3日程度、月5万円

シフトは毎月みんなで調整を行ったうえできめていた。大体1日4時間~、週3日程度~はいることができた。ある程度経験をつみ、継続勤務をしていると、昇給のチャンスも与えてもらえた。わたしら3年働いていたが、チームリーダーになることができた。責任感はおおきくなるが、やりがいも感じられて、ゆくゆくは正社員になりたいなという気持ちがでてきた。後輩を育成することもでき、人間関係を強めることもできたのでとても充実した期間となった。

(こここんぶさん/京都府/27歳)

 

▶ 週4日勤務、1日あたり5時間、月55000円

人それぞれの賃金だったようで誰がいくらもらっているのか、まったくわからなかったです。私は週4日程度で、1日5から6時間くらい勤務していました。子どもが熱を出せば休むことも多かったので毎月変動していました。たしか最初は時給700円で辞めるころには720円になっていたような記憶があります。

パートでもリーダーは950円もらっていると噂で聞きましたが、実際のところわかりません。主婦には手頃なパートだったと思います。

(キラリンさん/鹿児島県/38歳)

 

▶ 4時間以上週4勤務と書いてるだろ

シフトは1週間ごとの自己申告制ではあったと思う。ただあくまで原則の話でこのとおり進められるかは別の話だった。混み具合によってシフトを増やすこともありえるし、店の状況にもよると思う。自分の都合で変更させてもらうこともできたが、必ずできるわけではないので答えることはできない。最適4時間、週4の勤務を希望されていましたが、実際どれぐらい収入になっていたか昔のことで覚えていない。

(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

職場の雰囲気

▶ チャレンジ精神のある人が多い
おしゃれなひと。接客スキルのたかいひと。きくばりがよくできていて責任感のつよいひと。プロ意識のたかいひと。臨機応変な対応ができる環境適応能力にたけているひと。つねに問題点をさがしだして、よりよく、より信頼してもらえるような環境づくりに前向きに勤められるひと。老若男女問わず、服をきることをとおして自己評価できることをたのしめるひと。勉強熱心であり貪欲なひと。新しいことにチャレンジできるひと。優しさにあふれたひと。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ 若い人が多く明るい方が多い
思っていたよりも若い方が多いです。パートも若いし、正社員も若いでした。接客業なので雰囲気が明る1日中方が多く休憩時間も笑い声が絶えなかったです。全員ではないですが、飲み会の頻度も高いほうだったと思います。プライベートでも仲良くしている方が多いようでした。
花見やクリスマス会など、イベントもよくしていたし、他の店舗の方たちとも飲み会していました。先輩、後輩混ぜて仲が良かったし、私も相談などしやすかったです。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)


▶ 雰囲気は良く、プライベートでも仲良し
学生のバイトは私がいたころは多くはなかった。20代のスタッフが多かった印象がある。若いスタッフが多かったからか、休みの日に出かけたりするなど、交流は多かったと思うし、社内の雰囲気も良かった。今思うと働きやすい職場環境だったのではないかと思う。初めてのバイトでも丁寧に先輩社員が教えてくれるのが良かったと思うし、辞める人は少なかったと思う。ただシフトの融通はどちらかと言うと、少し通りにくかったように思う。
(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

よかったこと

▶ 社割で商品が安く購入できる
社割があるため、必要なフォーマルなウェアを安価に購入することができました。もともと自分が好きなブランドや商品ラインナップであり、以前から利用していたメーカーであったため、とてもうれしかったです。勤務体型としては、急な休みが入ってしまった場合でも臨機応変に対応していただけたので、ストレスなく働きやすかったです。チームワークがよかったので、みんなでサポートしあい、業務が片寄らなかったことも、長く働けた秘訣とおもいます。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ 冠婚葬祭の知識をつけることができた
社割があったのでスーツを安く購入することができて良かったです。欲を言うならば家族割があったら良かったなと思います。パートの人数が多かったので、わりかし急な休みも取ることができたし、ローテーション変わってもらうこともできました。1番良かったなと思うことは、冠婚葬祭に関して知識を得ることができたことです。マナーを学べたことは自分のためになったなと思います。スーツに関しても詳しくなれたので周りにアドバイスもできています。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)


▶ サラリーマンのお客様が多いが、時期によっては学生も多い
割引きが多かったので、就職活動が始まるころなんかは本当に助かった。リクルートスーツも定価より安く購入することができたと思う。ただ、店舗にもよると聞いたことがある。客層的には中年の男性のサラリーマンが多かったと思うが、時期によっては大学生なども多かった。客単価も中年層が良かった。シフト的には先ほども書いたとおり、通りづらい時が多かったと思う。自分自身の就職活動の時期は休みを取ることも増えたが、あまり良い印象を持っていないようだ。
(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

