注目のお仕事

RF1でバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック!

RF1(アール・エフ・ワン)のアルバイト・パート経験者3名にお集まりいただき、体験談を伺いました。

★注目ポイント

  1. 売れ残ったお惣菜のお持ち帰りができるのが嬉しい◎
  2. 制服がオシャレでとても可愛い、自分で洗濯する必要もなし!
  3. 高価格帯のお店なので、他店のバイトより態度やしぐさに気を遣う

f:id:to_B:20180913112905p:plain

応募のきっかけ

▶ 家から近かったから

夜間の短大に入学し、前まで働いていた場所が遠くなってしまったため退職し、近場でできる昼間のアルバイトを探していました。フリーペーパーで見つけました。通学圏内にあること、午前中から働けること、給与がそれなりに高かったことがいいと思いました。

またRF1で勤める前に築地銀だこで働いていたので、また飲食店の方が慣れていていいかなと思いました。惣菜屋さんにも興味もありました。

制服もおしゃれで可愛かったのでいいかなと思いました。

(うーちゃんさん/東京都/30代)


▶ 先輩の紹介で

きっかけは大学の先輩が4年で卒業するので、バイト先に新しい子が入って来れるか探していた所、バイトを探している自分がマッチしたので紹介してもらいました。

店長に話が通っていたので比較的早めに通してもらい、簡単な質問のやり取り後に、採用してもらいました。閉店時間は21時頃なので、終電時間を気にすることもなく働ける場所を探していたので良かったです。

給料も研修後からは望み通りだったのでよかったです。ピーク時は忙しいですがそれなりに対応できます。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ なんとなくで…

私がRF1に応募したきっかけはタウンワークのアルバイトの募集からでした。他にもいろいろなアルバイトがありましたが、なんとなくで応募してみました。

給料は私の住んでいる地域の中では平均的な時給でした。私の住んでいるところから45分ほどかかるので結構遠くに感じました。ただ、知り合いに会いたくなかったので私的には良かったと思います。

しかし、今度アルバイトを始めるときはもっと近くにしたほうがよいと思いました。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

面接

▶ 面接は履歴書を持参

情報誌を見て応募しました。電話で面接日の調整を行いました。面接には履歴書を持参し、それを元に店長と話し合いました。面接ではいつシフトに入れるかを聞かれました。

他に職場での仕事内容の説明を細かく教えていただきました。またデパート内に店舗があるため、働くためにはデパートの試験を受けて受かる必要があるとの話がありました。それらを含めて、できそうか確認され頑張りますと伝えました。

そしてその場で採用をいただき、最初の出勤日を相談して決めました。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 質問は志望理由

先輩の紹介だったので割とすんなり面接をして貰いました。駅近くのデパート地下に店舗があったので、迷わない距離です。

面接では書類を面接担当者がに渡し、いくつか質問をやり取りしました。志望動機についての欄で御社で働きたい理由を直接話す形になりました。当時は学生だったので学費のためにという話をしました。
接客は笑顔が基本なので、笑顔でお客さまに対応できる人なら採用という形でその場で採用してもらえました。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ 面接に受かると本社で研修があった

面接の場所は売り場の裏でした。職場までは最寄駅から13分くらいなので少し遠く感じました。履歴書と面接を通して合否の連絡が電話で来るというものでした。ただ受かってから一度本社に行かないといけないので大変でした。

本社は東京にあるので新幹線を使い、遠出をしました。交通費はバイト先が出してくれるので大丈夫です。本社では研修を行い、その研修をしている時間も給料は出ます。東京に住んでいる人はすぐに行けると思います。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

教育・研修

▶ まずは接客マニュアルから

初めての日は緊張しました。まず制服に着替え、帽子から髪がはみ出ないよう身だしなみをチェックされました。店内に入ると手を洗い、消毒をしました。

お店では接客のマニュアルと商品の量り売りの仕方を教わり、何度か練習しました。
接客が慣れてきた頃にサラダの盛り付けの練習が始まりました。

店長が盛り付けの手本を見せ、その後同じように盛り付けの練習をしました。きれいに盛り付けるのが難しく、時間に追われてやっていくのが大変でした。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 新人みんなでサービス業のノウハウ研修を

研修時の頃はあまり覚えていませんが、多店舗にいって新人みんなでの研修があったと思います。
1日の流れをトレーナーの方が教えてくれて、研修生全員で何度もやり取りをして
メモを取り、流れを覚えていきます。その中でもお客様への接客の大切さを教えて、サービス業のノウハウを教えてもらいました。

レジの使い方、グラムの測り方、ポイントの付け方など機械作業もその場で覚えていき
店舗に戻ったときはすんなりと仕事に入れました。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ レジ打ちを教わった

初日は商品の名前やドレッシングなどを覚えるためにメモをしました。制服を貸してくださったので制服の着方も教えてもらいました。

研修中は社員をはじめ、パートの方やアルバイターにレジの打ち方やカード払いなどのやり方を教えてもらいました。初めは誰かが一緒に販売してくださったのでわからないことがあったらすぐ聞くようにしていました。レジは量り売りなので商品の量をそろえるのが難しかったです。慣れればすぐにわかるようになりました。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

仕事内容

▶ まずは在庫のチェック

出勤したらタイムカードを切り手洗い、チェック項目に記入します。シフト表にポジションが書かれているので在庫のチェックをしたあと、店舗の売れ行きをチェックして
追加分の食材を創っていったり、販売していきます。

飲食、接客業に慣れていたら基本的に簡単なお仕事です。

一緒に働いている人たちからのアドバイスもあるので失敗もカバーしてくれます。暇な時間はあまりないので流れにそって仕事ができます。

閉めの作業のお金管理が一番緊張します。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)

 

▶ 商品の確認や販売

出勤するとまず制服に着替えました。制服に着替える時間は10分くらいでした。その後、売り場に出てカードをきります。手を洗って今日のおすすめ商品や伊勢丹でやっているイベントの確認、前に出て並んでいる商品の確認を行い販売を開始します。

自分はお客さんが見えたら注文を聞いてその通りに野菜を盛ることでした。そのほかにもゴミ捨てや資材の補充もしていました。調理や揚げ物はパートの人や社員さんがやってくれるのでそれほど大変ではありません。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

給料・シフト

▶ 週3勤務、1日5時間、月収5万くらい

シフトは1ヶ月分の作成でした。前もって何時から何時まで入れるかを記入していました。

それを店長が調整をして、何日か前に配布していました。夜間の学校に通っていたので、だいたい朝9時から15時くらいまでの勤務だったと思います。最低週3か週4の勤務で、予定がある日以外はシフトを入れてもらっていました。

土日も毎週ではありませんが、予定のない日は入っていました。時給は950円だったと思います。月収は5万〜6万の間でした。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ シフトは1週間ごとの自己申告制

シフトは1週間ごとの自己申告制だったので、休み希望はすんなり通る形でした。地方出身者だったので、夏休みで長期休暇があるときも、なにも言わずに休ませてくれました。

なので月々によって収入はバラバラでしたが自分が希望したお休みは貰えるので満足でした。多いときで8万円程度、少ないときで2万円程です。

忙しいときは先に打診してくれるので相談もしやすかったです。なにより従業員同士で相談し合える仲だったのが良かったです。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ シフトは自分の希望通り

シフトは半月ごとに申告制でした。それなのでイベントやテスト期間などに調整することが可能でした。たくさん入ろうと思えば週に5回入れますし、少ないときは一か月で数回ということもありました。

もちろん、忙しい時間帯や人が足りない時期は調整してほしいといわれることもありました。しかし、強制ではありませんでした。昇給制とありましたが僕は昇給しませんでした。一年続けましたがシフトは自分の希望になるので良い職場だと思います。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

職場の雰囲気

▶ 店長は仕事は厳しく、休憩中は優しかった

RF1では学生や若いフリーターが多かったです。
デパート内での店舗なので、お客様がいたり忙しかったりで、仕事中の私語などはあまりありませんでしたが、時々飲み会などのイベントがあり、その場ではみんな仲良く親睦を深めていたと思います。
また同年代が多かったので、その中でカップルになる人たちも多かったです。
社員さんは店長のみでした。仕事中は厳しい面もありましたが、休憩中などは色々と気にかけて話をしてくれました。
(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 仲の良い職場だった

学生やフリーター、主婦も多く、業務上でのコミュニケーションが重要になってくるため、仲のいい職場でした。
基本的に夜のシフトだったので一緒になる人が一緒でやりやすかった印象です。
パートナーとなる先輩がとても良く丁寧に教えてくれるので仕事をすぐに覚えることができました。
仲良くなると相談ごともできるのでバイトの環境づくりをみんなで作っている印象でした。
店長もエリアマネージャーもこまめに指導してくれるので心強いです
(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ 全体的ににぎやかで明るい職場

学生やフリーターなどが多く、また業務上でもコミュニケーションが重要になってくるため、ワイワイガヤガヤした全体的ににぎやかで明るい職場でした。ただ、私はあまり多くシフトに入っていなかったのでバイト仲間とどこかに遊びに行ったりするような仲にはなりませんでした。忘年会やカラオケには参加していました。その時にシフトがあまりかぶらなかった人と交流する機会がありました。いろいろな人がいて楽しい職場だったと思います。
(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

よかったこと

▶ 売れ残った惣菜を持ち帰れた

売れ残った惣菜のお持ち帰りができました。
またデパートの商品が社割で時々安く購入出来る日もありましたが、購入したことはありませんでした。
休憩時にデパート内の美味しい社食が安く食べられました。客層も年配の方が多く、色々な方とのコミュニケーションが取れて楽しかったです。
制服はとても可愛かったです。
シフトもアルバイトの人数が多かったので、調整がしやすかったです。
店長をはじめ、社内の人間関係も悪くなかったです。
(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 売れ残った商品を貰えた

基本的に誰が作ってもおなじ味になるようにつくられているので
失敗することがありません。あのときはこんな味じゃなかったってことがないので安心して作ることができ、提供もできます。
売れ残った商品は少しですが、頂けるので自分の食費の手助けにもなります。
個人的には自分たちの店舗は、横のお店と廃棄物の交換をしたりしてデパ地下のものが色々味わえてお得でした。
ずっと働いてきた人も、新しく入ってくる人も慣れやすい環境作りをしています。
(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ 伊勢丹内全ての商品で社割が使えた

社割が利きます。伊勢丹内のお店すべてで社割が使えました。いろいろなお店があるのでとても良い社割でした。平均的に商品の値段が高いので社割で2万ぐらい安くなることもありました。客層は年配者がほとんどで私から見ると富裕層が来ていたと感じます。私だったらほかのスーパーにいってお惣菜を買うと思います。商品は社員の方が作ってくださるので私たちは商品を容器に入れ重さを計る仕事でした。単純な作業なので量り売りは簡単なほうだと思いました。
(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

大変なこと

▶ サラダの盛り付けが大変だった

朝出勤して、開店前にサラダの盛り付けをしていくのですが、サラダを見栄え良く、山のかたちのように盛り付けるのが難しかったです。
特にオクラと長芋のサラダがヌルヌルしていてすべってしまうので、上手く盛り付けられず、何度も失敗しました。
サラダの種類も多く開店に間に合わせるように盛り付けていかなければならないので、時々間に合わず常にプレッシャーを感じていました。
やっと終わったと思ったら今度は減ってきたサラダの補充があり大変でした。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 油の臭いが染みついて臭かった

店舗に初めて訪れたときに感じたのですが、どこもかしこも油臭いです。コロッケや油ものを扱うので大きなフライヤーがあり、マスクをしても匂いがしみついてきました。制服にも匂いが染みついているので、ずっと鼻にまとわりついている感じです。

しかし制服はお店が洗濯してくれるので、持って帰る必要はなく自分の家が油臭くなることは無かったです。

靴も借りているものなので、油ですべることはない、防止対策のとれている制服でした。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ めんどくさいお客様の接客に気を遣った

客層が富裕層なので言葉遣いに注意することがめんどくさかったです。

居酒屋のようなところでのバイトと比べると態度やしぐさを上品にするように気をつけました。いろいろなお客さんがいるので、無駄に注文を付けてくるお客さんの相手をするのは大変でした。めんどくさいお客さんはできるだけ癇に触れさせないように立ち振る舞っていました。私は背が低かったので高い位置のものをとるのが大変でした。商品も多かったので覚えるのが難しかったです。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

応募する人へ

▶ 手先の器用な人に向いた仕事

面接では言葉使いをきちんとしていけば大丈夫だと思います。服装も派手すぎず、金髪でなければ茶髪でも大丈夫でした。

ただ食品を扱う仕事なので、ネイルはできませんし、爪も短くしていなければなりません。

接客業が得意な方はもちろん、サラダの盛り付けをひたすら長時間するので、長時間同じことを飽きずにできる方、手先の器用な人に、向いていると思います。

接客では大きな声で呼び込みをするので、商品を上手くアピールできるといいと思います。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)


▶ 今後飲食業に就きたい人にオススメ

バイトがしたい、働きたいという意思があれば良いと思います。私は紹介で入ったので職場環境はとても良かったです。

接客業が苦じゃなく、油臭さにも耐えれる人なら大丈夫かと思います。

やることがはっきりしているので、なにをしたらいいか解らないということにはなりません。

食への興味もでてきます、ので自分が今後そういう職業に就きたい人にはオススメします。

髪型などは帽子をかぶるので、どんなのでも構わないと思いますが清潔感はあったほうがいいとおもいます。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)


▶ ある程度稼げてとてもタメになる仕事

RF1でのバイトの経験は他のバイトよりもためになると思いました。しっかり初心者の人にも教えてくれるので安心してできると思います。しかし、居酒屋などでバイトしている人またはしていた人にはあまりおすすめできません。

職場の環境はとても良いと思います。それなのでいざこざは起こりにくいと思います。時給は高くもなく低くもないのである程度シフトには入っていればある程度稼げます。夜しまるのが早いのでそこは注意が必要です。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)
 

RF1とは

▶ サラダ、揚げ物、お弁当を販売するお店

数多くのサラダ、揚げ物、お弁当を販売しています。揚げ物は一個売りですが、サラダは量り売りでした。

サラダはサラダ担当の人が盛り付けを行い、揚げ物はその場で揚げ物担当の人が揚げます。

20品目のサラダがおすすめでドレッシングも好きなものを選べたと思います。
野菜や、おかずが充実しているので、仕事で忙しい人などに向いていると思います。

値段はデパートに入っているだけあってお高めなので、若い人たちは手を出しづらいかもしれません。

(うーちゃんさん/東京都/女性/30代)

 

▶ サラダやお惣菜をグラム販売しているお店

RF1は食品を提供している会社です。

サラダや夜に食べたい夕食の献立、お弁当に入れるおかずなど、さまざまな季節の食材を扱ってグラム販売をしているお店です。

デパ地下などでよく見かけるお店で、ショーウィンドウに色とりどりでおかず、サラダが並んでいます。

今日のご飯をなににしようか迷っている人や、お昼ご飯を買いにきたり、ちょっとしたおやつ(コロッケ)、めんどくさい揚げ物を気軽に買うことができるお店です。

(ゆのゆのさん/兵庫県/女性/20代)

 

▶ ジュースやスープも売るお惣菜屋さん

RF1は日本の企業です。全国各地にあると思います。お惣菜をメインに売っていますが、ジュースやスープなども売っていました。全体的に健康や栄養に気を使っていたとおもいます。ドレッシングも独自に作っていて、ドレッシングもおいしかったです。お惣菜は時期や曜日によって種類が変わるので毎日飽きることなく楽しむことができます。揚げ物もその場で揚げてでき立てを準備しているのでお惣菜に負けないぐらいにおいしかったです。

(ころころさん/新潟県/男性/20代)

 

今回はアール・エフ・ワン(RF1)のアルバイト・パート経験者のうーちゃんさん(30代/女性)、ゆのゆのさん(20代/女性)、ころころさん(20代/男性)(順不同)にお話を伺いました。

なお、これらはあくまでアール・エフ・ワン(RF1)のアルバイト・パート経験者の主観にもとづくものです。過去の情報であったり、すでに変更になっている制度などがあることがあります。また、情報の正誤の確認などはto Be編集部では行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス