高時給でガッツリ稼げる!学生にオススメの牛丼チェーンバイト

牛丼チェーンは、早くて安くて美味しいのでつい入ってしまいますよね。丼物だけではなく定食もあるのでアルバイトをすれば賄いも楽しみです。しかし、「お客さんに怖い人が多そう…?」「ブラックバイトなのでは…?」という声も聞こえてきそうです。しかし実は高時給で学生におすすめのアルバイトでもあるんです。

今回は、牛丼チェーン店について気になる情報をまとめました。

f:id:to_B:20180926155207j:plain

仕事内容

牛丼チェーン店の業務内容はホールスタッフとキッチンスタッフに分かれています。

ホールスタッフの業務内容

・食品、飲料の提供

・お弁当の包装、提供

・補充(ドレッシングや野菜)
・食器を洗う

・カウンターの後片付け

・清掃

・レジ

などが挙げられます。様々なことに気を配ることを要求されます。クーポン対応等も担当します。また、お酒の提供もしているので、酔っ払ったお客様の対応をする事もあるかも知れません。

キッチンスタッフの業務内容

・丼、定食の調理

・米を炊く

・肉の解凍

・清掃

などが挙げられます。業務内容は少ないように見えますが、こちらも同様に、様々なことを同時にこなす必要があります。お昼時や夕方〜夜の混雑している時間帯には食品を同時に調理することが求められます。また、注文がないような時間帯も、調理器具の清掃や、混雑する時間帯に向けて準備をしています。

 

また、大手牛丼チェーン店にはほとんどの場合マニュアルがあるので、たくさんの情報を記憶しなければいけません。例えば、ホールスタッフでは補充方法や野菜の洗浄方法が詳しく決まっていますし、キッチンスタッフでも、肉は何枚、タレは何ccと決まっているので、レシピ通りに調理します。新メニューが出れば、その都度調理方法・提供方法を確認し、記憶します。加えて、臨機応変な対応が求められることもあります。時間帯責任者レベルになれば、ワンオペ(1人でお店を回すこと)を任されるかも知れません。

時給の相場

牛丼チェーンの時給の相場は900〜1600円程度で、比較的高めだと言えます。ほとんどの場合24時間営業なので深夜時給が発生するので、稼ぎたいと思った時に稼げます。また、吉野家とすき家は昇給制度があります。試験に合格すると時給が10円UPするそうです。上記の数字は都心か地方かでも変わってくるので要チェックです。

シフト・勤務時間の相場

1日2h〜、週2日〜募集している場合が多いようです。

シフトの提出は2週間に1回です。休みを取ることは難しいかもしれません。自分で代わりを見つける必要があります。

店舗によっては曜日固定の場合もあるのでチェックしておいた方が良いでしょう。 

まかないの有無

・吉野家→各メニュー7割引

・すき家→4時間以上の勤務でカレー並か牛丼並が一杯無料

・松屋→全品250〜300円

 

一人暮らしの学生さんは食事代の節約にもなるのでオススメです。

制服

・吉野家→制服支給、靴は自己負担

・すき家→制服、靴支給(5000円を預け、ユニフォーム・靴を返却すると返ってくる)

・松屋→制服支給、靴は自己負担

 

出勤してからユニフォームに着替えて売り場に出ます。松屋では、制服は自分で洗濯する必要は無く、店舗が自動的にクリーニングに出してくれるシステムになっていました。制服に着替えると気合が入りますよ。

牛丼チェーンで働くメリット

・マルチタスクがこなせるようになる

・時給が高い

・まかないが食べられる

・若い人同士でワイワイできる

 

とにかく忙しいので時間が経つのが早いです。さらに、時給が高いので、金銭的な目的でバイトをしている人には満足度が高いバイトです。また、同年代が多いというのも働きやすさの理由になっています。

牛丼チェーンで働くデメリット

・忙しい、きつい

・覚えることがたくさんある

 

ピーク時は本当に忙しく、また人手が足りない傾向があるので牛丼チェーンの仕事はきついです。また、新メニューなどの情報の更新もあるのでそれについていくのが大変です。

まとめ

一時期はバイトテロや、従業員の過労が問題視された牛丼チェーンですが、どちらも一部の店舗のみ、ワンオペは時間帯責任者レベルの従業員に限られているそうです。しかし、そのような情報から敬遠され人手不足になっているのも現状のようです。

 

牛丼チェーンのバイトは、主に肉体労働で声も出さなくてはいけない体育会系のお仕事なので、おっとりさんよりも、ハキハキしていて体を動かす仕事が好きという人に向いています。また、時給が高いので稼ぎたい高校生、大学生にもおススメです。

お金が欲しい!暇より動いている方がいい!という方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

本記事には過去の求人情報や、すでに変更になっている制度などが含まれていることがあります。また、リンク先の各メディアに掲載されている内容について、to Be編集部では正誤の確認などは行っておりません。あくまで参考情報としてご利用ください。