カフェバイトの楽って評判は本当?メリットや志望動機について詳しくチェック!

f:id:to_B:20180927114505j:plain

飲食店バイトの中でもカフェ店員は人気の職種ですよね。チェーン店はもちろん、内装やメニューにこだわったカフェも多く、オシャレなバイトを探している人にとっても、おすすめです。ここではカフェバイトについて、紹介していきます。

カフェ店員のシゴトとは?

「カフェ」と聞いて、あなたはどんなカフェを思い浮かべましたか?実は、カフェのタイプは大きく分けて2種類あるんです!

普段、お客さんとして利用しているだけでは意識していないことも、働くとなると重要なんてことも。事前にしっかり、カフェ店員の働き方を知っておきましょう。

タイプその1:カウンター越しにスタッフが接客・調理どちらも行う

このタイプをセルフ式と呼び、チェーン店に多い形態です。お客様から注文を受ける→ドリンク・食事を作る→会計をする、という一連の流れで働きます。

清掃時には客席に出て、お店の様子を見て回るのも大事な役割です。また、チェーン店の多くは制服が支給されるので、「ここの制服着てみたいな」という観点でお店を選ぶのも楽しいかもしれません。

タイプその2:ホールとキッチンに分かれ、接客・調理をそれぞれ行う

このタイプをフルオーダー式と呼び、オシャレなカフェに多い印象です。ホールスタッフは、お客様を席へ案内してから退店・片付けまで、常に客席全体に気を配り、接客に専念する役割です。

キッチンスタッフは、ホールスタッフが取ってきた注文を、効率よく調理していきます。このように、カフェ店員といっても働き方はそれぞれ。お店選びのときには、可能であれば一度来店して、実際に自分が働くイメージをしてみるのが無難かもしれませんね。

あなたはカフェ店員に向いてる?

カフェ店員にとって一番大切なのは「コミュニケーション能力」! なんといっても、お客様と常に接するので、「人前が苦手」という人には大変な仕事に感じてしまうかもしれません。

逆に、「人と喋るのが好き」「誰かを喜ばせるのが好き」という人には、全力でおすすめします。マニュアル通りばかりではない心のこもった接客ができる店員さんを目指しましょう!

また、一緒に働く仲間と協力するのも大切な要素。お客様ばかりに良い顔ができても、仲間とフォローしあえなければ、スムーズな営業ができません。コミュニケーション能力は、お客様相手だけではなく、一緒に働くスタッフに対しても求められるのです。

カフェ店員の時給って?

時給は地域によって異なりますが、首都圏での飲食店ホールスタッフの平均時給は1,031円(※)です。

ただし、これはレストランや居酒屋も含めた飲食店の平均時給なので、実際には、もう少し低いのが現状です。キッチンスタッフの方が時給が高いケースもあるので、個々の求人をよく確認しましょう。 ※2017年7月度 アルバイト・パート募集時平均時給調査(株式会社リクルートジョブズ ジョブズリサーチセンター)より

カフェでのバイトは楽って本当?

カフェでのバイトは楽という評判を聞く人もいるかもしれませんが、人気店だと忙しいのでバタバタ働く可能性もあります。

また反対に落ち着いた雰囲気のカフェでのバイトだと、ゆっくり時間が流れるため楽だけど時間がたつのが遅くてきつい場合も。

少し忙しい方が時間が経つのが早くて楽と感じる人もいるので、カフェの雰囲気を事前にチェックして自分にとって楽そうかどうか見極めるのが大切です。

週に何日働けば良い?

カフェの多くはシフト制なので、時間の融通が利くのが魅力。そのため、学生さんや主婦の方でも働きやすい環境です。

詳細な決まりは各店舗によってそれぞれですが、週1〜3日ほど入れれば、まずはOKというカフェが多いようです。ただ、休日やイベントシーズンなどの繁忙期は人手不足になりやすいので、シフトに入ってほしいと相談されることも。

また、カフェの営業形態によっては、ランチタイムとディナータイムで分かれているお店もあれば、モーニングや深夜まで営業しているお店もあるので、自分のライフスタイルに合わせたお店を選びましょう!

カフェバイトのメリット

カフェバイトにはさまざまなメリットが挙げられますが、一体どのような点がおすすめなのでしょうか。

メリット①お洒落な場所で働ける

お洒落な場所で働けるのは、カフェバイトの大きなメリットでしょう。

また、自分好みのカフェでバイトするとなれば一緒に働いている人もお洒落で話が合う人と出会える可能性も。カフェバイトは高校生や大学生も多いので、お洒落な場所で働きながら友達作りもできるかもしれません。

メリット②接客が学べる

基本的な接客について勉強できるのもカフェバイトの嬉しい点です。

特に学生さんにとっては、今後の就職活動においてコミュニケーション能力は大きな強みになります。また、アルバイトにミスはつきものですが、それを克服した経験は、あなたを一回り成長させてくれるでしょう。

メリット③社割やまかない!

飲み物の社割があったり、まかないがあったりと食費を軽減させられるのもカフェバイトのいいところ。コーヒー好きにはたまりませんね。

チェーン店のカフェですとまかないがない場合が多いので、まかないが欲しい方は店舗が少ないカフェや募集の詳細をチェックして決めるのがおすすめです。

カフェバイトのデメリット

カフェバイトにはメリットが豊富ですが、もちろんデメリットもあります。

デメリット①意外と体力勝負

カフェでのバイトは基本的に立ち仕事。見かけによらず体力勝負なんです。 また、お客様からクレームが入るなんてことも稀に起こります。しかし、お客様への対応の仕方なども勉強になりますし、きついときもあるかもしれませんが、それもいい経験になるはず。

デメリット②時給は低め?

カフェバイトは居酒屋などに比べて若干時給が低いのがデメリットかもしれません。またディナーに力を入れていないカフェだと8時頃に閉まってしまう店もあるので、稼げないのがきつい評判もあります。

カフェバイトでがっつり稼ぎたい方は夜もバーとして営業しているお店か、22時頃まで営業しているチェーン店がおすすめです。

面接や志望動機はどうする?

面接では、週どのくらい入れるかなど基本的な質問はだいたい聞かれます。また、「なぜこのカフェなのか/来たことはあるか」などの質問をされる場合もあるので、面接前に一度来店してみるのがおすすめです。

志望動機はカフェは基本的に接客業なので、接客や人と話すことが得意であることやそのカフェで働いてみたかった理由を伝えてみてください。

服装はきれいめな私服で行くのが無難でしょう。またカフェによってはお洒落でセンスが問われるお店もあるので、その場合は清潔感のあるお洒落な格好で臨みましょう。

実際の求人を見てみよう!

カフェ店員の仕事がわかったところで、実際の求人情報をいくつか見てみましょう。ここまでのアドバイスを思い返しながら、自分に合ったお店を探してくださいね。

 

① カフェの定番!ドトール・エクセルシオール

求人情報サイト【おしごとボード】

 

② オシャレなチェーン店!タリーズコーヒー

【タリーズコーヒー】のバイト・アルバイト求人情報

 

③ モーニングが大人気!コメダ珈琲

コメダ珈琲店 アルバイト・パート・正社員求人 採用サイト

まとめ

いかがだったでしょうか?ひとくちに「カフェ店員」と言っても、様々な働き方があることがおわかりいただけたと思います。

「オシャレな空間づくりがしたい!」「飲食を通して人と関わりたい!」そんな方におすすめのカフェバイト。コミュニケーション能力を磨きながら、やりがいも見つけられる素敵なお仕事ですよ。

すべての人にインターネット
    関連サービス