アルバイトに応募する時の履歴書の書き方

f:id:insuta:20180709161723j:plain


まずは、基本のマナーについてチェックしましょう

履歴書は面接と同様に重要です。先方に良い印象を与えて、失礼のないように、基本のマナーを身につけましょう。

良いマナー

①ボールペンで書く際は黒で書きましょう。
水性ペンよりは油性ペンの方が良いでしょう。

②パソコンでの作成は問題ありません。

③手書きの場合は、丁寧な字で書くように意識しましょう。

④履歴書のサイズはB5が一般的です。

⑤書いた履歴書は封筒に入れなくても大丈夫です。
 半分以上には折らないようにしましょう。

悪いマナー

①修正したものはよくありません。修正液や修正テープ、消ボールペンは使わないようにしましょう。 

②事実と異なることを書くのはやめましょう。

③手書きの履歴書をコピーして使い回すのはよくありません。

履歴書の基本の書き方についてマスターしましょう

日付

面接時に提出する場合は面接日を、郵送する場合は投函日を記入するようにしましょう。年表記は、西暦か元号のどちらかに統一しましょう。

氏名、ふりがな、フリガナ

「ふりがな」はひらがなで、「フリガナ」はカタカナで記入するようにしましょう。

印鑑

かすれていないか、滲んでいないか、一部が欠けていないか確認しましょう。押すときには下に、厚手の紙を敷いて、押すようにするときれいに押せます。

生年月日

日付を表記(西暦または元号)に合わせましょう。

電話番号・メールアドレス

電話番号は、先方からつながりやすい、普段使っている番号を記入するようにしましょう。メールアドレスは、ドメイン指定機能をオフにしましょう。

アルバイト用の履歴書の写真

なるべく3か月以内に撮影したものを使いましょう。正面から撮ったもので、胸から上が写っているもの。また、無帽で背景のないものにしましょう。服装は私服で大丈夫です。スナップ写真やプリクラで撮影したものはよくありません。

「学歴・職歴」の書き方をマスターしましょう。

全体

*学歴を上に、職歴があればその下にまとめて書きましょう。

*年号は統一しましょう。

*学歴と職歴の間を一行空けましょう。

学歴

*直前のものは入学と在籍中、卒業の両方を記入するようにしましょう。それ以前のものは卒業だけを記入するようにしましょう。

職歴

*入社と退社の両方を記入するようにしましょう。

*アルバイト経験が多い場合は、直近のアルバイト経験を書くか、応募した職種に近いものを選んで記入するようにしましょう。

免許・資格、自己アピール、応募動機について

免許・資格

応募した職種と関連する免許・資格を持っている場合は、記入しましょう。有利になることが多いです。そして、アピールポイントになります。自分が、応募した職種について、専門知識を有していることを証明することになります。記入順は、取得年月が古いものからにしましょう。

自己アピール

この欄は、とても重要です。採用する側がよく見るところです。あなたの意欲、熱意が、先方に伝わるように、自分の性格の良いところを振り返って、先方に良い印象を持ってもらえるように、丁寧に書きましょう。

応募動機

この欄もとても重要です。応募した仕事に対してなぜ応募したのか、入社が決定したら、どんな風に働きたいのかをよく考えて、記入しましょう。具体的な内容で、先方の人に共感をもってもらえるような、良い印象を持ってもらえるように、記入しましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス