ストレスから自分を守る!メンタルヘルス・マネジメント検定III種

資格の概要

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、働く人たちの心の不調の未然防止のために必要な、メンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得することができます。
III種試験では、自らのストレスの状況・状態を把握することにより、うつ病などの不調をなるべく早く検知して
自らケアを行い、必要であれば他者の助けを求められる状態になることを目標とします。主に新入社員をはじめとする一般社員や、これから社会人となる学生を対象とした資格試験です。

 

f:id:to_B:20180927174849j:plain

■試験日程
3月、11月(年2回) 

■申込期間
試験日の約2ヶ月前

■試験会場
全国各地

■試験科目
①メンタルヘルスケアの意義
②ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
③セルフケアの重要性
④ストレスへの気づき方
⑤ストレスへの対処、軽減の方法

■試験時間
2時間

■合格基準
70%以上

■受験料
4,320円

■受験資格
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません

■受験申込・問合せ
大阪商工会議所、施行商工会議所
https://www.mental-health.ne.jp/

 

合格に向けた学習のコツ

数多く存在する公的資格の中でも、かなり易しい部類に入る試験です。合格率も7~8割程度と非常に高く、同様にⅡ種試験も難しくはないため、Ⅱ種からの受験をおすすめします。どちらも受験したい方は、午前と午後で併願が可能です。

勉強方法としては、出題内容が準拠する公式テキストを中心とした学習が基本となります。人気資格であるため、各出版社からテキストが販売されていますが、そちらでも十分対応できると思います。出題形式を把握しておくだけで、問題演習は特に必要としません。

社会人経験があれば、日常業務の常識の範囲で解ける問題が大半となります。そのため、試験前日のみの一夜漬けでも合格可能な試験です。年2回の試験であり、受験料も高めであるので、確実に一発合格を勝ち取りたいものです。1週間程度は、通勤・通学・昼休み等の隙間時間にテキストを読み込むようにしましょう。

 

メンタルヘルスマネジメントはどんな人向けに必要?

Ⅲ種試験の内容は、世渡りする上での心得として、社会人になる前に知っておくと重宝すると思います。学習の過程において、気づき・発見を与えてくれるのが特徴です。昨今ようやく、働き方・労働環境について注目されるようになってきましたが、現場レベルにおける抜本的な改善に至るまでは、長い道のりとなるでしょう。必ずしも会社は、社員や労働者を守ってくれるとは限りません。自らの健康や権利は、自分で管理・主張していく必要があります。

セルフケアコースという名の通り、従業員自らの心身の健康対策になります。そのため、評価や求人のために取得するものではなく、仕事のパフォーマンスを高めるための資格として捉えてください。

例えば、いまだに多くの事業所ではノートパソコンによる事務作業をしています。試験内容にもありますが、本来ノートパソコンは、外出先での短時間作業を目的とした用途であり、姿勢や画面との距離が長時間の使用には向いていません。対策がとられなければ、いずれ身体に不調をもたらすことになります。知っているだけで、外付けキーボードを用意する、目線の高さまで底上げする等の対策がとれます。また、管財の担当に、デスクトップパソコンの導入を要望しても良いでしょう。

このような事例について、経営者や上司・先輩が知らないことも沢山ありますし、仮に必要なことが明白だとしても機能しないのが組織の難しいところです。社会を生き抜く自己防衛策として、すべてのビジネスパーソンが知っておくべき最低限の知識が含まれます。学習内容を活かして、まずは自分の身の回りからストレス要因を解消してみてはいかがでしょうか?

すべての人にインターネット
    関連サービス