to Beをブックマークして最新情報をチェックしよう!

これが問題だった!バイトに受からない原因は○○?次は受かるためにやるべきこと

バイトに応募したのに、何故かいつも受からない。面接が悪かった?服装?それとも…。自分の見落としていたことを改善するだけで、アルバイト・パートに簡単に受かるようになることはしばしば。バイトに受からない原因をしっかり見極めて、「受かる人」になりましょう!

 

もし、何が聞かれるか不安な場合は実際に合格した人の話をここからチェック!

日本最大級アルバイト・パートのクチコミサイトto Be(トゥービー)

f:id:to_B:20180927181246j:plain

バイトに受からない原因

自分では理由がわからないのにバイトに受からないと、どんどん自分に自信がなくなってきてしまいますよね。でも心配はいりません、原因は身近なところあることが多いです。

バイトに受からない理由として考えられるのは、①面接での印象が良くなかった、②履歴書に不備があった、③電話・メールの受け答えが非常識という3点に絞られます。

落ちた理由~面接の場合~

バイトの採用の決め手となる面接。その面接では、採用する側は、その人のさまざまなところを見ていて、面接官に与える印象がとても大切です。

面接官は、どのようなことを見ているのでしょうか。

 

面接に遅刻する

面接に遅刻するのは、大変よくありません。面接官から、時間管理や自己管理ができていない、シフトに穴をあける可能性があると考えられてしまいます。

面接会場には、5分~10分前は到着しましょう。早く着きすぎても迷惑になることがあるので、15分以上早く着いてしまった場合は近くで時間をつぶすなどするのがおすすめです。

また電車遅延などやむを得ない理由で、遅れてしまうばあいは、電話で遅れてしまう旨をなるべく早く連絡をすることが大切です。そのときに何分後に到着予定かを具体的に説明し、遅れる旨を謝りましょう。面接を始める際は遅れてしまった旨を再び謝ってから面接に入ると誠意を表現することができます。

 

服装がだらしない

だらしのない服装は、面接官に良くない印象を与えてしまいます。飲食店の場合は特に悪い印象で、不採用の原因の主なもののひとつです。

面接へは、清潔感のある服装をしていきましょう。シンプルなシャツやスラックスがおすすめです。

デザインによってはだらしない印象に見えることもあります。例えばダメージジーンズやシワ加工の服を着るときは注意しましょう。とくに面接官は社会人である事が多いので、ファッション性の高いものよりは無難な服装をするのがベターです。

バイト・パートの面接は、塾講師など一部の職種を除いて、スーツで行く必要がありません。異様にかしこまった格好で行っても常識のない人と思われてしまうこともあります。

 

また髪型も清潔感のあるように見せるのは重要です。明るい印象を与えられるように、長い髪は結んだり、前髪が目にかかる場合は分けるなどして、しっかりと顔が出るようにしましょう。

 

夏場の場合、サンダルも注意が必要です。ラフすぎるサンダルは不真面目な印象を与えてしまうことがあります。

 

態度がよくない

バイト・パートの面接だからといって、気を抜いてしまい、態度が良くないと、面接官に与える印象も良くありません。短い面接時間に悪い印象を1度でも持たれてしまうと挽回するのが難しいからです。

挨拶や言葉遣い

態度がよくないと思われる原因として、まず「挨拶ができない」が挙げられます。面接室に入るときの「よろしくお願いします」から、出る時の「ありがとうございました」まで、挨拶や言葉遣いはしっかり・はっきりするようと心がけましょう。

面接中も友だちと話すような言葉遣いではなく、敬語を正しく使い、真面目な印象を与えられるよう気をつけてください。敬語表現に自信がない場合は「です・ます調」など、できる範囲で丁寧な言葉遣いをします。

乱暴だったり幼稚だったりする表現はせっかくいい内容の受け答えをしていても、聞いてもらいにくくなります。

座り方や姿勢

足を組んだり、椅子にきちんと座らないのも、横柄だったり不真面目だったりする印象を与えます。軽く胸をはって背筋を伸ばし面接に挑みましょう。

また、面接官と話すときは、相手の目を見てゆっくりと自信を持って話すよう心がけます。キョロキョロしたり、下を見て話すと、嘘をついているような印象を与えてしまうことがあります。

 

落ちた理由~履歴書の場合~

履歴書は採用を大きく左右します。履歴書を書くときの不備には注意しましょう。基本的な書き方はここから確認できます。

【初心者におすすめ】基本はこれでOK!バイト・パートの履歴書~書き方篇~ - to Be(トゥービー)

 

書き方が汚く、空欄が多い

文字は、丁寧に書きましょう。きれいな字が書けなくても、「一生懸命書いているという印象を与えること」が重要です。

また空欄が多いのも一生懸命書いていないという印象を与えていしまいます。記入漏れや空欄がないようにしましょう。

特に自己PRや志望動機はアルバイト・パートの場合、書きづらいことが多いですが、その部分を面接官は特に気になっています。自分の経験などを踏まえてわかりやすく具体的に書きましょう。

 

履歴書の内容が不十分

無職の期間や、履歴書の空白期間が多いと不審がられることがあります。その期間になにをしていたか、自己PRや学歴・職歴の欄で補足をするとプラスに働きます。

特に主婦やフリーターの無職期間などは何をしていて、どのようなスキルを得たのかを具体的に説明すると安心してもらえることが多いです。 

 

写真に問題がある

写真は、必ず貼りましょう。写真を撮影する時は、明るい表情で、服装も、面接の時と同じように、すっきりとしたものを着用しましょう。もちろんプリクラはNGです。面接官は何人もの応募者と面接をしていて、履歴書の写真で会ったときの印象を思い出すことも多いです。その際に自分を思い出してもらえるように、加工のされていない写真を提出しましょう。

また、明るい表情の証明写真がおすすめです。暗い表情やだらしのない表情だと受からない原因になってしまいます。

 

履歴書の汚れ・シワ

履歴書の汚れやシワは、面接時の服装のようにだらしない印象を与えます。誤字脱字があれば新しい履歴書で書き直すように、汚れやシワがついてしまった履歴書も新しいものに書き換える必要があります。

実際に面接に行く時は、クリアファイルや封筒に入れるとシワや汚れがつかずに持っていくことができます。

 

 

落ちた理由~電話やメールの受け答え~

ビジネスとしての電話やメールの経験があまりない場合、受け答えがうまくできずに不合格になってしまうこともあります。

 

電話の正しい受け答え

友達との会話のような電話はNGです。敬語を正しく使いましょう。難しい場合は「ですます調」でも大丈夫ですが、丁寧な印象を与えるように心がけましょう。

また、電話先の相手の姿は想像がつきにくいと思います。

「今、お時間いただいてもよろしいですか」や「お忙しい中ありがとうございました。」など相手を気遣う表現を使うと、かしこまった印象になります。

 

電話をかける時間帯

電話をかける時間帯にも注意が必要です。職種や業種によって忙しい時間帯やそうでない時間帯があります。

実際に働いた人のクチコミで忙しくない時間帯を見極めて電話をかけるように心がけましょう。

クチコミは下から検索できます。

日本最大級アルバイト・パートのクチコミサイトto Be(トゥービー)

 

面接に受かるためには

ここまでで見えてきたバイトに受からない理由を改善すれば、合格はすぐそこです。

では実際に面接で受かるために、なにが必要か確認してみましょう。

 

履歴書の不備をなくす

ふつうの事のように感じますが、実は重要な項目です。特に「志望動機」や「自己PR」を書き換えるだけで、面接官に与える印象は変わってきます。

面接前にかならず履歴書をチェックして記入漏れがないか、誤字脱字がないか確認しましょう。

 

身だしなみや話し方を改善する

話し方や身だしなみはとても重要です。

面接前は、家で自分の服装が面接官からどう思われそうかを考えてみましょう。直前はトイレなどで身だしなみをチェックし、髪がボサボサではないかなどを確認しましょう。

面接中はあいさつや言葉遣い、姿勢などに気を配り、面接が終了したら「ありがとうございました」と言ってから立ち去りましょう。

 

「クチコミ」で予習する

面接合格の近道は、実際にバイト・パートに受かった人に聞くのが一番の近道ですよね。何分くらいの面接だったか、何を質問されて、どんな回答をしたか、実際のアルバイト・パートのクチコミで調べてみましょう!

日本最大級のアルバイト・パートのクチコミサイト to Be(トゥービー)

 

まとめ

バイトに受からない理由は、自分では、気が付かないものです。しかし、面接の時や履歴書の書き方によく注意して、心がけていれば、その気持ちや努力は、面接官に伝わると思われます。

良い印象を持ってもらって、希望する仕事に就けるようにがんばりましょう。