一度はやりたいイベントスタッフの経験談&徹底解説|おすすめ応募先は?登録回は必須?評判・仕事内容は?応募前に要チェック

アルバイトを探していると、よくイベントスタッフの求人を見かけませんか?なんか楽しそうだけど、実際どんな仕事をしているかイメージができない…と不安な方も多いと思います。でもそんなイベントスタッフのアルバイト、上手に働けばちゃっかり収入がゲットできる、とてもお得なバイトなんです。

また音楽好きの間では、アーティストを近くで見れると評判のアルバイトなんですよ!

今回はそんなイベントスタッフでのアルバイトについて経験談を交えながら、詳しく解説していきます。

f:id:to_B:20180927165423j:plain

 

イベントスタッフの仕事内容とは

まずは一番気になる仕事内容について紹介します。イベントスタッフは仕事の幅がとても広く、スタッフによっては全然違う仕事をしています。

イベント会場の設営・撤去スタッフ、イベント会場周辺の警備スタッフ、イベントの受付スタッフ、お客さまの誘導スタッフ、関連グッズ販売スタッフ、キャンペーン・PRスタッフ、などいろんな種類に分かれています。

 

設営スタッフ

イベント設営スタッフは、イベントで使うテーブルやイスの運搬、アーティストのライブの場合は音響機材や板など運搬を行います。また撤去スタッフは、今まで組み立てたものをイベント会場から運び出します。運搬するモノの量が多く力仕事がメインなので、体力に自信がある方にオススメです。

 警備スタッフ

イベント周辺の警備スタッフは、イベントに不審な人物はいないか、列を横入りしたりイベントに迷惑をかけるような人物はいないかチェックします。また、周辺の道を尋ねられることもあるので、少しだけ覚えておくと便利です。

 受付スタッフ

イベントの受付スタッフは、会場の入口でチケットやバッグの中身の確認、イベントのチラシの配布がメインの仕事です。もくもくと作業をするのが好きな方や、集中力に自信のある方にオススメです。

 誘導スタッフ

お客さまの誘導スタッフは、来場者を整列させたり、イベント会場にスムーズに入れるように案内したりする仕事をしています。場合によっては大声での誘導も必要になるので、

大声を出して誘導することに抵抗がない方にオススメです。

関連グッズ販売スタッフ

関連グッズ販売スタッフは、ライブ会場でアーティストグッズの品出しや販売、会計の仕事をしています。待ち列が長いことが多いので、スピーディーにグッズを用意したり、電卓で金額を計算したりする必要があります。正確にてきぱきと作業をこなせる方にオススメです。

 キャンペーン・PRスタッフ

最後のキャンペーン・PRスタッフは、いままで紹介したイベントとはまた種類が異なります。主に企業の製品や商品を、ブースや駅など人が多く集まる場所で明るくアピールしたり、サンプル品を配ったりする仕事をします。接客が得意な方や明るい方にオススメです。

 

他にも具体的にどんな仕事があるか確認したい人は、具体例として下のリンクから確認してみてもいいかもしれません!

fullcast.jp

イベントスタッフの勤務時間・日数

イベントスタッフの勤務時間・日数はイベントによってさまざまです。1日から1,2週間の短期バイトもあれば、空いている日にシフトを自由に組める長期バイトもあります。また、イベントの作業が4時間で終了して、1日の拘束時間は4時間の場合もあれば、ライブのイベントスタッフとして10時間働く場合もあります。求人に応募する際に、自分にあった勤務スタイルかどうか確認をしておくことが大切です。

 

イベントスタッフの給料は?

イベントスタッフは力仕事や接客がメインなので、ほかのアルバイトよりもやや時給がいい傾向があります。時給1000円を超えることが多く、アルバイトによっては交通費や食費を別途支給でくれるところもあります。

 

また、キャンペーン・PRスタッフは他の職種に比べると時給がやや高く、時給1500円前後の場合が多いです。コスチュームを来たり、通行人に声を掛けたりすることに抵抗がない方は、楽しくお金を稼ぐことができますね。

 

イベントスタッフで働いた体験談

登録はどうでしたか?

ビルの中にあるフルキャストの事務所で面接をしました。実際には面接という感じではなくスタッフ登録という感じで、私以外誰もいない部屋で担当の方から渡された個人情報などの書類を記入して提出物を出してフルキャストについての規則や就業までの流れなどの動画を見せてもらって登録会は終了でした。
そのあとはフルキャスト専用のお仕事検索サイト(キャストポータル)から働ける日、場所、仕事内容など自分が出来そうな単発の仕事を応募しました。人数に限りがあるのでなるべく採用予定人数の多い求人を選んで応募し、3日後ぐらいに採用の連絡が来ました。(ノコノコさん/三重県)

フルキャスト単発バイトの評判・口コミは?良い点・悪い点を経験者に聞いてみた - to Be(トゥービー)

どんな仕事をしましたか?

出勤すると名簿で名前を伝え、点呼とその日のポジションを伝えられます。その後更衣室でその日の服装に着替え(スタッフTシャツやジャンパーなど)ます。チケットもぎりやお客様案内、グッズ販売、警備などいくつかのポジションがあります。

イベントが大好き、人と接するのが大好きな人は向いていると思います。接するのが苦手でも人が好きな人は向いていると思います。お客様を案内したり安全に誘導する業務がメインなので、言われたことしかできなかったり、人と接するのが苦手な人は向いていないと思います。(ボヤージュさん/千葉県)

シミズオクトでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック! - to Be(トゥービー)

 

集合時間に目的に集合して、当日の参加メンバーリストより点呼があり、点呼が終わると、社員の方から、当日のイベント内容の説明があります。

2~3グループに別れ、リーダーの下、サブリーダーが選出され仕切られるようになります。

会場設営が終わるまで、リーダーやサブリーダーや社員さんの言われた通り、荷物や備品を運ぶ事がメインの仕事です。6~8時間掛かる仕事は主催者側から、お弁当が用意されており、昼12時や夜12時などに食事休憩があります。

こちらはやっぱり根性がないものやひ弱な者は向いていません。

(たくすけさん/東京都)

シミズオクトでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック! - to Be(トゥービー)

 

さらに詳しい体験談

詳しい体験談は下から確認できます。

フルキャスト

フルキャストで実際に働いたことがある人の体験談を紹介しています!

フルキャスト単発バイトの評判・口コミは?良い点・悪い点を経験者に聞いてみた - to Be(トゥービー)

 シミズオクト

シミズオクトで実際に働いたことがある人の体験談を紹介しています!

シミズオクトでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック! - to Be(トゥービー)

まとめ

イベントスタッフの仕事についてより詳しくお分かりいただけましたか?イベントスタッフの仕事内容の幅が広いので、求人に応募する際は、自分に合った仕事内容か確認してからにすると、失敗が少なくなります。

 

力仕事や接客が多いアルバイトなので、体力をたくさん消費する一方で大きなやりがいを感じられるのもこの仕事の魅力です。気になる方は、ぜひイベントスタッフのアルバイトに挑戦してみてください。

 

関連記事

フルキャストで実際に働いたことがある人の体験談を紹介しています!

フルキャスト単発バイトの評判・口コミは?良い点・悪い点を経験者に聞いてみた - to Be(トゥービー)

 

シミズオクトで実際に働いたことがある人の体験談を紹介しています!

シミズオクトでバイトしても大丈夫?評判、口コミ、体験談を事前にチェック! - to Be(トゥービー)