<注目のアルバイト>

ニトリ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.31

接客や家具が好きな方にオススメです。 どんな部屋にコーディネート... 続きを読む

<注目のアルバイト>

スシロー | 経験者のおすすめ度

★★★★★

集計中

私はキッチンの握り寿司部門で働いていました。主に朝番だったので... 続きを読む

<注目のアルバイト>

ゲオ(GEO) | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.35

お客さんからDVDやCDの場所を聞かれることが多々あるので、パソ... 続きを読む

<注目のアルバイト>

丸亀製麺 | 経験者のおすすめ度

★★★★★

集計中

うどんをとってお湯に入れる、そこから大体の時間を算段して茹で上げ... 続きを読む

<注目のアルバイト>

伝説のすた丼屋 | 経験者のおすすめ度

★★★★★

集計中

とてもいい人たちばかりで見た目というよりは人間性など重視していたと思... 続きを読む

<注目のアルバイト>

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン™ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.94

私のいたアトラクションは少しハードだったので、若いクルーが中心でした... 続きを読む

<注目のアルバイト>

幸楽苑 | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.25

一定の値段で商品を食べることができます。いろいろなラーメンがあるの... 続きを読む

<注目のアルバイト>

カフェ・ベローチェ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.40

丁寧な接客というよりも、スピードが求められている。オフィス街の.. 続きを読む

<注目のアルバイト>

図書館流通センター| 経験者のおすすめ度

★★★★★

---

早番では返却ポストに入った本の返却作業と配架、新聞を閲覧でき.. 続きを読む

<注目のアルバイト>

和食麺処サガミ | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.00

キッキンで働いていたので、朝の仕込み、オーダーの入った料理... 続きを読む

<注目のアルバイト>

ロッテリア | 経験者のおすすめ度

★★★★★

3.20

シフト登録は、1ヶ月ごとにインターネットのサイトでの自己... 続きを読む

甘太郎

甘太郎 | 経験者のおすすめ度

4.00

24件のクチコミ

甘太郎のアルバイト・バイト・パート経験者による、リアルなクチコミ・評価を集めました。求人に応募する前に、仕事内容や職場の雰囲気、面接、髪色や服装についての評判をチェックしてみましょう。

 

カテゴリ別に
クチコミをみる(全24件)

 

 

仕事内容

目次に戻る
  • 出勤するとまず着替えます。私はキッチンスタッフでしたので、厨房着に着替えます。 着替えた後は事務所のパソコンで出勤の操作を行います。その後キッチンに向かい、手を洗います。手を洗った後は、その日に着く場所で準備をします。主に、オーブン、焼き場、揚げ場、炒め場、刺し場があり、注文ごとに、配置についた人が作ります。例えば唐揚げなら揚げ場、ピザならオーブン、チャーハンなら炒め場の人が作ります。注文がない間は掃除、食器や調味料などの整理整頓を行います。
    これが4,5時間続きます。終わったら退勤処理を事務所のパソコンで行い、着替えて帰ります。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 私はホールだったので、お料理やお酒を運ぶ下げる、テーブルセッティング、お会計をやっていました。ドリンクを作ることもありました。ビールの樽が凄く重くて大変でした。ドリンク注文が多いとオーダーの紙がたまり、良く焦っていた思い出もあります。
    ラストまで働く時は掃除をし廃棄物の処理をしに地下まで重い箱を持っていくのが寒いし重いし大変でした。最後に業務日誌を書いて終わりです。来客数や売上金、お客様の声など毎回日直制で書いてました。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 厨房の仕事です。持ち場は何個かありました。その持ち場を時間でローテーションしていたと思います。毎回お皿洗いの持ち場が回ってくるのですが、お皿洗いはあまり好きではありませんでした。お皿洗いはよ洗いしてから食洗機で洗い、仕上げにさらに洗います。手が荒れるのと油がヌルヌルすることが好きではありませんでした。
    そんなローテーションをこなしながら、閉店まで行い、閉店後掃除を行い、帰宅していました。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

職場の雰囲気

目次に戻る
  • 基本的には学生が多いと思います。私が働いていた店舗では当時15名いたアルバイトのうち、フリーターが一人で、あとはみんな学生でした。そのため、サークルのような感覚であり、バイトが終わった後に飲みに行ったり、みんなでBBQやボーリングなどのイベントをやったりしていました。
    学生が多いため卒業などにより入れ替わりも激しいですが、卒業してからもみんなで集まって遊んだり、飲んだりしています。ただ、決して主婦やシニアができないしごとではないと思います。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 私が働いていた時間帯は、学生、フリーターが多かったです。外国人の方も多くいたのでバングラデシュ人、ペルー人、中国人、日本人の多国籍会話を楽しんでいました。皆さん日本語が上手で働くのに全く困らなかったです。また同年代が多かったので、バイト終わりにみんなで飲みに行ったり、お店を片付けながらおしゃべりタイムして楽しかったです。
    昼勤務は主婦と夜間学校の学生さんが主だったのですが、夜と違ってゆっくり出来る時間があり主婦の方達とも交流が出来ました。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 職場の雰囲気は悪くないと思います。大きいお店だったので、所属人数が多かったので、知らない人も多かったです。夜勤は中国の方と日本人の大学生が主だった気がします。人数が多かったせいか、多少グループ?派閥があったような気がします。 私は群れることを好まないので、どこにも所属せず、働いておりました。
    雰囲気は悪くなく、活気があったような気がします。よく覚えていませんが、ホールと厨房も仲が良かった気がします。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

面接

目次に戻る
  • もともと工事現場のアルバイトをしていましたが、腰を痛めたり、けがをするなど肉体的にきつ過ぎたし、仕事量の多い少ないで内輪もめもあり人間関係もあまりよくなかったため、そろそろ別のバイトに変えたいと考えるようになり、周りの友人に相談していました。そうしたところ、当時甘太郎で働いていた友人からキッチンのバイトの募集をしているとの話があり、場所的に学校の近くだし居酒屋は時給もいいし稼げそうだと思って応募しました。
    友人の紹介で面接することになり、場所は居酒屋のカラオケルームでした。
    当たり障りのない面接で「週に何回入れそうか」大学生だったため「卒業まで働けそうか」などが主だったと思います。友人の紹介ということもあり、その場で合格をいただきました。その後、早速「シフトを出すように」と指示されて提出後、最初の出勤日を確定し、その日までにシフトを作っておいてくれるとのことでした。帰り際に給料を振り込むための銀行口座を記入する紙などを渡され、次回持ってくることになったと記憶しています。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 甘太郎があった同じ複合施設で他の居酒屋でバイトをしていたのですが、そこが潰れてしまい同じ地域でバイトを探していたところ甘太郎で募集をしているのをフリーペーパーで見て応募しました。同じ時給で同じ職種なので。
    特に条件はこだわっていなかったのですが、勤務地だけは甘太郎の前に働いていた同じ場所がいいなと思っていたくらいです。 実際に何回か甘太郎も利用したことがあったので、何も抵抗なく応募した記憶かあります。
    面接の場所は甘太郎で、お客様が少ない時間帯に端の席でやりました。友達と2人での面接でした。「いつから働ける」か「週に何回か勤務できるか」「飲食店での勤務経歴」などを聞かれました。勤務の条件として、研修所で1日研修しなければいけないことも言っていました。他は特に適性検査などはありませんでした。
    面接が終わってから少し雑談し、和やかだったのであまり緊張しなかった記憶があります。「後日採用の場合は連絡します」と言われ、次の日には電話で合格の連絡がきました。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 応募理由は以下です。
    ・時給が高いこと
    ・渋谷が勤務地だったこと
    ・まかないがでたこと
    応募方法は、webか紙かどちらで見つけたか忘れましたが、電話で問い合わせをしたと思います。
    求人情報でオープニングスタッフを募集してました。それをみて応募しました。
    どのような内容の面接だったかはよく覚えていませんが、勤める甘太郎の近くの甘太郎で面接をしました。オープニングスタッフだったため、大量に採用したようです。採用の連絡が面接後、比較的すぐに合格の連絡が来ました。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

教育・研修

目次に戻る
  • 初めて働いた日からひとつづつ丁寧に教えてもらえます。
    最初はレシピを見ながら作っていきますが、そのうち見なくても覚えてできるようになります。レシピまでは目を通さなくても、写真で大体わかるようになります。比較的簡単なポジションから覚えていき、徐々に難しいポジションを覚えていきます。
    刺し場は魚を下さなければいけないためそれなりのスキルが必要になります。地道に体で覚えていくことが必要です。また、忙しい時間帯になると誰も教えることができなくなるのがつらいです。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 甘太郎の同じ系列店舗合同で、実務の前に研修所に新人20人ほど集まり講師に制服の着方、身だしなみをそれぞれの店舗ごとに教わり、おじきや言葉遣い1人ずつチェックされ、最後にオーダーハンディの使い方を教わりました。
    勤務初日はお店の中央に立ち 「いらっしゃいませ」 「ありがとうございました」と、声を出すだけでした。それだけでもとても緊張して疲れたのを覚えています。最後の方はグラスのさげやお食事を頼まれたお客様にお茶を配膳しました。
    ハンディのメニューが記載されているボタンを覚えるのがとても大変でした。2ヶ月くらいでやっと見なくても打てるくらいになったと思います。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 新店舗のオープニングスタッフとしてはじめて働いた日のことは、特に記憶にありません。ただオープンから数日は大変忙しかった記憶があります。忙しいというのは、素人集団がオペレーションしていたので、全ての効率が悪かったからです。要所要所には、長く勤めている方がいたのですが、それ以上にお客様が来店したので、捌ききれていませんでした。ポテトの注文ですら、注文を受けてから一時間以上後にお届けしてましたから。。
    ただその時期を経験したから、お客様の来店が落ち着いてからは楽ちんでした。(ますだ。さん/30代/男性)

 

時給・福利厚生

目次に戻る
  • 月に2回希望シフトを提出します。1回に2週間分の希望シフトを提出し、1日と15日にシフトが確定します。シフトを確定させるのは店長です。私が働いていた店舗では週何回などの決まりはなく、自由にシフトを組んでいました。学生が多かったため、テスト前になると人がなかなかいなくてよく人手不足で営業していたことを思い出します。
    給料は時給1000円程度で、深夜になると25パーセントアップだったと記憶しています。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 1週間ごとの自己申告制でした。テスト期間は全く出勤しないこともありました。 私が働いていた時は学生だったので週3~4の5時間勤務ですが、夏休みや土日は朝から通しで勤務する時もありました。基本昼勤務、夜勤務の人員で分かれているのですが急な休みがでたときは昼の人が通しで働いたり、夜の人が昼に入ることもありました。
    時給は1000円でしたが夜9時以降は100円アップでした。月収は月によってアップダウンありましたが、4万円から8万円はいただいてたと思います。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 月収はたしかに7〜10万くらいもらっていたと思います。 夜勤を週に数回程度でした。 時給は1100〜1200円位だったと思います。
    シフトは自己申告だったと思います。 その頃は中国の方が多数在籍していたので、人が足りないというようなことはありませんでした。ただビザの問題で中国の方が全員いなくなってからは大変だったと思います。 ちょうどその頃、私もアルバイトをやめたので、それ以降のことはわかりません。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

シフト

クチコミはまだありません。

目次に戻る

 

よかったこと

目次に戻る
  • まかないがありました。賞味期限が近いあまりモノを使って自分で作るスタイルです。一人暮らしだったため、まかないがあると夕飯に困らなくて助かりました。 あと、グループ会社の割引券がありました。同じグループの居酒屋を利用すると割引が適用されたと思います。
    バイトメンバーが仲がよかったので、代わりのメンバーを探せば自由に休めたし、割とシフトには融通が利きました。 深夜のい時間帯は給料が高いのに客は少なく暇なのはよかったです。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • シフトが1週間毎なので、予定がたてやすく便利でした。まかないもメニューから選べたり、チーフのオリジナルだったりでとても美味しかったです。 人間関係がとても良かったので働きやすかったです。
    私が勤務していた店舗は飲食店が入っている複合施設だったのですが、他の店舗の方とも休憩室やロッカーが一緒なのでたたくさん交流が持てました。外国人の方も多く、異国の文化に触れることが出来貴重な体験になりました。 制服はシンプルでしたが、色合いが大人っぽく私は好きでした。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 甘太郎でアルバイトをしてよかったことは、以下です。
    ・時給が高いこと
    ・勤務地が渋谷だったこと
    ・まかないがでたこと
    社割はなかったと思います。 その他には、甘太郎で料理を覚えることができたことがよ買ったと思います。 今でも家で時々甘太郎で覚えてた料理(キムチチャーハン、スパイシーポテト、唐揚げなど)を作ります。その他、包丁の使い方、フライパンの使い方を覚えることができたことがとても良かったです。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

大変なこと

目次に戻る
  • 働いていてきつかったのは、キッチンだったので夏場がつらかったです。火を使うためただでさえ暑いのに、炒め物の火や揚げ物の油など非常に暑いため、さらにピークの時間帯になると火をつける機材が多く、忙しく動くため汗が止まりません。ピークの時間帯を終えて休憩に入った時に初めて汗がびっしょりで、喉がカラカラなことに気づき、どっと疲れがたまります。
    ただ、バイト後のビールがとてもうまいです。しかもお店でそのまま飲んで帰れます。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 団体のお客様が来るとジョッキの数が多くて持っていくのが大変でした。泡も消えないように素早く提供しなければならないので。居酒屋なので泥酔されたお客様も多々見受けられ、嘔吐されたり暴れられるとその後処理がキツかったです。
    人間関係は良好だったのですが、男女関係が多少激しくて巻き込まれたりしたのは当時は迷惑でした。今となっては笑い話になっていますが。 トータルしてあまりキツかったことはないと思います。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 甘太郎で働いていて困ったことはありませんでした。きつかったことも特に記憶にありません。強いていうなら、甘太郎のメニューを覚えることが大変だったと思います。そのメニューのレシピ、作り方を覚えることに時間がかかったことだと思います。しかし、それがあったので今でも家で甘太郎のメニューにある一部のものは作ることができるので、とてもよかったと思います。なので、辛いことや、困ったことはありません。
    (ますだ。さん/30代/男性)

 

身だしなみ・制服

クチコミはまだありません。

目次に戻る

 

向き・不向き

目次に戻る
  • 私のようにキッチンであれば、料理が好きは人は向いていると思います。勿論マニュアルがありますが、それをベースとして、自分なりに料理を作ることができます。また、鍋の振り方などはバイトをやめてからも役に立ち、また当時のメニューのレシピを覚えていれば、それを応用した料理などを作れるようになります。
    ホールに出る人は接客作業が主ですので、お客様と楽しく話ができる人が向いていると思います。また重い食器を持つので力自慢の方は向いています。
    (タケノコさん /30代 /男性)
  • 居酒屋なので色々なお客様がいます。人と話すこと得意な人、好きな方は働いていても楽しいと思います。
    色々な出会いがありますから。笑顔で明るく丁寧にを心がけてやっていました。 ホールが苦手な人はキッチンでも働けると思うので、選べると思います。 飲食店なので過度なメイク、香水は控え爪も短く清潔に。 お酒好きな方はお酒の種類を知れるので、楽しいと思います。日本酒飲めない私でも種類はたくさん覚えられました。 たくさんグラス持ったりお皿も重ねると結構な重量になるので、腕の力はあった方がいいと思います。
    (みほりんさん/30代/女性)
  • 厨房の仕事しか経験したことありませんが、厨房の仕事はおしろいです。 またマニュアルがあるので、作り方を知らなくても問題ないです。
    アルバイトをしながら、料理を覚えることができるので、一石二鳥だと思います。 甘太郎のアルバイトで覚えた料理は今でも時々家で作ったりします。 当時の記憶では、時給が高かったと思います。店にも依ると思いますが、まかないもあるので、食費が浮くので、学生さんだと助かると思います。
    (ますだ。さん/30代/男性)

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。 画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の職場環境とは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。
また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。