KDDI・auショップの仕事の評判は?先輩の口コミ、体験談を事前にチェック!

KDDIグループ・auショップで契約社員・派遣社員などの仕事を経験したことのある方5名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

 

★注目ポイント 

  1. 大手ならではの高時給・好待遇はやっぱり魅力的◎
  2. 最新のスマートフォンなど携帯の知識に詳しくなれる!
  3. 個人情報の取り扱いも多く、責任感をもってしっかりとやり遂げる人向き

f:id:to_B:20180919170827p:plain

応募のきっかけ

▶ 以前も同じ会社で働いていたため

以前に同じ会社で働いていた経験があり、仕事内容は全く変わってしまいますが、仕事内容もコールセンターでのお客様相談であり、インターネットでの応募を知り、すぐに応募しました。

以前働いていた仕事が短期で業務終了してしまい、折角慣れた仕事だったので、また同じような仕事を探していた矢先に、コールセンター業務をインターネットで見つけました。

仕事内容は全く変わってしまいますが、以前働いていた会社であり、安心感もあり、仕事内容は何とかできるのではと思いました。 やはり会社内容が分かっていただけに安心して応募を決めました。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ 時給が高かった

勤務地が新宿で自宅から近かったことと時給が高かったことが、応募に至った主な理由です。

自分自身がauユーザーでKDDIという企業に親しみがあったこと、信頼できる企業、という印象があったことなども決め手のひとつにはなったかなと思います。

求人自体はネットのサイトで探しました。交通費がきちんと出ること、シフトが自己申告制で割と自由になること、なども自分の中では大事な条件だったのですが、そこもしっかりクリアされていたので応募することにしました。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ キャリアアップも視野に入れて

当時働いていた派遣会社は、案件も少なく、時給もよいものがなかったので、常に他の仕事を探していた。条件的には正社員を探していたが、手取りでもらえる給料額が納得できるものがなかなかなく、単価の高い派遣会社を中心に探していた。

職種はあまり決めてなかったが、時給かよくて、キャリアアップも目指せそうだったし、接客業の経験もあったので、職場の雰囲気に慣れるのは早いだろうと思い、この仕事に決めた。

あとは、身近で使うものの販売だし、使い方も身に付くし、今までとは違う仕事のあり方に出会えそうだったので。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)


▶ 採用ハードルは低い

転職を考えていた時期にKDDIエボルバのCMを見て爽やかな雰囲気を感じて応募しました。CMと実際の職場雰囲気は別物でした。

1次面接と2次面接はトントン拍子で進み直ぐに採用されました。ハッキリ言って誰でも採用されます。なぜならば慢性的な人手不足で誰でもいいから採用する流れです。採用しても殆どが1ヶ月以内に辞めて行くので、毎週のように新入社員研修をやっています。

私が働いたのは国際電話の部署で英語を話す人を募集していましたが、実際の業務では英語は必要なしでした。

(ゴマゴマさん/沖縄県/男性/40代)


▶ 会社の対応の良さに惹かれて

会社の経営方針に賛同できるから。電話で聞いたら丁寧に教えてくれました。

年齢や経歴に応じたいろいろな雇用があり、 会社としての柔軟性、熱意を感じました。 電話対応の方も丁寧具体的で好感を持ちました。個人でもauの電話を使っており、その時の電話担当者の対応も他社に比べ誠実で、好感を持っています。

カードやクレジットサービスも積極的で、他社に比べ、顧客サービスが積極的です。誠実、好感を持てて、信頼できる会社です。

(ジュンさんさん/北海道/男性/60歳以上)

 

面接

▶ 適正テストやSPIテストあり

面接は事務所ビルで行われました。場所は最寄りの駅から約5分の場所ですので大変便利でした。 履歴書と職務経歴書を持参して、パソコンでの、適正検査、タイピング、SPI テストを受けた後、順番に呼ばれ面接を受けました。

面接官は実際業務の関係者の為、具体的な仕事内容の説明を受けこちらの感想も聞かれ、採用の場合のみ連絡があると言われました。 採用連絡は3日後にあり、その後1週間で研修が始まりました。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)

 

▶ 派遣会社を通して

私の場合は派遣会社経由での採用だったので、その派遣会社に面接に行きました。

派遣会社ではパソコンの入力速度を計るテストをやらされ、週にどれぐらい勤務できるのかなどを用紙に記入し提出、その後担当者と面接、という流れでした。 採用の電話連絡は1週間程で来たと思います。 その翌週ぐらいには同期の人達と研修に入っていたと記憶しています。

私はパソコンの入力がさほど早い方ではないですし、焦って打ち間違いを何度もしてしまったのですが、よほどひどくない限り問題ないようです。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ 雰囲気や対応力重視

最初は、派遣会社から応募しましたが、先方との面接は、派遣先の会社でした。通勤時間は、自宅から車で5分ちょっとのところでした。

まずは、派遣先に人員の空きがあるかどうか確認してもらい、それからの面接。面接では、今までどのような仕事に就いていたか、仕事に就いたら、どんな仕事をするか、覚えることが山ほどあるが大丈夫かなど、仕事内容についての確認が主でした。しかし、勤務地が最初希望していた所とは違う場所だったのでその点は大丈夫かなどを聞かれた。

採用に関しては、面接時に自分の雰囲気と応対の仕方で決めていただいたようで、その日に採用決定した。あとは派遣会社の方と、採用にあたって用意するもの、派遣登録などを話し合って、勤務地も了承できるかなどの話しをして、勤務に入った。

通常は、採用連絡までは長いようだが、運良く人手が足りない状況だったので早い採用をしていただいた。ただ、勤務地が変わったので、通勤時間が少し長くなってしまったのが難点。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)


▶ しっかりした会社

事務的な質問と希望と違う場合は対応可能かなど、淡々と進みました。淡々と、というところに好感を持ちました。

前の会社では、プライバシーにかかわることや嫌味なども言われましたので、そんなことは全くなく、人に対する礼儀がしっかりしている企業だなと思いました。返事も、事前に言われた日に連絡が来て、こちらの予定も立てやすかったです。とても気持ちのいい対応でした。感謝しています。楽しい思い出です。ありがとうございました。

(ジュンさんさん/北海道/男性/60歳以上)

 

教育・研修

▶ コンプライアンスの研修

初日はコンプライアンスについての勉強をし、いかにコンプライアンスの重要性を学び、翌日からは業務について説明を受け、紙でのトレーニング。

翌日はパソコンを使用してのトレーニングをSVとリーダーの人から訓練を受け、最終日は他の入社した人とロールプレイイングで、何度も何度も練習し、最後はパソコンの画面を見ながらSVの人と実際に電話が架かってきたつもりで色々な質問を受けしっかり対応できるかのテストを受け、それに合格すると1人立ちできます。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ テキストあり

初日は大きな会議室で同期の新人・数十人が集められ、配られたテキストをもとにまずは服装・シフト提出の仕方などの社内ガイドラインを学ぶところから始まったと記憶しています。

その後、具体的な仕事内容を数日かけて学びました。 私は携帯の新規開通や機種変更などをする部署への配属でしたが、特殊なシステムへ間違わずに入力を行うことが慣れるまでは大変でした。

特に個人情報を誤って漏えいしてしまうと大変なことになるので、そのような事故が起きないよう常に神経を使っていました。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ ロープレで練習

初日から基礎知識の動画などの閲覧。それから、どのような内容の相談がくるか、お客様にどのような内容の提案をするかのロールプレイングをしました。

まずは提供する商品の料金、知識を覚えるのが大変。それから、お客様対応するためのマナー、言葉遣いなど気を付けるところがたくさんある。お客様対応は慣れればなんとかなるが、新商品、新プランは次々出てくるので日々勉強。まずは、利用料金の収納からスタート。

段階を踏んでつぎのステップへとあがっていく。お客様に対応しながら、どういう風に契約をいただけるか自分で模索しなければいけないこともあるので、マニュアル通りにはいかないところがある。資格をとってキャリアアップもできるのでそのあたりは、勤めて損はないと思う。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)

 

仕事内容

▶ 知識を付けて常に勉強

仕事はマニュアルはあるものの、1人1人のお客様により内容も違うし、色々説明するにあたっても知識が無いと説明できない事も多くあるので、常にネットを見ながら最新の情報を見て自分の口で説明できるように勉強していました。

朝は朝礼から始まり、注意する事の周知があり、自分で内容を確認し、1人でも多くのお客様のお話を聞いて、お客様に寄り添って、お客様のお話をしっかり受け止めた上で、より良い提案を心がけておりました。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)

 

▶ 隙を見つけてロープレの練習
仕事内容は、流れとしては、簡単で、出勤したら、まず商品のふきあげ、それから朝礼、声だし、10時になったら店をオープン。お客様が入ってきたら、ご用件を聞いてそれぞれのスタッフが対応をする。まだ、研修中なので、他のスタッフの対応を近くで見て勉強。

手が空いたスタッフからロープレしてもらったり、どのような内容の用件がきたら、どういった対応をするか教えていただく。一日中それを繰り返す。閉店時間間際は、商品の陳列の乱れを整え、掃除をして終了。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)


▶ 指導のきびしさ

研修期間は1ヶ月間、毎日毎日朝から晩まで決まったセリフを丸暗記させられて、暗記できていないと上司がネチネチ怒ります。
(ゴマゴマさん/沖縄県/男性/40代)

 

給料・シフト

▶ 保険への加入も可能

 シフトは1か月毎の申告制の為自分のスケジュールに合わせて働く事ができました。 週4日、1日8時間で働いていたので、週32時間働いていましたが、仕事が忙しい時は超勤もできたのでお金をもっと欲しい人は自分のシフトの他に1日多く出勤したり、2時間遅くまで働いたりもできました。

時給は最初就業した翌月までは使用期間のためマイナス100円の時給でしたが、それを過ぎると1200円になりました。 週32時間働いていたので社会保険にも加入できたので、それを差し引くと手取りで15万円程頂いていました。 交通費はでません。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)

 

▶ シフトは融通がきく
私は週に3日から4日程のシフトで、多い月で20万前後の収入があったと記憶しています。 シフトは事前に希望の日、時間を上席に提出して決まる、という形です。 自己申告制のため、割と自由に調整が可能だと思います。

土日は長時間勤務で集中して稼ぎ、平日は午後だけ、など自分の都合に合わせて様々な働き方ができるのもよい点だと思います。そういった意味では学生さんや主婦の方にも非常に都合がよい職場ではないかなと思います。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ 資格を取得すると補助金が出る?

シフトについては、前月半ばあたりに希望休を出し、それをもとに、店長やシフト担当者が、人員を調整して決めていく。派遣社員だったので、1日あたりは8時間勤務。大体、月に8~9日休み。正社員は7~8日あたりの休み。研修などにも給料が出るのでそのあたりは、優遇されている。時給は1200円交通費はなし。

ただ資格取得の補助金は試験に合格しないと、出ないし、全額補助でもないのでそのあたりは少し、厳しい。でも、合格すれば資格手当てがつくので、早く受かってしまえば回収はできる。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)

 


▶ シフトの希望はなるべく受け入れてもらえる

最初は契約時の言うままでした。しばらくはそのままで何も問題はありません。3か月後、急用ができたためスタッフに相談したところ、 相談方法を教えてもらい申告しました。結局、シフトを変えられませんでしたが、スタッフが嫌な顔もせず、淡々と話を聞いてもらえたので、希望はかなわなかったのですが、不愉快な気持ちにはなりませんでした。

前の職場では、シフトの変更希望というだけで すごく嫌な気分がしましたが、ここはいい場所でした。

(ジュンさんさん/北海道/男性/60歳以上)

 

職場の雰囲気

▶ 国際色豊か

若い人から60代迄多くの人が働いていて、主婦、ミュージシャン、演劇をしている若者も多く、また韓国の方、中国の方、フランス語を話す方などバラエティーに富んだたくさんの人が働いていました。

それにも関わらずみんな仲良しで、顔も覚えていてしっかり挨拶をしたり楽しいお弁当時間を過ごしたり、和気あいあいと仕事をする事ができました。 それは仕事にも良い影響を与えているようで、我が部署は成績も良く社長賞など多くの賞を頂いていたようです。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ サークルの様なノリ

全体的に若い人が多かった。年齢的には20代前半から30代ぐらいまでは最も多かったように思う。 現場でチーフなどの責任者を任されていたのも大学生や20代の人達が多かった為、雰囲気的にはサークルのようなノリで、明るく活発な感じだった。

当時、自分はすでに30代だった為、そういったノリにはついていけず、仕事以外の話はあまりしなかったが、若い人達同士はそこで仲良くなり休日などにも遊んだりしている様子だった。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ 若い人が多い

比較的に若い方が多い印象。年を取っても続けられる仕事ではあると思う。勉強することに意欲がある人であれば、年齢がいっていても活躍できる職場であると思う。店舗によって雰囲気は違うようだが、比較的和やかな職場の雰囲気であると思う。

人間関係も、特に悪いところはない。仕事に入れば個々のやり方で進められるので、誰がどうとか言う人間もいないし、分からないことがあれば皆さんすぐ教えてくれるし、そういう面では気をつかう必要がないように思える。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)

 

よかったこと

▶ たくさん友達ができた

 一番嬉しい事は自分の好きなシフトで働けるということです。 1か月前にシフトの申告をして自分のスケジュールに合わせて働く事ができるので大変有り難いです。 また半年後からは有給休暇も取れるので、入れたスケジュールで予定が入った時は有給休暇が使えたり本当にありがたかったです。

無給の1時間の休憩の他にも有給の15分の休憩もあり、おやつを食べたり他の人とお茶を休憩室で飲んだり楽しみもありました。 同期の人だけでなくたくさんの友達ができ、辞めた今でもお付き合いが続いています。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ 社割で携帯が購入できる

私は本社ビルでの勤務だったのですが、新宿の高層ビル街にあったため、景色はすこぶるよかったです。 休憩室はかなりの高層階にあったため、そこから見える景色は壮観でした。 また社割で携帯電話を割引で購入できた記憶があります。

自分自身がもともとauユーザーであったため、プランなどに詳しくなったことも個人的にはよかったと思っています。親しい人間や家族などにどんなプランがお勧めか説明できて、感謝されたこともありました。
(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)

 

▶ あまりよくなかった

よかった事は有りません。精神的に病気になり体調を崩してしまいました。会社の休憩室では若者のバイト従業員が仲間同士で大騒ぎして落ち着きません。上司は仕事上では会話をするのですが、休憩室では赤の他人のように無視します。

KDDIエボルバはコールセンターなので窓のない締め切った息苦しい環境で働きます。一度誰がが風邪をひくと直ぐに何十人に風邪がうつり、なかなか完治しません。台風が来ても休みにならず、どんなことをしても出勤しなければなりません。

(ゴマゴマさん/沖縄県/男性/40代)

 

大変なこと

▶ クレーム対応が大変

 やはり電話の仕事の為、お客様の目の前での対面での説明ではなく、声だけでの説明なので、声によりお客様に与える心証も違ってくるので、お客様のお話に耳を傾けしっかりお話を聞いた上でこちらの提案などをしなければなりません。 お客様に寄り添ってという点で姿がみえないので難しく感じました。

お客様によっては会社に対して不満がある時はこちらにそれをぶつけてくるのでクレームになる事もあり、嫌な思いをする事もたまにはあります。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ エレベーターやトイレが混雑

私の居た部署は数百人規模の人間が働いていたため、わからないことがあった時、困った時など、上席にヘルプを求めてもすぐには駆け付けてもらえず焦る、ということがたびたびありました。 朝のエレベーターもトイレも、やはり大所帯ゆえ常に長蛇の列が出来ていました。

そのため、朝は始業時間ギリギリに行くと遅刻してしまう可能性があるので早めに出勤しなければならず、またトイレに行くにも混む時間帯からずらして行く、他の階に行く、など本来不要な部分での努力が必要で、それには困りました。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ シフトが出るのが遅い

きついのは最初に知識を頭に詰め込むこと。あとはお客様も色んな方がいるので、対応を少し間違えるとクレームになる場合があること。

なかには、何かにつけてクレームを言うお客様もいるので、そういうのが気になる人には少しきついかもしれない。困ったことは先輩などに相談すれば大方は対処できるので、そんなに困ることはないと思う。強いて言えば、世間一般の大型連休に休みを取りづらいことくらい。

あとは正社員だと、お客様対応で定時にお店をクローズできないことがあること。閉店後にミーティングが月1回あること。それに加えて、翌月のシフト、ミーティングの日が月末ギリギリまで決まらないことがあるので早くからの予定が立てづらい。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)

 

応募する人へ

▶ コミュニケーション能力が求められる

 人の話を良く聞ける人、クレームなどあっても落ち込まない人は問題ないかと思われます。 面接も面接官の話を良く聞き、質問された事にはしっかり自分の考えを話し、素直な気持ちで受けると大丈夫かと思います。

お店などと違い実際の現場を見る事が出来ないので、初めての時は不安もあると思いますが、コールセンターの仕事は相手の顔が見えないだけに、こちらの声や話し方でお客様を気持ち良くさせたり、クレームに発展させてしまう事もありますので、多少はストレスも溜まってしまいますが、お客様からお褒めの言葉を頂いたり、喜んで頂いた時は大変嬉しく、やり甲斐のある仕事です。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ 接客がメインとなるので敬語は大切

どこの部署に配属されるかによって変わってくると思うので、一概に「こう」と断言はできませんが、基本的には対面・電話等も含め接客が中心になりますので、正しい敬語の使い方ができることは最低限必要だと思います。 また個人情報を扱うため、当然ですが漏洩などに繋がらないよう細心の注意が求められます。

どのようなことが漏洩に繋がるのか、やってはいけないのかなどは事前の教育でしっかり教えてくれますので、そのガイドラインを守って、常に意識して仕事をすることが必要だと思います。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)

 

KDDIとは

▶ 知名度のある会社

KDDIは元は国際電電という会社で昔は海外に電話をする時は必ずこの会社を通して電話をしていたそうです。

今は多岐に渡り色々な分野に進出していますが、何と言ってもauと言えば若い人は納得すると思います。今は保険や電力に迄進出していますが、私はKDDIの中でauのお客様により良いサービスを提供する部署におりました。

auのCMは大変人気があり、auのCMが流れない日はないので見た事の無い人は居ないのではと思います。

(ヒロママさん/東京都/女性/60歳以上)


▶ 遊び心のある会社

KDDIは通信事業を中心に幅広く事業を展開している企業です。

最近では電力自由化に伴い電気の供給にも積極的に乗り出しています。その他、ケーブルテレビや動画の配信などにも力を入れており、多角的な経営を行っています。 携帯電話を柱とした通信事業では、Docomoやソフトバンクと並ぶ日本最大手のうちのひとつです。

ユニークな「三太郎」CMをシリーズ化して展開し好評を博すなど、遊び心のある企業姿勢が若者にも受けています。

(ぽんずしょうゆさん/東京都/女性/40代)


▶ 携帯以外のサービスも提供

携帯電話を始め、通信費を抑えるためのネットワーク関連、Wi-Fi機器、簡易Wi-Fi、手軽にどこでも動画など見れるタブレット。

自宅で使う電力。手軽に美味しく飲めてゴミもかさばらないウォーターサーバー。食品や雑貨、家電などを自宅に届けるWebマーケット。クレジットカードの発行。利用料金で得にポイントが貯めれるなどのサービスを提供。

もちろん携帯電話のみの購入もできるが、生活全般のサービスもあり、なおかつお支払を全てキャリアのクレジットカードで引き落としすればポイントも貯まりやすいので、お得。

(むーたろーさん/大分県/女性/30代)

 

今回はKDDIやauショップで派遣社員・契約社員として働いた経験者のヒロママさん(60歳以上女性)、ぽんずしょうゆさん(40代女性)、むーたろーさん(30代女性)、ゴマゴマさん(40代男性)、ジュンさん(60歳以上男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまで経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

すべての人にインターネット
    関連サービス