注目のお仕事

バイトに受からない原因とは?学生・フリーター編

はりきって、バイトに応募したのに、何故かいつも受からない。

採用条件と、自分の経歴や資格が合わなかったという時は、仕方がありませんが、自分の見落としていたこと、努力して改善できることがあるかもしれません。

バイトに受からない原因とは何なのでしょうか。面接での受け答えが悪かったのでしょうか?

履歴書の書き方に手落ちがあったのでしょうか?

今回は、特に、学生の人フリーターの人を対象に、その原因と対策について、考えてみたいと思います。

f:id:insuta:20180831172406j:plain

バイトに受からない原因

これと言って、自分では、理由がわからないのに、バイトに受からないのは何故なのでしょうか。

それは、大体が、面接での印象が良くなかった、または、履歴書に不備があった、ということが考えられます。自分では、なかなか、気が付かないのです。

どういうことが原因なのでしょうか。

面接において

バイトの採用の決め手となる面接。その面接では、採用する側は、その人の様々なことを見ています。面接官に与える印象がとても大切といえます。

面接官は、どのようなことを見ているのでしょうか。

それは、面接での態度やマナーだと考えられます。

  • 面接に遅刻する
  • 服装がだらしがない
  • 態度がよくない
面接に遅刻する

面接に遅刻するのは、大変よくありません。

面接官から、時間管理や自己管理ができていない、と思われます。

面接会場には、15分前には到着するように、前もって余裕を持って自宅を出ましょう。やむを得ず、遅れてしまった場合は、電話で、連絡をすることが大切です。

また、面接官には、遅れてしまったことを謝りましょう。

服装がだらしがない

だらしのない服装は、面接官に良くない印象を与えてしまいます。

不採用の原因の主なもののひとつです。

面接では、清潔感のある服装をしていきましょう。

バイトの面接では、スーツを着て行くことは、必須の条件ではありません。

シンプルなシャツやジャケットで大丈夫です。

気を付けなけらばいけないのは、服が汚れていたり、古びていてほつれていたり、しわだらけであるかどうか、ということです。

また、面接にふさわしいデザインの服を選びましょう。

ジーンズTシャツはよくありません。

態度がよくない

バイトだからといって、気を抜いてしまって、態度が良くないと、面接官に与える印象も良くありません。

まずは、挨拶ができない、ということがあります。

面接室に入るときから、出る時まで、挨拶や言葉遣いは、しっかり見られています。

面接中も、友達と話すような、くだけた言葉遣いはやめましょう。

また、足を組んだり、椅子にきちんと座らないのも良くありません。

面接官と話すときは、目を見て話すようにしましょう。

履歴書について

履歴書は採用を大きく左右します。履歴書を書くときの不備には注意しましょう。

文字は、丁寧に書きましょう。

写真は、必ず貼りましょう。写真を撮影する時は、明るい表情で、服装も、面接の時と同じように、すっきりとしたものを着用しましょう。

学生の人やフリーターの人へ

バイトとはいえ、面接の時の服装や、態度は気を付けましょう。

スーツを着用することは、必ずではないのですが、応募先にによっては、スーツを着用することが義務付けられているところもあります。

そのような場合は、スーツを着用するようにしましょう。

バイトに受かるためには

ここまで、考えてきた理由について、自分のバイトに受からない点を改善するようにしてみましょう。

そして、ポイントとして、特に面接の時には、明るい表情で、自信を持って臨みましょう。

面接の時も、履歴書でも、志望動機自己PRがしっかりと面接官に伝わるようにしましょう。

まとめ

バイトに受からない理由は、自分では、気が付かないものです。

しかし、面接の時や履歴書の書き方によく注意して、心がけていれば、その気持ちや努力は、面接官に伝わると思われます。

良い印象を持ってもらって、希望する仕事に就けるようにがんばりましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス