音楽業界への第一歩!楽器屋バイトって何するの?

「学生時代は吹奏楽や軽音楽をやっていたし・・・」

「バイトはしたいけど、一から学ぶのも自信が無いし、なにか経験が活かせれば・・・」

そんな方必見の楽器屋バイト。弦楽器や管楽器、少しでも楽器に触れた事がある方なら誰でも手軽に始められそうなイメージがありますよね。

楽器屋さんと聞くと、“楽器を販売する”という仕事内容が第一に思い浮かびますが、楽器屋さんならではの魅力って何でしょう?

今回は、楽器屋さんの仕事内容や働く魅力について迫ります!

f:id:insuta:20180803183716j:plain

 

楽器屋バイトって何するの?気になる仕事内容は?

メインのお仕事は「接客・販売」となり、楽器はもちろん、アクセサリーや備品の取り扱いも行います。ここで、楽器屋バイトならではなのが、様々がお客様がご来店されるということ。“音楽”というものには年齢関係無く楽しめるメリットがあります。なので、小さいお子様から、高年層まで幅広い年齢層に対して接客をしなければなりません。また、お客様の楽器のメンテナンスや修理など、責任がついて回るお仕事になります。色々な人とコミュニケーションを取るのが得意で、かつ責任を持って仕事をこなせるという方に向いているお仕事ですね。

さらに、「接客・販売」と同じくらい大切になってくるのが「楽器の展示・仕入」です。新製品の値段や時期に対して常にアンテナを立て、どのタイミングで仕入れるのか、どこに配置するのかを考えるお仕事になります。

「予算に合わせて仕入れを行い、いくらで販売するのか。他店との競合は?」等と、様々な情報を熟知し、把握する事が大切になってきます。

 

 

 

必要なスキル・資格はあるの?

結論から言うと、必須資格はありません。ですので、経験者・未経験者問わず誰でも楽器屋さんで勤める事ができます。

強いていうのであれば、以下の点に1つでも当てはまるものがあれば、面接に強いです。

・楽器が演奏できる。(種類は問わない)

・コミュニケーションを取るのが得意

・英語に強い

楽器を取り扱うお仕事ですので、楽器が演奏できるに越した事はありません。また、幅広い楽器への知識もある程度は求められます。研修を行う職場が殆どだと思いますが、それでも初期知識が0と1では、少しでも知っている方が優遇はされやすいです。また、仕事内容のところでも取り上げた通り、様々なお客様への対応が求められますので、コミュニケーション力に自信がある方はもってこいです。これに近い感覚で、もちろん“音楽”は世界共通になりますので、日本在住外国人の来店も多いです。「英語が話せる」となると、強い武器になりそうですね。

 

時給と勤務時間はどうなの?

楽器屋さんの平均時給は約900~1,100円と他の業種に比べて高めです。

お客様の大切な楽器を預かるという重要なお仕事であるからこそ、高時給に設定しているところが多いのかもしれませんね。

勤務時間に関しては、「3時間からOK」等と融通の利きやすいところが多いようです。掛け持ちや、子持ちの方でも働き易い業種になります。

 

これでOK?面接対策

ある程度の概要を理解出来たところで、面接対策としてどのような点に気をつけたら良いのでしょうか?

実際、あまり取り決めが無いところが多く、面接時の格好も、差し支えの無いTシャツにパンツでOKなところが殆どのようです。応募理由に関しては、楽器が好きであれば、そこを強く推した方が有利でしょう。逆に、「楽器に弱いけど、コミュニケーション力に自信がある!」なんて方は、様々なお客様の接客をしてみたい等と、前向きにアプローチする事が大切です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?一見、楽器を売っているだけのように見える楽器屋バイトも様々な業務を行っています。楽器に触れながらお仕事することになるので、音楽が好きな方にはたまらない職場となりそうですね。学校の部活やサークル等の知識も少なからず活きてくるので、気になった方は是非応募してみて下さいね。

 

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス