ネットカフェバイトは本当にラク?簡単?

f:id:to_B:20180725220518j:plain

ネットに…漫画に…インドアな趣味の世界にのめりこめるネットカフェ。お客様とあまり関わらないことから、他のバイトに比べてラクで簡単と言われていますが本当なのでしょうか?いろいろと調べてきました。

 

ネットカフェの仕事内容

ネットカフェバイトの仕事は大きく分けて3つあります。

  • 受付業務
  • 清掃業務
  • フードの調理・提供業務

まず、受付でお客様の利用時間や人数、好みのプランを聞いて部屋を割り振ります。その後、もしフードの注文があれば調理をし、部屋へ運びます。調理と言っても、レンジで温めるだけのものや盛りつけるだけのものも多いので、料理が苦手でも大丈夫。お客様が退室したら会計をし、部屋の清掃や、漫画等の本棚を整列します。

とてもシンプルで簡単ですね。これがネットカフェバイトの一連の流れになります。

 

こんな人におすすめ!

多くのネットカフェはお客様に集中して楽しんでもらうため、店内はとても静かです。そのため、バイト仲間でワイワイするというのは難しいので、一人で淡々と仕事をこなしていくのが好きな人に向いています。

また、接客と言っても他の接客業とは異なり、基本的には受付くらいでしかお客様と関わらないので、しゃべるのが苦手・人前だと緊張してしまうという人にとってもチャレンジしやすいバイトと言えます。

お店によっては空き時間に漫画や雑誌を読んで良いというところもあるので、本が好きな人にとってもおすすめです。

 

時給の相場

2018年6月現在、全国のネットカフェの平均時給は1000円前後になっています。(地域によって前後します。)

仕事内容のシンプルさを考えると、割高な時給と言えるのではないでしょうか。ネットカフェは24時間営業である店舗がほとんどなので、深夜のシフトであればさらにプラスされるのも、人によっては嬉しいですね。

 

シフト・勤務時間の相場

ネットカフェには固定シフトの店舗と、1〜2週間ごとにシフトを提出する店舗があります。フリーターの方は固定シフト、学生さんや主婦の方は自由シフトのお店がおすすめです。

勤務時間は交代制を導入しているネットカフェが多く、時短で働くことはあまりできないようです。

*交代制の例

<朝勤>8時〜13時

<昼勤>13時〜18時

<夕勤>18時〜23時

<夜勤>23時〜8時

朝・昼・夕・夜で勤務時間が決められていて、次の時間帯の人が来たら交代して退勤するというものです。

朝勤は、夜勤からの引き継ぎのため6時過ぎには出勤する必要のある場合もあります。ちなみに、最も混雑するのは夕勤とのことです。

 

ネットカフェバイトのメリット

接客業のなかでも他業種と比べて仕事内容が簡単であるのはメリットと感じる人も多いでしょう。基本的には接客マニュアルが整備されており、クレームなどに対してもその通りに対応しておれば大きなトラブルにはならないことが多いそうですよ。

また、お客様にパソコンについて聞かれることもあります。そんな時に、対処法を調べたり、実際に修理をしたりする場面があるので、自然とパソコンスキルや簡単な配列などの知識を身につけることができます。

 

ネットカフェバイトのデメリット

24時間営業の店舗では、金曜の夜、終電を逃した酔っぱらい客が押し寄せることがあります。マナーを守らない人に注意したり、使用後の乱れた部屋を清掃したりと、精神的に大変なことも。

また、夕勤の忙しい時間にシフトに入ってしまうと、勤務中ずっとフル稼働ということも少なくありません。楽そうだから、という理由でネットカフェに応募しようとしている人は、夕方以外の時間に出勤させてもらえるかを事前に確認しておいた方が無難ですよ。

 

ネットカフェバイトの求人

ダーツ&ビリヤードも併設!

アルバイト募集TOPページ | 株式会社ランシステム

 

簡単!初心者におすすめ

アルバイト募集 | 駅近のインターネットカフェ『漫画喫茶ゲラゲラ』

 

全国展開!あなたの町にも

【タウンワーク】メディアカフェポパイのアルバイト・バイト求人情報でバイトやパートのお仕事探し

 

まとめ

時間帯や客層によっては大変な場合もありますが、仕事内容自体はいたってシンプルなのがネットカフェバイト最大の特徴です。初めてのアルバイトにもおすすめですし、今のバイトが大変で転職を考えている人にもおすすめの仕事です!

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス