to Beをブックマークして最新情報をチェックしよう!

映画館バイトは楽ってホント?体験談からわかるおすすめ映画館バイト

画が好きな人は一度は憧れる映画館バイト。「上映時間は結構暇そう」「意外ときつい仕事なのでは?」など、映画館でのアルバイト・パートに持つ印象は人それぞれです。今回はその「映画館バイト」の魅力について紹介します。

 

ここでは主に、映画館や劇場でのアルバイトについて一般的な内容を説明します。

 

実際にアルバイト・パートを経験した人の具体的なクチコミはこちらから確認できますので、興味があれが見てみてくださいね!

【バイト体験談】映画館アルバイトの評判・クチコミ・求人情報 - to Be(トゥービー)

f:id:to_B:20180927171316j:plain

上映中はなにをする?気になる映画館バイトの仕事内容

「映画館のバイト」と聞いてどんな仕事内容が思い浮かびますか。チケット販売、映写、他にどんな仕事があるんでしょうか

実は映画館のお仕事は大きく5つに分けられます。

1、ボックス

「ボックス」といわれるお仕事では主にチケットの発行を行います。

お客様のご指定の時間や席に合わせてチケットを販売するお仕事で、直接お客様と関わる仕事です。また、映画館の窓口とも言えるボックスは、お客様対応や電話対応、今ではグッズ販売の担当も任される事が多いです。

だた話す内容やお客さんからの質問の種類が少ないので、マニュアルさえあれば大丈夫です。

また自動発券機の映画館が多いので、この仕事をすることが多くはないかもしれません。

 

2、フロア

「フロア」といわれるお仕事では主に劇場への入場案内を行います。上映前はアナウンスの放送、入場の際のチケットもぎり、上映後はゴミの回収、清掃と動きのあるお仕事になります。子ども向け映画の上映後などは特に忙しいポジションとなります。

お客様のご入場からご退場までの一連の流れに携わるフロアは体力に自信がある方に向いているでしょう。

 

3、コンセッション

「コンセッション」では主にポップコーンやドリンク等の軽食販売を行います。

映画へ行った事のある方なら思い浮かぶと思いますが、映画上映前にすごく混み始める傾向があり、上映開始までの短い時間に要領よく仕事をこなせるかが勝負になってきます。

上映してしまえば客数は落ち着くなど、混み具合に波のある仕事になるので、集中力や能力が問われるポジションとなります。しかし複数の劇場があるシネコン(シネマコンプレックス)と呼ばれる映画館の場合、常に何かの映画の上映開始前という形になるので、暇な時間が少なくなる傾向があります。

 

4、ストア

ストアといわれるお仕事では主に映画関連グッズの販売を行います。大きい映画館のみ存在する場合が多く、現在のほとんどの映画館ではフロア・コンセッションに含まれる事が多いです。

もしこのポジションがある場合、一人で任されることが多いので緊張してしまうかもしれません。

多くのお客様と接する機会が少ないため、気楽に働けると考えてる方が多いようです。

 

5、映写

映写といわれるお仕事では実際に上映する際の音声や映像調整を行います。今まで上記に記載したお仕事とはまったく異なり、お客様と直接関わる事のない裏方のお仕事になりま。また、専門的な知識も必要になり、多種の映画を同時に管理する際は非常に大変なお仕事になります。

「映画も観られて一石二鳥じゃん!」なんて思われがちな映写ですが、映写機の清掃やフィルム巻など、時間内でやり遂げなければならない仕事が多く、一瞬も気を抜けない大切な役割となります。

比較的ベテランか社員が任せられる事が多いので、これからアルバイト・パートを始めようと思っている方は心配いりません。

また、映画のデジタル化も進んでいるので特別な技術は必要ない仕事となってきています。

 

映画館で働くメリット・デメリットって?

一見、業務の負担内容にムラがあり、どれも難しく、きつそうな映画館のバイト。

「映画観ながら仕事が出来るイメージだったのに...」「じゃあメリットって何なの?」なんて思っていませんか?

もちろん良いこともたくさんある「映画館バイト」。メリット・デメリットについて詳しく確認してみましょう。

 

メリット

映画館にもよりますが、やっぱり映画が無料・割引で観られるというのが一番惹かれるメリットではないでしょうか。大好きな映画を業務の一環として観られるというのは大きいですよね。

混んでいる日中や土日を避ける、等のルールが映画館ごとに決まっていますが、「気になっていたあの作品をお得に観ることができる!」なんて、映画好きに堪らない待遇ですよね。

また映画の最新情報を誰よりも早く入手することができます。初めから映画好きな方にとってはもちろん、あまり映画に興味が無かった方ももっと映画について詳しくなれますよ。

映画館の立地によりますが、平日は暇なことが多いのもメリットの一つ。

 

デメリット

一方、老若男女問わず多くのお客様の利用がある映画館。

そんな場所だからこそ、お客様からのクレームも多く、「ポップコーンの量が少ない」「大きないびきをかいて寝ている人がいる」などと、クレームが絶えないのが実際のところ。

特にボックスやフロアの人はお客様にとっても一番声をかけやすいポジションですので、精神的に疲れてしまう方も。

また、土日祝や大型連休などは繁忙期とされ、出勤を求められることが多いです。「友達と旅行の予定だったのに…」「大学の課題ができるか不安」なんてなるときは、前もって館長や支配人などの社員さんに相談することをおすすめします。

 

時給や働く時間は?

時給は他の業種より低いと感じられる方が多いです。働く時間は5時間~8時間程の場所が多く、22時以降は深夜手当(25%アップ)がついたりと、稼ぐために働くのであれば夜間がおすすめです。

また、デメリットでも取り上げた通り、土日休みが少なく、時給も低めなので、「映画が好きだから!」なんてモチベーションが高くないと、長く続け難いかも。

「夏休み期間のみOK」「土日祝のみOK」なんて募集をしているところも多いので、短期集中型で楽しむのもアリだと思います。

 

実際の求人やクチコミをチェックしてみましょう!

映画館でのバイト・パートを経験した人の具体的なクチコミはこちらから確認できますので、興味があれが見てみてくださいね!

【バイト体験談】映画館アルバイトの評判・クチコミ・求人情報 - to Be(トゥービー)

 

また「映画館バイト」について確認できたところで、実際の募集を見てみましょう。映画館によっても受けられる待遇が違うので、その点も要チェックです。

 

①全国50カ所以上!国内最大級のイオンシネマ

アルバイト採用|イオンエンターテイメント

 

②インターネット予約も可!国内トップクラスの映画館!TOHOシネマズ

TOHOシネマズ株式会社 アルバイト採用サイト

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?意外と仕事内容も多種多様な映画館バイト。「映画が好き」だからこそ、愛着を持って長く続けられる仕事だと思います。映画館バイトに興味を持った方は是非チャレンジしてみてくださいね。