バイトチェックをブックマークして最新情報をチェックしよう!

【初心者におすすめ】基本はこれでOK!バイト・パートの履歴書~書き方篇~

f:id:to_B:20180927184240j:plain

 

まずは履歴書の正しい書き方やNG例をチェック!

アルバイト・パートに採用されるため、履歴書は面接と同様に重要です。応募先に良い印象を与えられるように、正しい履歴書の書き方を身につけましょう。

履歴書は黒ボールペンで、封筒は郵送のときに使用

履歴書は手書き、パソコン(PC)でどちらで作成しても大丈夫です。アルバイト・パートに応募する場合、サイズは、B5やB4を二つ折りにしたものが一般的ですが、A4のものもあります。コンビニで買うこともできます。

手書きの場合、きれいな字に自信がない場合も丁寧な字で書けば大丈夫です。面接官は今まで多くの人を見てきたので、丁寧な字かどうか判断します。ボールペンは黒または青の油性がおすすめです。消えるタイプのボールペンはNGですので注意しましょう。

パソコンで作成する場合は、インターネットで著作権フリーのフォーマットをダウンロードして使用する事もできます。

書いた履歴書は封筒に入れなくても大丈夫です。B4のものは二つに折って持っていくとコンパクトで便利ですね。封筒に入れる必要はないので、特に封も必要ありません。 郵送の場合は、封筒の表に送り先の住所、裏に自分の住所を書きましょう。

修正駅や嘘はもちろんNG

修正したものはよくありません。修正液、修正テープ、消せるボールペンは、使わずに、もしも間違えたら、新しく書き直します。

履歴書を何度も使い回すのもNGです。パソコンで作成したものではなく、手書きの履歴書の場合、一度書いたもののコピーを持っていくのはよくありません。

また、事実と違うことを書くことはダメです。事実を正しく書きましょう。

 

履歴書の基本の書き方についてマスターしましょう

日付は面接日を、和暦・西暦は学歴と合わせる

面接時に提出する場合は面接日を、郵送する場合は投函日を記入するようにしましょう。年表記は、西暦か元号のどちらかに職歴・学歴もあわせて統一しましょう。

元号と書くときは、「令和」を「R」と省略しないようにします。

電話番号は、連絡がつきやすければスマホの番号で大丈夫

電話番号は、先方からつながりやすい、普段使っている番号を記入するようにします。固定電話、携帯電話で、より繋がりやすい方を記入すると、採用連絡のときにスムーズです。スマートフォンの電話番号でも記入して問題ありません。

メールアドレスは、チェックしている頻度が高いものを

メールのドメイン指定をしている場合は、応募先からのメールが受信できるように設定します。特に手書きで履歴書を書くときはアドレスの書き間違えに注意しましょう。

アルバイト用の履歴書の写真、期限や服装は

写真はなるべく3か月以内に撮影したものを使いましょう。正面から撮ったもので、胸から上が写っているもの。また、無帽で背景のないものにしましょう。一般的なスピード写真機でOKです。アルバイト・パートの場合、スーツやオフィススタイルなど改まった服装でなく、私服で大丈夫ですが、Tシャツよりは襟のある服装の方が好まれます。 スナップ写真やプリクラで撮影したものはよくありません。

 

「学歴・職歴」の書き方をマスターしましょう

学歴は中学卒業~書けば大丈夫

履歴書の学歴・職歴の欄の1行目に「学歴」と記載し、その下に学歴を書いてきましょう。 直近のものは入学した年月と、在籍中・卒業の年月の両方を記入します。

学歴をいつから書くか迷った場合は、中学卒業からの学歴を卒業年月のみ記載しましょう。年号は西暦・和暦を統一しましょう。

在学中の場合は入学年を記入し、卒業が近い場合は卒業予定の年月で「●●大学 ●●学部 卒業見込」と書きましょう。

職歴は応募職種に関係あるものを、メインに

学歴から一行あけて「職歴」と記載し、その下に職歴を書いていきましょう。

年号は西暦・和暦を統一し、入社と退社の年月を、両方を記入します。

過去のアルバイト・パート先や派遣の経験も職歴に記載して問題ありません。アルバイト経験が多い場合や、3ヶ月未満や短期アルバイトの経験がたくさんある場合は、直近のアルバイト経験を書くか、応募した職種に仕事内容が近いものを選んで記入するようにしましょう。

 

免許・資格、自己アピール、応募動機について

免許・資格は積極的にアピール

応募した職種と関連する免許・資格を持っている場合は、履歴書に記入すると有利になることが多いです。またアピールポイントになります。自分が、応募したアルバイト・パートについて、専門知識があることを証明できます。取得年月が古いものから順番に書きましょう。

応募した仕事に直接関係がない資格でも、武道(剣道・合気道など)は「体力がある」というアピールにつながったり、英検やTOEIC、そろばんなどの資格は「仕事の覚えが早そう」という印象を与える事ができます。欄がじゅうぶんにある場合は積極的に書きましょう。

自己PRは面接でよく聞かれるので、覚えておくと吉

自己PR(自己アピール)欄はとても重要です。採用する側がよく見るところです。あなたの意欲、熱意が、先方に伝わるように、自分の性格の良いところを振り返って、先方に良い印象を持ってもらえるように、丁寧に書きましょう。

面接で質問されることが多い項目でもあります。質問されたらスムーズに答えられるように簡単に内容を覚えておくといいでしょう。

志望動機は、具体的なら正直に書いてOK

履歴書を書く中で最も骨の折れるこの欄も、自己アピールと同様に重要です。応募した仕事に対してなぜ応募したのか、入社が決定したら、どんな風に働きたいのかをよく考えて、記入しましょう。

「家から近い」などの理由は正直に書いてOKですが、「家から近いので長期的に続けられると思った」など具体的に説明すると好印象です。

例えば、事務職の場合「スキルを活かせそう」、主婦の場合「スキルを身につけたい」、フリーターの場合「前職とくらべて、○○な点に魅力を感じた」などの内容が一般的ですが、自分の志望動機を正直に記入するのが合格への近道です。

具体的な内容で、応募先の人に共感をもってもらえるような、良い印象を持ってもらえるような内容を記載しましょう。