【無印バイト】口コミ・評判まとめ/面接、服装、仕事内容、シフトなど体験談を集めました

品質にこだわったシンプルなデザインが人気を集めている無印良品。「ムジラー」と呼ばれるファンを中心に、商品を愛用しているうちに「無印で働いてみたい」という気持ちになる方も多いようです。本日は無印でアルバイト・パートナー社員として働いたことのある方々に、「仕事内容はきつい?」「社割はある?」「面接対策や働くときの服装は?」など、気になるポイントをインタビューしてみました。

★注目ポイント

  1. 無印のファンにとって夢のような職場★
  2. のんびり・ほんわかした雰囲気で、人間関係や客層も◎
  3. とはいえ面倒な古株さんがいることもあり (^_^;)

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

f:id:to_B:20180529193921j:plain

 

応募のきっかけ

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

 無印ファン1人目

もともと無印良品の商品が好きで、店舗の雰囲気や接客の印象がよかったので、バイト先としても興味を持ちました。応募方法ははっきりとは覚えてないのですが、たしかWEBから問い合わせのみをして、あとは直接店舗に出向いたように記憶しています。

応募のきっかけは、無印良品の裏側をちょっと見てみたかった、という興味と、当時それまでしていた仕事から一旦離れたくて、区切りつけて休業中だったので、時間を持て余していたのでバイトに応募してみました。 冒頭の応募のきっかけで書いたように、いくつかの候補の中からバイト先として無印良品を選んだというわけではないので、条件で絞ってのバイト探しをした経緯はありません。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 無印ファン2人目

無印良品のアルバイト・パートへ応募したきっかけは、もともと無印良品で買い物することが大好きで、働きながら商品に触れて楽しめることを期待したからです。

自分が好きな場所で楽しみながら働けるならば、時給がそこまで低くない限りは良いと思ったので、その他の条件には特にこだわらずに応募してみようと前々から思っていました。偶然にパートの募集が出ていたので、土日も働けることをアピールして思い切ってスタッフの応募をしてみました。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 無印ファン3人目

店頭のレジ横に「アルバイト募集」という告知が数か所張り出されているのを見て、良く利用している店舗であったのもあり、興味を持ち応募させて頂きました。時間や日時の都合がなるべく相談しやすい職場を希望していましたが、大体融通を聞かせてもらい希望の日時で仕事をさせて頂くことができました。

店頭だけではなく、他にはアルバイトさんからの紹介で面接に来ている方もいらっしゃり、皆が仲良い職場でした。上司の方もとても話しやすい良い方でしたのでここに決めました。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

面接内容

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ 質問は応募理由

記憶が定かではありませんが、たしかWEBから問い合わせをした後、直接店に出向いて面接を受けました。採用はその日その場で決定しましたので、採用まで日数は要しておりません。 面接では、なぜ無印良品のバイトに応募しようと思ったかを聞かれました。 無印良品が好きなので商品を扱う側として携わってみたかった、というような回答をしたと記憶しています。

バイトに入れる時間帯・曜日などを聞かれ、無印良品の商品カテゴリの説明を受けました。 例えばこの商品はどのカテゴリーに入ると思うか、というような質問を幾つか受け、 カテゴリをきちんと把握しておいてくれ、ということだったと思います。 無印良品で働く人には、無印良品を心底愛してもらいたい、誇りと責任を持って働いてください、というような話をされました。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 面接担当はレジ店員

店頭でレジを担当されていたスタッフの方に応募してから、後日店長と思われる方からご丁寧にご連絡を頂き、2~3日後に面接日時を設定して、採用不採用の結果を後日ご連絡をさせて頂きますという事で面接が終わりました。

面接後4~5日後に採用という連絡を頂き、最初に働く日を電話にてご相談という流れでしたので、応募してからは2週間以内には働き始めるという状況ではありました。応募してからは、あっという間の流れだったと感じています。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 質問は志望動機や商品知識

募集要項を見てから、まず電話で確認してみたら、担当のスタッフの人に、履歴書を持参の上来週無印良品のお店に来て下さいと言われたので、履歴書を仕上げて来店しました。面接ではなぜ無印良品なのか、そして何でもかまわないので、無印良品について自分が知っていることを述べてほしいと言われました。

面接自体は30分もかからなかったと思います。間にスモールトークも交え、楽しい面接でした。面接から大体3日後に連絡が来ました。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

教育・研修

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ 説明はゆっくりで丁寧

今までわたし自身に販売の経験がなかったものの、年上のトレーナーの方が時間をかけてゆっくりと丁寧に商品についての説明や、販売についての知識について詳しくトレーニングしてくれました。まずはひとつひとつの商品について詳しく学び、その次に商品の陳列方法をマニュアルに添いながら丁寧に教えてもらいました。

買い物客としては今まで一切意識していなかった商品の陳列の仕方について学んだ時は、視野が広がったと思いました。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

 バックヤード業務

無印良品でのバイト初日だったか面接時だったかちょっと忘れましたが、無印店頭で仕事用の服を社割で買ったときのレジカウンターの人の感じの悪さにびっくりしました。社員(バイト)相手だとこんな横柄な対応するんだこの人、と悲しくなったことを、今はもうただの客なので関係ないですが、無印良品に行くたびにその時のことを思い出してしまいます。

教育・研修、というのは特にありませんでした。 バックヤード希望で、実際最初配されたのもバックヤードで、仕事の内容は配送商品の梱包、大型商品の養生梱包、搬入カートの階下への移動や、資材の整理仕分け、などでした。 仕事内容にはすぐ慣れて特に時間は要しませんでした。 大変というか気が重かったのは、お山の大将みたいな古株のバイトさんの存在でした。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ まずは基本的な挨拶の練習から

初めて働いた日は、まず基本的な挨拶の練習、商品の場所や具体的な商品の説明などを数時間したあと、売場を見ながら商品を覚えるという感じでした。その後、レジの使い方や金銭授受の方法などを指導して頂き、業務全般ができるようになるまでは4.5回あったと思います。

商品数がとても多いので、わからない事も多く、その都度わからない事は聞くという姿勢を元に、1日の作業をする所が最初は大変に感じましたが、とても楽しく働けたと今でも感じています。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

仕事内容

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ ほぼバックヤードでの仕事

無印良品でのバイトはバックヤードでの仕事がほぼでしたのでその経験では、着替えと身支度(バックヤードの仕事で必要なハサミやカッターなどを入れたウェストバッグを着用)を済ませたら、指示に従って配送商品の梱包や、家具など大型商品の養生作業、搬入用大型カートの階下への移動(専用エレベーター使用)、ダンボール箱などの梱包資材の整理や仕分け、各作業は指示をされた分以外にも、手が空いてる場合は、気づき次第、確認の上自ら率先して作業をすすめていく、という感じで、時間になったら声をかけて仕事を上がるという流れです。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 社会勉強となる仕事内容

朝、入店時検品をし、品出しをしながら棚ふきし、陳列という流れで回転準備をします。レジ回りの包装資材や金銭授受周りのアップや整理をしながら大体の時間になるとミーティングで本日のキャンペーンや昨日の売り上げ報告や本日の売り上げ目標全店舗の営業成績等の報告がありまがら、注意事項含めて本日の作業に入ります。

それぞれの持ち場が一応あり、整理をしながらお客様への問い合わせや品出しや品物確認等をしながら1日の作業をします。テキパキと礼儀良く働くという意味で上司の方が丁寧に目標を持たせながら仕事に励んでもらうという指導の仕方なの社会勉強になりました。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ その日その日で臨機応変に

無印良品でのアルバイト・パートの仕事内容は、一応マニュアルはありますが、誰もが気付いたことをやるという自主性の問われるものでした。気配りのできるスタッフが集まる職場だったので、毎日仕事がスムーズに進み、残業をすることは皆無でした。

その日その日で働いている人により、今日は何をやろうかと仕事を分担してそれぞれが仕事をこなしてくようなルーティーンでした。マニュアル通りではない仕事のやり方が良かったです。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

給料・シフト

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ シフトは公平に組まれた

私がお世話になった支店では、月ごとにシフトが決定されていました。不公平がないよう、毎月別のスタッフが優先でシフトの希望を出すことが可能で、希望日はほぼ希望した通りのスケジュールにしてもらいました。大体、1日5時間勤務して週に5日出勤が当たり前でした。土日もできる人は歓迎されました。その時の月収は15万ほどで、残業や早番などはまったくなかったのでよかったです。スタッフ全員を考慮してくれる良い職場だと思いました。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

▶ シフトの決まりはなし

シフトについては最初の面接時にも希望を聞かれましたが、面接を受けたその日その場で採用だったので、その流れのまま実際の希望シフトの打ち合わせをしました。記憶では、1日あたり最低何時間・週に何日以上、というような取り決まりはなかったように思いますが、こちらの希望は「週3くらいで、入れるのは午後」ということのみで、あとは担当の人が全体の状況から大まかにシフトを組んでくれました。

時給については正確な金額を覚えてないのですが1100円ほどだったと思います。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ シフトの提出は1か月単位

1日あたり7時間勤務で週3日。希望に応じて勤務日数を面接時に相談させて頂く形で希望をきいてもらえました。シフトの提出は1か月単位なので、どうしても日時の都合がつかない日は前もって相談という形で了承を頂いていました。

また、ゴールデンウイークや休日などで、キャンペーンがある時は人手が足りないので、少し時給が上がります。月に大体10万前後で働いていました。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

職場の雰囲気 

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ アットホームな雰囲気

当時は、土日祝日と夜は学生のアルバイトの方が多く、平日の昼間はご家庭がある主婦の方が早めの夕方で上がるという形でシフトが組まれている状況ではありました。ただ、年齢層はとても幅広く、少し年配の方もいらっしゃり、アットホームな雰囲気で働ける職場であったと思います。

年齢層が幅広いので、例えば悩んでいる事やちょっとした相談などもし易くて、アルバイトに行く楽しみというのが毎回ありました。働いている方はとても優しい人思いの良い方ばかりでした。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 職場の雰囲気に大満足

無印良品の職場及び人間関係の雰囲気は、とてものんびり、そしてほんわかとした感じでした。似たようなタイプの人が働いている職場だったので、人間関係もおだやかで協調性があったように感じます。

学生やフリーターというよりも、第二卒者や主婦の方も働いていて、たくさんの話しができて、仕事以外でもお客さんの少ない空いている時間帯にとても楽しい雰囲気を味わうことができました。無印良品の職場の雰囲気には大満足でした。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 職場全体で悪い印象はなし

厳密な年齢制限はなかったですが、シニア層の方はいらっしゃらなかったと思います。年齢的には30歳くらいを中心に25〜35歳くらいまでが多かったと思います。学生の方も居たかもしれませんが高校生のような年齢の方はいませんでした。 数人で仲良く、という感じはありましたが、それ以上の人数がわいわいみたいなのは皆無でした。

休憩室なども淡々とした雰囲気で、あまり人と関わり過ぎない、という温度には居やすさを感じたので、居心地自体は悪くなかったです。 応募時の面接担当の社員さんも感じのいい方でした。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

よかったこと

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ 社割で商品を購入できる

社割で商品を購入できます。無印ということでこだわりの強いお客は居られましたが、接客に困るような柄の悪いお客の来店はまれで(個人的にはそのような経験はありませんでした)客層は良いと思います。急な休みは取ったことがないのでわかりませんが、シフトについては希望の時間帯・曜日で無理なく組めたと記憶しています。

制服については、配属がバックヤードの場合も含め色の指定があったと思いますが、無印良品の商品の中から好みのものを選んで(社割で買って)それを制服として着ることができます。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 客層が良い

客層が良いのはあります。来られるお客様がとても自分を大切にする方が多く話し方やものごしも柔らかなので接客がし易いというのがありました。常連さんもたくさんいらっしゃりましたので、何気ない会話も良くするようになれたところが仕事の楽しみでもありました。シフトは決まってはいましたが、相談に応じて融通をきかせてくれたのでとても良い職場だったと思います。

社会人になってよく思い出しますが、アルバイト時代は楽しかったなという良い思い出です。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 無印ファンには魅力的

無印良品でアルバイト・パートしてよかったことは、なんといっても社員割引があることではないでしょうか。特に無印良品の商品が大好きな人にとってはとっても魅力的なサービスだと思います。また、シフトの融通がききやすいため、年上の先輩にも気軽に都合が悪いことを伝えられ、人間関係に問題が生じることもほとんどありませんでした。

制服は特にありませんでしたが、上が白と決まっていたので自分で揃えていましたが問題なかったです。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

大変なこと

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ 商品入荷の日時調整

困った事はちょくちょくありました。雑誌等で紹介されていた商品がない時の問い合わせや商品入荷までの時期が長いとどうしてもお客様をお待たせしてしまう事が多々ありその状況説明をする事や、待って頂く日時などの調整をすることです。

また、試着していただいた商品のサイズが中々合わず、サイズが品切れしている際に商品を他店舗から探す作業やその説明等を少し年配のお客様にさせて頂く事が少し困難な時がありました。ただ、全般を通してとても楽しい思い出ではあります。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 古株さんの独特な雰囲気

古株のバイトさん、鼻にかけたような気取った社員さん、一部の方たちですが、ネチネチチクチクとやられる感じを受けたことがありました。無印良品だからというわけではないかもしれませんが職場に独特な雰囲気もあって、ちょっとやりづらい印象もありました。

どの会社どの職場でもあることだとは思いますが、何かあったときに根拠なしに新人のせいにするという風潮が特にバックヤードにあり、自分事であればもちろん、他人事であっても嫌気が差す風景を目にすることも多々有りました。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

 

▶ 困ったことは特になし

今までの質問でも答えた通り、良い経験しかしたことがなかったので、無印良品で働いていて困ったことは思い当たりません。例えば、学生の子は学校が終わってから夜のシフトで働いている人たちもいたので、たまに疲れた様相で、お客さんが見たら不快感を受けるだろうなと思いましたが、上のスタッフも特に注意などしていなかったため、こういうものなのかと見なかったことにしました。

他は特に気になった点はありませんでした。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

応募する人へ

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ 無印愛を大切に

どこの職場でもいろんな方が居られるので無印良品に限った話ではないと思いますが、無印良品の売り場の雰囲気や接客を受けたときの印象からはちょっと想定外の古株さんからのチクチクはありました(イジメではないです)。なので、お客として無印良品を利用してるときに抱くイメージのままバイトに入ってしまうと、人によっては頑張りきれないかもしれません。

面接については、無印良品的常識内であれば服装や髪型で特に気をつけることはないと思います。 面接時や採用後の最初の話で、どれだけ無印良品を愛せるかのレクチャーを受けるとおもいます。職場が実際にはどんなであれ、無印愛は大切に面接は臨まれたらなと。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 面接では無印の好きなところをアピール

とてもきちっとしている職場です。話し方や、身だしなみは面接時から整え、面接に当たられることをお勧めします。また、何のためにアルバイトをしたいのかや目標等を明確にしておくと、それを聞かれた時に話や市のかと思います。

人を大切にする会社なので、話を聞く姿勢や丁寧さも見ていると思いますので、何でも話せる雰囲気で明るく面接に当たられることをお勧め致します。また、商品の知識はなくても、無印良品のどんな所が好きかも話せるといいと思います。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 自分らしくいることが一番

無印良品のアルバイト・パートへこれから応募する人へアドバイスと言っても、こうするべきだというのは私の考えではないので、自分らしくいることが一番だと思います。なぜ無印良品が好きなのかをはっきりと自分の見解として面接官に伝えることが何より重要なことであると思います。

なぜ無印良品なのかということをしっかりとアピールすることができれば、スタッフの人にも働きたいという気持ちが伝わるのではないかと思っています。

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

無印良品とは

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

▶ シンプルで美しい生活をトータルで提案する企業

食品や、雑貨から家具・家電、住宅設備や、住宅そのものまで、生活全般の、ああだったらいいのに、こうだったらいいのに、の声を形にし、シンプルで美しい生活をトータルで提案する企業。各製品は、モジュールや素材が統一されており、無駄のないサイズ、無駄のないデザイン、使っていて気持ちがいい、を大切に。

シェルフなどの家具類は組み換えや拡張性にも富んでおり、品質にこだわったファブリックや寝具など、見た目だけでなく上質な生活をも手に入れることができる商品群。衣料についても同じスタンスで展開さいる。

(まめぞうさん/東京都/男性/50代)

 

▶ 環境にやさしいものを提供する会社

いつまでも飽きのこない使いやすい、人に環境にやさしいものを提供する会社だと思います。使ううちに愛着が湧き、ファンが増えていく商品ばかりです。一つ一つのものにコンセプトがあり他店にはない商品ばかりが品揃えられています。

使ってもらう方々の生活をワンランク上げる立ち位置なのかとも思います。衣類や日用品や食べ物までも色々とありますが、シンプルで使いやすく、飽きのこないものばかりで、生活スタイルそのものを提案する会社です。

(はるこうさこさん/東京都/女性/30代)

 

▶ 日常に欠かせない商品を幅広く提供している会社

無印良品は、素朴かつリーズナブルな値段にも係らず、様々な場面においてわたしたちの日常に欠かせない商品を幅広く提供している会社だと思います。デザインもシンプルながら飽きがくることはなく、プライベートのみならず、カフェや他企業がオフィスにおいて無印良品の商品を使用していることからも、すべての人に適応する素敵なアイテムを提供していると思います。

また、商品数が多いことも大きな魅力だと思っています。是非どうぞ!

(おばじーさん/東京都/女性/30代)

 

無印のバイト探しは、バイトルがオススメ!

 

今回は、東京都豊島区東池袋に本社を置く株式会社良品計画が、素材にこだわったノーブランドの低価格帯商品を多数取り揃えて全国に店舗を展開し人気を集めている「無印良品」で店舗スタッフなどアルバイト・パートの募集情報に応募して採用され働いた経験のある、まめぞうさん(東京都/50代/男性)、はるこうさこさん(東京都/30代/女性)、おばじーさん(東京都/30代/女性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまで無印良品の店舗スタッフなどアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問内容・教育研修の内容などが過去の情報であったり、制服や服装・髪色・髪型・ピアスに関する規定や社割(従業員割引)・福利厚生・勤務時間・交通費や各種手当などの制度がすでに変更になっていることがあります。情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりませんので、あくまでアルバイト・パートなどお仕事探しの参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス