注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

華屋与兵衛でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

華屋与兵衛のアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント 

  1. まかないがワンコインで食べられて食費が浮く◎
  2. 接客の基本を学べるのでバイトデビューでも安心!
  3. 色々なお客様がいるので柔軟な対応を心がけて

 

f:id:to_B:20180919184541j:plain

応募のきっかけ

▶ もともとお店を利用したことがあったので
地元でアルバイトできる場所を探していて、新聞折り込み広告で募集を見て応募しました。もともと店舗を見ていたので、お店の雰囲気はなんとなくわかっていて、少し安心感もありました。学生だったので学校が終わって帰宅した5時、6時ころから入れる仕事を探していました。学校へは電車で通っていたので学校の近くでアルバイトをすることも可能だったのですが、帰りが夜遅くなると心配なので自宅周辺で探しました。結果的には自宅から近くて良かったです。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 夕方以降に働けるアルバイトを探していた
当時、学生の学費を払うべく掛け持ちできるバイト、できるだけ学校後の夕方以降で働けるところを探していました。そこで、母親からの紹介もあり、時間の希望が取れるということで、面接を受けました。華屋与兵衛では、初めは1ヶ月前のシフト希望制、派手でなければそこまでの髪型の規制はないなどと、言われました。しかし、働いたら全く話と違いましたが、、、。働き始めて、話の食い違いは多くあったものの、
こちらの生活スタイルなどをお話ししましたら、なんとか納得していただけました。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

面接

▶ 志望動機やシフトについての質問
電話で応募し、面接の日程を決めました。店舗で店長さんが面接していただきました。
その場で合格ということで仕事に入れる日を確認し、制服の準備ができるころに仕事はじめになりました。
面接では志望動機や現在の学校、日常の時間、どれくらいのシフトに入れるか、ということを聞かれたと思います。お客様の少ない時間帯の店内でしたので、落ち着いた雰囲気であまり緊張することなく話ができました。面接時間は15分ほどだったと思います。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 質問形式の面接
面接の場所は実際働く場所の客席にて面接を行いました。時間帯は、お客様が1番少ない3時ごろでその日はちらほらとお客さんはいらっしゃいました。基本全て店長の質問に答える形でしたが、他のスタッフの休憩時間も被っており、スタッフが少ないからか、時々店長が席を外し面接が中断することがありました。面接内容は「今までのバイト経験や内容」「今の生活リズムについて」「出勤できる時間帯」を聞かれ終わりました。面接時間は1時間程度で終わり、その場で採用されました。また、その月のシフトもその場で決めました。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

教育・研修

▶ 店長から研修を受けた
飲食店の仕事は初めてだったので、自分にできるか緊張しながら行きました。
同じような年齢の人が働いていたので、自分も頑張ればできるかな、と思いました。
店長さんが研修をしてくれたのですが、教えることに慣れているのですぐに業務をおぼえることができました。
注文を聞くのはハンディと呼ばれる機械を操作します。慣れるまではどこのボタンを押せばいいのかわからなくて人に聞くこともありました。人の少ない平日の夕方からだんだん業務に慣れていき、1か月ほどすると休日の忙しい時間帯にも対応できるようになったと思います。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 1から調理方法や働き方を店長が教えてくれた
私は調理スタッフでしたので、店長が担当の調理場にて一緒についていただき1から調理方法や働き方を教えていただきました。
衛生管理の重要さや皿洗いなどの地道な作業を繰り返す日々でしたが、飲食店での従事者として学ぶことは多く、日々一生懸命に働き続けました。
幸いなことに店長や指導していただいたスタッフは皆様、わかりやすく指導いただけましたのでつらいことや苦しい目に合うことはほとんどありませんでした。その点は今でも感謝しています。
(てっつぁんさん/神奈川県/26歳)


▶ 基本はOJTで学んだ
呼び名は特にありませんでした。研修や教育は、お客様の注文の取り方、スタッフ間での挨拶などはありましたが、それ以外は実戦で行いながら、先輩の後ろについて見て学ぶことや、先輩がついて回っていただきました。入社して1ヶ月くらいで夜の1人番を任されたので、その時に何度か癖のあるお客様がいらっしゃった時は、対応がとても大変でした。しかし、実戦で行うことがとても多かったので、2ヶ月後には仕事に慣れました。仕事内容は初めだから何からなどと特にありませんでした。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

仕事内容

▶ 掃除をしたり配膳をしたり
出勤したら制服に着替え、タイムカードを押したら手洗いをします。私はフロア係だったので、フロアに出てお客様のご案内、注文うけ、配膳、下膳、ドリンク・デザート類を作って出す、会計をメインにやっていました。
お客様が少ない時間帯は店内の清掃をしたり、キッチンに人が足りないときは食器を下げたり、配膳の準備や簡単な仕込みをしたりしました。お客様対応が最優先なので、時間によって仕事を見る必要があります。でもやっているうちにだんだん上手になります。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ オーダー対応からキッチンまで幅広く
出勤をして、タイムカードの記入後手洗い、衛生チェックがありました。そのあと連絡事項の確認や予約の確認をしポジションにつきます。僕は当時金銭面も任されていたので、まず釣り銭のチェックをしました。そのあと、お客様のオーダーを取りドリンク出しや甘味作り、厨房の手伝いも店全体的にやっていました。また、クレームの対応も行なっていましたので、その場合はよくお客様の元へ謝りに行きました。あくまで僕のポジションは特別すぎるらしく普段は違うと思いますが、たまにそういう方もいるそうです。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

給料・シフト

▶ 週4日20時間程度の勤務で月収6万
シフトは半月ぐらいごとで店長さんが作っていました。学校の定期試験や私用でシフトを変更することも前もって言えば可能でした。
時給は私が働いていた当時は800円から。土日は多少のアップがありました。学生で平日の4時間ほど、土日に7時間ほどでしたので、月収は5万円以内だったと思います。土日でお客さんが多く忙しいときは延長することもありました。
長く勤めていろいろ難しい業務をこなせるようになれば、昇給もあるのかもしれません。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 週5〜7勤務、1日あたり7〜10時間働いて月収15万〜20万円
シフトは1ヶ月前に希望を提出をし決めていました。基本的には、希望通りに通るのですが、繁忙期や年末年始になると希望は通りにくく、中には無理やり出勤させられている人もいました。これは社員、アルバイト、学生関係なくあります。私は、当時学生で勉学に励みたかったので、断り続けましたが、店主がうっかりしていたことや、事故の判断によって、シフトを無理やり入れられることもありました。当時時給は九百円でした。勤務時間は、10時間以上の時もありました。とても大変でしたが、最後辞める時もかなり止められたのが強引に辞めさせていただきました。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

職場の雰囲気

▶ 色んな年代の人と働けて色々学ぶことができる
平日の昼は主婦と社員さん、平日の夕方以降は学生さんと社員さん、夜はダブルワークの会社員さん、主婦、社員さんでした。
短時間でいろいろな人と出会うので、仕事がゆったりとした時間帯に少し話をしたり、いろいろな話が聞けて面白かったです。
私は学生だったので、年齢の上の方と一緒に働くことによっていろいろな社会経験をさせていただきました。時間を上手に使っていたり、手際よく仕事をさばく姿勢はこちらの経験で学んだと思います。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 人間関係がよく働きやすい
主婦やシニアの方が多かったです。1〜2人くらい自己中心的で感情不安定な人もいましたが、それ以外の人はみんな優しく、楽しく働ける職場でした。また、女子大生もいてたまに一緒にご飯にも誘っていただきました。みなさんが、よく声をかけてくれる方たちだったので、学校での悩みや相談も乗っていただいたりして、私生活も充実するきっかけにもなりました。学生の方でも主婦の方でもどなたでも、人間関係面で働きやすい空間だと思います。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

よかったこと

▶ 自宅から近かったので通いやすく働きやすい
自宅から近いところに店舗があったので、学校帰りや忙しいときにも通いやすくて良かったです。長期に働くことになると、通いやすさは大事なポイントになると思います。
休憩時間にお店のメニューを注文して食べることがありましたが、確か社割価格で食べられました。夕方は学生が多いので、部活動のような雰囲気でチームワークよくやっていました。忙しくなると汗をかくこともありましたが、制服がワンピースなので動きやすかったです。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ まかないがワンコインで食べられる
まかないはワンコインで食べられることが魅力です。また、月々メニューが変わることも楽しみの1つになっていました。とても、厳しいところも多々ありますし、お客様はおじさん、おばさんがとても多いので若い人にとっては時々、長話に付き合わされそうになりますが、慣れることによって適度なコミュニケーション能力もつくことが僕は良いところだと思いました。お客様に不快な思いをさせることなく、仕事をこなす。アルバイトでなかなか学ぶことができないことかと思います。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

大変なこと

▶ 制服がストッキングでよく伝線した
特にきつかった思い出はありません。忙しくて目が回るようなこともありましたし、間違って怒られることもありましたが、今ではいい思い出になっています。
大変だったことは、制服がストッキングだったので、お座敷に上がったり下がったりしているうちに伝線しやすかったことです。畳がけば立っていたので、気を付けていてもすぐに伝線していました。ストッキングは自前だったので、くつしたの制服だったらよかったのになぁと思っていました。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 人間関係に苦労した
人間関係に苦労致しました。
性格が合わない人とも一緒に働かなければならず、自分の意見を言わずに相手に合わせたり我慢をして場の空気を乱さないように気を付けることが多々ありました。
店長や他のアルバイトスタッフに相談しやすい雰囲気でもなく、今思えば苦労することが多かったなと感じます。
調理できる料理や知識が増えて、良い意味で刺激になることも多かったですが私のアルバイト経験の中では人間関係の苦労の思い出が大半です。
(てっつぁんさん/神奈川県/26歳)


▶ クレーム対応が大変だった
シフトの融通が利くと、面接で聞いて入っていたので、それが利かないときは、学校のスケジュールを合わせるのが非常に大変でした。また、夜のピーク時にも、1人でフロアを任される時もあったので、クレーム対応なども大変でした。しかし、それを乗り越えられたからこそ、クレーム時の対応の仕方や起こさないやり方を学ぶことができました。また、食を扱う場なので小さなことにも気をつかわないといけないので、あまり気にしない後輩などをみていると、とても大変そうに見えました。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

応募する人へ

▶ お客様の年齢層は比較的高め
飲食店ですので、清潔感のある服装、明るい笑顔が大切だと思います。私が働いていた時は、派手な髪染めはNGでした。茶髪も明るすぎると店長さんに注意されて直している人がいました。
和食のファミリーレストランなので、比較的年齢の高いお客様が多い印象です。落ち着いた雰囲気で食事をされている方が多いので、忙しい時間帯でもなるべくせわしない雰囲気にならないよう気を付けていました。
新しいメニューが出ると覚えるのがちょと大変でしたが、わからないことはすぐに聞ける環境でした。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ 清潔感のある服装で
服装と髪型は、清潔感ある格好が良いです(黒髪は絶対です)。面接時はそこまで、緊張もされなくてもいいと思いますが、基本の言葉遣いが使えると即採用に近いです。フロアスタッフであれば女性、厨房であれば男性が良いと思います。とにかく、明るくハキハキと!はじめてのアルバイトの方でもそれができると働いた後でもとても楽しく、気持ちよく仕事ができます。また、清潔感に敏感にならないと細かなところ(手洗いの仕方、服装など)をたくさん指摘されますので、人によってはイライラしてしまうかもしれないのでお勧めしません。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

華屋与兵衛とは

▶ 和食系のファミリーレストラン
和食系のファミリーレストランで、うどん、すしなど和食を椅子席、お座敷席で食べることができます。
店内には和風の壺やのれんがかかっていて、落ち着いた雰囲気だと思います。
椅子席はボックスシートになっているので、小さい子どもを真ん中に入れて座ることができ、移動できる椅子席もあるので車いすやチャイルドシートで入ることもできます。
大人数様の場合、30名程度で座敷席を貸し切って宴会をすることもありました。小さい子から高齢者まで食事を楽しめるお店だと思います。
(いわしぐもさん/埼玉県/40歳)


▶ ファミリーレストランでも和を徹底している
華屋与兵衛は、和食レストランです。レストランと言えども、和を徹底しており、御膳などの予約があるときは、配置もきっちりしないといけません。今の日本では、なかなかそういうところがが少ないと思うので、和の文化を食を通して感じれるところです。また、料理名も知らないものも多く、知るいい機会でもあります。一人ひとりがしっかり気を使いながらできる職場です。また、甘味作りは大変ですが、できるととても達成感があり、楽しいです。
(ちょうじろうさん/東京都/23歳)

 

今回は、関東地方を中心に店舗を展開しているゼンショーグループの和食ファミリーレストランチェーン「華屋与兵衛(はなやよへい)」でホールスタッフ・キッチンスタッフなどのアルバイト・パートとして働いた経験のある、いわしぐもさん(埼玉県/40歳/女性)、てっつぁんさん(神奈川県/26歳/男性)、ちょうじろうさん(東京都/23歳/男性)(順不同)に、華屋与兵衛バイトの時給・シフト・給料日・まかない(食事補助)・社割・面接の質問内容・髪型や髪色・ネイルなどについて、評判や口コミ・体験談を伺いました。

なお、これらはあくまで大手和食ファミレスチェーン「華屋与兵衛(はなやよへい)」で調理補助スタッフ・配膳スタッフ等のアルバイト・パートを経験した方の主観にもとづくものです。時給やシフト・給料日・待遇・面接の質問内容などが過去の情報であったり、制服やまかない(食事補助)・社割・福利厚生などの制度がすでに変更になっていることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス