注目のお仕事

採用されるバイト履歴書の書き方とは?学生・フリーター編

バイトに応募する時には、履歴書を書くことが多いですね。

履歴書は、採用する人が、その人はどういう人物なのかを読み取ろうとするものですから、応募する側も、自分をわかってもらえるようにしっかりアピールして書くことが大切です。

どういうことを書いたらいいか、悩んでしまう志望動機や自己PR。

採用されるためには、どのようなことに気を付けて書いたら良いのでしょうか。

ここでは、主に学生やフリーターの人向けに、バイトの履歴書の書き方を見ていきましょう。

f:id:insuta:20180824185220j:plain

書き方のマナー

良いマナー

まずは、履歴書は、パソコンで作成しても大丈夫です。手書きの場合は、できるだけ

丁寧な字で書きましょう。ボールペンは黒にして、油性がいいです。

履歴書のサイズは、B5で、B4を二つ折りにしたものでも良いです。

良くないマナー

修正したものはダメです。修正液、修正テープ、消せるボールペンは、使わずに、もしも間違えたら、新しく書き直します。

履歴書を何度も使い回すのはダメです。コピーも良くありません。

また、事実と違うことを書くことはダメです。事実を伝えましょう。

基本の書き方

①日付

面接日を記入します。郵送の場合は、投かん日を記入します。年表記は、西暦か元号のどちらかに統一します。元号と書くときに、「平成」を「H」と省略しないようにします。

②氏名・ふりがな(フリガナ)

ふりがなは、ひらがなで、フリガナは、カタカナで記入します。

③印鑑

かすんだり、にじんだりしないように注意します。厚い紙を下に敷いて押すときれいに押せます。

④生年月日

表記のしかたを日付と合わせます。西暦なら西暦に。元号なら元号に。

⑤住所

省略せず、都道府県名から書きます。

⑥電話番号・メール

電話番号は、携帯電話あるいは、自宅電話で、つながりやすい方を記入します。

メールのドメイン指定をしている場合は、応募先からのメールが受信できるように設定します。

⑦履歴書写真

正面を向いているもので、胸から上を写したもの。無帽で背景はないもの。

3か月以内に写した写真を使う事。服装は、私服でも大丈夫です。

学歴・職歴の書き方

学歴は上に職歴は下に書く。年号の表記は統一する。学歴と職歴の間は1行空けます。

①学歴

直前のものを書くときには、入学と卒業の両方を記入します。

それ以前のものは、卒業のみを記入します。

②職歴

入社と退社の両方を記入します。

「志望動機」の書き方

「志望動機」の欄は、採用する側が、よく見ているところです。どういった動機で、このアルバイトに応募したのか、分かりやすく書きましょう。

学生の人

学生の人の場合は、家や学校からの距離が近いので、という理由があります。

また、学費を稼ぎたいので、という理由もあるでしょう。

そういう場合は、はっきりと、その旨を伝えましょう。学費を稼ぎたい、という理由は、採用する側から見ると、しっかりしている、学費を稼ぎたいならば、長期的に継続して働いてくれるだろう、と考えるので、プラスに働きます。

また、家や学校からの距離が近い・学費を稼ぎたい、という理由のみではなく、この仕事が好きだから、自分の特技を活かせるから、といったことも書きましょう。

フリーターの人

フリーターの人の場合は、採用する側は、社会人経験があるとみなし、それまでの経歴や、将来の希望などを見ています。

また、長く続けられるか、これまでの経歴から見て、即戦力になれるかどうかにも注目しています。

さらに、その仕事が未経験の場合、それまでの経験をどのように活かせるか、も考えて見ています。

その仕事を希望する理由をはっきりと書いて、これまでの経験がどのように活かせるか、将来はどのようなことを希望しているか、採用する側にしっかりと伝えましょう。

「自己PR」の書き方

「自己PR」の欄は、応募する側が、自分のことを紹介して、働きたい、という印象を強く持ってもらえる欄です。

自分の長所・短所などを書いて、自分がどういう人なのかみてもらいましょう。

また、アルバイトなどの仕事経験のある場合は、その仕事で、困難なことや問題をどのように乗り越えたのかも書くと良いでしょう。

学生の人

学生の人は、社会人経験のない人は、ある人と比べて、どのようなアピールポイントがあるかどうかを書くことが大切です。

社会人経験のある人は、これまでに経験した仕事のことを述べ、いかに、自分が即戦力になれるかを強調すると良いでしょう。

社会人経験のない学生の人は、学校での部活やサークル経験で、どのような能力を発揮したかを明記すると良いでしょう。

また、趣味や、学校以外での活動においてどのような経験があるかをアピールするのも良いでしょう。

フリーターの人

フリーターの人は、社会人経験があるとみなされ、採用する側は、仕事にどのように役立つ存在になれるかを見ています。

そのために、自分が、その仕事にどのように役立つかをアピールした文章を書きましょう。

そして、これまでの仕事の経験から、自分がどのようなスキルを持っているか、どのような能力があるかということをしっかりと伝えましょう。

まとめ

学生の人、フリーターの人、それぞれに、アピールするところが違うといえます。

自分のどういうところを見てほしいか、採用する人にわかってもらえるように、書くのが工夫のしどころといえます。

マナーもしっかりと守って、良い印象を持ってもらえるようにしましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス