注目のお仕事

人生を豊かにする!ファイナンシャル・プランニング技能検定3級

資格の概要

ファイナンシャル・プランナーとは、個人や中小企業の相談に応じて、顧客の資産に関する情報を収集・分析し、顧客のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税制、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し、アドバイスを行う、資産相談に関する専門家です。
3級試験では、FPの基礎知識を身に付けることができます。最初の一歩として、学習を通じて得た知識を、自らの実生活に役立てましょう。

f:id:insuta:20180831164750p:plain

■試験日程
1月、5月、9月(年3回)

■申込期間
試験日の約2ヶ月前

■試験会場
全国各地

■試験科目
<学科>
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続・事業承継

<実技>
・資産設計提案業務(日本FP協会)
・個人資産相談業務(金財)
・保険顧客資産相談業務(金財)

■試験時間
学科 120分
実技 60分

■合格基準
学科 60%以上
実技 60%以上

■受験料
学科 3,000円
実技 3,000円

■受験資格
FP業務に従事している者または従事しようとしている者

■受験申込・問合せ
・一般社団法人 金融財政事情研究会
https://www.kinzai.or.jp/

・NPO法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
http://www.jafp.or.jp//

合格に向けた学習のコツ

他の資格試験と比べると、制度が複雑な試験であり、受験方法が多岐にわたります。実施主体が2つあること、実技科目を選択できる等の特徴があります。3級試験は、独学で対応可能であり、学科と実技の部分合格もあるため、比較的易しい試験であると思います。
合格率は、学科で6~7割、実技は科目により多少の差があります。イメージとしては、日本FP協会が浅く広く、金財が深く狭くになります。過去のデータを見る限り、若干ですが日本FP協会による受験の方が、合格率が高い傾向です。どちらで受験しても同じFP技能士の取得に変わりはありません。合格証書に受験科目が記載されますので、仕事で必要とする分野など事情がある場合を除けば、実技は資産設計提案業務(日本FP協会)の選択をおすすめします。

勉強方法としては、多くの種類の市販テキストが出版されていますので、自分に合ったものを選ぶと良いと思います。テキストを購入する際は、自分の受験する科目に対応しているかを注意してください。1ヵ月から数週間、テキストの読み込みを中心に勉強すれば、合格レベルに達すると思います。学科と実技は、分けて考える必要はなく、延長線上にあるものとして捉えて構いません。

2級については、受験資格がいくつか設定されているため、多くの方は3級試験の合格が必須要件として該当すると思います。

FPはどんな人向けに必要?

お金に関する相談業務を仕事としている方はもちろん、すべての社会人が日々の暮らしの上で知っておくべき内容となります。義務教育から社会生活を通じて、現状ではお金のことを勉強する機会が乏しいと思います。支出を減らし、収入を増やすことを感覚的には理解していても、具体的な手段については、積極的に情報収集しなければ、得られるものではありません。試験勉強を通じて、人生設計から、資産・保険・税金など体系的に学習できることが魅力です。特に、節税に関する知識などは、サラリーマンの方であると会社がほとんど処理してくれるため、普段は意識しないものだと思います。

3級試験は、求人・評価においては然程有利ではなく、2級の受験資格を取るためのものと割り切った方が良いでしょう。

人生を豊かにするためにも、お金の知識は必要不可欠です。スキルアップだけでなく、普段の生活に役立つ資格として取得を目指してみては如何でしょうか?

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス