注目のお仕事

20181012173358 20181012173356

バイトの応募、Web応募がいいか、電話応募がいいか

f:id:to_B:20180927184142j:plain

バイトに応募・問い合わせをする

「これはいいかも」というバイトが見つかったら、次は応募!応募の方法は、電話がいいのでしょうか。それともWebやメールがいいのでしょうか。電話での応募の際の電話の掛け方や、Web、メールでの応募の際のマナーについて見ていきましょう。

電話とWeb応募、どちらがいいのか

「電話応募の方が、やる気が伝わって採用されやすい」「Web応募の方が、応募できて採用されやすい」など、さまざまな考え方がありますね。
基本的には、どちらも採用には影響がありません。自分が、アクセスしやすい方法で応募してみましょう。特徴としては、電話の場合は、担当者とつながればその場で面接の日時などを決めやすい。
Webの場合は、時間帯を気にせず連絡できるので、営業時間外でも応募ができます。また応募した後、1~2日経っても連絡が来ないときには電話をして確認をしたほうがいいでしょう。

電話で応募した場合の準備やマナー

電話での応募の時には、求人広告ではわからないことを質問するための準備をしましょう。確認しておきたいことは、次のような項目です。

電話を掛ける前に整理しておくこと

*仕事の募集をまだしているか

*仕事内容

*勤務時間などのシフト

*仕事の開始時刻

*勤務場所

*時給

*面接で履歴書が必要かどうか

*面接の日時や場所

電話を掛ける時間帯に注意しましょう

会社や店舗に電話をする場合は、受付時間を確認しましょう。求人広告に、受付時間が指定されている場合は、その時間内に電話しましょう。指定されていない場合は、営業時間内に掛けるようにしましょう。一般的な会社の場合は、だいたい10:00~17:00の時間帯に掛けると良いでしょう。飲食店は、ランチの時間(11:30~14:00)や、仕込みの時間(17:00~)などは、忙しい時間帯なので、避けるようにしましょう。

電話を掛ける時の環境に注意しましょう

電話を掛けるときは、静かなところで、電波状況の良いところを選びましょう。

話し方は明るく、はきはきと

敬語が完璧にできていなくても、心配することはありません。採用に影響することはないでしょう。それよりも、話し方は明るく、はきはきと、自信を持って、臨みましょう。

Webで応募する時・メールで返信する場合の準備やマナー

Web応募のメリットは、いつでも、どこでも応募できることです。電話では応募できない時間や場所でも、応募できます。Web応募の仕方は、求人サイトなどに、「応募ボタン」や「エントリーボタン」がありますので、それをクリックすると、応募するための

必要な入力項目がでてきます。その入力項目に、必要なことを入力して、応募を完了させましょう。

主な入力項目

*氏名

*ふりがな

*生年月日

*性別

*電話番号

*現在の職業

*メールアドレス

企業からの連絡を待つ

Webで応募すると、企業から電話が掛かってきます。企業の採用担当者から、面接の日時や場所についての連絡があります。
その時に、非通知や、登録していない電話番号からかかってくることが予想されますので、そのようなときにも、ちゃんと電話にでるようにしましょう。
留守電のチェックも頻繁にすることをお勧めします。メールで連絡が来る場合もあります。メールを見逃すことがないように、注意しましょう。
Web応募でのデメリットは、対応時間がかかることです。応募担当者がいつでもWeb応募を見ているとは限りません。返事のメールが遅い場合は、確認の電話をしてもよいでしょう。
通常は、自動返信メールで、「ご応募ありがとうございました」という応募完了メールが来ることが多いでしょう。応募完了メールが送信されてこない場合は、何らかの理由で、応募が完了できてない。または、応募時に入力したものを送信するメールアドレスが間違えていた。というようなことがあります。
また、返事のメールが迷惑メールフォルダに入っていた、ということもあります。それらのことを確認するようにしましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス