アパレル販売員のバイトの評判って?面接や志望動機などを働く前にチェック!

「服が好き」「服と関わるバイトがしたい」と思ったときに一番に挙げられるのが、アパレルショップでの販売員のアルバイト。キラキラした世界に見えますが、きつい点や実際の評判などは気になるところ。この記事ではアパレル販売員のアルバイトの口コミや面接、服装のポイントなどについて詳しく紹介します。まずはアパレルの販売員として働くメリットについて見ていきましょう!

 

f:id:to_B:20180926161930j:plain

アパレル販売員のいいところとは?

トレンドに敏感になれて、お洋服に囲まれた空間で働けるのは一番のポイントでしょう。常に新しい商品を目にしますし、同じバイト仲間や先輩のファッションもチェックできちゃいます。

それだけなく、お客様との会話からいま話題の映画や美味しいスイーツなどの情報も入ってくるので、トレンド全体に詳しくなれます。

他にもメリットはたくさんあります。

・洋服を社割で購入できる

・接客からマナーが身につく

・人に見られるので美容に気を使うようになる

・シフト勤務なので休み希望が出しやすく、平日休みが多いので外出しても混雑しない

・お客様に喜んでもらえる

多くのメリットがありますが、お客様の喜んだ顔を見られたときには、このバイトをやっていて良かったと思える最高の瞬間かもしれません。自分のファンになってくれるお客様もできたりしますよ。

アパレル販売員はきついの?

なんといっても立ち仕事なので、体力が必要です。お客様がいない時だからといって姿勢を崩してだらっとしているわけにはいきません。

在庫の管理をしたり、品出しをしたりと常に何か作業をしなければならないので、体力に自信のない方はきついと感じることもあるかもしれません。ですが、動きのあるお店には自然とお客様が入ってきてくれるものです。ボーっとしていたり、おしゃべりをしている店員のいるお店より、活気のあるお店の方が誰でも入りやすいですよね。

また、店舗によってはノルマがあったりもします。直接個人の給与に響くことはなくても、売上のプレッシャーというのは少なからずあります。逆にそれがやる気になる、という方にはメリットにもなりますね。

先ほどメリットのほうで紹介したように、シフト勤務で平日休みは希望が通りやすいですが、逆に土日祝休みが少ないため、周りの人たちと休みがあわせづらいのが難点です。GW、お盆や年末年始など、大型の連休はセールを行ったりとさらに忙しいので、ここでも体力が必要になってきます。

アパレル販売員の口コミ

▶セットで買ってくれた時の嬉しさ!

私のアパレルの販売員としての楽しみはセット売りがどれだけできるかでした!パンツを探しに着た人には、それに合うトップスやベルト、パンプスなど。お客様が欲しがるものにこれも合わせてみて下さい!の一言でお客様自身が興味のなかった分野に興味を持ってくれることが多かったです。そしてセットでの購入も増えていったことが楽しみでした。

(20代/女性/大阪府)

▶外国人のお客様やクレームが大変

ファッションが大好きで、女の子が可愛くなる手段のお手伝いがしたいとアパレル販売のアルバイトを始めした。主に接客がメインなのですが、海外の方が来ると英語が苦手な私は大変でしたが身振り手振りで頑張っていました。

言語が通じないのは辛いけど、それよりも日本人のお客様の態度の悪さが結構多かったです。自分が間違えて購入した物を、逆ギレして返品を迫られた事がありました。上からは返品は無理だと言えの一点張りですし、お客様は返品しろの一点張り。すごく大変でしたが、やっぱり最後はこちらが折れて返品に応じました。接客業は大変だなと思う日々でした。

(20代/女性/奈良県)

▶繁忙期の短期バイトはきついという声も

年末年始の短期のアパレルのアルバイトをしました。下着屋さんの販売員を1ヶ月行いました。応募のきっかけは、時給がいいことと通いやすいからです。仕事内容は、商品の陳列、レジ打ち、呼び込みです。体験だったことは、年始の初売りの日でした。ショッピングセンターの下着屋さんなので1月の1~3日は開店から閉店まで混雑が続きまともに休憩もとれなくてずっと立ちっぱなし、声を出しっぱなしだったのでとても大変でした。

(20代/女性/愛知県)

アパレル販売員の仕事内容は?

「女性が多い職場で働きたい」「屋内でも動きのある仕事がしたい」そういった方にはアパレル販売のバイトはぴったりかもしれません。レディース商品を扱っている店舗であれば、ほぼ女性ばかりの職場といってもいいでしょう。

では、実際の仕事内容をざっと見てみましょう。

商品の検品、在庫管理、品出し、ディスプレイ、接客、レジ(店舗によって)、ラッピング、商品整理、店内清掃、顧客管理などが挙げられます。

ざっと上げただけでも色々ありますね。毎日の流れとして自然にできるようになるので、そこは心配しなくても大丈夫です。

商品の検品というのは、商品が店舗に入荷してきたときに、ほつれや傷などがないかを確認することです。レジは、各店舗で管理しているお店であれば実際にレジを操作しますが、百貨店などの集中レジカウンターが管理している場合は、お金だけ預かってレジカウンターへお任せすることになります。

また、プレゼント用に購入される方にはリボンをかけたりといったラッピングをします。こちらも先輩店員に教えてもらえるので、慣れれば早くできるようになってきます。

かんじんの接客方法ですが、ブランドやメーカー、店舗によって接客方法や雰囲気はかなり違ってきます。実際に店舗を訪れてみて自分にあう雰囲気の店舗かを確認することをおすすめします。

面接や志望動機のポイント

面接での質問は基本的に普通のアルバイトの面接と変わりません。しかし土日祝や繁忙期の出勤は可能であるかは、アパレルの販売員にとって大きなポイントになるのできちんと答えるようにしましょう。

また、志望動機はそのブランドのコンセプトやお洋服に共感していることを伝えることが大切です。ほかにもお洋服が好きな気持ちや人と話すことが好きであれば、販売員の素質として大事なことなので面接時に話してみましょう。

また、面接時は相手の目を見てハキハキを話すことを心がけてみてください。人と接するアルバイトだからこそ、面接時の印象がとても大切です。緊張してしまう場合は目ではなく口元を見るようにして、ときどき目を見るようにしてみてくださいね。

面接時の服装は?

面接時の服装は、そのブランドの雰囲気に合わせた格好にするのが無難でしょう。ファストファッションであれば、売っている商品を着て行ってもいいかもしれませんね。

もちろんですが、清潔感も大切です。状態の悪い服や靴などは避けて、状態のいいお洋服で面接に挑みましょう。

女性であればメイクやヘアスタイル、ネイルなどもトレンド感を意識すればポイントが高いかも。そのブランドを意識した上で、自分の個性を出してみましょう!

学生でも働ける?

高校生のアパレル販売員の求人は少ないですが、大学生や専門学生の方であれば働けるブランドは多いです。

しかし、アパレルの販売員はフルタイムで働かなきゃいけない場合も多く、授業がぎっしり詰まっている学生さんだと少し大変かもしれませんね。土日や全休で働くか、夕方~働ける求人を見つけるしかないでしょう。

しかし学生時代にアパレルでアルバイトをするのは、トレンドを知れて楽しいですし、接客能力やコミュニケーション能力が上がるはず。学生さんでアパレルでアルバイトするか迷っている方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

まとめ

流行に敏感になれるアパレル販売のバイト、いかがでしたか?

立ち仕事なので体力は必要ですが、じっとしているのが苦手な方には向いていますね。色々なお客様と接するので、やりがいや刺激になることは間違いなしです。

自分にあった雰囲気の店舗を探して、チャレンジしてみてください!

 

すべての人にインターネット
    関連サービス