to Beをブックマークして最新情報をチェックしよう!

心を届ける「郵便局」のバイトの仕事内容って?仕分けや配達について詳しく解説

年末年始の年賀状や、夏・冬のお中元・お歳暮など、郵便局にお世話になる機会はなくならないですよね。とくに、年賀状やお歳暮の年末年始に、募集が出ている「郵便局」アルバイト。実際に働いてみてどうだった?時給は?などを、詳しく紹介します。

 

過去にアルバイト・パートとして郵便局(日本郵政)で働いていた人から評判やクチコミを聞きたい人はこちらをチェック

【バイト体験談】郵便局の評判・クチコミ - to Be(トゥービー)

 

f:id:to_B:20180927112853j:plain

郵便局バイトの仕事内容は?

配達・仕分け・集荷をする郵便局のアルバイト・パートは、主に配達の仕事をする「外勤」と、局内で配達物の仕分け作業をする「内勤」で仕事内容が分かれます。

外勤

自転車やバイク、車などで、郵便物を各家庭に届けるバイトです。運転や外でアクティブに働きたい人に合っていますね。郵便物の大きさや量によって自転車・バイクを使うか、車を使うかは分かれてきます。普通免許が絶対必要などは無いので安心してくださいね。

内勤

はがきやゆうパックなどの郵便物を、郵便番号ごとに仕分けするバイトです。仕分け作業はもくもくと作業をする方に向いています。年末年始の年賀状の仕分け作業はこの内勤にあたります。

 

内勤と外勤、どちらがおすすめ?

内勤の場合は立っての作業も多いので、意外に体力が必要です。一方で外勤の場合も外で仕事をするので大変なところもありますが、どちらも一人でもくもくと仕事をするのが好きな人に向いています。

 

時給や勤務時間は

内勤に比べて、自転車やバイクなどで郵便物を配達する外勤は、時給が高めに設定されています。

もちろん、内勤だから、責任がないということでは、ありません。内勤はエアコンが完備された屋内の作業になるため、少しだけ賃金に差が生じているに過ぎません。いずれも、送り手の気持ちになり、誠意ある気持ちで、仕事に向かいましょう。

 

勤務時間:1日数時間~フルタイムまで

「郵便局」の仕事というと、フルタイムのイメージがあるかもしれませんが、そのようなことはありません。おおむね1日4時間から勤務OKという局が多いようです。また、各自治体の本局は24時間営業のところもありますので、内勤では、深夜や早朝のシフトがあります。この場合は、深夜・早朝手当てが加算されます。

ただし、年末年始などの繁忙期については、イレギュラーなシフトになる可能性がありますので、上司と相談し、できる範囲で応じるようにしましょう。

 

身につくスキルは?

外勤では、細かな道まで覚えることになりますので、もうナビが必要ないくらいに、道路に詳しくなります。内勤では、全国津々浦々の郵便番号が覚えられます!

どちらも、一生のスキルとなり、覚えていて損はないと思います。

 

郵便局バイトのきつい点

どんな天候でも、郵便物は必ず届けます。そのため外勤では、とにかく天気との戦い!配達日時との戦い!なので天気や時間がきついと大変なこともあります。

内勤では毎日郵便物を仕切りに入れるという、根気が必要な単純作業になります。そのため約2時間ごとに休憩があるので目や体力、気力をリフレッシュしましょう。また、重量のある荷物などを運搬することも。無理をせずに、同僚や上司と相談してくださいね。

 

郵便局のバイトはノルマがあるって本当?

郵便局によってこれは異なるかもしれませんが、アルバイトにも多少のノルマが課されることがあるようです。

強制的に買わされる郵便局ではないところもありますが、中では家族や友人などにお願いしたり、時には自腹になったりすることも。

また、短期のバイトであればこのようなノルマを課されることは少ないとも言われています。事前にバイトしたい郵便局の評判や口コミをチェックして見極めることが大切かもしれません。

 

学生なら年末年始のバイトもおすすめ!

郵便局で毎年募集する年抜年始の年賀状の仕分けのバイトは、普段バイトをしていない高校生にもおすすめです。短期でサクッと稼げるのでお小遣い稼ぎにもなりますし、仕分けをする簡単な作業なので初心者でも安心ですよ。

年末年始は意外と暇なんて学生さんも多いと思うので、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

「郵便局」のアルバイト情報をチェック!

【公式】日本郵便・郵便局|アルバイト採用情報|手紙・はがき・ゆうパックの仕分け・配達・集荷業務

 

まとめ

今も昔も変わらない、「郵便局」のきちんとした、安心感のあるイメージ。どこか素朴な雰囲気。民営化されたとはいえ、やっぱり公的な根強いファンが多い「郵便局」。

その配達力と信頼性から、世界最大の通販会社Amazonの集荷や配達も担っています。しかし最近、Amazonフィルフィメントの集荷部門がなくなったとされていますが、それでも国内屈指の配達力に、陰りはないように思います。

手紙・はがき文化を大切に、1通、1品の気持ちを届ける責任を果たしたいと、そんな精神をもった人には最適な職場でしょう。

 

▼実際に郵便局でバイトした人の体験談はコチラ!

・郵便局の仕分けバイトはきつい?評判、口コミ、体験談を事前にチェック! - to Be(トゥービー)