【バイト体験談】USJアルバイトクルーの評判・口コミ|面接や適性検査、時給、シフトなどは?

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)でグッズ販売、フードサービス、アトラクション運営などのバイト・アルバイトクルーとして働いたことのある経験者3名にお集まりいただき、評判や体験談をインタビューしてみました。

 

★注目ポイント

  1. クルー同士の仲が良く、居心地や雰囲気が良いため長期間働く人が多い★
  2. 自己申告制のシフトなので休みが取りやすく、プライベートも充実!
  3. ライフスタイルに合わせて、週2日~/1日4h~の短時間勤務も可能◎

f:id:to_B:20180919203939p:plain

 

応募のきっかけ

▶ 夏休み前の大量募集

私がUSJのアルバイトに応募したきっかけは、フリーペーパーに掲載された求人情報を見つけたことでした。以前からUSJは興味がある仕事だったので、クルー募集を見たとき漠然とやってみたいと思いました。

夏休み前だったため募集人数も多く、受ける人もかなり多かった印象があります。「登録会」という名前だったので少し軽い気持ちで行ってみたら、実際には面接が3回ほどあり少し戸惑いましたが、内容は軽い会話やロールプレイなどだったので難しいことはありませんでした。

その日中に採用を伝えられました。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 時間に融通のきく仕事

インターネットでUSJの求人を検索して見つけたように記憶しています。前年に正社員で勤めていた会社を辞め、自分のペースに合わせて働けて、家事と両立できるアルバイトを探していました。

子供をなかなか授かることができず、治療に通うためには日時の融通がきく所でないと難しかったので、自分で希望日を決められる職場というのが第一希望の条件でした。

そのうえで、せっかく働くなら楽しい職場で自分も笑顔になれるようなお仕事がいいなと思い、USJのアルバイトに応募しました。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 憧れの職場

もともと人に接することが好きで、テーマパークで働くことが夢だったのでUSJのクルー募集をみたときにすぐに面接に行きました。その際はもちろん働きたかったアトラクション部門への配属も希望しました。

学校に通いながらだったのであまり長時間は働けなかったのですが、なるだけバイトに入れるように予定は調整していました。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

面接

▶ 結果連絡が速い

面接は本社で行われました。質問される内容、応募者の規模などは事前に全く予想できませんでしたが、夏休み前の大量募集ということもあり複数日・複数回の登録会が開催されていて、1回あたりの参加人数は50人ほどだったと思います。

登録会という名称だったので少し気軽な気持ちで行ったのですが、実際は3回ほど面接がありました。内容としては雑談やロールプレイングがメインだったので、決して難しいものではありませんが、クルーとしての適性を細かくチェックされていたように感じます。

私はその日のうちに結果をいただきました。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 質問は志望動機とシフトについて

まず最初に大人数での登録説明会があります。その際にどのくらいの日数・何時間ぐらい入れるか、部署の希望などを聞かれました。

その後、個別に面接となります。志望動機を聞かれ、改めてどのぐらい勤務できるかなどを確認されます。条件が合えばその場で即採用となりました。人によっては後日電話がかかってきて採用となる場合もあったようです。

飲食部門だったので簡単な身体検査(髪色のチェックなど)もあったように記憶しています。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 研修で配属先が分かる

履歴書を持って集団面接会に行きました。面接では希望の職場を言いました。働ける時間もかなりたくさん申告しました。面接はすぐに終わり、質問もそんな難しいことは聞かれなかったように思います。

採用通知は郵送で届きました。その中に研修日程が書かれていたので研修に行き、そこで配属先が発表された覚えがあります。希望の配属先になったので私は問題なかったですが、希望が通らなかった場合はそのタイミングで辞退ができたと思います。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

教育・研修

▶ 3日間の研修のあと確認テスト

USJが初めてのアルバイトだったので、初出勤日は制服の着方が合ってるのか不安もありました。これからどんなトレーニングが始まるのか、ドキドキしながらトレーナーと待ち合わせ場所に行きました。

初日から3日間、トレーナーとトレーニー1対2でOJT期間となり、マニュアルを読みながら実戦練習を繰り返して、最終日には確認テストがありました。

お客さんとの接し方から各ポジションの動き方、操作方法に戸惑いつつ頭がいっぱいになりながらも楽しさを感じられたことを覚えています。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 早々に1人立ち

初日はとても緊張していましたが、指導してくださる先輩クルーがとても気さくに話しかけてくださって安心した覚えがあります。わからないことがあれば何でも丁寧に教えてもらえますが、忙しくされていることが多いのでなかなか聞く時間がとれなくて困ってしまったことが何度かありました。

人が足りていなかったのか、わりと早い段階で一人でキャッシャーの実践となり、わからないことがあるたびにお客様をお待たせしてしまうのが申し訳なかったです。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 研修・教育がしっかりしているので安心

もともとすごくUSJで働いてみたかったので、研修のときから楽しみでしょうがなかったです。研修で制服の試着とかもしました。そしてパーク内の規則などを学んだり、緊急時の対応などを教わりました。

パーク内に見学も行き、みんなでアトラクションを体験したり、裏話なんかも聞くことができました。

研修が終わると配属先での初日となりますが、まず大まかな仕事の流れなどを説明してくれて、手順もちゃんと教えてくれたので安心でした。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

仕事内容

▶ 各ポジションを交代で回る

まず、更衣室のある建物に行き制服に着替えます。その後所属の建物に移動しタイムカードを押し、ブリーフィングを行った上で仕事が始まります。ポジションが沢山あるので、各ポジションをローテーションで回っていきます。

休憩もローテーションに含まれているので、1時間半から2時間に一回取れ、別途ランチの時間も取るような環境でした。

覚えることが多く、責任も伴う仕事ですが他のバイトではできない貴重な経験ができる場所でした。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ レストランやカフェの仕事

手洗い、身だしなみのチェックの後、開店準備をします。お皿やカップ類のセット、ビールサーバーやドリンク類の確認、机や椅子の拭き掃除、備品の補充など。その後、朝礼で新しいクーポンや今日のイベントなどについて説明があり、お店がオープンします。ホワイトボードに自分の今日のポジションが記されているのでその場にスタンバイします。

お店の外で呼び込みをしたり、お店のシステムを説明しながらご案内したり、お料理を盛りつけたり、片づけたりと様々な仕事がありました。

皆での助け合いが必要なので、自分のポジションだけではなく、他のクルーの様子やお困りのお客様がいないかなど、常に目を配れる人が向いていると思います。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 従業員専用の食堂あり

私はアトラクション部門で働いていました。まず出勤したら制服を受け取り着替えて、アトラクションの近くまでバスに乗って移動します。勤務先のアトラクションに着いたら自分のポジションを確認してそこへ行きます。

だいたい30分ごとに担当するポジションは変わり、数時間に一回のペースで休憩がもらえます。お昼の時間帯にかかるときは長いランチ休憩がもらえて、パーク内に食堂もあります。ずっと同じ作業をするわけではなく、いろんな仕事を経験できます。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

時給・シフト

▶ 週2日 × 1日あたり8時間 = 月収6万円

USJのアルバイトは3パターンの勤務体系が決まっており、フルタイム(レギュラー)・週4・週2といったような感じで、学生だった私は週2で働いていました。原則、週2回8時間勤務だったので曜日の固定をされる感じでした。

ただ、前もって申告すれば曜日を変えることもできますし、シフトが出た後であればクルー同士で交代することも可能でした。

シフトが固定だったため、月収は一定して6万前後でした。夏休みなど学校が休みになる期間は働く日数を増やすこともできたので、入れば入るだけ月収も増やせました。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


週4日 × 1日あたり4~5時間 = 月収5~6万円

シフトは一か月以上前に希望日を提出し、決まり次第メールで連絡がありました。必ず一週間に何日働かないといけない、という決まりはなく、ある程度希望は聞いてもらえたように感じます。

ただ、希望を出したからと言って必ずその日に入れるとも限りません。沢山いるクルーが平等に勤務できるように考えてシフトを組んでくださるので、入りたい日に入れなかったり、本来は休みにしたかった日にどうしても入ってほしいとお願いされることもたまにありました。

時給は800円から10円ずつ昇給していき、大体ひと月あたり5~6万円ぐらいの収入がありました。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 週5日 × 1日あたり5時間以上 = 月収12万円

シフトは希望を出すとシフトを組む人が考えてくれます。早番、遅番など時間帯がいくつか分かれていました。朝いちからの人や遅番で最後までいる人、そしてその間に短い時間を働く人というような感じです。

仕事は研修も必要なので、長期で働ける人が条件でした。週に何回もシフトに入れないといけないし、主婦など特別な条件で採用されている人以外は土日の出勤も必須でした。条件としては厳しめですが仕事の内容が専門的なのでこれでちょうどよいのだと思います。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

職場の雰囲気

▶ クルー同士の仲が良い

年代は様々でした。ただ、休日のシフトは学生がメインとなるので同世代が多かったです。仕事上コミュニケーションを取ることが多いですし、仕事終わりにご飯や遊びに行くことも多々ありました。

学外に友達が増え、人数も多いので気の合う人と出会えることも多いと思います。また、楽しむことが好きなアクティブな人が多かったので、季節ごとにBBQやクリスマス会お花見など色んなイベントに参加し絆を深めることができました。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 居心地がよく定着率が高い

USJでは高校生、フリーター、主婦と様々な年齢層の方が働いていました。接客が主な業務なので、明るく元気な人が多い印象でした。全体的にとてもテンションが高いですが、既存のクルーが新規クルーに積極的に声を掛ける文化なので誰でもすぐに馴染めていたように感じます。

学生は就職の為に辞めていく人も多かったですが、主婦やフリーターの方は居心地がいいのか長く続けている人が多かったです。テーマパークという場所柄、身だしなみや言葉遣いなどには厳しいです。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 時間に自由がきくフリーターが多い

私のいたアトラクションは少しハードだったので、若いクルーが中心でした。でもUSJ全体で言うと、働いている年齢層はさまざまです。学生さんもいますがフリーターで長時間働ける人が多かったです。

体力が少し必要になる職場です。あとはゲストに直接接することの多い仕事なので、人と接するのが好きな人、子供が好きな人の方が向いているバイトだと思います。専門的な仕事もあり、そういった職種の場合は短期バイトというより長く継続して勤務できる人のほうが望ましいです。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

よかったこと

▶ 社会勉強になり就活にも役立つ

同世代のクルーが多く、基本的に学校の休みの日に働くことが多いので仕事が終わった後にみんなでご飯に行ったり遊びに行ったりすることも多かったです。学校以外に友達ができ、何かを一緒にやり遂げる仲間なので凄く絆が深まりました。

また、接客に加え社会人としての基本を学ぶことができたのでとても勉強になりました。就活の際にも活かせる貴重な経験をたくさんすることができましたし、何より働くことが楽しいと思える環境でした。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 自己申告制のシフトなので休みが取りやすい

他のアルバイトとは一味違って特別な感覚を味わえたのは大きかったと思います。毎日パーク内では何らかのイベントが行われ、そのたびに来られるお客様の層も変わり、様々なお客様との交流を楽しめました。

ただの一従業員なのに制服を着ているだけで「一緒に写真を撮らせてください」と言われることもたびたびありました。お客様との距離が近く感じられる瞬間が多かったです。

シフトは自分で希望日を書いて提出できるので、好きな日に休みをとりやすいです。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 年に数回家族を招待できる

平日の忙しくないときだけですがパークの中に入れました。そして年に何回か家族を招待できる日もありました。

あとは、USJでバイトしてみていろんな人に接することができたのがすごくいい機会でした。お客様の接し方もいろんなタイプのお客様がいるので勉強になりました。

USJ自体が楽しい場所なので、アルバイトクルーもみんなテンションが高くて和気あいあいとしています。いつも楽しい気分で働けるので、仕事中に時間が経つのも早く感じました。シフトもけっこう融通がきくので働きやすかったです。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

大変なこと

▶ 初めてのクレーム対応

私はUSJが初めてのアルバイトだったので、接客中にクレームを受けることに慣れておらず、真に受けて凹んでしまったことがあります。そのときは先輩や同期に話を聞いてもらい、次からどうしたら良いか一緒に解決策を考えました。

あとはとにかく覚えることが多く、その一つ一つがお客さまの安全と楽しんでいただくクオリティにつながるものなので、たとえ新人のバイトであっても失敗が許されないというプレッシャーはありました。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 繁忙期は体力勝負

世間が長期休みや連休に入ると逆にUSJは必ず混雑するので、ずっと立ちっぱなし動きっぱなしで体力的には相当きついと感じる日がありました。それでもやはり笑顔を絶やすわけにはいかないので、しっかりと体調管理をしておかないと大変な仕事でした。

たとえアルバイトクルーであっても、USJの従業員である以上お客様は私たちのことを「パーク内のことは何でも知っている」と思って尋ねてこられるので、自分の働いている部署以外の情報もある程度把握しておく必要があって、どんどん増える新しい情報についていくのに苦労しました。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ マナーの悪いお客様への対応

USJでのバイト中にきつかったことは、すごくたくさんのお客様がパークにいるときすごく混雑していて、当然そういう時は無理難題を言ってくる人もいるし、マナーの悪い人も目立ちました。そういうお客様への対応がすごくめんどくさくて一番大変でした。強く注意するわけにもいかないのでやんわり、それでも理解してもらえるように接することは大変でした。

あとは年末年始のシフトに入ったときに、普段働かないような時間帯も働いていたので眠くて、でもお客様の安全を第一に考えないといけないので大変でした。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

応募する人へ

▶ 他人の楽しみを共有できる人にぴったりな仕事

USJで働いてみたいという気持ちがあって、自分自身が様々な場面で楽しめる人、他人の楽しみを共有できる人であれば必ず成長できる仕事だと思います。接客方法については、基本的なことからきちんと教えてもらえますし、何より自然に身につく場所であると感じます。

同年代だけでなく年上の方まで幅広い年齢層のクルーが在籍しているため、良い意味で上下関係を勉強することができました。

面接時の服装に決まりはありませんが、入社後に身だしなみはかなり細かくチェックされるので、そういった規定を守ることが苦手な人は向かないバイトだと思います。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 勤務可能な日数・時間が多いほうが有利

USJは年中無休のテーマパークなので、沢山シフトに入って働けるアルバイトクルーのほうが優遇される傾向にあります。あまり時間や日数に制限をかけずに「いつでも働けます」という姿勢でのぞんだ方が採用されやすいです。

面接では明るくハキハキと答え、人と接することが好きだという気持ちを伝えたら良いと思います。USJの常連であることを熱く語った人がいましたが、「遊びに来てもらうわけではないので」と言われたそうです。

人前に出るお仕事なので、服装や髪型は清潔にしておく必要があります。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 身だしなみチェックが厳しい

今はわかりませんが私の働いていた当時はアピアランスがとても厳しく、髪の毛は染めてはいけない、爪は短く切っておく、髪の毛が長い場合は帽子の中にしまう、などいつも厳しくチェックされていました。でもゲストに接する仕事だしイメージも大切なのでそういうルールを守るのも大切だと思います。

USJでの仕事は研修もありサポートもしっかりしているので、やりがいはすごくあります。しっかり教えてくれるしいろんなポジションも経験できるので楽しく仕事できるアルバイト先です。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

USJとは

▶ 何回行っても飽きない遊園地

USJはアトラクション、ショー、レストラン普段経験できない体験を通して非現実な一日を過ごせる場所です。どんな年齢層の方にもその方に合った楽しみ方があり、みんなが笑顔になれる所だと思います。

季節ごとに様々なイベントを行い、アトラクションやショーも進化し何度行っても飽きさせない工夫がされています。行くたびに新しい発見があるので楽しい気持ちになれます。

(yahkaさん/大阪府/28歳)


▶ 映画の世界を忠実に再現

USJはハリウッド映画の世界を忠実に再現したテーマパークで、まるで映画のセットの中に入り込んだかのような体験が沢山できる場所です。

お客様に楽しんでもらえるように、USJのアルバイトクルーは積極的にゲストと関わり合えるようにつとめています。ショーを観たりアトラクションを体験したりするだけでなく、食べ物やグッズにもこだわりがあって、映画の中に出てくるフードを再現したり、キャラクターがデザインされたグッズが豊富に販売されています。お子様向けのワンダーランドもあり、ご家族連れでも楽しめると思います。

(こーびーさん/兵庫県/40歳)


▶ 老若男女問わず楽しめる

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは大阪にある映画をテーマにした遊園地です。園内にはたくさんのアトラクションやレストランや物販のお店があります。テーマごとにいろんな世界をモチーフにしたエリアがあり、それぞれのエリアごとの雰囲気を味わえます。映画を見たことのある方はもちろん、見ていない人でも楽しめるようになっています。

ディズニーランドみたいに大人から子供までみんなが楽しめる場所です。そしてまた来たいなと思えるような場所です。大阪にあるのは日本のユニバーサルスタジオですが、系列のテーマパークが世界中にあります。

(ぷーさんさん/東京都/36歳)

 

to Be編集部では、ユーザーの皆様に最新かつ正確な情報を提供できるよう努めておりますが、当ウェブサイトに含まれるあらゆる提供情報について、その正確性、真実性、合法性、有用性を保証するものではなく、掲載している情報が実際の求人内容と異なる場合がございます。
画像や写真についてもあくまでもイメージであり実際の店舗やメニューとは異なる場合がありますので、お仕事探しの参考情報としてご覧いただき、最新の求人内容については募集元の企業の採用ホームページなどでご確認ください。
また、当記事内の情報・クチコミを無断転載・無断利用することは一切禁止します。