注目のお仕事

バイトでも確定申告は必要?必要な場合の流れ

「確定申告」年度末になるとどこからともなく聞こえてくるワードです。基本的には確定申告というのは、おもに自営業の人などが税務署、または役所の税務課などに手続きに行ったり、ネットで申告したりします。また、バイトの学生の人、フリーターの人も確定申告の手続きを行わなければならない場合があります。確定申告とはなにか、確定申告しなければいけない条件や、確定申告のおこない方などご紹介していきます。

 

f:id:insuta:20180831113651j:plain

確定申告とは

確定申告とは、税金を納める義務のある人たちが、前年1月1日から12月31日までの1年間の収入などを税務署に申告して、納税をする制度になります。

正社員の人などは会社で「年末調整」という手続きをおこなってもらえるので、確定申告は特に必要はなく、おもに自営業の人が確定申告をおこないます。また、バイトの人も場合によっては確定申告の手続きが必要になります。

 

年末調整とは

会社で給与をもらう際、月収が8,8000円以上になった場合、「所得税」として、給与天引きであらかじめの金額を支払う、という仕組みになっています。

そして正確所得税の金額は一年の収入の合計の金額が決まってから算出されます

そこできちんと「納税すべき正確な金額」と「あらかじめ給与天引きされてきた金額」での差の確認をするのがいわゆる「年末調整」となります。

 

バイトの人が確定申告が必要になる条件

1年の間で バイト先を変えた場合、また、掛け持ちでバイトしていて、年収が103万円をこえる場合は確定申告が必要となります。

基本的に前の会社からは「源泉徴収票」というものをもらい、確定申告でその金額を申告します。

バイト掛け持ちの人は収入が多いほうの会社で「年末調整」を行ってもらい、もういっぽうの会社からは「源泉徴収票」をもらい、確定申告を行いましょう。

 

確定申告ではお金が戻ってくる?

バイトの人はおもに「還付申告」というものが多くなります。なぜならば上記に述べたように、月収が8,8000円以上になった場合、「所得税」として、給与天引きであらかじめの金額を支払っていて、あらかじめ多めに支払われているのです。

しかし、税務署からわざわざ、「還付金があるのでもらいに来てください」と親切に言ってもらえるわけではないので、自分で申請をしなければいけないわけです。

 

確定申告をしないとどうなる?

 確定申告をしないと「無申告加算税」という罰則が発生してしまいます。その加算税率は納める税金の金額によりけりです。

どうしても期限内に申告ができない場合、税務署へ理由を話すと無申告加算税が免除になるか、現率される場合もあるので、万が一の時は一度税務署に相談してみましょう。

 

確定申告の仕方

 基本的には税務署に提出する書類を作成するので、直接税務署に行きましょう。もしくは、役所の税務課などで対応してくれる地域もありますのでそちらを活用したり、ネットでe-Tax(国税電子申告・納税システム)というものもあるので、自宅から申請もできます。

持ち物はマイナンバー、あれば源泉徴収票、(給与明細がそろっていればそれでも可)、あとは控除書類(生命保険などはがきが送られてきます)です。

 

確定申告はとても大事なこと

確定申告は、ちょっぴり手間のかかる作業ですが、申告することによってほとんどの人が、少なからずお金が戻ってきたりします。

税務署、役所が遠い場合は自宅で「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」で申告するこのがおすすめです。

慣れてしまえばささっと入力も終わります。

それに、一度申請をおこなえば手順もわかり、翌年はスムーズに確定申告ができるので、しっかりと確定申告をしましょう。

ページのトップに戻る
すべての人にインターネット
    関連サービス