大変なこと

▶ 接客スキルを求められる
接客スキルが求められることが難しかった。お客様は新社会人の方など新たな場面を迎える方々であり、そういった方々に失礼のないようなマナーを習得することがむずかしくかんじた。お店の顔であるという自覚を持ち働くことでおおきな責任感がやしなわれたようにおもいます。衣類への知識もつねにあたらしいものがでてくるので、ずっと勉強しつづける必要のある仕事であると日々感じておりました。たくさん学べましたがたいへんなこともありました。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ クレームの対応を受けることも
前の販売業はお客様が女性中心でしたが、スーツはわりかし男性客が多いです。男性客は体臭を感じることが多く、夏場はきついものがありました。そこは計算外だったので。あと年配の方も多くて、方便が聞き取りにくいのと名称が何のことを言っているのかわからなかったりと、大変でした。寸法が違うとクレームもあったり、お客様の希望の時間までに終わらなかったりと精神的にこたえることもありました。先輩方が優しかったのは幸いです。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)


▶ セールの時などは大忙し
シフトを自分の希望より増やされることや融通性が効かないことはつらかったです。試験や面接など決まっている用事もあったので、そういうのはわかってほしかったと思っている。セールや特売などはとても混むので、その時に人が少ないととても精神的にも、肉体的にもつらかったと思う。あと社員の中にはいい方がきつい人がいるので、人間関係でも少し苦労したことがあった。
(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

応募する人へ

▶ ビジネスマナーを身に付けることができる
自分が洋服の青山のメーカーの商品のファンであれば、きっと和やかなムードで面接を進めていけると思います。社員さんも本当に人柄がよいかたであり、礼儀.マナーも教育の行き届いたひとばかりなので、その方々を見ていることで自分自身もビジネスマナーを習得することができると思います。服装はきれいなもの、髪型や髪色も可能な限り落ち着いているものが理想であると思います。清潔感のある雰囲気になれることが理想ではないかと考えております。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ 定期的に研修があるので安心
販売が好きで足腰が丈夫であれば、洋服の青山のバイトは問題なくできる仕事だと思います。面接を受ける人が買いに来る店でもあるので、お手本となるような服装や髪型にしていることが大事だと思います。あとは冠婚葬祭に関して質問されることもあるので、マナーをしっかり勉強していればお客様からの信頼も得られると思います。研修も定期的にしてくれるので安心です。私の店舗は先輩方も優しい方ばかりでしたので、わからないことや心配事など相談しやすかったです。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)

 

洋服の青山とは

▶ 新しいことにチャレンジしたい人には向いている職場
常に新しいことに挑戦したいひと、何事にも明るく前向きに取り組める人にはとても向いている仕事だとおもいます。また、接客に自信のある人にも、ぜひ挑戦してもらいたい業界だと思います。また、常にセンスを求め新しいファッションに興味を持っている人も、新しいファッションを常に学ぶことができるのでずっと楽しんで働ける環境であるとおもいます。男女問わず楽しく働いていけるので、諦めることなく前向きに取り組んでほしいとおもいます。
(こここんぶさん/京都府/27歳)


▶ 急な冠婚葬祭に必要なものも揃っている
知っている方も多いとは思いますが、スーツの販売店です。オーダーもしています。冠婚葬祭に関しても相談にのっています。レディースアイテムも豊富に取り揃えていますので、女性の方にも足を運んでいただきたいですね。靴やアクセサリー、バックなどをありますので、冠婚葬祭で1つ足りない!とお急ぎの時などお店に立ち寄っていただけるとお力になれると思います。感謝祭セールも定期的にしていますので、ぜひ店舗に来てください。
(キラリンさん/鹿児島県/38歳)


▶ 幅広い年齢に合わせたフォーマルな衣類を取り扱うお店
洋服の青山は、年齢層をしばることなく、ビジネスシーン、フォーマルシーン、就職活動といったあらゆるライフステージ、ライフスタイルに必要な衣類を取り揃えている会社だと思う。スタッフも社員教育をしっかりしているので、商品を探すお客様に寄り添いながら、最適なコーディネート、着こなしを提案するなど、プロ意識の高い集団だと思う。服飾以外にもフォーマルに必要な雑貨等も豊富で、気軽に来店しやすい明るい店だと思っている。
(いずもさんさん/福島県/35歳)

 

今回は洋服の青山アルバイト経験者のこここんぶさん(京都府/27歳/女性)、キラリンさん(鹿児島県/38歳/女性)、いずもさんさん(福島県/35歳/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアルバイト経験者の主観にもとづくものです。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問内容などが過去の情報であったり、制服や髪色・社割(従業員割引)・福利厚生などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パート探しの参考情報としてご利用ください。

 

すべての人にインターネット
    関連サービス