注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

法律入門!自分の身を守る、ビジネス実務法務検定試験3級とは

f:id:to_B:20180927180344j:plain

資格の概要

ビジネス実務法務検定は、法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識を習得することができます。
3級試験では、ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができるレベルを身につけます。

■試験日程
7月、12月(年2回)

■申込期間
①4月中旬~5月中旬
②9月下旬~10月下旬

■試験会場
全国各地

■試験方法
マークシート方式

■試験時間
2時間

■合格基準
70%以上

■受験料
4,320円

■受験資格
学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません

■受験申込・問合せ
東京商工会議所 検定センター
http://www.kentei.org/houmu/

合格に向けた学習のコツ

法律の試験というと、分厚い六法全書を読み込み、条文の知識が問われるイメージですが、ビジネス実務法務検定が扱う範囲は、実際の仕事上の法律問題に関する知識であり、単純にテキストの内容を知っているか、知らないかが問われるため、あまり気構える必要はありません。合格率も6~7割と高い試験であり、比較的易しい部類に入ります。初学者であっても、他の資格試験同様にテキストを読み、問題集を反復して解くことで、合格できる試験です。勉強時間は、1~2ヵ月程度を見込んでおけば良いでしょう。

法律の仕事をされている方、法学部や大学の講義で法律を学習された方、その他の試験で勉強されている方は、簡単に合格できてしまう試験です。おそらく一夜漬けでも合格可能かと思います。とはいえ、ボーダーが70%ですので、あまり多くは間違えることができません。ある程度自信のある方は、2級から受験することをおすすめします。また、午前と午後で併願することも可能です。

他資格と異なり、あまり豊富な種類のテキストや問題集が存在しません。大型の書店でしか置いていないテキストもあり、実際に内容を確認して比較検討されると良いでしょう。テキストに例題が付いているものが、コストパフォーマンス的にはおすすめです。少し値段が高いですが、公式テキスト・問題集が販売されています。マークシート形式かつ知識の問題ですので、テキストの熟読だけでも合格に近づくと思います。

ビジ法はどんな人向けに必要?

昨今、不正・不祥事を未然に防止するためのリスクマネジメントや、法令遵守(コンプライアンス)について関心が高まっています。
法律の知識は、法務を担当されている方はもちろん、あらゆる業務において必要とされる時代になりました。自己啓発として、法律の入門知識を身に付けるには、取り組みやすい試験です。また、これから社会人になる学生も、就職活動の前に取得しておくと有利になるでしょう。

正直なところ、この資格を保有する直接的なメリットをあまり耳にはしません。3級試験の内容を、積極的に仕事に活かせるか?というと、知識(経験)の絶対量で不足します。受験をきっかけに、日常の業務において「これは法律的に問題があるのでは?」と問題意識を持つことが、この試験の目的だと思います。上司や専門家に判断をあおぐことで、大きなトラブルを防げるかもしれません。世の中には、知らなかったでは済まされないケースが多くあります。間接的にですが、仕事の質が高まることがメリットと言えるでしょう。

この資格を条件とする求人情報は、ほとんど見掛けません。ただし、法律の知識を備えている人材は、どの分野でも求められています。
できれば、より実務に活かせる2級を目指して勉強していることを伝えた方が、好印象であると思います。

これから受験を考えている方は、2級試験への過程として捉えたほうが良いでしょう。ステップアップにより、実力も評価も格段に上がります。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス