注目のお仕事

女性の多い職場は流行に敏感!アパレル販売のバイト

アパレル店員というと、流行に敏感でお洒落なイメージですよね。

お客様に似合う洋服をおすすめしたり、コーディネートの提案をしたりと、やりがいもあって楽しそうな雰囲気がします。

今回は華やかに見えるアパレル販売のバイトについてご紹介します。

f:id:insuta:20180814181537j:plain

女性の多い職場、アパレル販売の仕事内容は?

「女性が多い職場で働きたい」「屋内でも動きのある仕事がしたい」そういった方にはアパレル販売のバイトはぴったりかもしれません。レディース商品を扱っている店舗であれば、ほぼ女性ばかりの職場といってもいいでしょう。

では、実際の仕事内容をざっと見てみましょう。

商品の検品、在庫管理、品出し、ディスプレイ、接客、レジ(店舗によって)、ラッピング、商品整理、店内清掃、顧客管理・・・

ざっと上げただけでも色々ありますね。毎日の流れとして自然にできるようになるので、そこは心配しなくても大丈夫です。

商品の検品というのは、商品が店舗に入荷してきたときに、ほつれや傷などがないかを確認することです。レジは、各店舗で管理しているお店であれば実際にレジを操作しますが、百貨店などの集中レジカウンターが管理している場合は、お金だけ預かってレジカウンターへお任せすることになります。

また、プレゼント用に購入される方にはリボンをかけたりといったラッピングをします。こちらも先輩店員に教えてもらえるので、慣れれば早くできるようになってきます。

かんじんの接客方法ですが、ブランドやメーカー、店舗によって接客方法や雰囲気はかなり違ってきます。実際に店舗を訪れてみて自分にあう雰囲気の店舗かを確認することをおすすめします。

 

アパレル販売のメリット

やはり洋服の流行に敏感になれます。常に新しい商品を目にしますし、同じバイト仲間や先輩のファッションもチェックできちゃいます。それだけなく、お客様との会話からいま話題の映画や美味しいスイーツなどの情報も入ってくるので、トレンド全体に詳しくなれます。

他にもメリットはたくさんあります。

・洋服を社割で購入できる

・接客からマナーが身につく

・人に見られるので美容に気を使うようになる

・シフト勤務なので休み希望が出しやすく、平日休みが多いのでお出かけしても混雑しない

・お客様に喜んでもらえる

多くのメリットがありますが、お客様の喜んだ顔を見られたときには、このバイトをやっていて良かったと思える最高の瞬間かもしれません。自分のファンになってくれるお客様もできたりしますよ。

 

 アパレル販売のデメリット

 なんといっても立ち仕事なので、体力が必要になってきます。お客様がいない時だからといって姿勢を崩してだらっとしているわけにはいきません。在庫の管理をしたり、品出しをしたりと常に何か作業をしなければなりません。ですが、動きのあるお店には自然とお客様が入ってきてくれるものです。ボーっとしていたり、おしゃべりをしている店員のいるお店より、活気のあるお店の方が誰でも入りやすいですよね。

また、店舗によってはノルマがあったりもします。直接個人の給与に響くことはなくても、売上のプレッシャーというのは少なからずあります。逆にそれがやる気になる、という方にはメリットにもなりますね。

先ほどメリットのほうで紹介したように、シフト勤務で平日休みは希望が通りやすいですが、逆に土日祝休みが少ないため、周りの人たちと休みがあわせづらいのが難点です。GW、お盆や年末年始など、大型の連休はセールを行ったりとさらに忙しいので、ここでも体力が必要になってきます。

 

まとめ

流行に敏感になれるアパレル販売のバイト、いかがでしたか?

立ち仕事なので体力は必要ですが、じっとしているのが苦手な方には向いていますね。色々なお客様と接するので、やりがいや刺激になることは間違いなしです。

自分にあった雰囲気の店舗を探して、チャレンジしてみてください!

 

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス